Hatena::ブログ(Diary)

基礎セミナー「ビブリオバトル入門」blog

2099-12-31 このブログについて

このブログでは、大阪大学で開講している基礎セミナー「ビブリオバトル入門」の様子を伝えます。
授業概要や知的書評合戦ビブリオバトルについては、
授業概要 - 基礎セミナー「ビブリオバトル入門」blog
をご覧ください。なお、このブログは、ステューデントアシスタント(TAの学部生版)が担当します。

2018-07-25

2018年度『ビブリオバトル入門』第14回

こんにちは、SAの今坂です。
テストに追われていたため、更新が遅くなりました。申し訳ありません。

今週もテーマなしビブリオ、第2回でした。以下、紹介された本です。

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)

沼地のある森を抜けて (新潮文庫)


なんくるない (新潮文庫)

なんくるない (新潮文庫)


大間違いの織田信長

大間違いの織田信長



掏摸(スリ) (河出文庫)

掏摸(スリ) (河出文庫)


ぶたぶた (徳間デュアル文庫)

ぶたぶた (徳間デュアル文庫)


MM9 (創元SF文庫)

MM9 (創元SF文庫)

第14回 松本 - YouTube

すばらしい新世界 (講談社文庫)

すばらしい新世界 (講談社文庫)

第14回 金井 - YouTube

チャンプ本は『すばらしい新世界』でした。

とうとう次回は、基礎セミビブリオ最終回です。張り切っていきましょう!

2018-07-12

2018年度『ビブリオバトル入門』第13回

こんにちは、SAの今坂です。
恐ろしいほど降りましたね。私は宝塚線が止まったので帰宅難民になりましたが、皆さんは大丈夫でしたか?

今週はテーマなしビブリオバトル、第1回でした。以下、紹介された本です。

氷平線 (文春文庫)

氷平線 (文春文庫)

第13回 浅井 - YouTube

絵のない絵本 (岩波文庫)

絵のない絵本 (岩波文庫)

第13回 松橋 - YouTube

忘れられた日本人 (岩波文庫)

忘れられた日本人 (岩波文庫)

第13回 山田 - YouTube

真夜中乙女戦争

真夜中乙女戦争

第13回 酒井 - YouTube

明るい夜に出かけて

明るい夜に出かけて

第13回 岸田 - YouTube

星に願いを、そして手を。

星に願いを、そして手を。

第13回 吉岡 - YouTube

海うそ (岩波現代文庫)

海うそ (岩波現代文庫)

第13回 岡 - YouTube


チャンプ本は『明るい夜に出かけて』でした。銘々、愛にあふれる発表でしたね。「この本が好きなんだ!!」というメッセージがよく伝わってきました。

次回もテーマなしビブリオです。発表に当たっている受講生は準備してきてください。

SAの今坂でした。

2018-07-05

2018年度『ビブリオバトル入門』第12回

こんにちは、SAの今坂です。
先週空梅雨だと言いましたが、それ以降はよく降りますね。ちなみに私は雨男です。

今回は古典ビブリオ第3回です。では、紹介された本です。


第12回 岡 - YouTube






第12回 中村先生 - YouTube


チャンプ本は、『みだれ髪』でした。朝シャンブローいいですね(詳しくは読んでみてください)。
なお、なぜかamazonのリンクを挿入できなかったため、今回は楽天のリンクで代用しています。また、『モロー博士の島』は、紹介されたものは岩波文庫版でしたが、楽天では取り扱いがなかったため、偕成社版で代用してあります。ご了承ください。

次回はテーマなしビブリオです。発表に当たっている受講生は準備してきてください。
SAの今坂でした。

2018-06-28

2018年度『ビブリオバトル入門』第11回

こんにちは、SAの今坂です。
梅雨という割にたいして雨が降っていませんね。空梅雨でしょうか。

今回は古典ビブリオ第2回です。では、紹介された本です。

一千一秒物語 (新潮文庫)

一千一秒物語 (新潮文庫)

第11回 松本 - YouTube

第11回 久保田 - YouTube

ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))

ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))

第11回 平田 - YouTube

第11回 今坂 - YouTube


コモン・センス 他三篇 (岩波文庫 白 106-1)

コモン・センス 他三篇 (岩波文庫 白 106-1)

第11回 岸田 - YouTube

銀の匙 (岩波文庫)

銀の匙 (岩波文庫)

第11回 奥谷 - YouTube

チャンプ本は、『高慢と偏見』でした。

次回も古典ビブリオです。発表に当たっている受講生は準備して来て下さい。
SAの今坂でした。

2018/7/2 更新
高慢と偏見』のリンクが岩波文庫となっておりましたが、正しくは光文社古典新訳文庫です。
申し訳ありませんでした。