スマートフォン用の表示で見る

天声人語

一般

天声人語

てんせいじんご

朝日新聞朝刊一面下段のコラム。長い歴史がある。命名者は杉村楚人冠

明治37年(1904年)に初めて登場した朝刊1面のコラム。「名文」としての評価が高いが、日々、その時代のありさまを鮮明に映し出していて、よく読まれている。大学入試の題材として採用されることも多い。執筆者は原則として一人。当初は西村天囚内藤湖南、鳥居素川?長谷川如是閑、大山郁夫?、永井釈瓢斎?ら日本の代表的言論人が筆をとり、戦後は嘉治隆一?荒垣秀雄、入江徳郎?、疋田桂一郎?深代惇郎、辰濃和男?、白井健策?栗田亘が担当している。

http://www.asahi.com/edu/nie/nono/itimen/tenjin.html

ラテン語Vox populi, Vox dei(民の声は天の声)の訳語から来ている。

(夕刊英字紙の「朝日イブニングニュース」に『天声人語』が英訳されて載る場合も、この『Vox populi, Vox dei』が使われる)