Hatena::ブログ(Diary)

旧・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】跡地

はてなダイアリー終了に伴い
はてなブログに移転しました
  → 新・元【東京】江戸御府内八十八ヶ所順打ち巡礼記【遍路】

2019-01-12

2019-01-11

「家康、江戸を建てる」(祥伝社文庫)



体調があまり優れず、

昼飯はコンビニで適当に済ませたもので、

いつもの通り貯金読書ネタで失礼致します。




家康、江戸を建てる (祥伝社文庫)

家康、江戸を建てる (祥伝社文庫)





あの「銀河鉄道の父」で、

第158回直木賞を受賞した門井慶喜さんが、

第155回で二度目の候補になった作品

装丁タイトルがいかにも、

ドキュメンタリータッチなので、

直木賞候補話題になるまでは、

ノンフィクションの本だと思ってました。

このお正月NHKドラマ化放映されましたが、

そちらはまだこの文庫を読む前だったので、

録画はしておりますがまだ観ていません。

題名主語は「徳川家康」ですが、

それぞれの話の主役「家康」はではなく、

「川の治水」、「金貨」、

飲料水」、「石垣」、

と、いった江戸の基盤を作り上げた、

職人たちのオムニバスストーリー。

最後に「天守」の話となり、

秀忠が家康と語り、

平和バトンをつなげます。

これを完全に現代人の視点語り部が、

淡々と紡ぎあげていきます。

この展開が実に新鮮で斬新。

ラストも胸熱でいいなぁ。

ありそうであまりない、

新しいタイプの歴史小説の傑作デス。





【追伸】

この「はてなダイアリー」が、

2019年1月28日をもって、

更新を停止するとのことですので、

本日を持ちましてこのURLでの、

ブログ更新を終了とさせて頂きます。

長年のご愛読誠にありがとうございました。

2019-01-10

うどんそば 加賀 その九

営業時間 7:00〜20:00(土10:00〜16:00)

定休日 日曜日・祝日

151-0071 渋谷区本町1-2-3






うどんそば 加賀 

その → 





今週三度目の加賀




珍しくお昼ドキになったことに、

気付かずにデスク仕事をしていると、

一昨日、加賀を案内したワカちゃんが、

目をキラキラさせながら、

今日もご一緒に加賀りましょう」

と、誘ってくれました。

てな訳でワタシは、

今週三度目の加賀デス。

ワカちゃんすっかり加賀好きになったとか。





ワレカガリアンイクセイニセイコウセリ




温納豆そば(460円)+大盛り(80円)。






納豆そば(460円)+大盛り(80円)。






納豆そばを手繰る





初めて頼んだ温かい納豆そば

納豆香りが強調されるので、

近くに嫌いな方がいたら、

大変ご迷惑なシロモノですが、

納豆好きにはたまらないメニュー。

具沢山でCPも良く、

オマケにヘルシー。

毎日コレばかり食べたら、

健康ダイエット出来るかも。





KK





"加賀納豆蕎麦大盛完飲完食"、

KG-ON-NTSB-OM-KK

で、ごさいます。




え?、なに?、

ワカちゃん?、

春菊天最高だって??

でがしょ?、

美味いっしょ。






2019-01-09

印度カリー きんもち その六

営業時間 11:00〜売り切れ次第閉店

定休日 土曜日・日曜日・祝日

160-0023 新宿区西新宿3-9-1 西新宿ティーオービル1F






印度カリー きんもち その → 







印度カリーきんもち





さて、かなり前から常連だった、

同僚達の話によりますと、

西新宿三丁目の再開発で、

移転?、閉店??の噂のある、

印度カリー・きんもちさん。

しかしまぁおそらく三月頃には、

ウチのオフィスも、

晴海移転するもので、

いずれにしてもワタクシたちは、

もう永くは通えません。

(´;ω;`)






チキンカレー特盛【20・激辛】(850円)+野菜(150円)+チーズ(60円)







チキンカレー特盛【20・激辛】(850円)+野菜(150円)+チーズ(60円)。








スプーン上げ






キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!




チキンお気に入り黄金タッグは、

野菜セットとチーズトッピング

やはり鉄板の完成度。

前回時間が全く無くて、

ギネス級の早食選手権並みの、

スピードで掻き込んだので、

今日はゆっくりと味わいました。

しかしそれでも普通の人よりも、

十分全然早食いでございます。




KK





昨年カレー食い納め、

新年カレー食い始めも、

"きんもちチキンカレー特盛野菜チーズ完飲完食"、

KM-CKCR-TM-YS-CS-KK

と、あいなりました。

2019-01-08

うどんそば 加賀 その八

営業時間 7:00〜20:00(土10:00〜16:00)

定休日 日曜日・祝日

151-0071 渋谷区本町1-2-3






うどんそば 加賀 

その → 






2日連続の加賀






生まれも育ちも、

習志野市内のご近所で、

現在は千住大橋に住んでいる、

三十代半ばの同僚ワカちゃん。

ワタシとかなり丸かぶりで、

先日、立ち蕎麦談義になりまして、

初めて二人で一緒に、

加賀ることになりました。

てな訳で二日連続デス。





春菊天そば(440円)+とろろ(120円)+大盛(80円)







春菊そば(440円)+とろろ(120円)+大盛(80円)。






春菊天とろろ蕎麦を手繰る






ワタシはデラックスな、

春菊とろろ蕎麦大盛ですが、

ワカちゃんは、

昨日ワタシが食べた、

かき揚げ玉子蕎麦

ホレ、揚げたてサクサク

最高ざんしょ?!

しかし、部下に、

こんな安い昼飯ぐらい、

奢ってはいけない職場ってば、

ホントやり辛いし無粋だわさ。

なんか申し訳ない気持ちになる。





KK



"加賀春菊薯蕷蕎麦大盛完飲完食"、

KG-SGT-TRR-SB-OM-KK

で、ございました。

2019-01-07

うどんそば 加賀 その七

営業時間 7:00〜20:00(土10:00〜16:00)

定休日 日曜日・祝日

151-0071 渋谷区本町1-2-3






うどんそば 加賀 その → 





初蕎麦は加賀




僅かな1時間の昼休みで、

ランチを食べてから、

新宿センタービルにある、

リコーイメージングスクエア新宿へ、

GR IIの修理依頼に行くつもりデス。

職場から方向が真逆ですので、

チョット考えてしまいましたが、

やっぱり初蕎麦が手繰りたくて、

初台駅前の加賀に行ってもうた、

ワタシだよwww





かき揚げ玉子そば(520円)





かき揚げ玉子そば(520円)。





初蕎麦を手繰る




中性脂肪が高くなるので、

天ぷらはやめようかとも思いましたが、

やっぱりココの揚げたてサクサクな、

巨大なかき揚げ我慢出来ない。




KK





大変遅くなりましたが、

新年蕎麦は、

"加賀掻揚玉子蕎麦完飲完食"、

KG-KAG-TG-SB-KK

で、ございまする。

2019-01-06

拉麺 いさりび 京成大久保店 その三

営業時間 11:00〜14:00/17:00〜21:00

定休日 月曜日

275-0011 習志野市大久保3-11-24

公式サイト https://ramen-restaurant-3224.business.site/





拉麺 いさりび 京成大久保店 → その一その二






午前ちうの部分日蝕





とってもブルーな十連休の最終日ですが、

午前ちうはブラックの下敷きを通して、

レッドな部分日食を鑑賞いたしますた。





いさりび京成大久保店





さてランチは珍しく妻を伴い、

地元商店街拉麺いさりび京成大久保店に、

三度目の訪問でございます。





ネオ中華そば(900円)



お初の妻は、ネオ中華そば(900円)。



ネオ中華そば(900円)+大盛(100円)





ワタシのとても冷えるので、

ネオ中華そば(900円)+大盛(100円)。

見た目はほとんど変わりがありません。






餃子3個260円(無料券0円)×2





前回、前々回に頂いた、

麺の注文で一枚利用出来る無料券は、

一番お得な、餃子3個260円(無料券0円)×2。






餃子の断面



皮はこだわりの愛知県専門店からの取り寄せで、

具にはラーメンスープを練り込んだという餃子が、

思いの外、美味しくってビクーリしますた。





浅草開化楼麺リフト




浅草開化楼リフト

これでブログの誤字をハケーン。

↓↓↓





スープ  KK




そしてついついやってしまう、

"拉麺漁火京成大久保店ネオ中華そば完飲完食"

RMISRB-KSOKBT-NCKSB-KK

で、ございました。





あ゛ぁ゛、明日から仕事い゛ぎだぐね゛ぇぇぇ。

さぁ、髭剃るか...。





【閲覧注意】グロ画像【自己責任】


↓↓↓↓↓

続きを読む

「黒澤明 DVDコレクション」26『一番美しく』

公式サイト https://publications.asahi.com/kad/







黒澤明 DVDコレクション」 

→ 1『用心棒』

→ 2『七人の侍』

→ 3『赤ひげ』

→ 4『椿三十郎』

→ 5『天国と地獄』

→ 6『羅生門』

→ 7『乱』

→ 8『隠し砦の三悪人』

→ 9『生きる』

→ 10『蜘蛛巣城』

→ 11『醉いどれ天使』

→ 12『野良犬』

→ 13『静かなる決闘』

→ 14『悪い奴ほどよく眠る』

→ 15『影武者』

→ 16『生きものの記録』

→ 17『どですかでん』

→ 18『どん底』

→ 19『わが青春に悔いなし』

→ 20『素晴らしき日曜日』

→ 21『白痴』

→ 22『姿三四郎』

→ 23『續姿三四郎』

→ 24『デルス・ウザーラ』

→ 25『八月の狂詩曲』

黒澤明監督作品と「スター・ウォーズ」シリーズ 

→ その一その二

→ 「黒澤明という時代」(文藝春秋)

→ DVD「羅生門」その一

→ DVD「生きる」・「赤ひげ」

→ DVD「一番美しく」

→ 「黒澤明」関連の記事










→ DVD「一番美しく」






ん?、・・・あらまぁ...、

隔週火曜日発売のコチラですが、

年末最終の第26号は、

特別に12月28日(金)の発売だっとたとか。

年始仕事始めの前の今日に気が付きました。

こちらも九年前のネタ切れの際に、

黒澤明監督作品全作を挙げようとして、

一度アップした作品なので、

今回は概要の紹介だけにしようかと存じます。





昭和十九年(1944)という、

戦争中真っ只中に公開された映画です。

軍需工場で働く女子挺身隊員達の姿を描く為に、

二十一名の女優を実際に、

日本光学工業(現・ニコン)に入寮させて、

工員同様の生活を行わせることで、

その日常ドキュメンタリータッチに描きました。

戦時下に製作された映画は全て、

プロパガンダ的な意味で、

戦争協力を表現していましたが、

黒澤明女工たちが工場で、

敵国アメリカと戦う兵器生産の為に、

熱心に働いている場面で、

アメリカ作曲家スーザの行進曲を使うなど、

反骨精神垣間見ることが出来る作品

もちろん最愛の妻である矢口陽子さんと、

出会えた作品という意味もありますが、

それらが彼をして全三十作中で、

「一番可愛らしい作品」と、

言わしめた理由ではないでしょうか。