柏原竜二

スポーツ

柏原竜二

かしわばらりゅうじ

陸上競技選手。福島県いわき市出身。1989年7月13日生まれ。

いわき総合高→東洋大学経済学部

愛称:「新・山の神」「カッシー」。

略歴

いわき総合高時代、インターハイ全国高校駅伝の出場経験はないが、2008年の全国都道府県対抗男子駅伝で1区区間賞を獲得して脚光を浴びた。

2008年、東洋大学に進学。箱根駅伝の第5区山登りで注目を集める。

2009年3月、最後の開催となった京都シティハーフマラソンに招待され、男子の部で優勝。

2009年7月、セルビアベオグラードで開催されたユニバーシアードに10000m代表で出場。

4年生となった2011年度は陸上競技部長距離部門の主将に任命される。

同校卒業後、2012年4月からは富士通陸上競技部に入部予定。マラソンへの転向を示唆している。

箱根駅伝

2009年(第85回大会)

山登り第5区を担当。今井正人選手の区間記録を47秒更新する1時間17分18秒の区間新記録で区間賞を獲得。

4分58秒差を逆転し、東洋大学初の往路優勝・総合優勝に大きく貢献した。

1年生では史上初となる金栗四三杯(最優秀選手賞)にも選出された。

2010年(第86回大会)

前年に引き続き第5区を担当。

区間新記録を10秒塗り替える快走で6人を抜き、東洋大学の往路・総合連覇に貢献。

2年連続で金栗四三杯を獲得した。

2011年(第87回大会)

前年に引き続き第5区を担当。

体調不良のため区間記録更新はならなかったが、3年連続区間賞を獲得。

また、3位から2人を抜き逆転し、東洋大学の往路3連覇に貢献した。

2012年(第88回大会)

4年連続第5区を担当。初めて1位で小田原中継所にて襷リレーを行った。

終始快走し、自身が目標に挙げていた「1時間16分台」となる区間新記録1時間16分39秒で4年連続5区区間賞を獲得。

東洋大学の往路4連覇、昨年早稲田大学に21秒差で逃した総合優勝に貢献。

2年ぶり3回目となる金栗四三杯を獲得した。

山の神

09年の往路でゴールした際、日本テレビの中継では今井正人が「山の神」と呼ばれていたのに対して「山の神童」と表現した。

他の媒体では「新・山の神」「2代目山の神」などとも呼ばれている。

その他

趣味に「マンガ、アニメ、ゲーム」、好きなタレントとして声優花澤香菜を挙げている。

目次