スマートフォン用の表示で見る

P2P

コンピュータ

P2P

ぴあつーぴあ

Peer to Peer (2を「two」→「to」と読んだ洒落)

コンピュータの通信形態を示す用語。

クライアント-サーバモデルの対比にあたる用語で、複数のコンピュータが1対1の対等な接続状態にある形態を指す。

サーバークライアントというネットワーク上の役割はなく、素子はすべて「ノード」と呼ばれる。

純粋なP2Pネットワーク状態「Pure」ネットワークでは、サーバーレスなのでネットワークに参加するノードを管理するものはいない。ノードネットワークへ自由に参加できる。ノードの参加・離脱に合わせてネットワークは自律的にトポロジーを変化させる。これをアドホック(="一時的")ネットワークと呼ぶ。

ネットワークが大規模になると、ルーティング情報を各ノードがいちいち管理するリソースコストが増える。その場合、ルーティング情報を一手に管理するスーパーノードという役割のノードを設けて、一律そのノードに問い合わせをするようにする。また、ネットワーク参加ノードの管理をしたい場合もスーパーノードを用意すると都合がいい。このようなP2Pネットワーク状態を「Hybrid」と呼ぶ。