手当て療法

一般

手当て療法

てあてりょうほう

マッサージなどを行なわずに、手のひらを患部などに当てるだけで病気を治そうとする民間療法の一種。

 古今東西にあるが、日本では大正末から昭和の初めにかけて大流行したことがある。