スマートフォン用の表示で見る

地域通貨

社会

地域通貨

ちいきつうか

地域的、あるいはメンバー内に交換を限定した、民間ベースの交換システムのこと。

一般に利子を発生させない。多くは交換の裏づけに具体的な労働を、非市場的に評価して用いる。

たとえば一単位は、労働一時間など。地域コミュニティの市場を介在させない具体的連帯の回復にも役立つとされる。

環境への負荷、グローバリズムや市場至上主義の弊害への対策として注目されている。

国の内外で多くの実施例がある。

たとえば、

イサカアワー 

http://www.lightlink.com/hours/ithacahours/home.html

モモで有名なミヒャエル・エンデが深い関心を寄せていたことも知られている。参考:エンデの遺言http://www3.plala.or.jp/mig/will-jp.html(Miguelさんのサイト)