スマートフォン用の表示で見る

人日の節句

人日の節句

じんじつのせっく

毎年1月7日。五節句の中で一番最初の節句

由来

人日の節句」の翌日8日には穀を占い天気が晴れなら吉で豊作、雨なら凶の兆しとなるため前日の7日に1年の豊作と無病息災を願い「七草粥」を食べたとされるところから。

穀物を作る人間は、まず体調を整えて健康管理することが重要であるということを説いている。

新年に芽吹いている植物の七種(草)を粥にして食べる事は、自然の恵を授かると言うことだけではなく、家族の無病息災と長寿を祈ることからもきている。

つまり、正月料理や飲酒に疲れた家族や自分の内臓(胃腸)を気使い、冬の間に不足しがちのビタミンを補うとい生活の知恵でもあり薬膳料理でもあるわけである。

七草の栄養価

セリビタミンKマンガン、レチノール、葉酸食物繊維、銅、鉄、ビタミンC
ナズナペンペングサタンパク質、脂質、炭水化物、βカロテン、ビタミンB1ビタミンB2ビタミンB6
スズナ(蕪)カリウム、リン、カルシウム葉酸ビタミンB2ビタミンC
スズシロ大根ビタミンCビタミンE、βカロテン、ビタミンB1食物繊維カルシウム
ハコベラハコベタンパク質ビタミン類、サポニン酵素カルシウム、鉄、ミネラル
ゴギョウハハコグサ栄養価は不明だが咳止め・痰きり・利尿作用などに効能があるとされる
ホトケノザ栄養価は不明だが体質改善に効能があるとされる

七草粥―三人佐平次捕物帳 (時代小説文庫)

七草粥―三人佐平次捕物帳 (時代小説文庫)