Cycle_Style@numa

2017-06-18 2017三重シーカヤックツアー「南伊勢」Day1

バスの止まる動きで目覚める

プシュ〜・・・・バスのドアが開く。

んっ?えっもう着いた!!!?

時計はまだ4時台・・・途中の「栃原」だった。

乗降がなくてちゃんと泊まってドアを開けるらしい。

外は予報通りの曇り空


降りる紀北町紀伊長島は5:47到着

もうちょっとノンビリ。


f:id:nu-ma:20170618054059j:image

時間通り到着

降りたのは俺と若い男性がもうひとり・・・若い男性は迎えが来ていて、すぐに居なくなる

残された俺はGoogle Mapでリサーチした出発ポイントへ



バックカートを引き(押し)ながらコロコロ・・・押す方が実はラク。コントロールやや難しいですがね(笑)

f:id:nu-ma:20170618074627j:image

本日のエントリーは長島湾に流れ込む赤羽

f:id:nu-ma:20170622012718j:image

f:id:nu-ma:20170622012719j:image

この辺りは喫水域で流れもなく、一気に川幅が広がってる


JR紀勢線の鉄橋をくぐれば長島湾

f:id:nu-ma:20170622012720j:image

f:id:nu-ma:20170622012721j:image

f:id:nu-ma:20170622012722j:image

f:id:nu-ma:20170622012723j:image

湾内は静かで、トロッとした海面


桃ノ木鼻を越えれば、熊野灘がダイレクト

予報よりは低い感じがしますが、しっかり波とうねり!

f:id:nu-ma:20170622012724j:image

f:id:nu-ma:20170622012725j:image

f:id:nu-ma:20170622012726j:image

f:id:nu-ma:20170622012727j:image

f:id:nu-ma:20170622012728j:image

どんよりした空と相まって、エクストリームぽい(笑)

波周期が長いので、シーソーのようにバタバタしない・・・うねりに乗りながら東北東へ


岸近くはうねりが押し寄せてきていて「ドバーン!」「じゃわぁ〜」

そして跳ね返ってきた波に揺すられますが、Feathercraft K1は安定!


まだ10時ちょっとですが・・・・漕いでいて・・・・あまりにも眠いので・・・・錦湾入り口の小さな浜で「朝寝」

ポツポツ雨降ってきっましたが、スプレースカートを着けたまま砂利浜で寝る(笑)



あっという間に1時間寝ちゃいました(笑)

今日もゆっくりパドリング

買い出ししたいので古座湾浦奥の古和浦へ

f:id:nu-ma:20170622012731j:image

f:id:nu-ma:20170622012732j:image


なかなか上がれるポイントがなく、ようやく見つけたのが古和川をちょっと遡った所

f:id:nu-ma:20170622012735j:image

・・・・今回は川にお世話になってます!


集落を歩いてキンキンに冷えた「ビールを捜索」

f:id:nu-ma:20170622012733j:image

f:id:nu-ma:20170622012734j:image

小さな商店がいくつかありますが、酒のライセンスを持っていないようで、ビールが売ってません(涙)

仕方ないので今夜は「冷たいビールナシ」の野宿



今夜の野宿ポイントは缺崎(かけざき)近くの浜

f:id:nu-ma:20170622012736j:image

流木はパキパキに乾いていて、しかも大量に!!

楽しい焚火になりそう!



天気予報では雨の確率高い一日でしたが、普段の行いが良かったのか、時おり「ポツ」程度。

f:id:nu-ma:20170622012737j:image

f:id:nu-ma:20170622012738j:image

f:id:nu-ma:20170622012739j:image


早々に火をつけダラダラ飲んでいると、いつの間にか雲は薄くなり、目の前の海はキレイな夕焼けに

f:id:nu-ma:20170622012742j:image

f:id:nu-ma:20170622012740j:image

f:id:nu-ma:20170622012741j:image

f:id:nu-ma:20170618190707j:image

振り返れば背後の山に虹!

よいよ〜こんな時間!

f:id:nu-ma:20170622002018j:image

ワインも飲み始める頃はどっぷり暮れ・・・

見上げると星、星、星、星、星、星、星、星、星、星、星、星、ほし!

f:id:nu-ma:20170622002019j:image

f:id:nu-ma:20170622002020j:image

天の川もはっきり!

眠くなったけど、眠ることがモッタイナイ


といいつつ・・・

いつの間にか寝て

焚火が弱くなり

肌寒い

起きる

星を見上げて感動!

薪を補充

暖かい

ワインをグビリ

いつの間にか寝て

焚火が弱くなり

・・・・という、焚火飲酒スパイラル(笑)

2時頃どうにかテントに戻り就寝

テントの密閉感が落ち着くわ〜 おやすみなさい〜(*´∀`)ノ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nu-ma/20170618

2017-06-17 2017三重シーカヤックツアー「南伊勢」Day0.5

土曜日なのに・・・良い天気なのに・・・お仕事です(涙)


が、がしかし!

終了後、シーカヤック旅に出るのです。

またまた夜行バスでの出発なので、それまではひとりどこか飲み屋で「飲んでからっ」と思っていましたが、職場仲間と飲みに行くことに(笑)


皆さん巨大な荷物(Feathercraft K1と、野宿道具と、凶器のようなパドル)の姿に興味関心。

何度説明しても、5mのカヤックがこの袋に入っていることが理解してもらえません(笑)


みんなでワイワイ飲んでいると・・・あっ!出発まであと30分!!!!!!!

慌てて荷物を引きずり地下鉄で・・・バスの出発が池袋で良かった〜



出発5分前に到着!

汗かきました(笑)

f:id:nu-ma:20170617211652j:image


超巨大荷物なので運転手さんから色々と言われるかと思いましたがノープロブレム!

自転車のトランク持ち込みは断られるらしいですが、前回の京急バスと同じく西武バスもFeathercraftは問題なし。


池袋東口を出発する「南紀勝浦線」

f:id:nu-ma:20170617212722j:image

土曜だからなのかガラガラ・・・・いつもの最前列でノビノビ


池袋東口から新宿バスタへ

f:id:nu-ma:20170617213026j:image

バスからだといつもの見慣れた風景が新鮮に見える


風景見ながら「ひとり二次会」

f:id:nu-ma:20170617213109j:image

f:id:nu-ma:20170617214507j:image

f:id:nu-ma:20170617214630j:image

f:id:nu-ma:20170617220605j:image

f:id:nu-ma:20170617220957j:image

f:id:nu-ma:20170617222453j:image



今夜最後に東名足柄SAで休憩後

f:id:nu-ma:20170618003127j:image

車内消灯されおやすみなさい!

寝る前に天気予報をチェック・・・・「んんんっ!」

なに〜南伊勢は日曜日は午後から雨じゃないか!

しかも、波周期9s、波高2m!!

なんだよぉ〜またかぁ〜・・・・と、落ち込みながらも寝ちゃいました(笑)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nu-ma/20170617

2017-06-11 DIY! Feathercraftフレーム収納袋

梅雨に入ったのに雨降りませんね・・・外遊びするには良いんですが、仕事がちょこちょこ入っていて遊びに行けません(笑)

なので、今週末はDIY


最終ロットで手に入れた「Feathercraft K1 Expedition」

f:id:nu-ma:20170611174004j:image

Kahunaに比べフレームが太くて長い。

しかも、点数も増えているのでトラベルバックに納めるとゴチャゴチャ感があるんだよなぁ〜。

運んでいる時に、フレームの断面がトラベルバックや船体布に当たっていると、擦れて穴が開いちゃいそう。

なので、以前Kahuna用に作ったフレーム収納袋を、K1用に作るのです。



他のFeathercraft乗っている人・・・どうしているのかな???



朝イチ、日焼けした坊主頭でサングラスをかけて、手芸用品のOKADAYAへ

手頃な厚さのナイロン生地を2m購入


K1のフレーム取り出して、サイズ確認!

f:id:nu-ma:20170611150644j:image

バウセクションとスターンセクション、エクステンションバー・・・一式ドサッと入れられる大きさにカット!



ミシンで縫い縫い!

f:id:nu-ma:20170611151251j:image

こういう作業・・・大好きです(笑)


サイズピッタリ!

f:id:nu-ma:20170611151820j:image

f:id:nu-ma:20170611151829j:image

これならフレームを全部収納できるので、フレームを無くすことがなく安心!


f:id:nu-ma:20170611152615j:image

ついでに、ラダー用の袋も作成。



すっきり収納!

f:id:nu-ma:20170611151935j:image

船体布や野宿道具にダメージ与えなく安心!

お〜っ旅に出たくなったぞ(*´∀`)ノ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nu-ma/20170611

2017-05-28 2017北三陸シーカヤックツアー「北山崎」Day2

寒い!寒い!

昨日の夜は、焚火&星空ナイトでしたが、後半戦(日付が変わった)から記憶があいまい(笑)


持ち前の帰巣本能で、焚火周りに荷物を残さずテントに戻ったようです。

が、寝袋inが適当で明け方寒くて目覚めたのです(笑)


時計を見れば4時ちょっと・・・日の出の時間。

シッコ我慢できなかったので外に出てみると・・・ちょうど太陽が上がってきて茜色の空に!

f:id:nu-ma:20170528041213j:image

用を済ませ・・・・もう一度就寝(笑)

なんだかんだ、日頃の疲れと、夜行バスの疲れで眠いのです。




しばらく惰眠


次に起きると7:00!

f:id:nu-ma:20170529232649j:image

空は真っ青

海は昨日より穏やか


のんびりと食事

ピッカピカのトイレで朝のお勤めを済ませ・・・出発

f:id:nu-ma:20170529232650j:image



f:id:nu-ma:20170529232651j:image

f:id:nu-ma:20170528083046j:image

波は低くなったが、うねりは多少ある

しかし、この青空の下なら、何の問題も無い

気持ちも昨日の100倍高まってる!


黒崎を超えると、北山崎の断崖絶壁海岸線が「ドーン!」

f:id:nu-ma:20170529232652j:image

f:id:nu-ma:20170529232653j:image

f:id:nu-ma:20170604221302j:image

f:id:nu-ma:20170604221301j:image

f:id:nu-ma:20170529232654j:image

f:id:nu-ma:20170604221611j:image

海の青さと、赤い断崖と、新緑の緑が、眩しい!



北山崎の展望スペースを過ぎると、田野畑村から「サッパ」船がやって来た

f:id:nu-ma:20170529232655j:image

この辺りが、展望台もあり北山崎の絶景ポイント


岩場付近は波とうねりで大きく揺れるが、荒れている感じではない

しばし、断崖絶壁を眺めて漕ぎ出そうとした瞬間!


カヤック底から突き上げるような衝撃!!!!!

0.025秒「んんんんん!?」

次の瞬間!ざばーんん〜と転覆!


はい!ひっくり返りました(笑)

目の前には三陸の青々とした海中・・・キレイ!!


その青い海にひらひらと落ちるOAKLEY

ヤバい5万円が沈む(笑)

手を伸ばした左手でどうにかキャッチ(喜)


右手にはパドル

左手にはOAKLEY

もちろんロールなんでできるスキルは無いので脱出


セオリー通り・・・カヤックを元にひっくり返し・・・手につかんでいたOAKLEYをデッキバックに入れ・・・パドルをカヤックに差して安定させ・・・コクピットに這い上がる・・・


あら?あっけなく乗船

Feathercraft K1!めちゃくちゃ安定してるじゃないの!!

かなり傾いた状態でも、それ以上傾かず安定!さすがですわ(笑)


しっかし・・・何だったのかな?あの衝撃???


その後は、浜で休憩しているうちに、サンサンと照りつける太陽で、着ているモノも直ぐに乾き

f:id:nu-ma:20170529232656j:image

ツーリングの後半戦へ


矢越岬付近の穴を巡り(笑)

f:id:nu-ma:20170529232657j:image

f:id:nu-ma:20170604221612j:image

f:id:nu-ma:20170604210331j:image

f:id:nu-ma:20170529232659j:image


弁天崎を抜ければ田野畑の大きな湾

f:id:nu-ma:20170529232700j:image

f:id:nu-ma:20170529232701j:image

f:id:nu-ma:20170529232702j:image

その先の島越が今回のゴール

この辺りは津波の被害が大きく、集落が根こそぎ持って行かれた所


f:id:nu-ma:20170529232703j:image

護岸工事中の横の小さな浜辺で上陸

じっくり乾かして、徒歩5分の島越駅

新しく建て直され、お土産物も買えるステキな駅に

f:id:nu-ma:20170529232704j:image

ここから東京に帰ります。

久慈まで三陸鉄道

f:id:nu-ma:20170529232705j:image

f:id:nu-ma:20170529232706j:image

f:id:nu-ma:20170529232707j:image

漕いだ海岸線をチラチラみながら走る

f:id:nu-ma:20170528161008j:image

残っていた赤ワインで乾杯!



久慈駅で連絡の列車を1本遅らせて、買い出し!

f:id:nu-ma:20170529232708j:image

道の駅コンビニでお土産&お酒&おつまみを購入

f:id:nu-ma:20170528172936j:image

待ちきれず久慈駅のベンチでプシュ!

f:id:nu-ma:20170529232709j:image

久慈から八戸までは、久々に窓が開く列車

f:id:nu-ma:20170528184635j:image

f:id:nu-ma:20170528184424j:image

f:id:nu-ma:20170528184650j:image

乾いた空気を浴びながらプシュ!

f:id:nu-ma:20170529232710j:image


八戸から最終の東京行き新幹線

f:id:nu-ma:20170528205834j:image

もちろんプシュ!

完全に酔っ払いました。


カヤックも旅道具もすべて人力で運ぶのは大変だけど、これがFeathercraftの本当の使い方なんだよね〜。

やっぱりカヤック旅は「これだよね!」と思った北三陸の旅でした(笑*´∀`)ノ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nu-ma/20170528

2017-05-27 2017北三陸シーカヤックツアー「北山崎」Day1

東北道を爆走する宮古行き夜行バス「BEAM1」・・・早朝、紫波SAで休憩したようですが、爆睡していたので記憶があいまい(笑)


本格的に目覚めると、宮古に向かう国道106号線。時刻は6:40。まもなく宮古に到着です。


宮古到着!

f:id:nu-ma:20170527065107j:image

うーん・・・雨ですね。しかも肌寒い。

数日前の「晴れ!」「降水確率10%」はどこ行ったんだよぉ〜

まあ〜いいか。

暴風や、大荒れの海でなければ遊べるよ(笑)


予定よりも早着だったので、7:02発の宮古行きに乗れちゃいました。

f:id:nu-ma:20170529232631j:image

車内はガラガラ・・・・というか、自分以外は2人の運転手さんだけです。

貸し切り状態で出発。

乗った車両は、開業当時から走ってる36-100形式

なんだか懐かしく感じるクロスシートが良いねぇ〜


最初の予定では・・・

1日目、島越→北山崎→黒崎あたりで野宿

2日目、黒崎→久慈方面行けるところまで・・・という北上予定でしたが、

日曜日に晴れるそうなので、漕ぐ方向を南下にして、晴れの北山崎を漕ぐことに。



なので、一気に堀内まで行き、ここで準備しながら天気回復を待って漕ぎ出すことに

f:id:nu-ma:20170529232632j:image

f:id:nu-ma:20170529232633j:image

海の目の前にある堀内駅に到着

風はそよそよ、波もたいしたことない!

けど・・・雨(笑)


f:id:nu-ma:20170529232635j:image

コロコロ荷物を引きずり、レイドバックの駒崎さんに教えてもらった「まついそ公園」へ


ここの公園、海へのアクセスが楽ちんで、東屋やピッカピカのトイレもあって便利!

f:id:nu-ma:20170529232636j:image

f:id:nu-ma:20170529232637j:image

f:id:nu-ma:20170529232638j:image

雨が吹き込みそうなので、スロープ奥の洞窟のような空間へ

広くて、ゴミも無く快適

時間がたっぷりあるので、丁寧に組み立て・・・けどまだ雨はやまない(笑)


しとしとと降る雨を見ていたら眠くなってきた

マットを広げて昼寝・・・けどまだ雨はやまない(笑)


お昼の放送が流れ、目を覚ますと・・・雨はやんでました(笑)


f:id:nu-ma:20170529232639j:image

では出発しますか!


波高は予報で1.5mでしたが、実際はたいしたことない。

周期の長いうねりが多少あって、シーカヤックツーリングの雰囲気ばっちり。

f:id:nu-ma:20170530234933j:image

f:id:nu-ma:20170530234932j:image

f:id:nu-ma:20170530234934j:image

f:id:nu-ma:20170530234935j:image

f:id:nu-ma:20170529232640j:image

f:id:nu-ma:20170529232641j:image

断崖の上部は雲が掛かって「北の海」感がありますね〜。


f:id:nu-ma:20170527131619j:image

f:id:nu-ma:20170527132340j:image

f:id:nu-ma:20170527133009j:image

f:id:nu-ma:20170527144623j:image

今回は、最近手に入れた、Feathercraft K1 を持ち込みましたが、1泊2日程度の荷物と自分の体重では喫水線が高く、Kahunaに比べると安定感はもうちょいかな。

「もっともっと荷物積みなさいよ!遠征用のカヤックなんだからね」って言われているようで(笑)

遠征ではお酒がたくさん積めそうで安心です!



普代を越えて、黒崎手前のネダリ浜

f:id:nu-ma:20170529232642j:image

f:id:nu-ma:20170529232643j:image

今日はこの浜に上がって野宿

浜には「みちのく潮風トレイル」が通っていて、立派なトイレ&休憩スペースが!


テント張って野宿の用意が終わったら、トレッキング

浜の上にある国民宿舎「くろさき荘」でお風呂に入るのです(笑)


ゆっくり登山道を上る

f:id:nu-ma:20170529232644j:image

f:id:nu-ma:20170530235944j:image

けっこうな高低差で息が上がる・・・カヤックでは足腰あまり使わないので良い運動。


f:id:nu-ma:20170527163226j:image

20分ほどで「くろさき荘」へ

GWもとっくに終わっているので、週末でもガラガラ

f:id:nu-ma:20170527163902j:image

のんびりと展望風呂に。露天風呂があればいつまでも入ってられるんだけどな〜。



さっぱりして戻ったら・・・もちろん焚火タイム(*´∀`)ノ

f:id:nu-ma:20170527170830j:image

f:id:nu-ma:20170529232646j:image

f:id:nu-ma:20170529232647j:image

空にも青空が広がってきて、気持ちが盛り上がる。


f:id:nu-ma:20170530235835j:image

波の音と焚火とお酒が最高です。

やっぱり来て良かった〜(*´∀`)ノ

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/nu-ma/20170527