柳沢吉保

一般

柳沢吉保

やなぎさわよしやす

1658〜1714 (万治元年〜正徳4年)

代将徳川綱吉の側近。綱吉の寵愛を受け、老中首座まで出世し元禄時代の最も江戸幕府経済的に栄えた頃の政治を担った。

忠臣蔵水戸黄門では幕府にあって暗躍する悪役として描かれることが多いが、若き日の大岡忠相と接触し、その後の活動に影響を与えるなども行っている。