本並健治

スポーツ

本並健治

ほんなみけんじ

サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはゴールキーパー

1964年6月23日生まれ。大阪府枚方市出身。血液型B型。身長186cm、体重82kg。利き足は左。


Jリーグ発足後、神懸り的なセーブや、自陣ぎりぎりまでも飛び出す超攻撃的姿勢に加え、浪速のイタリア人と呼ばれる濃い顔立ちも手伝って人気選手となる。

だが、1993年7月7日のサンフレッチェ広島戦(広島スタジアム)で、腎臓破裂の重傷を負い、選手生命の危機に晒された。しかし、驚異的な回復力で、翌1994年には再び正GKとしてピッチに立ち、サッカー日本代表に選出され、国際Aマッチ3試合に出場した。

1996年以降、正GKの座を岡中勇人に明け渡し、1997年ヴェルディ川崎レンタル移籍し、翌年には完全移籍。

2001年現役引退Jリーグでは通算209試合出場。

GAORAの解説者をつとめ、2012年8月には日本女子サッカーリーグなでしこリーグ)のスペランツァFC大阪高槻の監督に就任した。