スマートフォン用の表示で見る

銚子電気鉄道

地理

銚子電気鉄道

ちょうしでんきてつどう

銚子電気鉄道株式会社は、千葉県銚子市新生町に本社を置き、銚子市内にて銚子電気鉄道線を運行する鉄道事業者

通称「銚子電鉄」「銚電」。

鉄道路線は、銚子駅外川駅間 6.4km のみ。銚子駅でJR総武本線に接続する。全線電化(直流600V)、単線軌間1067mm。かつて営団地下鉄銀座線で使用されていた車両が、改軌の上、パンタグラフ集電に改造され、主力車両として使用されている。

元々は京成電鉄の傘下(直接の株主千葉交通)だったが、1990年代に地元工務店の内野屋工務店傘下へ。1998年に同社倒産後は、銚子市支援の下経営を続けているが、前社長による横領事件が発生し、総額約1億1000万円もの借金を肩代わりする事になってしまう。

このために、収益を借金返済に充てる状況が続き、鉄道車両の検査(法定検査)に必要な資金も確保できない状態で、このままでは年明けにも車両が不足してしまうどころか、国土交通省から運行禁止命令が出されてしまう危機に晒された。このために、会社HPでは異例とも言える「電車修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」と題した「緊急報告」を発表し、鉄道の利用と「ぬれ煎餅」等、鉄道関連グッズの購入を呼びかけている。

なお、「ぬれ煎餅」などの食品事業・販売業の収入が、鉄道事業の収入よりも多い経営状況となっている。

沿革

1922年10月10日、資本金15万円で設立

1923年7月5日、銚子鉄道株式会社として営業開始(銚子駅-外川駅 6.4km)

1924年10月25日、資本金22万5000円に増資

1925年7月1日、電化完成・電車運転開始

1927年12月11日、資本金33万7500円に増資

1948年8月20日、銚子電気鉄道株式会社(現在)に社名変更

1951年8月15日、資本金300万円に増資

1952年9月30日、資本金400万円に増資

1960年11月1日、千葉交通株式会社の資本下に入る

1969年銚子市の助成開始

1975年、国が欠損補助対象地方鉄道として認定 国・県・市による欠損補助開始

1976年2月10日、観音駅構内に直営売店を開業

1990年12月、犬吠埼新駅舎(ポルトガル風)竣工

1992年6月12日資本金1億810万円に増資

1995年4月、ワンマン運転を開始

1995年9月19日、犬吠駅で「ぬれ煎餅」の売店を開業

1997年11月30日、仲の町ぬれ煎餅工場新築、増産体制整う

2000年2月2日、資本金1億2910万円に増資

2002年4月、行政補助金から脱却して完全自力営業開始

2007年6月27日、資本金6910万円に減資

2010年5月、伊予鉄道株式会社より新車輌2編成購入

2010年7月24日、2000形の営業運転を開始

2013年2月1日、経営の自主再建を断念することを発表