李商隠

一般

李商隠

りしょういん

 晩唐の詩人博覧強記で知られ、恋愛詩に新境地を開いた。


以下のような詩が代表的。(岩波書店 高橋和巳 注)



無題

昨夜星辰昨夜風

書楼西畔桂堂東

身無綵鳳雙飛翼

心有霊犀一点通

隔座送鈎春酒暖

分曹射覆蝋燈紅

嗟余聴鼓応官去

走馬蘭台類転蓬




(上の詩の概略)私はあるとき宴席で、素敵な女性に出会った。二人のみでかわされるコミュニケーションがあった。一本の糸のような。ああ、でも私は役人、転がり行く「転蓬」のように去っていかなければならない・・・(なお、転蓬は普通の蓬ではなく、ねこそぎ転がっていく別種の植物である。)


なお、彼の読書法は独特で、本をあちこちに置いて読むというものだったので、獺(かわうそ)が獲物をあちこちに置くのとよく似ていたということで、このような読書法を「獺祭(だっさい)」と呼ぶようになった。