スマートフォン用の表示で見る

樹木葬

一般

樹木葬

じゅもくそう

樹木葬とは、遺骨を骨つぼに収めず直接土に埋め、墓石の代わりに木を植える埋葬方法。

国内では99年に岩手県一関市の知勝院(旧祥雲寺別院)が里山再生の目的で裏山を樹木葬墓地にしたのが始まり。「自然に返りたい」との現代人の志向に合ううえ、維持管理の負担が小さいことから広がりをみせている。一定区画を1人分の墓所用地とし、脇に木を植える方法が一般的。大きな木の周りを囲むようにして、複数の遺骨を埋葬するものもある。