スマートフォン用の表示で見る

池大雅

アート

池大雅

いけのたいが

1723−1776。江戸中期の画家。絵を売って生活することを好まず、晴耕雨読の生活を良しとした。ために「奇人」と称された。妻である玉蘭奇人で、なかむつまじい夫婦であった。