スマートフォン用の表示で見る

柳生十兵衛

一般

柳生十兵衛

やぎゅうじゅうべえ

(1607-1650) 江戸初期の剣客。名は三厳(みつよし)。

柳生宗矩の長男であったが家督は継がなかった。隻眼であったという。

柳生新陰流を究め、将軍家光の密命を受けて、諸国を巡歴したという巷説があり、時代劇等で、悪役に描かれがちな父に対し、ヒーロー的に描かれることが多い。