Hatena::ブログ(Diary)

In front of water

2012-06-10

襲われたニワトリがBBQに至るまで@Embercombe

※注意:鶏がチキンになる一連の写真を掲載しています。


私は卵も鶏肉も食べるので、ニワトリの朝当番に手を挙げた。ちょっとした好奇心から始めてみたこの朝当番おかげで、ニワトリが殺された現場に遭遇することとなり、そのニワトリをBBQとしていただくまでの一連に携わる都会では得難い体験をすることなった。


祖父母(あるいは両親も)の世代においてはごく身近に経験したことかもしれないが、ここで伝える体験は私にとって衝撃的なストーリーである。


朝4:55。既に明るい。いつもより早く目が覚めて、鶏小屋へ行く。

f:id:nobriny:20120522045548j:image


昨晩、誰かが小屋の戸締りを忘れたようだ。これはよくあること。

f:id:nobriny:20120522045840j:image


いつものように、飲料水容器に水を注いだ後、パレット状の飼料を餌入れに加える。いつもは前日の餌が残っているのに今日は空っぽ。右側の餌入れに飼料をいれたところで・・・、何かがいつもと違うような雰囲気を感じる。

f:id:nobriny:20120522050813j:image:w200


ふとあたりを見渡すと、首がないニワトリが小屋の近くに倒れているのが目に留まった(写真左の右側に映っている黒い物体が襲われたニワトリ)。恐る恐る、隣の鶏小屋に足を運ぶと、羽が散らばっている(写真右)。そして、あちこちに首をやられたニワトリが倒れている。

f:id:nobriny:20120522050458j:image:w200 f:id:nobriny:20120522052002j:image:w200


ショックで涙が出た。


どう処えば良いのかわからず、とりあえず皆が起きてくるまで待つことにした。丘の上へ行き、Embercombeからの美しい眺めを見ながら、自然と食についてぼんやり振り返ってみた。


命を失ったニワトリが散在する光景をみて動揺したが、キツネがニワトリを襲うというのは弱肉強食の自然界では自然なことで、よくよく考えると、自分も小さな頃から鶏肉を食べてきた。これまで、ニワトリが命を捧げてくれたことを身をもって感じてこなかったが、今回は人の代わりに動物が(おそらくキツネ)ニワトリを絞めたのだと。


さて、朝のチェックインミーティングが終わり、死んだニワトリをどうするのかと思いきや、食用に保存するという。最初は驚いたが、キツネに食われた切り口を除けば、劣化していないうちに処理すれば確かに食べられる。むしろ、安売りのどのような育て方をされたかわからない鶏肉よりも自然か。


さて、食べ物としてどう処理するのか、これは初めての体験となった。



まず内臓を取り出し、羽を取る。

f:id:nobriny:20120522091154j:image


自分自身もニワトリの処理を見よう見まねでやってみたが、他人がやっているのを見るのと自分がやるのとでは違った。死んだニワトリのうち、首が残っているものもあった。死んでいても首を落とすのには手が震えた。「鶏肉食べてきたよね」と言い聞かせながら、まだ温かさの残っているニワトリの首を落とした。こういった感触を知らずに、鶏肉を食べてきたんだなと。

f:id:nobriny:20120531072305j:image


ちなみに、お腹を切り開くと、砂肝、心臓(ハツ)、腸、卵巣などの内臓器官が綺麗に繋がっていた。砂肝やハツなどを食べる文化はここにはないので保存しなかったが、おー、焼き鳥にしたら美味しいのになもったいないと思ったり意外に冷静だったりする(ちなみに、以前ロンドンで、牛の内臓器官の活用方法を紹介するワークショップがシェフ向けに開かれていた)。


最後に、酢・塩水に付けた上で冷凍保存した。ここまでくると、鶏肉であり見慣れたもの。

f:id:nobriny:20120522185236j:image:w250 f:id:nobriny:20120522201754j:image:w150


数日後、池のほとりでBBQとして命をいただいた。久々に肉を食べ、みんなでワイワイ良い時間を過ごした。

f:id:nobriny:20120524192238j:image:w150 f:id:nobriny:20120524195722j:image:w250


ハーブマリネとチリ味の2種類のBBQ。相当な歯ごたえだったが美味しかった。

f:id:nobriny:20120524192404j:image:w200 f:id:nobriny:20120524192354j:image:w200


食べ物が食卓に上るまでのプロセスについては、映画「いのちの食べ方」やイギリスのテレビ局の一つであるチャンネル4の食関連の番組で何度か興味深く観てきたが、やはり自分で体験するのとは重みが違う。入り口としてメディアはいいが、関心のある人は、ニワトリの首を絞めるなど食のプロセスを体験してみるのがいいと思う(私自身、ニワトリの首を絞める体験はまだしていない)。「自分で処理できないのであれば、食べないという倫理観をもつべき」と、16歳のイギリス人ボランティアの子が言っていたが、彼女はどのように学んできたのだろうか。

2012-06-07

Place to grow people - Embercombe - / 人を育てるEmbercombe

(For Japanese, see below.)

When I opened my ears, I realized that there were full of birdcalls, sounds of breeze and trees rustled by wind. Occasionally, I can hear voices of people. There is nature around us but I’ve been apt to forget about that.

f:id:nobriny:20120513075749j:image


As far as I understand, Embercombe was founded, triggered by a simple question like ‘Why not living closer to this wonderful nature’ and now it is the place where people and organizations discover their own potential and start to their own journeys, having with gratitude for nature. Here, I’m having physically and mentally so much intense experience. I seem to be in an edge of current society. I’m ‘feeling’ strongly the relationship between nature and the fact that I live. Because of this, I think I am becoming more strong body and mind. This is what I couldn’t have gained from knowledge like sustainability concepts and system thinking which I had learned.

f:id:nobriny:20120513083858j:image


At a glance, Embercombe may look like a hippie community but it provides opportunities to learn from a land like garden, forest and meadow, that is called ‘Land Based Learning’, aiming to grow people for sustainable society (However, it's not clear that 'sustainable' means at Embercombe. In this sense, I would say it's in process of evolving). There are various programs of environmental education and leadership for wide range of people and organization including business executives, young disadvantaged, adult and children. For example, people from the following organizations visited here for these last couple of weeks.

  • On purpose, which is an unique leadership programme for the next generation of social enterprise leaders
  • Partner organizations of EU-funded Learning Partnership under the title of “Hosting Transformation: Knowmads(Holland), YIP(Sweden), Academy of Visionautics(Germany), Plenum(Austria), SOL(Hungary)and Art Monastery(Italy)
  • Steiner School (Craft workshop, Gardening, Cooking , Cleaning and playing in nature)
  • Kindergarten (Food Education. More specifically, this program is aimed that children can learn how food comes from by harvesting, cooking and looking at original drama

Now, I’d like to share my life at Embercombe.


<Living and surrounding environment>

What people are overwhelmed is natural environment. Many of visitors are fascinated to this beautiful environment. For these couple of years, there seem to be an abrupt increase of visitors by word of mouth.


The following photo shows the last friend’s weekend in May in which central building and main kitchen can be seen.

f:id:nobriny:20120513083842j:image


Next, our accommodation is different from where we usually live in developed countries. Most of accommodations for volunteers are shared yurts or their own tents. At a yurt, as electricity is not available, a wood stove and candles are mainly used for light and I myself use torch as well for convenience. For me, this sleeping environment made me feel outdoor enough but some people sleep in a hammock with a protector from insects which I’d like to buy in the near future or sleeping hat designed to watch night sky. Furthermore, there is one woman’s volunteer who sleeps only with a sleeping bag and mat in a wood. Wild!


Our yurt as an accommodation

f:id:nobriny:20120507103637j:image:w145 f:id:nobriny:20120507111123j:image:w255


Lights in our yurt: a wood stove and candle

f:id:nobriny:20120512212114j:image:w200 f:id:nobriny:20120507223549j:image:w200


In this environment, a cat is also wild. He, Foxi eats a mouse or rabbit almost every day. It was shocking for me at the beginning but now I begin to understand it is natural. By the way,, though he is wilder than cats in towns, he is a little bit fat, isn’t he?


This is Foxi. He is waiting for the moment to attack, seeing the movement of a mouse in the left of this photo.

f:id:nobriny:20120508075900j:image


<Meals>

Though more than around 80 – 90 % of vegetables for meals seem to be produced at Embercombe, we still buy lots including dairies, grains, oils and dried fruit. Meats are not produced but friends or we have a chance to eat meat sometimes because neighbors of Embercombe occasionally bring dead deer and rabbit killed by accidents or by hunting. Recently, we had BBQ with chickens which were unfortunately killed by foxes near a lake.


For a preparation of lunch, chopped beet root and celeriac on a outside table as the weather was nice.

f:id:nobriny:20120526094836j:image


It’s not usual but we had a lunch in a wood when there was no program.

f:id:nobriny:20120524133553j:image 


One day, we had venison stew for dinner in a weekend. I heard shot deer was brought by a neighbor.

f:id:nobriny:20120602201634j:image:w200 f:id:nobriny:20120602202912j:image:w200 


<Volunteer work>

While I’ve worked as a volunteer for gardening, cooking, cleaning and support various programs, what I found interesting is making anything of which materials are available from the beginning. For example, when planting a tomato plant, we made pegs from woods to fix a string on ground so that tomato can grow along a string from ground to a ceiling. I’d never thought to make pegs as I often bought this kind of tool. This sort of small thing is quite exciting for me.


Making pegs for tomato plants

f:id:nobriny:20120514125646j:image:w250 f:id:nobriny:20120514114156j:image:w150


Shearing wools from rams

f:id:nobriny:20120522111217j:image:w200


Gardening work

f:id:nobriny:20120521160625j:image:w200 f:id:nobriny:20120515143125j:image:w200


I thought I developed survival skills but another perspective might be to say that I’m gaining practical skills though it depends on how I live in future.

  • Chopping firewood: Most of them seems to know how to chop firewood by an axe and make a fire since they are children.
  • Taking care chickens (Opening and closing doors of chicken coops, feeding and pouring water into containers, collecting eggs… I’ll write about a whole story of chickens later.)
  • Gutting a chicken, plucking its feather and soak them in vinegar salted water for freezing (As chickens were killed by accident, probably by a fox, I experienced these processes. I haven’t beheaded it.
  • cultivating a land and growing vegetables etc (How to prepare soil for growing vegetables from a land with overgrown sprouts and weeds, how to make compost, seeding beans, planting potatoes/squashes/spinach/celery etc, trimming tomato plants and more..)

Chopping woods for a stove(Left photo), Such small children are making a fire by themselves (Right photo)。

f:id:nobriny:20120514172048j:image:w200 f:id:nobriny:20120513084536j:image:w200


Some of these experiences can be gained if people join scout but I think there is not so much opportunities for us since we become adults nowadays. I realized that Land Based Learning which utilizes natural resources like woods and fields for educational purposes is quite important to reflect how we live and what kinds of resources we actually use. It is helpful to imagine sustainable way of living. For the first two weeks as a volunteer, I was sick because of such a different environment. Then, I thought I came to a new world where I’d never step in. However, when I really think about it, country living of a couple decades ago was like this. Eating and food growing are the most basic of living.


As I accustomed myself to ‘clean’ living apart from nature in cities, I have often been startled by various things which I wanted to prevent if possible. For instance, tons of small insects from plants clung to our jacket. Furthermore, they got dirty by compost in process. British and European friends I met here are incomparably tough than me and seem to have adventurous character by nature. As they do without hesitation, I gradually started to get used to do that. As most of dirt on clothes is natural, what I need to do afterwards is washing clothes. So, there is nothing to be afraid of. Rather, be muddy!


<Culture>

Besides above living environment, the open and flat culture of organization can be one of the reasons why Embercombe is inspiring and its friends are increasing. We start a day with check-in meeting at 8:30 and we can share what each of us has in our mind. This meeting is an important daily routine to feel ‘being’ with others.

Check-in meeting on a friends' weekend

f:id:nobriny:20120218090604j:image


There is an interesting daily role. It’s called dreamer. If I choose this role, I can have a time to dream. As we are busy, we need to keep time to feel ‘being’ and to look ahead to our future. I’d like to introduce this role to companies and organizations.


Spend time as a dreamer

f:id:nobriny:20120528110929j:image



Finally, I’d like to tell about fantastic idea at home. This is a story from one gentleman. I heard this story from apprentices from Embercombe as they met him while they went for a journey without money for two weeks, inspired by ‘gift economy’. The gentleman gave children chickens as Christmas gifts. Now, children are getting money by collecting eggs and selling them to their parents. I love this idea! We can enjoy fresh eggs and it’s good to learn about society and environment for children, isn’t it?


Enjoying collecting eggs.

f:id:nobriny:20120522142602j:image:w200 f:id:nobriny:20120522143256j:image:w200


---------------------------------------------


耳を澄ませば、鳥たちの大合唱、そよ風と木々の揺れる音で溢れていることに気付く。時々みんなの会話も聞こえてくる。自然はいつも、いつもそこにあるけれど、ちょっと気を留めるまでそのことを忘れがち。

f:id:nobriny:20120513075749j:image


この素晴らしい自然ともっと寄り添ってはどうだろうか、というシンプルな質問から始まり、現在、自然への感謝の気持ちを育みながら、人々や組織が自らの可能性を見出して、自身の旅を歩み出すきっかけの場所となるべく存在するのがEmbercombe。ここで心身ともに強烈な体験をしている。現在の社会の中においては相当なエッジにいるようだ。何がこれまでと違うかというと、自分が今生存している事実と自然との関係性について身をもって「体感」していることである。そして、それに伴い、心身ともにますます頑丈になりつつある。それはこれまで学んできたサステナビリティのコンセプトやシステム思考などの知識では得られなかった。

f:id:nobriny:20120513083858j:image


一見、ヒッピーコミュニティのように見えるが、Embercombeについて平たく言えば「持続可能な社会に向けて人を育てる」というコンセプトのもと、畑・森・牧草地を活用した学び(Land Based Learning)の場を提供している組織である。ここには、企業の経営層から、ホームレスなどの生活支援が必要な若者、一般の大学生・社会人、幼稚園児〜小・中・高校生、各種団体など多岐に渡る人々が訪れ、リーダーシップや環境教育、食育など様々なプログラムが実施されている。例えば、この約1カ月間に訪れてきた団体には以下のようなものがある。※ただし、Embercombeの言う「持続可能な」社会が指すものについては明瞭になっていないようで、こういう点でも進化中の組織であり、今後の発展が期待される。

  • 次世代の社会起業家やリーダーを育成するOn purpose
  • ラーニング・パートナーシップを提携しているTransformative Learningを軸に活動するEU諸国の7組織ら(Knowmads(オランダ)、YIP(スウェーデン)、Academy of Visionautics(ドイツ)、Plenum(オーストリア)、SOL(ハンガリー)、Art Monastery(イタリア)、Embercombe(イギリス))
  • 小学生向け宿泊型プログラム(その多くはシュタイナースクールで、木工ワークショップ、畑作業、料理、掃除、自然の中での遊びなどを行う)
  • 幼稚園児向けの食育プログラム(食べ物がどこからやってくるかを知らない子供たちがいるという現状を踏まえ、劇を織り込みながら、野菜の収穫や料理を体験するプログラム)

さてEmbercombeの生活について紹介したい。


■住環境■

圧倒されるのが自然環境で、訪れる人の多くはこの美しい環境に虜になる。口コミでここ2〜3年の間に訪問者が急増したそう。


写真はフレンズ・ウィークエンドの時に撮ったもの。オフィス付のメインの建物(手前)とキッチン(奥)

f:id:nobriny:20120513083842j:image


次に寝床について。いわゆる先進国の多くの人が暮らす場所とは違う。多くはゲル型の共同部屋あるいはテントを利用する。ゲルでは電気が使えず、部屋では薪ストーブと蝋燭、懐中電灯が灯りだ。その生活だけでもかなりアウトドア気分だが、ボランティア仲間には、蚊帳付きハンモック(是非購入したいグッズ)や夜空をみながら寝るためにデザインされた小屋で寝る人がいたり、更には寝袋だけ持参して森の中で寝る超自然児もいる。


宿泊部屋であるゲル

f:id:nobriny:20120507103637j:image:w145 f:id:nobriny:20120507111123j:image:w255


部屋の灯りは薪ストーブとロウソク

f:id:nobriny:20120512212114j:image:w200 f:id:nobriny:20120507223549j:image:w200


このように自然に近い生活の中では、猫も野性的。こちらの猫・Foxiは毎日といっても良いほどこの猫はネズミや子ウサギを食べている。衝撃的な光景であったがこれが本来の猫なのかと理解しつつある。野生化しているわりに太り気味。


写真右側に映るネズミを襲う前のFoxi、相手の動きを待ち構えている。

f:id:nobriny:20120508075900j:image


■食事■

野菜は9割近く自給自足。とはいえ、それだけでは生活できないので、乳製品・穀物・オイル・ドライフルーツ・飲み物などを購入している。肉は生産しておらず、購入もしていないが、射とめられり事故に合った鹿やウサギなどがEmbercombeの仲間らから持ち込まれるので、たまに肉もいただく。また、不運にもキツネに襲われたニワトリもBBQとなったりする。


ランチの準備中。晴れていたので屋外でビーツ(beetroot)とセロリアック(Celeriac)を切る。

f:id:nobriny:20120526094836j:image


たまにランチを森の中で。

f:id:nobriny:20120524133553j:image 


休日のディナーは鹿肉シチュー。射とめられた鹿を近所の人からお裾分けしてもらった。

f:id:nobriny:20120602201634j:image:w200 f:id:nobriny:20120602202912j:image:w200 


■作業、スキル■

ボランティアの作業は、畑作業、料理、掃除、プログラムのサポート、受注した家具作りなどであるが、ここでは作れるものはなんでも作ってしまう。例えば、トマトの苗を支える紐を地面に固定するためのペグを木から作る。買うのが当たり前の生活をしてきた自分にとってはこういった些細なことも刺激的である。


トマトの苗を支える紐用のペグ作り

f:id:nobriny:20120514125646j:image:w250 f:id:nobriny:20120514114156j:image:w150


羊の毛を刈る

f:id:nobriny:20120522111217j:image:w200


畑作業

f:id:nobriny:20120521160625j:image:w200 f:id:nobriny:20120515143125j:image:w200


サバイバルスキルを磨いているように思うが、今後の暮らし方にもよるが、実用的なスキルを得ているとも言える。

  • 薪割り:ここで出会ったほとんどは、小さい頃から火の焚き方を知っているよう。
  • ニワトリの世話(小屋開け閉め、餌・水やり、卵の回収)と処理の仕方(絞め方ではなく、キツネに襲われたニワトリの処理。具体的には、手足首などを切り落とし、内臓を取り出して、羽を取り除き、塩と酢で殺菌する)
  • 畑の開墾から野菜の育て方の一部(雑草が生い茂るジャングルのような状態からの土の作り方、コンポストの作り方、豆の種まき、ジャガイモ、カボチャ・ほうれん草・セロリの植え付け、トマトの剪定、温室栽培・・・)※ニワトリの件については別途まとめたい

ストーブのための薪割り(左)、フレンズ・ウィークエンドにやってきたイギリスの子供たちが自分で焚き火をしている(右)。

f:id:nobriny:20120514172048j:image:w200 f:id:nobriny:20120513084536j:image:w200


こういう経験の一部はボーイスカウトやガールスカウトで出来ると思うが、大人になってからは経験する機会が少ないと思う。畑や森などの自然資源を活用したLand Based Learningには長期に渡って関わることを選んでこなかったが、一人の人間が生きる上で必要な資源と自身の暮らし方を振り返り、持続可能な暮らしを描く上で、パワフルな体験であることを知ることとなった。わりと自然児として育ってきた自分でも2週間強も体調を崩したほど、先進国にいながらぶっ飛んだ場所にやってきたように思ったが、よくよく考えてみれば、ちょっと前の田舎の暮らしはどこの先進国もこんな感じだったのだろう。食・農は、暮らしの基本なのだなと改めて思う。


自然から隔離されたキレイな生活に慣れ切った自分にとっては、「うわっ、ギョエー」と思うことが度々であったが、イギリス人は冒険好きな気質なのか私とは比較にならないくらいタフ。例えば、伸びきったブロッコリーの枝を埋め尽くしているアブラムシ虫がジャケットにベットリとくっついたり、進行中のコンポストで汚れたり、出来れば避けたいと思うことでも彼らは全く物怖じしない。そういう振る舞いを見て、だんだんと自分も慣れてきた。泥まみれになった方が楽そうな感じがする。


■組織文化■

Embercombeの仲間が拡大する理由には、自然環境の他に、階層がないオープンなカルチャーがこの組織にあるからかもしれない。ここでの一日は朝8:30のチェックイン・ミーティングにて、一人ずつ感じることなどをシェアできる時間を共有することから始まる。一人ひとりの存在、Beingを感じるのに大切な日課となっている。


フレンズ・ウィークエンドの日のチェックイン・ミーティング

f:id:nobriny:20120218090604j:image

また、仕事の一つに、日替わりのDreamerという役割があり、この役割を選ぶと、夢を描くという時間を与えられる。忙しい毎日だからこそ敢えてリラックスして「Being」を感じ未来を想う時間を取る。この役割を企業・組織にも是非取り入れてほしい。


Dreamerとして午前を過ごす

f:id:nobriny:20120528110929j:image



最後に、家庭でやってみたい画期的なアイデアについて。ギフト・エコノミーをコンセプトに見習いの人たちが2週間お金を持たず旅をしたときに出会ったある紳士のお話。その紳士ら夫婦はクリスマスに子供たちへニワトリをプレゼントし、現在子供たちから卵を買い取っているという。美味しい新鮮な卵を食べられるし、子供の社会・環境に関する勉強として良いのでは。


鶏小屋の産卵部屋のドアを開けるのは小さな楽しみ。

f:id:nobriny:20120522142602j:image:w200 f:id:nobriny:20120522143256j:image:w200

2012-06-06

Schumacher College/シューマッハ−・カレッジ

(For Japanese, see below.)


Retracing my volunteer experiences in the UK, I think Schumacher College is good as an entry to ‘think and meet’ about our future and sustainability by living in comfortable and well-established environment near nature, discussing lots with people who are passionate about our basic and heart-warming life and reading books.

f:id:nobriny:20120217130625j:image:w110 f:id:nobriny:20120426174528j:image:w200 f:id:nobriny:20120427162332j:image:w110


Schumacher College provides interesting short courses as well as master’s programme to accelerate change for sustainable living in the future. People from all over the world come to visit there. Staying as a helper volunteer for 3 weeks gave me an opportunity to feel my driving force by enjoying calm days with people at the college in countryside and it was helpful to imagine a way of live in the future. If I didn’t have meetings at Schumacher College, I wouldn’t come to Embercombe, a place to have hands-on experience, which I couldn’t have gotten by academic study and made me aware deeply that we couln’t disconnect from nature.

f:id:nobriny:20120215074924j:image


From the point of view as a helper volunteer as well as a short-course student, I’ve wrote up how I found Schumacher College interesting.

1. Morning Meeting – Thought and Movement

2. Housework Rota (Cleaning , Kitchen and Gardening)

3. Cooking and Meals

4. Garden and Surrounding Environment

5. People and Small Community


1. Morning Meeting – Thought and Movement

At 8:30, we have morning meeting on weekdays and anyone at Schumacher College can share your thought or feeling by reading a passage or anything from a book as well as movement. It encourages one’s initiatives. I offered ‘YURU exercise’ for movement, which I did for a while when I was in Japan to relax myself by moving your body and feeling axis of your body.

f:id:nobriny:20120213185538j:image


2. Housework Rota (Cleaning, Kitchen and Gardening)

When I asked people who took courses about their comment of the college often says co-living , especially housework rota in the morning was unique. After the morning meeting, students and volunteers separate into groups of cleanings, kitchen and gardening. In addition, a few groups work for clear-up of lunch and dinner. As this system works on a daily rotation basis, people who stay here for more than one week can experience most of these duties. A helper volunteer often works as a leader of each group. Sometimes, I saw a director or lecturers sweeping floors. In today’s society, because jobs are divided, white-collar workers and blue-collar workers don’t work together. At Schumacher College, I feel people are less divided by positions because of this housework rota.


Carrying woods to fireplace of a library (Left photo). Gardening (Right one).

f:id:nobriny:20120214090404j:image:w200 f:id:nobriny:20120214090328j:image:w200


As a helper volunteer, I enjoyed mostly in a kitchen for cooking and washing. Though I didn’t have a chance, working at a bar in the college in the evening is an interesting role.


3. Cooking and Meals

Every weekday, we cook vegetarian foods from fresh vegetables. If seen as a canteen of a school, we can’t find many places like Schumacher College to have such hearty meals in developed countries.


All kitchen staff are passionate about cooking and trying out new recipes.

f:id:nobriny:20120426175454j:image:w180 f:id:nobriny:20120419125650j:image:w100 f:id:nobriny:20120418130033j:image:w180

They cook variety of breads for lunch. Beautiful.

f:id:nobriny:20120424130203j:image:w180 f:id:nobriny:20120425125029j:image:w100 f:id:nobriny:20120426175527j:image:w180


As food policies, the college seems to source local, seasonal, organic and fair-trade foods as much as possible. In addition, they use wild plants like nettle for meals. The garden is not main source of food procurement and most of vegetables for meals are purchased. Many of them are organic and locally produced but some are imported. Regarding imported foods, there isn’t so much variety but some like oranges and kiwi. It’s good enough for me. In terms of CO2 from transportation, Procuring 100% local produced foods is ideal but most of people from developed countries must be feel difficulty without imported food. Then, the balance between local and imported foods at Schumacher College is good to start to have more local foods.

f:id:nobriny:20120419110027j:image


This is tea and coffee area. There are various choices about drink like a café or more than that, including organic imported herb teas and coffees (Rosebud is one of popular herb and it’s often run short of). It is important to have a choice. Generally, people apt to restrain our want to pursue environmental friendly way of living but they often cannot keep on restraining it.


Tea break is one of the enjoyable times as cookies are really good. Yum, Yum… I gained wait ;).

f:id:nobriny:20120425110742j:image


As a volunteer, most fascinating work for me was working in a kitchen. All the foods like soup, beans food, salad and quiche are vegetarian and most of them are what I hadn’t made before. I’d never seen this big shelf only used for spices. Many of spices are new for me and I was excited to know how to use. In addition, it was first experience for me to cook for such a large number of people like 30 to 50 (Once, we cooked for 80 people).

f:id:nobriny:20120415120407j:image


Lots of kitchen tools were new to use for me as well and good to know them. Gigantic hand blender, huge, dough maker、coffee mill, slicer, an excellent garlic clasher (one of rounded shape), iron pan, pod of which handles are never hot. What made me proud is a Japanese knife. It is different from other knives in terms of sharpness. I highly recommend it! I am away from Japan and I feel the Japanese knife looks very cool more than I knew. f:id:nobriny:20120427171116j:image:w300


4. Garden and Surrounding Environment

Besides the above systems and people, surrounding environment is nice and healing. As a short course student, I couldn’t enjoyed it so much because of time pressure. As a volunteer, I had more free time and enjoyed in the garden and nearby woods.


This is a view through a mushroom’s eye in the garden. Though I hadn’t realized, it has been living here for a while.

f:id:nobriny:20120427160917j:image


Just, I looked at herbs, mushrooms, wild plants and picked some of them. This relaxing free time made me feel the relationship between small living things and me.

f:id:nobriny:20120427161442j:image:w240 f:id:nobriny:20120424174419j:image:w240


As one of food policies, the college seem to try to 'Zero Landfill'. Vegetable wastes are changing into compost for the garden via compost machine. As they make a bulk purchase, there are less landfill than what we do in cities.

f:id:nobriny:20120428080054j:image:w100 f:id:nobriny:20120427201408j:image:w180 f:id:nobriny:20120427201419j:image:w180

Students and volunteer have tried to grow oyster mushrooms by using used grounded coffee.

f:id:nobriny:20120427140011j:image:w100 f:id:nobriny:20120427141354j:image:w180 f:id:nobriny:20120427140326j:image:w180 f:id:nobriny:20120427160732j:image:w180 f:id:nobriny:20120427160759j:image:w100 f:id:nobriny:20120427182312j:image:w180


Someone picked bluebell flower from the garden and I have some of them in our room. As Nettle, a spiny wild plant, is good for anemia or lacking for iron, I drunk with hot water as herb tea.

f:id:nobriny:20120424133745j:image:w110 f:id:nobriny:20120424155239j:image:w110 f:id:nobriny:20120423123851j:image:w110 f:id:nobriny:20120423115926j:image:w110


As for surrounding environment broadly, the college is located 40 minutes walk from Totnes station. Totnes is a place where many artists live and a resort place. It can look like Karuizawa in Japan. When walking a cycle path with greens and wild flowers from the station, we often met several of people running or walking and smiled or said hello. It’s pleasant to walk there.

f:id:nobriny:20120416133712j:image


At the college, there is cows’ smell in the air sometimes as there is a farm nearby. The smell made me exciting as I’d never come to a school like this kind of environment. There are also nice woods for walking behind the college.

f:id:nobriny:20120408131428j:image:w230 f:id:nobriny:20120214142930j:image:w230


5.People and Small Community

These systems of college mentioned above appear working well. I think one of the reasons why it works well is people’s consciousness and behavior at the college. I was often stimulated by seeing other volunteers or staff working. These kinds of positive influences can happen in any organizations but it is easier to feel connections with others if it is a small community and we know them and can see what they are doing.

f:id:nobriny:20120426165145j:image


While I was there, we had a chance to talk with Satish at a cozy fireplace. I’d like to share what I learned from his talk. He mentioned that ‘Small is beautiful’ doesn’t mean ‘Small is always best’. Because mainstream of modern world has been focusing on large scale, Schumacher emphasized diversity and it turns out ‘Small is Beautiful’. If mainstream of the world were focusing on small scale, it could be ‘Big is Beautiful’

f:id:nobriny:20120216200045j:image


At the end, I’d like to write what a taxi driver who picked me up from the college said about this college. He said ‘Every time I come here to pick people, I can feel how good time they had spend here.’ Actually, I felt that I had heartwarming and positive feeling when I left there. His word may reflect that Schumacher College place value on spirituality.

f:id:nobriny:20120214090952j:image

In regards to Totnes, it is the place where Transition Town Initiative started as you know. Under Transition Town Totnes, there are various groups working actively. Luckily, I had a chance to attend a workshop ‘Change the Exchange!’ organized by TTT in partnership with students from Schumacher College. I felt positive energy from participants. As it was Friday afternoon, most of them are artists, seniors, farmers or high school students. Projects which participants involve sound quite interesting. Especially, a project led by a farmer sounds amazingly a great system. It is communal project of squash growing and people who engaged in growing can get squashes at harvest time, corresponding to amount of time worked. Anyone can come to engage in the field work and write down worked hours on a note. In addition, the project collaborates with a local veg boxes scheme and they can sell the squashes allocated. Because of simplicity of squash growing, the system works well so far but they seem to consider possibility of another vegetable. Interestingly, they don’t use internet to communicate among members but use text message of mobile to easily access to local people. Most projects looks grounded in local culture. I couldn’t see that kind of culture when I walked through the town of Totnes but now I feel like seeing a bit of inside of Totnes.


---------------------------------------------


自分のボランティア体験を遡ると、シューマッハ−カレッジは、知的かつ地に足のついた活動をしている、あるいはしようとしている素晴らしい人に出会いながら、自然の近くで自分に向き合い今後の私達の暮らしについて、’深く考えながら触れる’入り口としていい。

f:id:nobriny:20120217130625j:image:w110 f:id:nobriny:20120426174528j:image:w200 f:id:nobriny:20120427162332j:image:w110


シューマッハ−・カレッジとは、少人数制の大学院プログラムだけでなく持続可能な未来の暮らし方に向けて変化を促すユニークなショートコースを多数開催しており、海外からもはるばるやってくる学びの場である。ヘルパーボランティアとして3週間の滞在では、関心分野の近い人々と出会い、自分の原動力について思う時間を持つことができ、今後の暮らしの在り方をイメージする一例として参考となった。自然と切り離すことができない人の暮らしを身をもって体験できる実践的なEmbercombeにやってきたのも、ここでのつながりがあったからこそ。

f:id:nobriny:20120215074924j:image


さて、シューマッハ−カレッジについて、ショートコース受講生およびヘルパーボランティアとしての滞在経験から、コース内容以外について参考にしたい点をまとめておきたい。

1. 朝の共有時間

2. 当番制作業(掃除係、食事係、農作業係)

3. キッチン&食事

4. 菜園と自然環境

5. 一人一人と小さなコミュニティ


1. 朝の共有時間

毎朝8:30からの朝礼では、シューマッハ−・カレッジに滞在している人であれば誰でもみんなに共有できる時間がある。事務的な共有事項以外に、本の一節などを読み聞かせて個人の考えや思いを共有する時間と、体を使って自身や他人とコミュニケーションする時間の二つがある。どちらも自発性に任せており、やりたい人がいなければ何もなしだが、大抵ある。私も「ゆる体操」をみんなとやってみた(ヨガや太極拳などをやっている人が多いので、体の中心や重力を感じるといった点はどうやらすんなり受け止められるよう)。

f:id:nobriny:20120213185538j:image


2. 作業(掃除係、食事係、農作業係)

コースを受講したことがある人たちにこのカレッジについて尋ねると、共同生活、特に当番制作業が面白かったと多くの人が口を揃えていう。谷中修吾さんのブログによれば、このカレッジを「環境版・松下政経塾」と例えており、松下政経塾で学んだことがない私でもなんとなくイメージが湧く。さてその作業であるが、朝礼後に校内掃除、寮掃除、食堂片づけ、食事準備係、農作業のグループに分かれて実施する。昼食後と夕食後にも食堂・キッチンの片づけグループがある。この当番制は日替わりで、一週間コースに参加すれば、一通りの作業を体験することになる。ヘルパーは各グループのリーダーとして作業することが多い。カレッジのディレクターらや講師もエプロンを付けて食堂を箒で掃く光景を見かけることもある。


図書館の暖炉の薪を運ぶ作業(左)。農作業(右)。

f:id:nobriny:20120214090404j:image:w200 f:id:nobriny:20120214090328j:image:w200


今の社会では、仕事が分断されていてホワイトカラーとブルーカラーの間には距離があることが多いが、ここでは誰もが暮らす人という同じ側面があり、役割やポジションによる分断が少ない(とはいえ、休日は役割が決まっていないため、進んで掃除をする人もいれば何もしない人もいる)。


ちなみに、ヘルパーとして滞在してから掃除とは何たるかを多少知ったように思う。最初は毎日2度も3度も床を掃除することに驚いたが、土足で出入りするため掃除が必要であり、私とみんなが快適に過ごす上でとても重要なことだと、この歳になって身をもって感じた。とはいえ、掃除は一人よりもみんなと一緒にやる方が楽しい。ここでヘルパーの仕事について説明すると、学生らに交じってやる当番制の上記作業の他に、食事の準備、雑務、そしてカレッジ内BARでのバーテンダーという仕事がある(バーテンダー、一度やってみたかったが生憎機会がなかったけど)。


3. キッチン&食事

新鮮な素材から平日は毎日ベジ料理を手作りする。学校の食堂と考えてみれば、毎日これほど愛情のこもった食事をいただける学校は先進国ではあまりないのではないだろうか。


キッチン担当らは、美味しいご飯を作ろうとアイデアを出し合っている。

f:id:nobriny:20120426175454j:image:w180 f:id:nobriny:20120419125650j:image:w100 f:id:nobriny:20120418130033j:image:w180

毎日ランチ向けに焼くパンは日替わりで様々な種類があって楽しい。

f:id:nobriny:20120424130203j:image:w180 f:id:nobriny:20120425125029j:image:w100 f:id:nobriny:20120426175527j:image:w180


食材の調達について、地産地消、旬、オーガニック、フェアトレードの他、野草の活用をポリシーとしているようだ。調達は、基本的に自社オーガニック農園を持つ食材店を通じて行っている。すべての食材が地産ではなく輸入食材も利用していて、例えばフルーツは常備されているが、林檎以外にも輸入されたオレンジやキウイなどがある(バナナは滅多にない)。輸入食材を経つことは、先進国の生活に慣れた人にとっては正直きついものがあることをEmbercombeに来て感じた。そういう意味でもシューマッハ―カレッジは入りやすい。日本だとオーガニック食材は値段がかなり高い印象があるが、それなりの量を購入すれば経済的なハードルはそこまで高くないのであろうか。ちなみに菜園があるが、日々の食料として自給するには及ばない。

f:id:nobriny:20120419110027j:image


各種ティーなどの充実したドリンクコーナー。環境に配慮した暮らしを求めると、つい欲望や便利さを抑圧しがちだが、ここでは、オーガニックハーブティやコーヒーなどのバラエティに富んだ飲み物を、飲みたいときに自由に飲める。ハーブティの種類は普通のカフェ以上に豊富。ローズバッドの蕾は人気のようであっという間になくなる。また、毎日11時頃にはおやつタイムがありこちらも楽しみの一つ(欲張ると体重も増えるが)。

f:id:nobriny:20120425110742j:image


ヘルパーとして最も楽しんだのがキッチンの仕事。目新しいスパイスも一杯。スープ、豆料理、サラダ、キッシュなどのベジ料理づくりを楽しんだ。30〜50人分規模(ある週は約80名)の分量を作るのに携わったのも初めての体験。

f:id:nobriny:20120415120407j:image


キッチン道具について学ぶことも大きい。ハンドブレンダー、超大型ハンドブレンダ−、パン捏ね機、コーヒーミル、スライサー、ガーリッククラッシャー(丸く深いタイプ)、ルクルーゼ、鉄のフライパン、質のいい鍋など。ちなみに、ここぞというときに登場するのがJapanese Knife。カリフォルニアの禅センターからはるばるやってきた講師による贈り物だと言う。他のナイフとは管理される場所も異なり、箱入りで大切に扱われている。切れ味が全く違う。日本の技術の高さが誇らしい。しかも、他の西洋ナイフと比べると、迫力が合ってカッコいい。左近白梅作両刃 菜切包丁 はマイキッチンに導入したい道具の一つ。

f:id:nobriny:20120427171116j:image:w300


4. 菜園と自然環境

仕組みと人の他に素晴らしい点といえば周囲の自然環境。ショートコースに参加していたときは、自由時間があったにもかかわらず、読書などに費やし、周囲の自然環境にじっくり目を向ける余裕がなかったが、ヘルパーとして滞在したときは、環境を楽しむ余裕があり、菜園や森などの自然環境を更に楽しんだ。


菜園に生えていたキノコの目線。これまで気付かなかったが、キノコはここに生きているわけだ。

f:id:nobriny:20120427160917j:image


ハーブ、キノコ、野草を眺めてみたり、摘んで試してみたり。これが自分と小さな生き物といった自然とのつながりを感じた瞬間だ。

f:id:nobriny:20120427161442j:image:w240 f:id:nobriny:20120424174419j:image:w240


ちなみに、食材調達に関して廃棄物ゼロのポリシーを掲げており、例えば、キッチンから出る野菜くずは全てコンポストマシーンを使って堆肥となる。購入する食材の多くは業務用のため小袋ではないため、ビニール系の廃棄物は少ない。

f:id:nobriny:20120428080054j:image:w100 f:id:nobriny:20120427201408j:image:w180 f:id:nobriny:20120427201419j:image:w180

使い終わったコーヒーの粉をオイスターマッシュルームの栽培に使うという試みもやっている。

f:id:nobriny:20120427140011j:image:w100 f:id:nobriny:20120427141354j:image:w180 f:id:nobriny:20120427140326j:image:w180 f:id:nobriny:20120427160732j:image:w180 f:id:nobriny:20120427160759j:image:w100 f:id:nobriny:20120427182312j:image:w180


誰かが庭からブルー・ベルの花を摘んでくれたので、私も数本もらって部屋に飾る。トゲのあるNettle(イラクサ)は、貧血予防に役立つことを教えてもらい、庭から摘んで取りあえずお湯に入れて飲んでみる。

f:id:nobriny:20120424133745j:image:w110 f:id:nobriny:20120424155239j:image:w110 f:id:nobriny:20120423123851j:image:w110 f:id:nobriny:20120423115926j:image:w110


周辺環境について触れると、カレッジはトットネス駅から徒歩40分程度のところにある。駅から伸びる自転車用小道では、散歩やランニングをしている人たちと何人も摺れ違い、会釈や挨拶をする。草花があり、とても気持ちがいい場所である。ちなみにトットネスはアーティストが多く観光地でもある。トットネス周辺は、日本でいえば軽井沢といってもいいだろうか。

f:id:nobriny:20120416133712j:image


カレッジは隣の農場から牛の匂いがほのかに漂う。初めて来たときは、ますます異境に来たような気分で嬉しくなった。。裏には森があって、一人でやってくる人も多い。

f:id:nobriny:20120408131428j:image:w230 f:id:nobriny:20120214142930j:image:w230


5.一人一人と小さなコミュニティ

上に述べたような仕組みがうまく動いているのは、カレッジにいる個人の意識と行動の在り方によるところが大きいと思う。


個人的にはボランティアやスタッフが働いている現場を目にすることで良い刺激を度々受けた。例えば、私が自由時間でブラブラしているときに、仲間の一人がエントランス付近の雑草を取る作業をしている風景をみて、改めて自分が快適であることには彼の行動があることを感じて、私自身も頑張る力が湧いた。

f:id:nobriny:20120426165145j:image


また、ある金曜の夜には、ポジティブな振る舞いの連鎖があった。当番制がなかったその夜、食後にキッチンの掃除をしていると、コンポスト容器の掃除をし始めた学生がいた。汚れていると気付いていても、なかなか誰もやらないコンポスト容器の掃除をしはじめた彼女に刺激を受けた私は、別のコンポスト容器の掃除した。彼女になぜ自分に課せられた仕事でもないこの掃除をやろうと思ったのかと聞いたところ、ある人が壁掃除をしはじめたことに刺激を受けたという。その連鎖に感銘を受けた私は、きっかけとなった壁掃除をしていた彼に「なぜ、金曜の夜、仕事の時間でもないのに壁掃除をしたのか」を尋ねたところ「面白い質問だね。たぶん、休日前だからゆっくりとした時間の流れになって、普段気付かない汚れに気付いたからだよ」と。


こういったことは誰しも経験したことがあると思うが、ここは小さなコミュニティであり、一人一人を知っているためにその影響が目に見えやすいように思う。


ところで、暖炉を囲んだサティシュさんのトークの一コマ「必ずしも小さければいいというわけではない。Schumacherは大企業、大規模が主流となる中で、もっと多様であってもいいのではないか、だから『Small is beautiful』と言った。もし逆に、世界が小さい物を目指していたら、『Big is beautiul』と言ったかもしれない」。

f:id:nobriny:20120216200045j:image


終わりに・・・

カレッジを発つときに迎えに来てくれたタクシーの運転手さんは「ここに迎えに来ると、皆がどれほど良い時間を過ごしつながっていたのがわかる」といっていた。確かにとても充実した温かい気持ちになっていることに気付く。そんな気分にさせてしまうのが、スピリチュアリティを大切にするシューマッハ−・カレッジなのだろう。

f:id:nobriny:20120214090952j:image

少し、トットネスについて・・・

トットネスはご存じの通りTransition Town運動が立ちあがった場所であり、Transition Town Totnes(TTT)のさまざまなグループが活動しており、定期的にイベントを開催している。カレッジの学生がTTTと連携して開催したイベント「Change the Exchange!」に運よく参加したが、住人らのポジティブなエネルギーを感じた。金曜日の午後であり、アーティスト、高齢者、農家が多かったが、高校生のグループもいた。参加者らが関わっているあるいは過去のプロジェクト(スキルシェアなど)について紹介した後、話したいトピックごとに集まり、今後の可能性などについて話し合うというものだった。特に面白かったのは農家のおっさんの取り組みで「働いた分に応じて分け前が出る」という「カボチャ共同栽培プロジェクト」。ビジネス感溢れる農家のおじさんというよりは、近所の○○のおっちゃん的な感じの人(その日は「うちで出来た野菜を持ってきたから誰か欲しい人おらんかぁ」とあげていた気のいいおっちゃん)なんだが、やっているプロジェクトはかなり面白い。誰でも好きな時に農作業に参加し、働いた時間を記帳していく、カボチャの収穫時には働いた時間に応じた分の個数のカボチャをもらえる。また、地域で野菜販売を行う組織と連携しており、そのカボチャを売ることもできるという仕組みになっている。今はカボチャだけであるが他の野菜デモできないかを検討しているという。グループ内でのやりとりではインターネットは使わず携帯電話のテキストだという。地元の人たちがアクセスしやすい方法で新しい取り組みにチャレンジしていく文化がある。街を歩いているだけではわからなかったが、ようやくトットネスの実態に少し触れることができた。

2012-02-11

イギリスの持続可能な未来的暮らし−地域コミュニティ、地域・住宅開発、体験型施設、ショートコース

前回に続き、新しい暮らしのあり方を探って、ここでは「地域コミュニティづくり」「エコビレッジ」「地域・住宅開発」「体験型施設」「ショートコース」といったキーワードで持続可能な社会にまつわるイギリスにおける取り組み・団体などを整理しておこう。


  • エコな暮らしを目指して地域の人たちと一緒に育む地域コミュニティづくり「トランジッション・タウン」
    • トランジッション・タウン・トットネス :石油に依存しない社会へと移行を目指した、つまり、日々の暮らし方を地域の人たちと一緒に、よりエコにしていく草の根地域コミュニティであるトランジッション・タウンの先駆け。地域通貨、自転車促進、シェアガーデンなど様々なプロジェクトがありますが、この動画を見ると、何よりも地域の人々の関係がいい方向に向かっているようです。トランジッション・タウン・トットネスの全容はこちらの研究資料(日本語)が概要を掴むのにわかりやすい。エネルギーについては、2030年までにエネルギー需要を50%減らし、残りの50%を再生可能エネルギーにする計画を描いている*1。トットネスは、人口も1万人に満たない小さな都市。それがこれだけのムーブメントに育っているのは、そこに暮らす人々のおよそ3人に2人が心理学系!という噂もあるくらい「特別」な町のようです。
    • トットネスの地域コミュニティづくりに賛同し、世界でトランジッション・タウンを目指した運動が広がっていて、ロンドンでも、日本でもコミュニティがあります。NPO法人トランジッション・ジャパンを中心に、日本語でも多くの情報がありますね。各地で起こっている動きを支援しているのが、Transition Network(オフィスはTotnes)。ちなみに、英・Guardian誌では、トランジッション・タウンは環境カテゴリの一キーワードであり、Totnesはイギリスの未来の町として紹介されています。日本だとトランジッションという言葉を使わずとも、環境との共生が一つの重要な点として認識された上で、地域コミュニティづくりに取り組む活動があると思います。
  • エコビレッジ

トランジッション・タウンという用語は使わなくても、向いている方向は大きくは同じでエコな暮らし方を求めた地域コミュニティ。

    • フィンドホーン:妖精がいるスピリチュアル・コミュニティとして日本の方も知っている人も多いと思いますが、エコビレッジ体験、パーマカルチャーやトランジッションタウンなどのワークショップを実施している(日本語も一部あり)。また、大学も運営しており、大学院プログラム(MSc Sustainable Community Design)やバイオミミクリ−などのショートコースも行っている。
    • (参考)オーガニック農家でのボランティア機会をマッチングさせるWWOOF-UKをみると、個人の農家だけでなく、他にもコミュニティがある。また、Global Ecovillage Network(GEN)のイギリス支部のサイトは情報が古そうですが、他にもコミュニティがあるよう。例えば、Redfield Community:Buckinghamshireにあるこのコミュニティでは、WWOOFERや訪問者の受け入れを定期的に行っている他、パン・バター・チーズ作り、木工、ガーデニング、キノコ狩りなどのコースがLow-Impact Living Initiativeにより実施されている。また、Braziers Park:Oxfordshireにあるこのコミュニティでは、週末を中心にハーブ、ヨガ、太極拳などのコースを提供している。

  • 地域・住宅開発
    • BedZED *2:ロンドンの郊外にあるエコ集合住宅。世界から見学者も多い。

あと、持続可能なコミュニティ開発に向けて取り組む組織には、Beyond Green などもある。


  • 自然・暮らしを楽しむ体験型施設
    • エデン・プロジェクト:コーンウォール州にある半球型の植物園が特徴的な環境教育複合施設。観光名所の一つにもなっているが、若者の学び・遊びの場でもあると共に、地域・社会に対する様々なプロジェクトも行っている。地域コミュニティが未来を描くためのビジョン作り、受刑者やホームレスなどがガーデニングスキルを身につける支援などを行っている。
    • リバー・コテージ:田舎&食/料理を楽しむ場所として訪れてみたい場所。1998年の自給自足のテレビ番組からはじまったリバーコテージは、今やビジネスを展開するまで拡大し、料理教室、プリマスなどでのレストランも行っています。料理教室は1日230ポンド、4日間で650ポンドと値が張りますが、動画を見るとかなり楽しそうです。経済的&時間に余裕がある人向けだな。退職後の人を主な対象に、ビジネスとして回りそう。

  • サステナビリティ・環境関連のプログラム
    • Schumacher College:持続可能な暮らしのための学びの場として、環境、経済、人間との関係を全体としてホリスティックに捉えた教育を行っています。ショートコースや大学院プログラムを提供していて、オルタナティブ教育の場として世界中から人々が訪れています。日本から留学された方のブログなど、日本語でも参考になる情報がインターネットで見つかります。来週はTotnes訪問と合わせて、ショートコースに初参加予定。雪に囲まれ、相当寒い時期ですが、日々の食事を含めた暮らしを見直すいい機会。楽しみだな。
    • フィンドホーン(上述)
    • Centre for Alternative Technology:再生エネルギー、持続可能な建築に特化しており、大学院プログラムだけでなく、ショートコースもある。ショートコースは、その他にサステナビリティ教育、木工、オーガニックガーデニングなどのショートコースがある。「馬を利用した材木の切り出し」コースはイギリスならでは。

この他に、パーマカルチャーについては1日コースなどいろいろな場所で行われています。例えば、Brighton Permaculture Trust は週末にパーマカルチャー、ガーデニング(キノコ栽培)を中心としたコースを実施。また、住まいのエコリノベーションなどのようなコースも展開している。園芸関連については、相当な数の団体があります。


また、フィールドワークについては、例えば、非営利団体の教育機関のField Studies Councilという団体がフィールドワークを通じて生物、地理、科学を学ぶコースを提供している。対象は、個人、家族大学、学校の先生や環境教育関係者などが中心の他、研究機関や大学の課外活動としても利用されている。イギリス各地に学習施設があるが、各拠点によってコースの内容が異なる。生態系や環境保護関連をみると、例えば、Acorn Ecology - Ecology Trainingは、生態系コンサルティングを提供する他、生態学者や環境保護専門家、及びそれらの領域を目指す人のためのショートコースやディプロマのコースも実施。その他、生態系の調査、インタープリター、学校や一般の人向けの環境教育も実施している。環境保護・ボランティア団体のBTCVは、園芸、環境保護関連のショートコースやディプロマのコースを提供。


トランジッション・タウンのような地域コミュニティづくり、食、ファッション、アートなど、それぞれの領域で、より良い社会に向けた新たな取り組みが動いていますが、ロンドンのような大都市には、そういったイニシアチブを取るソーシャルイノベーターが分断されずつながる場所として、HUB(Hub King’s Cross, Hub Islington, Hub Westminster)のような場所もありますね。新しいアイデアを生み、イニシアチブを取る人たちが働き、出会い、つながる場所。あと、Green Drinksもロンドンでやっているよう。未来に目を向けたいろいろな人たちが、アクセスできるオープンな場、いい流れを生むな。

-------------

追記(2012年2月15日):企業〜子供まで多岐に渡る対象に向けて学びの機会を提供するソーシャル・エンタープライズ Embercombe

http://www.communities.gov.uk/documents/housing/pdf/ecotowns.pdf


イギリスのエコタウンに関するリンク(2008年の進捗レポート

2012-02-08

イギリスの持続可能な未来的暮らし−食

将来の子どもたちも自分も気持ち良く暮らせる未来へ向かう(=持続可能な社会)、新しい暮らしのあり方を探って、ここでは「食」という観点から、それにまつわるイギリスにおける取り組み・団体などを整理しておこう。


イギリスではドカンと目新しいアイデアをやるよりも、小さいところから広げていくプロセスを取っている取り組みが多いように思う。美味しく、健康によく、楽しい食のある生活を支え、更には環境・社会にもプラスになる取り組みを紹介します(カフェ・レストランを除く)。

  • 商店/スーパーマーケット
    • The People’s Supermarketは、地域コミュニティづくりというミッションを掲げた社会起業型スーパーマーケット。国内の農家と都市の消費者との接点として、地域コミュニティに質が良くヘルシーな食材を手頃な価格で届けるための持続可能な食の仕組みを提供する。ビジョンには、コミュニティの人々がヘルシーなものを手に取れるよう商品及び情報を提供していくことや、エネルギーなどにおいても持続可能な方法で調達できるものにすることも掲げている。コミュニティづくりをする上で鍵となるのが、ボランティアを伴う会員制度。米国のとあるスーパーマーケットの仕組みに習ったもので、会員になるには、年会費の他、店舗にて一定時間のボランティアをすることが求められます、その代わりにディスカウントが受けられるというもの。ボランティアをすることで、自分たちのスーパーマーケットになるわけですね。なお、会員でなくても買い物はできます。Channel4のテレビ番組にもなっていて、立ち上げ当初から訪れていますが、格段に成長している。開店初期は棚に並ぶ商品も少なく、そもそも店として機能しないのではと個人的に心配したほどでしたが、その後、キッチンが備わりデリ販売もはじまり、店内は活気づいている。地域コミュニティとのゆるやかなつながりを求める自分としては、こんなのあるといいなのスーパーマーケットの一形態。
    • オーガニックに特化したチェーン店といえばPlanet Organicでしょうか。アメリカからWhole foodsも店舗を展開していますね。スーパーマーケットでも、特に高級志向のところでは(ウェイトローズなど)オーガニック商品を揃えているところがあります。
    • 地域コミュニティ・環境への取り組みが活発なスーパーマーケットとしては、店舗数は少ないようですが、Thorntons Budgensに注目。地産地消を推進し、100マイル以内の生産者から1500以上の商品を扱ったり、Made in Londonとして商品紹介もしています。更には地域コミュニティと連携し、スーパーマーケットの屋上を農園としたFood from the Skyというプロジェクトにも着手。ここで作られた野菜を利用した商品は全てこのプロジェクトに還元される。子供向けの教育施設にもなっているそう。再生エネルギーも利用し、環境に配慮した地域のスーパーマーケットとして着実に未来へ前進しています。
    • ナチュラル志向の食材店は、上に述べたようなチェーン店だけではなく、いろいろな地域に個人商店があります。私も愛用しています、近所の個人商店。多数あるのでここではまとめませんが、このような商店ではオーガニック食材、ベジ、ローフードなどの他に、洗剤などの量り売りの仕組み(Refillできる)を導入している店が多いんですね。ゴミを増やすストレスが減っていいんだな。
  • 生産者が直接販売するファーマーズ・マーケット
    • ロンドン・ファーマーズ・マーケットは、各地で定期的に開催されています。鳩、キジなど地元の食材を見て回るのも楽しいし、その場で食べられるスナックもあるから、訪れるのが楽しい。
  • キャンペーン
    • イギリスでは社会・環境問題の解決に向けて、パートナーシップを組み展開するキャンペーンが活発。前にも書いたように、Sustainは、よりよい食と農に向けた様々なキャンペーンを実施している。本物のパンに対する啓発を行うReal Breadキャンペーン、地域で蜂を飼うCapital Bee, 菜園を増やすCapital Growth、持続可能な漁業による魚介類をロンドンで推進する取り組みSustainable Fish Cityなどがあります。例えば、2011年の3月には、他の団体と組んで、40名のシェフなどケータリング・レストラン関係者向けたトレーニングイベントとして、早朝から魚市場にて、漁業関係者に会い、様々な種類の魚介類を見て、目隠しで魚の名前と種類を当てるといった企画が開催されている。参加者の一人は、現在危惧されている魚の代わりに、ホウボウやカレーなどの他の魚介類を扱ったメニューを出してみたいと言っています。また、消費者の魚に対する意識については、食ジャーナリストでもあり、自給自足がテーマのテレビ番組「リバー・コテージ」でお馴染のHugh Fearnley-Whittingstallが展開する Hugh’s Fish Fightも大きな影響を与えているようです。2011年の夏には、イギリス初のロンドンのいろいろなレストランで、Capital Beeのはちみつをつかった「ロンドンハニー・スペシャルメニュー」もいただけるというイベントも実施。いい企画!*1

ちなみに、guardianによれば、オーガニック食品の販売は2008年を頂点に低下する一方、太陽光パネルやヒートポンプなどの商品や、フェアトレード、持続可能な漁業による魚介類などの「エシカル」な商品・サービスの売上は前年よりも増加している。グリーン葬儀も成長しているそうだが、なんぞや。

2012-02-06

心地いい生活環境の条件 − 近所の商店

ロンドン生活は1年半が過ぎ、だんだんと好きになってきました。今住んでいるところは、HackneyとIslingtonの間くらいにあり黒人の人たちが多い地域との境目に位置している。いろいろな国籍の人がほどよく混ざっていて居心地がいい、というのが一つの理由ですが、何より、近所の商店がいいこと。買いたいと思う日々の食材が手に入る。元気な商店があることは、ありたい街の姿の一要素。


●オーガニック食材店

オーガニック食材店はいろいろと試しているけれど、結局は近場にあるところを一番利用する。近所にあるMother Earthというお店がかなり良い。地元の人もよく出入りしているお店で、この近辺に全部で3店舗、20年以上も運営されているそう。

f:id:nobriny:20120206131230j:image:w640

なぜうまく行っているのか。自分なりに考えてみると、

  • 同様の商品を扱う店が近所にない。質の高い商品を扱うスーパーマーケット、オーガニックのパンが唯一買えるお店が徒歩圏内にない
  • 良いものを作る熱意ある生産者を応援するべく、質の良い商品を扱うが、単に包装済みの食材だけでなく、手作りのお惣菜やローフード、ケーキ、パンなども買える(惣菜以外は、パン製造を行う個人事業主などから直接購入しているよう)。
  • 質の良さを求める人たちも暮らす地域。
  • 隣に、新鮮な食材が売りの八百屋がある(後述)

左側が新しい店舗として増設中のもので、明日いよいよ開店する模様。しかも、雑穀、米、豆の量り売りのお店。こんなお店が欲しかった!開店に向けて作業中ですが、お店はこんな感じ。使い方がわからないものも多いけど、少量から帰るなら是非利用したい。

f:id:nobriny:20120206131447j:image:w200 f:id:nobriny:20120206133649j:image:w200

こういう量り売りのお店が近所に欲しいと思う人は多いと思う。なぜこれまで出てこなかったのか、あるいはそういうお店を自分が知らないだけなのか。商品の回転が読みづらく、発注管理が難しいのか。今後どうなっていくか楽しみです。


●新鮮で美味しい野菜を扱う八百屋

ここの八百屋さんは自転車で買いに来る人もいる程、地元の人に親しまれている。ここで扱う野菜は美味しいし、基本バラで購入できるので有難い。価格が手頃(玉ねぎ5つ、ブロッコリー1つ、オレンジ4つ、人参4本で3ポンド弱)な他に、夜10時までやっていたり必要な時に手が届くから。常に店員さんは6人程いて、延々と野菜を補充してくれています。中東出身と思われるスタッフの皆さんはとても勤勉で頭が下がります。

f:id:nobriny:20120206131519j:image:w640


●魚屋

日本の魚屋に比べると随分少ない種類しか扱っていませんが、新鮮な魚を購入できる場所はロンドンでは限られているので、とても重宝しています。英国人に受け入れられる調理済みの商品を置けば、もう少しお客さんが増えると思うんだけどな。

f:id:nobriny:20120206132113j:image:w200 f:id:nobriny:20120206132024j:image:w200

(生活環境として近所のお店について書きましたが、自然&水辺に近いところを好む私としては、スウェーデンのカールスクローナが今でもなお理想郷、この街の良さは語られることがあまりないようなので別途おさらいしたい)。

-------------

追記(2012年2月8日):プルーン15粒程度で33ペンス!安い。一人で食べるならこの量で十分。準備中といった雰囲気が残る店内に、早速、開店日当日に立ち寄ってみたわけです。量り売り形式の商品には、洗剤、シャンプーをはじめ、豆、ドライフルーツ、雑穀など計70種類程度の商品だといいます。続けていくのに課題は多いと思うけど、この店舗形式、やっぱりいい。

2011-11-06

震災から

昨日は震災とコミュニケーションの勉強会。正直、目を開かされる機会だった。


元読売新聞社科学部長・編集委員長の小出重幸氏は、震災当日からの福島原発の原子炉の状況と合わせて、政府や東電らの対応などを歯切れよく説明。その後、今回様々な対応が遅れた要因について、その一つに「指示待ち。自分の範囲外に対して行動を取らない」といった(政府・省庁・企業らの)姿勢があった、領域を越える社会の発信がなかったこと、科学者・技術者としてのエトスの欠如を指摘された。そこで見えてくるのは人間力の低下であるという。その人間力を培う根本的な教育の重要性を強調されていた。


ここでいう教育に、スウェーデンの中学教科書で述べられているような「あなたの人生は有限です。あなたは法律、経済、社会保障など様々な仕組みがあり他の人々と関わる社会の中で生きています。あなたは常に選択に迫られている中、何を選択しますか」といった生きる基本的な姿勢が含まれていると思う。こういったことは、日本では家庭で教育されてきたことだというけれど、家庭教育が一様でない今学校あるいはその他の方法でそれがなされうるのかもしれない。


こういう議論は日本でも起こってきていると思う。これについて一人一人が考えて、自分の行動と合わせて、いろいろな場所で議論が活発に行われることが今必要なんだと思う。


上に書いたスウェーデンの中学教科書のような教育は「市民教育」として捉えられるという。「市民」という概念がすんなり入ってこないからか、市民教育についてこれまであまり考えたことがなかったが、日本でも既に多くの議論がされている。世界のシチズンシップ概念の変化を見るとその始まりはイギリスだという。社会教育における「市民教育」の可能性によると、「市民のことは市民が決める」という民主主義の理念の実現に不可欠な知識・技術と、それを実践する力を身につけさせることが市民教育の本来の目的だとされ、人権学習、ボランティア活動などの実践のなかでそれは育成されていくという。


(参考)今回の話を受けていくつか気になった「市民 教育」「科学者 エトス」などの関連情報について覚え書き

2010-11-10

ロンドンの持続可能な食に向けて取り組む組織

ロンドンの持続可能な食に向けて取り組む組織

ロンドンの街で暮らして、定期的に開かれるファーマーズマーケットの数がそこそこあって生産者がわかる地元の食材を購入できる、スーパーで選べるオーガニック食品の種類が多いなど、環境にとっても人にとってもいい食を選べる動きがあるな、と感じています。

この動きの背景には、UKのオーガニック食品・農業を長年にわたって取り組んできたソイル・アソシエーションをはじめ、多くの個別の組織が上記のような活動に関わっているわけですが、個々の組織の連携を支援し、「ロンドンの持続可能な食の未来」に向けて後ろで支えている組織の一つに「Sustain」があります。

「ロンドンの持続可能な食」の背景を語るには、まずロンドン市長の取組みについて触れておく必要があるようです。ロンドンは持続可能なワールドクラスの都市としてのビジョンを掲げており、それに向けて、食に対しても取り組むプランを立てています。2006年に発表されたロンドンの持続可能な食に関するロンドン市長戦略によると、2016年までの10年にわたり、ロンドン市民の健康を改善し、持続可能な食を築いていくことをうたっています。ちなみに、バークレイズ・サイクル(有料シェアバイク)にしてもそうですが、ロンドン市長のリーダーシップ(あるいはそれを後ろ/横から支えている人・組織)が大きく影響しているんですね。


Sustain:Alliance for better food and farming

Sustainは、より良い食と農のためのアライアンス組織として、暮らす・働く環境を改善し、公平でより豊かな文化に包まれた社会へ向けて、食・農に関する政策や活動を推進している。1999年に、ヘルシー・プラネット・フォーラムというヨーロッパのNGOら向けのイベントを主催したUNED-UKにてはじまった組織。組織運営は会員費、政府補助金、寄付金により賄われている。活動は以下の通り。

  • 会員の活動を強化するために、情報交換を促進。メディアや政策機関に対して、彼らの活動を促進させる支援を行う
  • 個々の問題に共通する課題についての政策を考案・実現させるため、メンバー間のネットワークを強化し、組織らとの提携を進める
  • 食・農に関する政策や法律が、説明責任を負うものであり、かつ社会面・環境面の責任を果たすものであるよう、政府や規制機関に対して助言・交渉を行う
  • 健康的で環境にもいい食品が生産・加工され、市場に流通するよう、ビジネスを促進する。また、持続可能な食品を人々が手軽に選べるよう政策や取組みを考案、投資し、維持していく

具体的には現在以下のようなプロジェクトを進めています。これ以外にも、「オーガニック・ターゲット・キャンペーン(1999年から実施)」など複数の過去のプロジェクトがウェブサイトにまとめられています。※公式訳ではない

  • 子どもたちをジャンクフード市場から守り、よりよい食事(給食)を食べさせようというキャンペーン。
  • 気候変動と食・農について
  • 心身ともに健康であることと行動の関わりについて
  • 食べ物と環境保護・社会的公正・健康の改善に関するレポート集
  • 学校、病院、ケアホームなどにおける持続可能で健康的な、より良い食に関する法律に対するキャンペーン
  • 学校、病院、ケアホームなどにおける持続可能で健康的な、より良いを増やす具体的支援
  • 持続可能・健康の観点から基準を満たすような、より良い食事に関するトレーニング
  • 持続可能で健康的な食品を促進する地域の取り組み
  • 持続可能で健康的な食を提供する生産者、小売業者、ケータリング業者、消費者らを支援
  • 生産者がしっかりとわかる地元で生産された、新鮮かつ健康にもいい食品を増やすことにより、人と土地を再び繋ごうという取組み
  • 2012年ロンドンオリンピック・パラリンピックにおける持続可能な食に関する取組み
  • 持続可能な食品の購入・利用に関心がある人々向けた実用的なガイドライン
  • ロンドン、イギリス、世界における都市農業(菜園)に関わる情報提供(City Harvest)
  • ロンドンの10の貧困地域において、手頃な価格かつ持続可能な方法で生産された食品が住民の手に届くよう支援

Sustainでは上記多くのプロジェクトを進めているが、更に、以下のような取組みも独立したサイトとして運営している。

  • The Jellied Eel: ロンドンの持続可能な食に関するニュースを発信
  • City Harvest: ロンドン、イギリス、世界における都市農業に関わる情報提供
  • Capital Growth: 2012年末までに、新たに2012の菜園を作るキャンペーン
  • Food Co-ops: 地域の「Food Co-op」の検索や新規運営に関する情報提供
  • Real Bread Campaign: 自然素材のパンを推進するキャンペーン

中でも「2012年の終わりまでに、新たに2012の菜園を作ろう」という壮大かつ具体的な目標に向けて進められている「Capital Growth」というプロジェクトは、ロンドンの未来に向けてとりわけワクワクさせられる企画。次にまとめます。


Capital Growth 〜2012年末までに、新たに2012の菜園を〜

「2012年の終わりまでに新たに2012の菜園を作って、ロンドン市民らの手でロンドンを変える、その支援をしていきたい。」という熱い思いで進められている。英国の国営くじ基金と大ロンドン市(Greater London Authority)の出資のもと、サステインが運営している。ロンドン近郊において、菜園をより身近なものとし、コミュニティにおける野菜づくりを促進することを目的としている。コミュニティ菜園プロジェクトを実現させたいグループに対して、以下を提供している。

  • 情報提供:メンバー向けの菜園作りサポート情報、ニュースレター
  • イベント・ネットワーキング: 似通ったプロジェクトにおける成功事例の共有など
  • トレーニング: 実践的なトレーニングや専門家によるアドバイス
  • 補助金
  • 土地所有者へのアドバイス
  • 種苗購入の割引 など

菜園をやってみたい人に対して、場所探しの方法やオーナーとのやりとりなどについてもまとめていたり、細かいガイドがあって実用的です。ちなみに、東京では自由が丘や銀座で行われていますが、ロンドンでもミツバチを育てようという「Capital Bee」キャンペーンがCapital Growthと並んで進められています。

リンク

感想

2012年までに2012の菜園なんて、将来に向けて市民として関われる楽しい計画。うちのハーブコンテナももう少しアップグレードさせたいところ。

こういった計画があったら参加してみたいと思うのは、ロンドン市民だけではないはず。

ロンドン市長トップと、個々の組織をつなげ課題に対する政策や取り組みを考案・実現を支援するサステインのような組織との連携があって、ロンドン2016年に向けて着実に進んでいるように思います。

(20110125加筆修正)

2010-11-02

仏教入門

今、機会探しをしながらも、興味のある講座をみつけては参加していて、そのひとつが仏教入門/Introduction to Buddhism。仏教への興味のきっかけは、ユーラシア大陸を旅して、仏教が生活の一部になっているチベット(若い人の生活からは離れつつある)、ブッダが悟りを開いた聖地ブッダガヤを訪れたことが大きい。ロンドンで、無料で仏教入門が学べることを知り、「はるばるインドから中国を渡りやってきて、日本で育った私の行動に影響を与えている仏教が西洋ではどのように受け止められ教えられているか」、「仏教における環境・自然の捉え方を知りたい」、「自分のことを知りたい」という興味から参加しました。

f:id:nobriny:20101012181958j:image:h150


仏教の知識がある人にとっては当たり前のことかもしれないけれど、結構面白かった点があるので最初に整理しておきます。

<特に響いた点>

  • リアリティ、現実とは、人によって違うもの。つまり、人の心の状態に大きく依存している。自分の頭の中以外の何物でもない。全ての現実がわかる、ということはない。
  • 生きる上でどんな人も何かしらの苦しみが伴う。苦とは内にあり、自分の内面の姿勢次第で減らせる。苦しみには、レジの長蛇の列で並ぶイライラ感をはじめ、病気で味わう辛い気分などいろいろな種類があるけれど、メカニズムとしては全て同じもの。遥か昔から今に至り、苦しみが無い時代というのはない。それを軽減するために、自分自身の心の状態を鍛錬するのがmeditation(=mental development)。悟りを開けなくとも、その道を辿ること自体が、暮らしの中の自分の心を和らげてくれる。
  • 苦しみは、因縁の縁であって、縁は因を変えることによって変わりうる。例えば、自分がしたことを悔むといった行為は、その悪い行いに対する報い/Karmaを減らすことが出来る。まずは、苦しみに気づくことが大切。
  • 内面の訓練は、座禅だけでなく、日々、小さいところからできる。

<仏教入門クラス>

参加したのは、Victoria駅近くにあるThe Buddhist Societyが提供するIntroduction to Buddhismというクラス。毎週火曜日夕方に、各1時間の講義。参加者は、20〜50代くらい。仕事帰りに立ち寄っている知的好奇心が高そうな人をはじめ、ややスピリチュアル系の風貌の人、おばちゃん、学生などで、その多くはイギリス人です。人数は初回20名くらいでしたが4回目くらいから半減。

講師はインド系イギリス人ですが、話がストンと入ってくるのは、彼が禅を学んでいたことと関係があるのかもしれません。日本の住職さんの講和のように落ち着いた口調だからでしょうか。あと、仏教を英語で聞くと、分からない単語もありますが(日本語でもわかりにくい)、そぎ落としてシンプルな言葉で伝えられる部分もあってわかりやすい気がします。

<各回のテーマ>

  1. 仏教とは?ブッダの生涯
  2. 三法印・・・物事の3つの性質(法の三法)
  3. 四諦・・・人間を苦から救うための考え方
  4. 八正道・・・苦を取り除くための道
  5. 輪廻、因果応報と再生・・・
  6. 波羅蜜・・・成仏を求める修行者/菩薩/ bodhisattvaが修めなくてはならない実践項目。禅は、八正道ではなくこれに従う。
  7. 瞑想、ここからどこへ向かう?

<仏教興味へのきっかけ>

はじめに書いたように、仏教入門コースに参加したのは3つの興味からです。

a) ヨーロッパで仏教?

海外では、日本の仏教といえば座禅を基本的な修行とする禅が主流で、禅はブームになっている感があります。何が人を動かすんでしょうか、どんなところが抽出されて伝わっているのかと言う興味。私自身も禅宗ではない。宗教の根底にある道徳的な考え方は、宗教離れした私たちの生活にもっと入っていていいと思う。中東は、イスラム教がまだ生活の一部である国が多く、人が穏やかだった印象があった。

b) 仏教における環境・自然の捉え方

スウェーデンの教育やサステナビリティへの包括的な考え方を学んで大絶賛していたけれど、自分の環境問題に対する意識・気づきの底辺にあるものはどこで培われたのかと思い返したところ、これまで育ってきた周りの環境、つまり日本の文化の中に根付いているはずと思い、その背景にある仏教を探ってみたいと思う。これについては、この仏教入門コースでは触れられなかったので、今後このテーマに触れられる機会を持ちたい。

3) 自分のことを知る

以前、ロンドン在住の日本の住職さんに「仏教で大切なのは自分を知ること」という基本を教えてもらったのですが、この言葉の通り自分のことを知りたい、という好奇心も大きな理由かな。

2010-10-09

持続可能な暮らしに向けて、食材をどう選ぼうか

自然に負荷をかけなくて済むのであれば、負荷の少ない方を選びたいし、自分の体を作るのが食事だから、摂らなくて済むなら余分な物をできるだけ摂りたくない。環境に配慮する方法はいろいろある中で、自身の体にも嬉しい食事をすべく、ロンドンでの食生活にあたっては、次のような方針でもって、できるだけ選ぶようにしています。

〕∩に関わるCO2が少なくて済むよう、地元のものをできるだけ選ぶ

⊆然への負荷が少ないオーガニック食材を選ぶ

自分の体を作る食べ物だから、できるだけ自然な環境で育ったものを、その過程がわかるものを選ぶ

-------

具体的には・・・

|聾気念蕕辰申椶覆發里鬚任るだけ選ぶ(輸送に関わるCO2と栽培にかかるエネルギーを抑える)

f:id:nobriny:20101010095122j:image:h180 f:id:nobriny:20101010095121j:image:h180

週末にファーマーズマーケットへ買い出しによく行きます。地元の農家を応援にもなるし、新鮮な旬の野菜も手に入るし、農家さんらとの会話も楽しいし。作り手の顔が見えるのは安心だし、商品への親近感が湧く。ちなみに、最近のお勧めは、トマトに特化したThe Tomato Stallのトマトオイル漬けや、オーガニックマッシュルームとカッテ−ジチーズのパテPâté Moi。どちらも周りの友達もリピするほどの人気。

地産という点では、コンテナガーデンもはじめました♪といっても数えるほどしかないですが。摘んだパセリをトッピングしたり、料理も美味しくなりますね。

f:id:nobriny:20101003144401j:image:h180


⊆分の体を作る食べ物だから、自然な環境で育ったものを。

量・金額を比べながら、無理のない範囲でオーガニックを選んでいます。すべてをオーガニックを選ぶと支出が大きくなりすぎそうなので、優先順位としては、毎日使う調味料と生で食べるものはできるだけオーガニックに。そして、肉、卵もできるだけオーガニック、やっぱり、、高いというときは放し飼い=Free Rangeで。特に安さ重視の肉は、どんな飼料で育てられているかわからない。病気を防ぐための抗生物質を混ぜた飼料や肉を軟らかくするホルモン剤を混ぜた飼料などを使用しているといわれる。自然な育ち方をした家畜の肉の方がいいな。

夫婦二人だけなので量は少なめにして、オーガニック商品の方を手に取りたいなと。実際に、安いマヨネーズとOrganicのマヨネーズを比べたけど、味も確実に良かった。

ちなみに、UKのオーガニック認証機関「Soil Assosication」は、イギリスやEUで定める以上の基準をもつことから、世界でも信頼性が高いとされています。‘healthy soil, healthy people, healthy planet’ 健康的な食材は健康的な土壌から生まれる、そして自分も地球も健康に。そのわかりやすいコンセプトに基づいて認証された商品だから、安心して手に取ってます。

ただ、オーガニックであればなんでも素晴らしいのかといえば、そうでもない。「Organic」ブームに乗って、Soil Associationの厳しい基準を通ったオーガニック商品を開発したけど、味の質が劣るものがあったりする。例えば、CLIPPERのお茶は、お手頃価格なんだけど、今まで選んだものは、どうも味がイマイチなものが多かった(イギリス風にミルクティーにしたら飲めました)。その点、YOGI Teaの場合、期待を裏切られたことはほとんどない。

ちなみに、安さの魅力に潜む陰については、8月末のGardianの記事(激安アルコール飲料の常習により死に至るホームレスが増加)を読んで以来、特に気にかけるようになった。程度はどの程度であれ、安い食品には事情があることを知らされた。日本だとここまでの健康被害はまだないのかな。


2當がわかるものを選ぶ

魚介類&野菜が好きなので、「肉は控えめ、魚+たっぷり野菜」を好んでいますが、、、魚は、今のところ生サーモンと、缶詰のアンチョビしか買ったことがない。加工・輸送のエネルギー負荷の高そうな缶詰より新鮮な魚を選びたいところですが、缶詰は便利。缶詰に関しては、原材料ができるだけシンプルなモノを選んでいます。あと、環境に配慮した漁業の認証マーク・MSC認証の魚の缶詰がスーパーにも手軽に買えます。でも、やっぱり魚が好きなので、新鮮な魚を食べたい。Borough Marketで売っていた魚を今度是非購入したいところ。

-------

という方針を持ってはいるものの、やっぱり加工食品は便利。加工食品は、裏の材料表示を見て、できるだけシンプルな材料でできたものを選びたいと思ってますが、まだまだジャンクフードを手にとっちゃいます。

こっちの食材でできる料理のレパートリーを増やしていきたいな。豆料理ももっとつくりたいし。和食をできるだけこっちの食材で作りたい。

(20101012、20110115加筆)

2010-10-08

ロンドン滞在はじまり&暮らしの豊かさ

8月後半からロンドン滞在をスタート。ようやく住まいも決まり落ち着いたので、そろそろ活動していきたいところなのに、C.V.を送っても返事なし。さらに面接にパスしない。そこで、広くオポチュニティ探しをし始めると、面白そうなことが多々あって、発散してしまう・・・。こんな感じでストレスも溜まりつつある一方、イギリスでの暮らしが心地よくなってきた♪ということでイギリスの暮らしから垣間見る豊かさについて。

イギリスの人たちは働きすぎで、ヨーロッパに比べて生活のゆとりがない、とかいう話がテレビから聞こえてきたが、イギリスにやってきたばかりで良いところが目につく私としては、イギリスにも暮らしを楽しむ要素がまだまだ残っていると感じる。

  • アフタヌーンティー文化
  • 花のある生活
  • 物との付き合い方

<アフタヌーンティー文化>

家族や仲間との時間をお茶やお菓子とともにゆっくり楽しんでいる


<花のある生活>

ヨーロッパの街を歩くと、花束を抱えている人をよく見かける。ロンドン中心部のスーパーでも花束が売られていて、性別・年齢を問わず買っていく様子を目にする。こういう風景を見かけるとうれしくなる♪先日訪れたColumbia Road Flower Marketは、週一で開催されるにもかかわらず、その日も道いっぱいの人。この光景をみると、イギリスでは植物や花がある暮らしを楽しむ文化があることを感じる。


<物との付き合い方> プラスチックが少ない?

うちの大家さん(イギリス人)の暮らしのアイテムが素敵。家には物が溢れているわけでは決してなく、どちらかと言えば、物の数は少ない方。その物の多くは、デザイン・質が良い。素材で見ると、プラスチック素材のものが少ないことに気づく。

例えば、この素敵なガラスのケースに、M&Msが入れてあったりする。リビングを見渡したところ、プラスチック素材は、テレビくらい(キッチンをみれば、プラスチック保存容器(1つ)、湯沸かし器、フードプロセッサーなどはあるけど)。プラスチックを見ると「限られた石油資源だな」と思う習慣がついたことに加え、プラスチックが少ない方が気持いい空間と感じるようになったので、日本に帰国した折には、脱プラスチック生活をしたいな。

イギリスにはプラスチック製品が少ないというよりも、物との素敵な付き合い方を知っているんだなと思う。

2010-04-04 夫婦でぐるっとユーラシア2010

夫婦でぐるっとユーラシア2010

10日前から、ユーラシア大陸を一周する予定で、旅に出ています。ようやく、ネット環境が整ってきたので、旅の日記をUPしていきます。



旅の日記はこちら。時間があったらみてください。

夫婦でぐるっとユーラシア2010 http://eurasia-honeymoon-2010.blogspot.com/

2010-03-02

ジョギング中にもずく蟹をもらう。

「おじさん、何しとんの?」

「うなぎと蟹とハゼを捕まえる仕掛けの掃除しとんのやわ」

f:id:nobriny:20100302112902j:image

海みたいなぁ。との思いで、伊勢湾に流れる川沿いをジョギング。河口に向かい走ると、おじさんが何かやっているから、声をかけてみた。

f:id:nobriny:20100302111251j:image:h300 

まさか、こんな近くで天然ウナギが捕れるとは。むむむ、うなぎ釣り、やってみたい。津周辺でも釣りを楽しんでいる人が多いのは知っていたけれど、うなぎ・蟹・ハゼと聞いて、私が知らない地域資源の可能性を垣間見た。

趣味ではじめて今8年目くらいのそのおじさん、のびのびと気持ちよさそうに話す。ウナギは、数日おいておく仕掛け以外に、夜釣りもできる。春から秋まで捕れるが、4月〜6月がいい時期。「夕涼みがてらにウナギ釣り」そんな楽しみ方もあるみたい。なんかいいな、そんな夏も。

「お、蟹おるわ、はいあげる。」

f:id:nobriny:20100302113419j:image:h300

蟹の掴み方なんて忘れてた。甲羅をもてばいいんだ。受け取ったのは、上海蟹の一種の「もずく蟹」。そういえば、小さい頃はこんな感じの蟹がよく食卓に上がった。味噌と卵が濃厚で大好きだった。でも、ここ10年間の帰省のタイミングでは一度も食べていないかも。


そして、海に向かうと、点々とした人影を発見。

f:id:nobriny:20100302114920j:image:h300

アサリボーイ、アサリガールと名付けてみよう。

平日の昼間のその海岸には、平均年齢は70を越えそうなアサリボーイ、アサリガールが、散り散りになって、黙々とアサリを掘っている。向こう岸には鳥羽や伊勢が見え、ピクニックを楽しむ人たちもいて、ゆるかな時間が流れていた。確かに、津市近辺はあさりの産地。だけど、こういう日常があったとは。

なるほど、地方で暮らすってこういうこと!?

時間があるこの機会に、わたしもやりに行ってみよっかな。

nobrinynobriny 2010/03/05 12:07 たぶん近所!!せっかくご近所なら、この川や海を満喫しない手はないね。また連絡しますね〜☆

2010-02-28

あぜ道ジョギング

気持ちいいジョギングコースがないかと、今日はちょっと足を延ばして田んぼが見えるところまで30分くらいかけて回ってきました。


な〜んか、視界が広くて、山が遠くに見えて気持ちよかった。


ぐるっと回って、輸入のおもちゃやさんに立ち寄って、住宅街に戻ってきた。田んぼや里山の風景って結構いいなって感じたな。昔はそんなこと思ったことなかったんだけどね。

f:id:nobriny:20100228161918j:image:h100

nobrinynobriny 2010/03/01 10:13 おぉ!途中の道でね、「たしかrisaちゃんの家があったはず〜」と小学校の頃を思い出しながら走ってたよ♪4月から三重を発つ予定なの。また連絡します☆』(

2010-02-27

三重ならではのエコ。海の森ので植林。

「三重は、海の幸も山の幸も美味しくて住みやすい」。

小さい頃、他県から来た友達の両親がこう言っていたことを思い出します。


夏休みには、「ここハワイ?」と兄妹が間違えたほど綺麗な砂浜があった伊勢志摩にある御座白浜へ行った思い出や、三重を離れても、ちょくちょく伊勢や志摩の方へ、海の新鮮な幸を食べに訪れています。


考えてみれば、私の楽しみに欠かせない三重の海ですが、

海を健康な状態に保つための、海の森(藻)が20年ほど前から、なくなりつつあるそうです。三重の海で植林を行う「海っ子の森サークル」は、わたしたちの手で海の中の自然の石に藻をつけていく、簡単な藻場造成方法をもって、成功事例をつくっています。この「鳥羽工法による海の植樹方法」を、全国、そして世界に向けて発信していきたいものですね。現在は、鳥羽市答志島の海底に藻場をつくっているそう。


ちなみに、答志島といえば、ワカメ!伊勢神宮にも奉納されているワカメ。ぜひ訪れたいのが、 かおり風景100選に選ばれている「答志島和具浦漁港の塩ワカメ作り」。塩ワカメの季節には、津のスーパーなどにも売っていましたよ♪

2010-01-27

アトリエと畑のあるくらし

津市の田舎でどんな暮らしをしているのだろう。

自宅のアトリエで彫金などを制作する傍ら、畑から摘んだブルーベリーでジャムを作ったりしている、という話を聞き、一度訪れてみたいと思っていた。


訪れたのは、津市白山町。

道路沿いに民家が点々とたち、田んぼや畑が広がる。蔵つきの大きな民家にお邪魔した。

f:id:nobriny:20100127135520j:image:h200

f:id:nobriny:20100127134357j:image:h200 f:id:nobriny:20100127134726j:image:h200

アトリエの窓には、ガラス玉のオブジェや、ウールのマフラーなどの作品。

f:id:nobriny:20100127134752j:image:h200 f:id:nobriny:20100127135645j:image:h200

マフラーは、ウールから糸車で糸を紡いだそう!写真左は、現在使用中の西洋式の糸車。写真右は、日本式の糸車。祖父母の代から使われてきた糸車も残っている。

f:id:nobriny:20100127135411j:image:h200

以前育てた綿花。綿花から、糸を紡ぎ、生地まで作ったこともあるそう。綿花は1年目は成功したものの、2年目以降はうまく栽培できなくなったそう。ちなみに、戦国時代には三河・伊勢・松坂をはじめ、各地で綿花の栽培が行われていたという。かつてのように自作の綿花から作られる伊勢木綿松坂木綿はないのだろうかと、日本の綿の栽培地ガイド をみると、三重では綿花栽培を行っているところはまだないみたい。(参考:いせ木綿

f:id:nobriny:20100127133539j:image:h200 f:id:nobriny:20100127132128j:image:h80 f:id:nobriny:20100127132515j:image:h80

玄関には、庭で育てているアケビの蔦を編んだ籠。軒先には、自家栽培のシイタケを天日干し。裏庭には、レモンやオレンジの木がある。

f:id:nobriny:20100127142119j:image:h200

無農薬のレモンを皮ごとつかったシフォンケーキをいただいた。アクセントになっていたレモンのアイシングが美味しかった♪オレンジは、すっぱそうな見た目をよそに、甘くてみずみずしかった。とても満ちた気分になった。

ざっと聞いただけでも、バラエティに富んだ農作物を作っています。米、しいたけ、なめこ、ブロッコフラワー、長芋、白菜、ネギ、じゃがいも、青梗菜、ブルーベリー、キウィ、オレンジ、レモン、柚子・・・。育てている野菜のチョイスがいい、食べてみたい野菜が多い。

もちろん、つくる・味わう楽しみで満たされるには、毎日それだけ働いているのですね。アトリエと畑、素敵な暮らしですね♪

nobrinynobriny 2010/02/06 13:21 三重にいるの決めたのも年末でバタバタして連絡してなくてごめんね。そちらにもちょくちょくいくので、タイミング合わせて遊びましょう。それにしても、田んぼ! いいねぇ。いいねぇ。田植えの時期にはいけないかもしれないけど是非訪れます☆

2010-01-10

三重へ

久々に、一時的に三重で暮らしてます。思った以上に、居心地いい。

スウェーデンで暮らして以来、緑が多いところがいいなと、なんとなく思っていて、都内から逗子へ、そして三重へ。自然に足が動いていた。生活の拠点として三重に暮らすのは、10年数年ぶり。

三重のこと、実はあまり知らない。これからいろいろ見つけたい♪

2009-11-29 「持続可能な社会の構築―スウェーデンからのメッセージ―」

先週の木曜日、「持続可能な社会の構築 ―スウェーデンからのメッセージ― 」セミナーに参加してきました。

スウェーデンでは、『2021年のスウェーデン』と呼ばれる環境面を中心とした未来ビジョンの策定しています。その策定に関わったアニタ・リンネル氏の基調講演でその背景と、10年経った現在の状況についてお話されましたが、興味深かったのは策定へのアプローチ(成功要因は、2つだという)。

●さまざまなステークホルダーに、調査のはじめから関わってもらうことで、彼らは何をしなければならないことを受け入れることができたこと。 (最初に専門家が集まり長期的な目標を定義した後、さまざまなステークホルダーを巻き込み、それぞれのセクターの将来像をバックキャスティングを用いて描き出した。)

●P.F.ドラッカーの『現代の経営(”The Practice of Management”)』で述べられている理論に基づき実施したそう。

Specific:未来の姿を具体的に描く

Measurable:測定可能な中期目標を設定する

Accepted:ステークホルダーがそれぞれの役割に伴う責任を受け入れる

Realisable:実現可能な目標とする

Time-delimited:目標への制限時間を決める

このようなアプローチをとれたのは、スウェーデンらしい多様な経歴をもった彼女のような人材が関わっていたからだと思う。ちなみに、彼女は、大学卒業後に高校教師を経て、大学院経済学課程を終了。そして、防衛戦略研究所にてアナリストとして勤務後、環境保護庁にて、「2021年のスウェーデン」プロジェクトリーダーを務めた。

スウェーデンでは、社会に出た後でも、無料で学ぶ機会があり(大学院や専門学校、高校)、意思のある人たちを支援する体制が整っているところが、やっぱりすばらしいなと思う。


そうそう、鮮やかなピンク色のスーツで華やかなアニタ・リンネルリンネルさんをみて、

スウェーデンにいたとき、家主のおばあちゃんが、いつもきれいな色をきていてガーデニングをよくしていたことを思い出しました。年を重ねたときこそ、華やいだ明るい色を着たい!

2009-11-27

石鹸シャンプー&クエン酸リンス

手荒れがひどくなってきたので、せっけん生活に入ります。

シャンプーを石鹸にするので、リンスはクエン酸をつかって髪の毛を中和させるのだそう。

クエン酸にアロマオイルをいれたものや、ローズマリーを加えたものを使ったことがあったけど、面倒なので、クエン酸だけにしてみました。

サラサラ〜。自分の髪質には合うみたい♪

2009-11-20

「アリ地獄のような街」エクマットラ制作


日本で生まれ育った同世代の人たちに、ひとつひとつ行動にうつしている人がいます。

エクマットラ共同設立者の渡辺さん。この映画を配給しているユナイテッドピープル・代表の関根さんとのインタビューをみて、気になっていたいた映画「アリ地獄のような街」。

映画の内容は、バングラデシュに関わらず途上国であれば、起きていることなのだと思う。テレビや雑誌など見たり聞いたりしたことがある。

親が亡くなったりとさまざまな事情で、子どもたちが田舎から首都ダッカにやってくる。

バングラデシュという世の中のシステムをしらない子どもたちは、手持ちのお金がなくなると、ストリートチルドレンになり、気づけば闇の世界で生きている。

今、ダッカには、ストリートチルドレンが溢れているらしい。

この日は、横浜・シネマ・ジャック & ベティでの上映会の最終日。

運がいいことに、日本でプロモーションを担当している渡邉さんの舞台挨拶を聞けました。

この映画を制作した、NGO団体・エクマトラは、ストリートチルドレンの支援活動をしており、そのひとつとして、子どもたちに教育の機会を与えようと「青空教室」を行っています。


「教育」。

スウェーデンの社会の教科書を目にしてから、社会で生きるための教育の必要性を改めて感じてます。守られている環境で育ったことは、運がいいと思うし、子どもにはそんな環境が必要だと思う、判断力がつくまで。

2009-10-21

アフリカの人から教わったこと

日本で学び、働いているアフリカのとある国の人が、

「現在の日本人をみていると日本の未来が不安である」

と聞いたんだよね、という知人の話から、

今年5月にウガンダ首都カンパラで聞いた印象深い話を思い出しました。

ウガンダの方はこんなことを言っていました。

「こういう話があるんです。

『ある釣り人が、のんびり釣りをしていました。

そこに、国際機関の人が来て、言いました。

国際機関:もっとよい魚の釣り方を教えてあげるよ。

釣り人:それをやってどうなるの?

国際機関:そうすれば、もっと効率よくたくさん魚が獲れます

釣り人:そうすると、どうなるの?

国際機関:もっと収入が増えますよ。

釣り人:そうすると、どうなるの?

国際機関:よりよい道具を購入し、さらに魚をたくさん獲ることができます。

釣り人:そうすると、どうなるの?

国際機関:もっともっと収入が増えます。

釣り人:そうすると、どうなるの?

国際機関:お金がたくさんあれば、もっと良いモノを買って、よりゆとりのあるリラックスした時間を過ごすことができますよ。

釣り人:それなら、いいや。今でも十分リラックスしているよ。』

わたしは、あなたがた先進国の人に同情します。」

この話を聞けたことは、

基本的なこと「自分がどうありたいか」を、

じっくり考えるようになったきっかけの一つだと思う。

2009-10-18

美しの和紙 ―天平の昔から未来へ―


五感を刺激するものが、近頃どんどん好きになっていく。

素材の中でも、特に、紙は好き。

手触りがいいし、いろいろなモノに変わりゆく。


六本木、東京・ミッドタウン。

この中のサントリー美術館で開催されていた「美しの和紙」展へ足を運びました。

f:id:nobriny:20091127203348j:image:h100

奈良時代から経巻として使われたり長い歴史を持つ紙。中でも興味深いのは、特に4章「暮らしを彩る和紙の世界」。

●紙の用途いろいろ: 多岐にわたる紙の用途には、やっぱり驚いた。羽織や布団までも紙でしっかり出来ている。楮紙をこんにゃくのりでつないで、反物にして、それに裏地を付けていた。一度、原材料から作ってみたい。

紙の服といえば、以前から、和紙のウェディングドレスが気になっていた。どなたか着る機会があれば、是非見させてほしいです。

●襖: 襖は、昔、ミスプリを何枚も重ねて、その上にきれいな紙を張って出来ていたって知っていましたか?

●「工藝」: 1931年柳宗悦が民芸運動の機関紙として発行していた和紙に刷られた手作り雑誌。中をのぞいてみたいな。


プラスチックの代わりに、森から生まれたシンプルな素材をもっともっと使っていきたいと思う。そうそう、この展示会で素敵なのが「和服の方は、300円割引」という仕組み。

2009-09-25

自由が丘のおかバチプロジェクト/Svensk Honung

自由が丘のおかバチぷろじぇくとの一つとして、絵画の量り売りサイトART-Meterさんで「はちみつラベルの挿絵デザインコンペ」を開催中とお伺いし、スウェーデン・カールスクローナのFarmer's marketで購入したSvensk Honungを思い出しました。

f:id:nobriny:20061204110913j:image:h200

自由が丘といえば、スイーツ。

そこで育てたみつばちの蜂蜜をつかったスイーツをいただける、更に”自由が丘”というブランドの強みが増しますね。

「Googleマップの航空写真で自由が丘を見たときに一帯が緑に見える街をみんなで作ろう」という共通の目的があり、自由が丘商店街振興組合の方を中心に、業種を越えて街の人・お店にそれぞれの活動の中で参加できている持続可能な社会のCollaborationの良い事例だと思います。


すでに自由ヶ丘スイーツフォレストでもいただけるみたい。食べてみたいな。

ART-Meterのコンペでどんなはちみつラベルができあがるのか楽しみです。


ちなみに、以前ブログにも書きましたがスウェーデンでみつけたSvensk Honungは、採れた季節が違うので2色になっているのですが、この2色セットのはちみつをまた買いたいな。



参照:自由が丘経済新聞 

http://jiyugaoka.keizai.biz/headline/393/

http://jiyugaoka.keizai.biz/headline/447/

2009-09-12

種から、バジル。

毎日の成長が楽しい素敵な卵があります。

卵と言っても黄身が入っている卵ではなく、種が入ってます♪


f:id:nobriny:20090912163813j:image:h200



9/2に卵を割って水やりをスタート。2日後に芽がでてきて、10日後にはこんなに♪

自分の成長がわかりにくくてどんよりしていても、バジルくんをみると元気になる(笑)!

これをプレゼントしてくれたセンスある友に感謝。

半年前にパセリも試したんだけど、なぜかそのときは芽生えなかったんですが、今回はいい感じ!もっと大きくなって欲しいな。ジェノベーゼにしたいけど、なんだか愛着が…。

2009-09-11

屑 to デザイン - パンクなデザイナー YORIさん

f:id:nobriny:20090911202102j:image:w100


これ、屑にしかみえないんですけど。

そう思うよね???

なのに、YORIさんにかかると他にはないパンクなアイテムになります!

f:id:nobriny:20090911201110j:image:h150 f:id:nobriny:20090911201727j:image:h150


YORIさんは、エコエゴバッグというレジ袋を使ったバッグの発案者で、それだけでなく家の中に眠る色々なものを使ってコサージュやアクセサリーなどを生み出すデザイナーです。

その豊富なアイデアには頭があがりません。例えば、明日のコサージュワークショップの材料の一部がこの写真。「エーッ」と思いますが、使い方はいろいろあるんです。


例えば、即興でこんな風に組み合わせてみせてくれました。

f:id:nobriny:20090911202257j:image:h150

これをコサージュにしたら、宮崎アニメに出てきて今にも喋り出しそう♪

カーテンレールも、グニャっと曲げてみたり。即興で出来上がっていくんですね。

この楽しいパンクなアイデアには、私の頭はいかに凝り固まっていることかと、ガツッと殴られた感じ。

YORIさんのこのワークショップは、子どもはもちろん大人こそCreativeな刺激を受けますね。

以前シブヤ大学の授業には浦和レッズカラーのパンクなトータルコーディネーで登場されましたが、今日はまたギンガムチェックの無造作なベストがお似合いでした。ちなみに前はジッパーピアスでしたが、今回はなんと学ランボタン!

こちらの重みを感じるパンクなアジア(中国)っぽいネックレスも、学ランボタン ↓

f:id:nobriny:20090911201352j:image:w100



YORIさんの展示会&ワークショップは、御徒町駅ちかくにある"めぐり"にて、9/1〜9/13に開催されています。ワークショップは以前から何度か開催されているので興味を持った方はぜひ足を運んでみてほしいです。

f:id:nobriny:20090911201003j:image:h200

↑団扇に習字用のマットをかぶせて、ネックレスの展示台に。

こんなアイデア増やしたいものですね。

2009-08-25 〜Spiriltiles〜

屑 to アート - 〜Spiriltiles〜

f:id:nobriny:20090925111342j:image:h200

米国からはるばる来てくれました。

CaliforniaのTruckeeにいる友人がギャラリーでみつけたこの作品、houston llewという作家さんの「Spiritiles」というシリーズの'The Rose'。銅の上にガラスで描いたものです。


この輝きと存在感がなんともいえず素敵。

屑というには語弊があるかもしれないけど、友人によると不要なガラスで作っているとのこと。人生という物語に、宝石のような時をもたらしてくれるという想いが溢れ出ている気がします。


'That love is all there is is all we know of love.'

エミリー・ディキンソンの詩が入っています。


Localな作家さんの素敵な作品に巡り合う、こういう時をもっともっと楽しんでいきたい。houston llewさんはAtlantaが地元で、米国各地のいろいろなギャラリーにおいてあるみたいだけど、日本には初上陸かな。

2009-06-09 ウガンダ滞在 - ハイライト

ウガンダ滞在 - ハイライト

●みんな表情がすごくいい! Full of wonderful expression!

f:id:nobriny:20090609184710j:image:h220 f:id:nobriny:20090609213104j:image:h100 f:id:nobriny:20090609213103j:image:h100

↑School for hearing-impaired children. 聴覚障害者の学校にて、カメラを向けるとキュートなポーズをとる子がいたり、こういうアホ顔やってみたくなる子がいたり(笑))


f:id:nobriny:20090609212720j:image:h160 f:id:nobriny:20090606141543j:image:h160

↑(左)A village school where JICA volunteer works. 協力隊の隊員が小学校でボランティアをしているMabandaという村にて、歌を歌えば、リズムにのって踊りだした。(右)A village where World Vision supports. World Visionが支援しているKasawoという地域にて、布をかけたブランコで遊ぶ子どもたちが、見慣れないアジア人をみて大笑い。


●貧富の差が大きい。地球の縮図。The world's epitome in terms of the big difference between rich and poor.

f:id:nobriny:20090605164849j:image:h180

A door boy for the site where our houses is located. これは、Door Boyをやっていた6歳のブローが洗濯中に笑顔であいさつしてくれたときの写真(休暇期間中にお姉さんのお手伝いをしていたみたい)。彼のお姉さんは左の6畳くらいの家に旦那さんと住んでいます。奥は私たちやその他その敷地内の家主たちの家。ブローのお姉さん夫婦の家は、ウガンダではいい方かもしれない。このコントラスト。

●都心は空気が悪すぎる。Polluted air in the center of Kampala.

f:id:nobriny:20090509170832j:image:h150f:id:nobriny:20090606104656j:image:h150

ペットボトルやプラスチックがごみ山に散在していて、まとめて焼かれているし、車の排気ガスがひどい。

●中古品だらけ。Many used products.

f:id:nobriny:20090509170944j:image:h220

先進国からきた使い古しのバッグ。途上国支援として送られてきたものがマーケットで販売されているという。

●野生動物が静かに暮らしている。Wild animals lives peacefully.

f:id:nobriny:20090601120620j:image:h160 f:id:nobriny:20090609233407j:image:h160 f:id:nobriny:20090601131504j:image:h160

in BUDONGO FOREST ECOTOURISM. Justin is a wonderful ranger guide.

f:id:nobriny:20090610001339j:image:h180 f:id:nobriny:20090610000657j:image:h180

f:id:nobriny:20090610000656j:image:h180

●死が身近な国 Death is close to people

f:id:nobriny:20090610010904j:image:h140 f:id:nobriny:20090531094738j:image:h140

↑(左)A church on Sunday. 日曜日の教会にて (右)The driver has 9 children including 4 orphans.サファリを回ってくれたドライバーとガイド

この教会では、毎週日曜日にゴスペル&歌やダンスの発表&牧師様のお説教が1セットのサービスが4回に分けて実施され、各回1000人近くが集まる。

・参列者も一緒にゴスペルをリズムにのって歌うのが気持ちいい

・地域のバンドや若者グループのダンスも盛り込まれている

・聖書の朗読にあたって、牧師が現在の生活を例に出して面白い説教をする

こういった構成による楽しみもあって、毎週教会へと足を運び、友達と会ういい機会になっているのだけれど、ただ楽しいだけで来ているわけではなく、そこでは手を組んで深く深く祈りを捧げる人たちの姿があった。この教会につれていってくれたグレースは、お姉さん夫婦をエイズでなくしている。彼女は、給料の10%を毎月寄付しているそう。

一方、サファリで回ってくれたドライバーさんについて。

現金収入の少ないウガンダでは、観光客相手のドライバー&ツアー会社をしていたら、結構いい生活ができるはず。でも、彼の家のトイレは穴だけ空いたものだったし、子供を一度もサファリには連れてきたことがないという。

話を聞けば、子供が9人もいるから、入場料やガソリン代を考えるととてもじゃないけれど連れていけないとのこと。子供たちのうち4人は、エイズで両親を亡くした子供、一人ぼっちで置いていかれた子供などを、奥さんに相談して一緒に育てることにしたと。私たちのランチボックスを一つおすそ分けしたら、喜んでくれて、全部食べずに家まで持って帰っていった。

KEIKEI 2009/06/15 21:04 やっぱり自分の目でみると違うんだろうねぇ。一度は行ってみたい!

nobrinynobriny 2009/06/22 00:57 >KEI
うんうん。好奇心が強い人は、機会みつけていくといいね。

2009-06-04

ウガンダ滞在 - 「抱っこ。抱っこ。」

2歳児くらいの男の子が、「抱っこ。抱っこ。」と両手を差し出てくっついてくる。

私の手を掴んだら、絶対に自分から離そうとしない。

行こうとすると、悲しそうな表情で、それを止めようと、ぎゅっと足にしがみついてくる。


f:id:nobriny:20090604220319j:image:h100

人肌に飢えている。

必死になって、全身で表していた。





ウガンダの滞在一か月もあっという間に残り数日。

今日はカンパラにあるSANYU BABIES HOMEという孤児院を訪れました。地元のウガンダ人に孤児院を訪ねてみたいという話をしていたところ教えてもらったのがここ。

孤児院の入口/警察署/タクシー/道端/ゴミ捨て場などにおいてきぼりにされた赤ちゃんを0-3歳児までケアしている。現在、0-5ヵ月歳児が13ベッド、1-2歳児が17ベッド、2-3歳児が11ベッドあるけれど、それでも足りないらしく、以前孤児は増えているとのこと。200-300人の孤児がいるウガンダ。

4歳になったときに、次の孤児院に行くのではなく、それまでに愛情をもって育ててくれる親が見つかることをスタッフたちは期待している。海外への発信は簡易なWEBだけみたいだけれど、平日にもかかわらずその日は、欧米人が5-6人いた。そのうち話しかけた一人は、「ボランティアをしているんだけど、この子を養子にもらうの」と。

f:id:nobriny:20090604214429j:image:h100 f:id:nobriny:20090604214357j:image:h100 f:id:nobriny:20090604220536j:image:h100

f:id:nobriny:20090604220308j:image:h100 f:id:nobriny:20090605164857j:image:h100


障害のある孤児も2-3人はいた。

一ヶ月間カンパラにいて、足の不自由な人は街でみかけたことがあるけれど、それ以外の障害をもった人はほとんどみたことがない。北欧では、障害をもった人が多いと思ったけれど、それだけ外出・暮らしやすい町なんだと思う。



... もっともっと、ぎゅっと抱きしめてあげればよかった。

2009-05-25 ウガンダ滞在 - やりたいこと盛りだくさん

ウガンダ滞在 - やりたいこと盛りだくさん

ウガンダに、1ヶ月間滞在。

1).ウガンダで生活してみたい。しりたい。という好奇心の他に、2).アフリカの自然を楽しみたい。3).日本に暮らしながら、途上国との気持ちいい関わり方を探りたい。という思いで、やってきました〜。



こっちの人と話しているうちに、みたいこと・やりたいことをどんどん具体化。

1).ウガンダで生活してみたい!しりたい!

(ウガンダという国が他の国とどう違うのかをそもそも知らなかったので、「アフリカで生活してみたい!しりたい!」の方が正しい。)

 →ご近所さんや相方の同僚と話す、遊ぶ、食べる

 →難民キャンプを訪れてみたい(時間がなく、行けず)

 →孤児院を訪れてみたい(SANYU BABIE'S HOMEへ)



2).アフリカの自然を楽しみたい。

 →トレイルランかマラソンなどのイベントに参加したい♪(ゴリラマラソン、というゴリラ保護のためのチャリティマラソンに参加)

 →サファリなど♪(マーチソン国立公園でサファリ&BUDONGO FORESTでチンパンジートレッキング)



3).日本に暮らしながら、途上国との気持ちいい関わり方を探りたい

 →日本の市民と関わりのあるNPO/NGO組織の現場を訪れたい(テラ・ルネッサンス訪問、ワールドビジョンが支援している地域をみにいく)

2009-04-02

環境を変えるということ

ひさびさに、『ばかの壁』を読んでみたら、以前目を通したときよりも、腑に落ちる。


仕事が専門家していくということは、入出力が限定されていくということ。限定化するということはコンピュータならば一つのプログラムだけを繰り返しているようなものです。健康な状態というのは、プログラムの編成替えをして、常に様々な入出力をしていることなのかもしれません。

私自身、東京大学に勤務している間とその後では、辞める前が前世だったんじゃないか、というくらいに見える世界が変わった。結構、大学に批判的な意見を在職中から自由に言っていたつもりでしたが、それでも辞めてみると、いかに自分が制限されていたかがよくわかった。この制限は外れてみないとわからない。それこそが無意識というものです。

気がつけば、マニュアルに頼る人間になっていた。

形は、こうあるべきだ、というのが無意識のうちに働いていたことに、気づいた。

今関わっている組織は、仕組みに頼るのではなく、その都度、周りの気持ちを考えての判断で行動する。

それが、その組織がうまく回っている理由の一つだと思う。