青梅街道

地理

青梅街道

おうめかいどう

幹線道路として

青梅街道は、東京都新宿区から東京都青梅市へ向かう街道。

青梅から山梨県甲府市に至る街道である。

1603年(慶長8年)江戸城築城の資材確保の為、大久保長安の指揮の下建造。

青梅の成木村で採れる石灰を運搬する道路「成木街道」として整備された。

現在の東京都新宿区に当たる場所の「新宿追分」を起点として、中野-田無-小川-箱根ヶ崎-青梅-奥多摩-塩山-山梨市を経由して甲府に至る形である。

また、この道路の北側には新青梅街道が、西多摩郡瑞穂町まで並行して走行している。