スマートフォン用の表示で見る

未必の故意

一般

未必の故意

みひつのこい

実害の発生を積極的に希望ないしは意図するものではないが、自分の行為により結果として実害が発生してもかまわないという行為者の心理状態。

刑事裁判上は、故意があるものとして裁かれる。