Hatena::ブログ(Diary)

基礎セミナー「ビブリオバトル入門」blog

2099-12-31 このブログについて

このブログでは、大阪大学で開講している基礎セミナー「ビブリオバトル入門」の様子を伝えます。
授業概要や知的書評合戦ビブリオバトルについては、
授業概要 - 基礎セミナー「ビブリオバトル入門」blog
をご覧ください。なお、このブログは、ステューデントアシスタント(TAの学部生版)が担当します。

2018-05-24

2018年度『ビブリオバトル入門』第6回

こんにちは!時候の挨拶がネタ切れになったSAの今坂です。今の時期が一番難しいですね。

今回も文理逆転ビブリオです。そろそろ発表のスタイルが確定してきた頃でしょうか。では、今回紹介された本です。

YouもMeも宇宙人

YouもMeも宇宙人


第6回 久保田 - YouTube

雪国 (新潮文庫 (か-1-1))

雪国 (新潮文庫 (か-1-1))


雪 (岩波文庫)

雪 (岩波文庫)

第6回 山田 - YouTube

触楽入門

触楽入門

https://youtu.be/dIZ51jkIOMU

できそこないの男たち (光文社新書)

できそこないの男たち (光文社新書)

第6回 今坂 - YouTube

脳には妙なクセがある (新潮文庫)

脳には妙なクセがある (新潮文庫)

第6回 岡 - YouTube


チャンプ本は、『触楽入門』でした。観戦者に体験させるスタイルが斬新でしたね。
次回で文理逆転ビブリオ最終回です。発表に当たっている受講者の皆さんは準備しておいて下さい。
SAの今坂でした。

2018-05-17

2018年度『ビブリオバトル入門』第5回

5月も半分を過ぎました、今日(5/17)が弟の誕生日のSA今坂です。実はSAのOさんの弟の誕生日も今日らしいです。自称ブラコンとしては、プレゼントに悩みます。

ということで、今週は文理逆転ビブリオ1回目です。比較的文系の学生が多いので、理系の本が多かったです。では紹介された本です。


数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜

数の悪魔―算数・数学が楽しくなる12夜


人間と機械のあいだ 心はどこにあるのか

人間と機械のあいだ 心はどこにあるのか


京都花街の経営学

京都花街の経営学



魚は痛みを感じるか?

魚は痛みを感じるか?




チャンプ本は『ゴジラ幻論 ――日本産怪獣類の一般と個別の博物誌』でした。SAがチャンプ本を取ってしまうという椿事がおきました。発表者の特撮愛が全面に押し出された発表でしたね。

来週も文理逆転ビブリオです。発表する受講生は準備をしてきてください。
SAの今坂でした。

2018-05-09

2018年度『ビブリオバトル入門』第4回

5月になりましたね。暖かい日が続いたかと思えば、急に寒くなったり…。最近服装に悩んでいるSA今坂です。薄着の日に限って気温が低いのはいやがらせでしょうか。

今週でテーマなしビブリオ、最終回です。全員が一度ずつ発表したことになります。ビブリオバトルの雰囲気も掴めてきたのではないでしょうか。では、今週紹介された本です。


月の裏側 (幻冬舎文庫)

月の裏側 (幻冬舎文庫)


キケン (角川文庫)

キケン (角川文庫)


舞え舞え蝸牛―新・落窪物語 (文春文庫 た 3-13)

舞え舞え蝸牛―新・落窪物語 (文春文庫 た 3-13)


精霊の守り人 (新潮文庫)

精霊の守り人 (新潮文庫)


屍者の帝国 (河出文庫)

屍者の帝国 (河出文庫)


走れメロス (新潮文庫)

走れメロス (新潮文庫)



チャンプ本は『舞え舞え蝸牛ー新・落窪物語』でした。高校時代は敬遠していた古典への足掛かりにもってこいの一冊でしたね。
次回からは文理逆転ビブリオです。文系の学生は理系の本を、理系の学生は文系の本を、それぞれ持ってきてください。
SAの今坂でした。

2018-05-07

2018年度『ビブリオバトル入門』第3回

ゴールデンウィークぼけで完全に更新を忘れておりました、SAの今坂です。
皆さま、5月病になっていないでしょうか(私の周りには予備軍が一人いますが…)。

今週はテーマなしビブリオ、第2回です。今回も質の高い発表をしてくれました。
以下、紹介された本です。

凍りのくじら (講談社文庫)

凍りのくじら (講談社文庫)


美女と竹林 (光文社文庫)

美女と竹林 (光文社文庫)


星の王子さま (新潮文庫)

星の王子さま (新潮文庫)


おちゃらけ王 (メディアワークス文庫)

おちゃらけ王 (メディアワークス文庫)


日本三文オペラ (新潮文庫)

日本三文オペラ (新潮文庫)


ポニーテール (新潮文庫)

ポニーテール (新潮文庫)



チャンプ本は『おちゃらけ王』でした。本の世界観にひかれましたね。
次回で一通りの発表が終わります。次回担当の受講生の皆さん、頑張ってください。

SAの今坂でした。