スマートフォン用の表示で見る

長浜市

地理

長浜市

ながはまし

滋賀県湖北地方にある市。

豊臣秀吉羽柴秀吉)が最初に築城した城、長浜城を擁し城下町として繁栄してきた。

元々は「今浜(今濱)」と言ったが主であった羽柴秀吉が、主君である信長の一字をもらって「長浜」と改めた。その後、山内一豊柴田勝家などが領主となり治めた。

1991年JR直流化*1以来、大阪京都愛知から観光客が激増し、年間300万人が訪れる。

2006年2月13日に、隣接する東浅井郡浅井町、同びわ町と合併

2010年1月1日に東浅井郡虎姫町湖北町伊香郡高月町木之本町余呉町西浅井町合併した。

春には曳山祭り、夏には北琵琶湖花火大会夏中さん長浜おどり、秋には長浜ドームで行われる運動会、冬には長浜カルタで盛り上がる。

長浜城、豊公園、盆梅展、黒壁ガラス館、サンロード大手、国友鉄砲の里資料館、旧駅舎、すずらん通り、大通寺(ごぼうさん)、滋賀県長浜ドーム 、長浜楽市、曳山博物館長浜鉄道記念館などのプレイスポットも。

ドイツアウグスブルク市、イタリアヴェローナ市と姉妹都市を提携し、小中学校の給食に現地のメニューが出る。

全国地方公共団体コード市町村コード
25203-4

*1北陸本線における交流電化区間と直流電化区間の境界を移し、東海道本線で使用される直流専用の車両が京阪神から長浜まで直通できるようになった。