スマートフォン用の表示で見る

武帝

社会

武帝

ぶてい

紀元前156年〜紀元前87年

前漢の第7代皇帝。諱は徹。廟号は世宗。正式な諡号孝武皇帝

紀元前141年に即位紀元前87年に退位。前漢最盛期の皇帝郷挙里選の法と呼ばれる官吏任用法を採用したことで有名。また、董仲舒の献策により五経博士を設置し、儒教を官学とした。外征では匈奴衛氏朝鮮などの周辺諸国と戦った。

 なお、将軍・李陵匈奴に投降したことについて、諸官が李陵をけなすのにたいし、司馬遷が正論を述べた際、彼に宮刑の沙汰を下した。

 「武帝」と名乗る皇帝はほかにもいるので、「漢の武帝」と表記するのが正しいと思われる。