スマートフォン用の表示で見る

F-ZERO

ゲーム

F-ZERO

えふぜろ

任天堂が開発・発売している、未来を舞台にしたレースゲーム。また、そのシリーズの総称。『エフゼロ』。

初代「F-ZERO」

第1作目は『スーパーマリオワールド』とともに、スーパーファミコンローンチタイトルとして1990年11月21日に発売された。

26世紀の未来世界を舞台にしたレースゲーム。反重力発生装置「G-ディフューザーシステム」により常に路面から浮いているマシンを操縦し、ミュートシティなど各惑星に設けられた専用サーキットで行われるグランプリレースに挑む。

スーパーファミコンの拡大・縮小・回転機能を生かした疑似3Dと高速スクロールで、圧倒的なスピード感を実現した。

5つのコースを転戦するグランプリモード、プラクティスモード(タイムアタックを兼ねる)がある。様々なテクニックを駆使して1/100秒のタイム更新を競うタイムアタックは、当時のゲーマーの間で話題となり、各ゲーム雑誌でも特集された。

選択できるマシンはブルーファルコン(パイロット:キャプテン・ファルコン)、ゴールデンフォックス(ドクター・スチュワート)、ワイルドグース(ピコ)、ファイアスティングレイサムライ ゴロー)の4台。ファイアスティングレイは加速が悪いという点以外は高性能で、タイムアタックでは圧倒的に速かった。

WiiWii Uバーチャルコンソールで配信されている。


スターフォックスシリーズにも「G-ディフューザーシステム」が登場し、続編の『F-ZERO X』などではスターフォックスシリーズに登場するキャラクターと似た名前のキャラクターが登場するが、スターフォックスシリーズF-ZEROシリーズに直接的な関連性があるかどうかははっきりしていない。

*1任天堂セガの共同開発。発売元はセガ

*2メディアミックス展開されており、同題のTVアニメが放送された