スマートフォン用の表示で見る

浅倉久志

読書

浅倉久志

あさくらひさし
  • 伊藤典夫とは1960年代始め頃に知り合っており、SFマガジンで翻訳の仕事を始めたのは、伊藤氏の紹介がきっかけであるそうだ。