胆振線

地理

胆振線

いぶりせん

かつて北海道に存在した国鉄線の一つ。

室蘭本線に接続する伊達紋別と、函館本線に接続する倶知安の間 83.0km を、洞爺湖羊蹄山に沿って結んでいた。国鉄改革の中で廃止対象となり、1986年11月1日にバス転換された。

上記のほか、京極−脇方間 7.5km の支線もあったが、1970年11月1日に廃止された。