有吉佐和子

読書

有吉佐和子

ありよしさわこ

作家(1931-1984)

25歳のとき、「地唄」が芥川賞候補となり、「才女」と呼ばれ、以降、多くの小説・脚本を手がけた。

代表作に

などがある。

2014年、半世紀前に雑誌に連載したものの、本になっていなかった小説があることが分かり、出版されることが発表されている。*1

恍惚の人 (新潮文庫) 華岡青洲の妻 (新潮文庫)