スマートフォン用の表示で見る

京成電鉄

地理

京成電鉄

けいせいでんてつ

[英] Keisei Electric Railway Co., Ltd.

京成電鉄株式会社は、千葉県市川市に本社を置き、東京都千葉県路線を有する大手私鉄の一つ。京成グループの中核企業。

証券コード:9009

1909年6月30日設立*1、会社名は東京「京」成田の「成」から。成田山参拝目的の鉄道運営が由来。パスネット加盟会社。傘下に北総鉄道子会社新京成電鉄(持分法関連会社)などのグループ会社を抱える。

1960年代後半に積極的に進めた不動産投資(これには東京ディズニーランドも含まれる)がオイルショックによる影響で不良資産化したことをきっかけに、1980年代まで赤字・無配を続け、一時は大手私鉄協会から離脱したほどであり、なおかつグループ内には北総鉄道などの赤字会社を抱えていることから、(オリエンタルランドなどの優良グループ会社を抱えていながらも)未だに「京成」=「赤字」のイメージが強い。

事業概要

路線

主体鉄道会社では、以下の7路線がある。

本線

京成上野駅 - 京成船橋駅 - 京成成田駅 - 駒井野分岐部 67.2km

駒井野分岐部−成田空港駅 2.1km(第二種)

京成本線経由の特急(通勤型車両を使用している特急券不要列車)は、日暮里駅でJRと接続することもあり、競合するJRと比較して東京山手線の駅と、成田空港の間を安価に移動できる手段である。

東成田線

京成成田駅 - 駒井野分岐部 - 東成田駅 7.1km

成田空港ターミナル移転に伴う、旧ターミナル方面の路線を本線から支線に変更したもの。

整備場などの空港設備は旧成田空港駅である東成田駅が便利な為、引き続き通勤路線として存続。

終点東成田から、芝山鉄道に接続して一体化して運行されているが、運転本数は日中40分に一本程度と、往時に比べかなり減便されている。

押上線

押上駅 - 青砥駅 5.7km

押上にて都営地下鉄浅草線と接続。

相互乗入により東京都心部へ直行するもう一つのメイン路線

地下鉄および横浜方面京浜急行乗入れの為の優等列車が数多く設定されている。

千葉線

京成津田沼駅 - 千葉中央駅 12.9km

ほぼ全区間にわたって総武線と並行。

本線への直通列車もあるが、線内は全列車各駅停車のため都心〜千葉市内の移動には便利とは言えない。日中は、新京成電鉄の列車が千葉中央まで乗り入れを行う。

千原線

千葉中央駅 - ちはら台駅 10.9km

もともと「千葉急行電鉄」という別会社として開業し、同社破綻(特別清算)により京成電鉄に編入されたもの。現在も運賃は千葉急行時代の制度を踏襲しており、他の路線とは別計算。そのため、京成千葉ちはら台間では410円という距離の割には高額な運賃となる。

全線単線だが複線化の用地が確保されている。*2

金町線

京成高砂駅 - 京成金町駅 2.5km

常磐緩行線金町至近の京成金町駅と本線中枢部の京成高砂を連絡する路線

常磐線からの流入を受け入れる路線である。

また、途中駅に柴又が存在しており、柴又帝釈天と映画「男はつらいよ」に関連する観光客の輸送を承っている、一つの京成の「顔」となる路線

成田空港線

京成高砂駅 - 印旛日本医大駅 - 成田空港駅 51.4km(第二種)

従来のスカイライナーでは京成本線ルートでは51分かかっていた空港へのアクセス。その所要時間を36分(日暮里駅〜空港第2ビル駅間)に短縮したのがこの路線である。

印旛日本医大駅 - 空港第2ビル駅間はスカイライナーだと時速160km/hで走行する。これは北越急行ほくほく線と並ぶ在来線最速タイである。

京成高砂駅 - 印旛日本医大駅間は北総線と線路を共用している。

*1:「京成電気軌道株式会社」として

*2:このため一部の駅には「線路に面していないホーム」がある。

*3:2013年3月31日現在

京成電鉄
目次