スマートフォン用の表示で見る

蜂窩織炎

サイエンス

蜂窩織炎

ほうかしきえん

皮膚の深い層から皮下脂肪組織にかけて細菌感染することによって起こる進展性の化膿性炎症

好中球の浸潤が限局せず組織内にびまん性に広がり、細胞間質を広範囲に融解し細胞実質を壊死分解させる。*1

原因

けがや風邪による細菌感染やリンパ浮腫などが原因となっている。黄色ブドウ球菌、化膿連鎖球菌が感染することで発症する。

症状

顔や四肢(特に下肢)に発症しやすく、広い範囲が赤く腫れ、痛みを伴う。

発熱、倦怠感、頭痛、関節痛なども伴うこともある。

再発しやすい。

治療

赤く腫れているところを冷やして安静を保ち、抗生物質の内服あるいは点滴静注を行う。