特別受益

一般

特別受益

とくべつじゅえき

相続人が被相続人から遺贈・生前贈与を受けた場合、その分を相続財産に加えて相続分を算定し、遺贈・贈与を受けた相続人はその算定額から贈与・遺贈分を控除して残額がある場合に限り相続を受けることができる。