スマートフォン用の表示で見る

川淵三郎

スポーツ

川淵三郎

かわぶちさぶろう

日本代表サッカー選手、元日本代表監督。Jリーグ初代チェアマン、日本サッカー協会(JFA)第10代会長。現・日本サッカー協会最高顧問

1936年12月3日生まれ。大阪府高石市出身。

小学校時代、吉岡たすく?の指導を受ける。

大阪府立三国丘高等学校卒業後、二浪の末早稲田大学進学。早稲田大学ア式蹴球部でプレー。

1958年サッカー日本代表選手となる。ヨーロッパ遠征中、ドイツの充実したスポーツ施設に感銘を受け、「誰もが気軽にスポーツを楽しめる環境を」と、日本サッカー・プロ化を思い立つ。

卒業後、古河電気工業入社古河電気工業サッカー部で選手として活躍。

1964年東京オリンピックに出場。

1970年、現役引退と共に古河電工サッカー部コーチに就任。

1972年古河電工サッカー部監督に就任。1975年まで務めた。

1980年ロサンゼルスオリンピック強化部長、日本代表監督に就任。

1981年、退任。

1988年、日本サッカーリーグ総務主事に就任。

1991年日本プロサッカーリーグチェアマン理事長就任。Jリーグ設立の中心的存在の一人となる。

1994年、日本サッカー協会副会長就任。

2002年、Jリーグチェアマンを退任、日本サッカー協会会長(キャプテン)に就任。

2008年、日本サッカー協会会長を退任、日本サッカー協会名誉会長に就任。

2012年、日本サッカー協会最高顧問に就任。


リスト::サッカー選手