岡村日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2016-07-01

[][] メタルな店  メタルな店を含むブックマーク  メタルな店のブックマークコメント

高校の友だちから教えてもらう。


鎌田「お酒メタルと肉料理 佐々木商店」

http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13174376/


メニューがふるってる。

「アンガスヤングカルビ」 ←妙にマッチする名前

「メタリカレー」 ←適当なことこのうえない

「辛そうで辛くない少し辛いメガデス丼」←笑った


こういうのもあるよと、

「高円寺メタルめし」

http://kouenjimetalmeshi.wix.com/metalmeshi


こちらもいい勝負

「ポーク・ディス・ウェイ」

「マスター・オブ・ナゲッツ」

「サバ素・ブラッディ・サバ酢」

こちらは曲タイトルからつけているところが秀逸。

上の店ときちんと棲み分けされている。


ここの店長が「メタルめし」の本を出しているみたいで。

メタルめし! (飢えたメタラーたちに捧ぐ、究極のガッツリヘヴィメタルレシピ)」

http://www.amazon.co.jp/dp/4907583117


探すと出てきたのがメタル焼肉

生田極楽焼肉 グルーピードールズ

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140506/14031856/


ちょっと苦しいが、やはり甲乙つけがたい。

アリスクッパ

「BON JIRI」

モツ煮ー クルー」


一方でパンクはというと、なかなかない。

パンク居酒屋ではなく、パンク居酒屋はあった。

代官山「立道屋」

http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130303/13019198/


ピストルズがどうこう、ブルーハーツがどうこうというメニューはないが、

ミック・ジャガーも来たことがあるらしい。

ここ、普通に行ってみたい。


こうやって並べてみると

メタルの方が様式美ゆえの遊び心があるし、

話のタネに行ってみたくなるのはやはりメタルの方。

佐々木商店」は肉好きにはたまらないだろうね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20160701

2016-06-30

[] ストーリーの型  ストーリーの型を含むブックマーク  ストーリーの型のブックマークコメント

編集学校[破]応用コース物語編集術について、ちょっと書いたこと。

(いつも書いてることですが…)


前後は省略。


---

僕なんかだと映画であれ小説であれ、

何よりもワールドモデルが面白そうかどうかでまずは選んでますね。

時代設定や背景と言い換えてもいいかもしれません。

それがどれだけリアルで斬新か。


次にその中を生きるキャラクターに感情移入できるか。

キャラクターの魅力や言動に共感したくて

映画を見たり、小説を読むわけです。

皆さんもそうじゃないですか?


そしてそのキャラクターの立ち振る舞いがシーンの中で

印象的に描かれると嬉しい。


一方でストーリーは案外ベタな方がよかったりするんですね。

奇抜なものは実は求めていない。

時にはアヴァンギャルド作品の鑑賞もいいですが、

例えば帰りの疲れた通勤電車の中で読むものとしては

起承転結の転や結がないとか、平板すぎて何も起こらないとか、

英雄が弱すぎて何もしないとかイライラして困っちゃうわけです。


ワクワクさせて次が読みたくなる作品ほど、

ストーリーは普遍的です。

例えば『ONE PIECE』なんてそうでしょう?


ルフィたちは海賊王になって

ONE PIECE」を手に入れるために旅を続けている。

(←ワールドモデル


困っている町や国の人たちがいて、やたらめったら強くて悪いやつがいて、

仲間と一緒になってやっつける。そしてまたルフィたちは強く賢くなる。

(←ストーリー)


ひたすらこの繰り返しです。

なのに夢中になって読んでしまう。


次が読みたくなるというのは、

展開がどうなるかだいたいわかっていて

やっぱそうなったか! というのが心の奥底にどこかあるんですよね。

誰しもストーリーというものを自分の知っている型/構造の中で捉えていて

その通りになると安心する。

だけどワールドモデルキャラクターの組み合わせで

それはいくらでも新鮮なシーンとなりえる。


そういった普遍的なストーリーは

自分ひとりで考えるものではなくて

古今東西物語の大きな川の流れに乗っかる中で見えてくるもの。

ああ、『スター・ウォーズ】と○○の物語は似てるな、

というような共通点が「型」として見えてくる。

それを捕まえるようにしてください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20160630

2016-06-29

[] 死体というもの  死体というものを含むブックマーク  死体というもののブックマークコメント

碑文谷公園の池から切断された死体が見つかった事件

天王洲アイルの運河から死体の入ったスーツケースが見つかった事件

想定外の場所から手の込んだ死体が見つかる事件が最近増えているように思う。

気のせいだろうか。

殺人行為もレベルが上がってるのだろうか?

という話をしていたら、こんなことを言われた。


「それって逆。

 昔はもっと巧妙でプロが隠した死体が見つかることはなかったけど

 今はアマチュアネットで見たあれこれを元に自分でやろうとして、

 むしろ質が下がっている。

 何かが抜けている。不自然なことをしてしまう。

 だから見つかりやすい」


ふーむ、そうだったのか。


「全国にどれだけの死体が見つからないまま転がってることか。

 数えたらとんでもないことになるよ。

 山奥のさ、道をちょっと外れたとこなんて白骨死体がゴロゴロ。

 都会も案外見つからない。

 匂いが取れるまで業務用の巨大な冷蔵庫に隠しておく。

 あるいは殺した直後、腐乱の始まる前にすぐバラしてしまう。

 初めてだと一週間か二週間はかかるけど。

 処分の仕方は、かなり細かくして味噌に混ぜて一緒にゴミに出すとか。

 それもきちんと曜日ごとに決まったものを出しているゴミ置き場じゃなくて、

 ルーズなとこがいいな。もちろん遠くのね」


死体がそれだけの数になるということは、殺した人もまたそれぐらいになる。

彼らは罪の意識に苛まれたり、そうじゃなかったりしながら

僕らと隣り合わせの日々を過ごしている。

それだけの理由があって殺したのだろうけど、そうでもない人もいる。

理由があるだけありがたいと思うと友人は言う。


「生きるってことにも、案外たいした理由がないものだしね。

 昨日まで生きていたから今日も生きている。

 その積み重ね以上のものはあるか?」


そう言って笑う。

昼休みを終えて店の外に出る。

大勢の人たちがオフィスビルの中へと吸い込まれて行く。

たくさんの死体たち。

自分もまたそのひとつ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20160629

2016-06-28

[] 新しい季節  新しい季節を含むブックマーク  新しい季節のブックマークコメント

水の向こうに町が見える

子供たちの歌声が聞こえる

地面の間を流れる白い光が

音のない季節を告げる


鉄道天使たちを乗せて

乾いた川を渡る

深い霧の中を夜になり朝になり

座席の上に手紙が忘れられている


熱のない雨が降り続く

この部屋を覆う植物たち

そのつくる影が揺れ動く

窓の向こうに星の欠片が見えた

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20160628

2016-06-27

[] 06/23-06/26  06/23-06/26を含むブックマーク  06/23-06/26のブックマークコメント

06/23(木)


今日から5時半起き。

一週間ぶりの出社。ぐるっと大江戸線で一周して飯田橋へ。

70分かかった。さすがに疲れた。引っ越し疲れもあって半分以上寝ていた。

帰りも一周する。本は読めるが、やっぱ時間がかかるな。

突然叫び出した若者がいて、電車がしばらく止まった。


仕事では溜まっていたメールを読んで、引っ越し通勤定期の申請

昼、小雨が降っていたので同じビルの「ALOHA TABLE」にてロコモコ丼。

夜、蕎麦を茹でて大根おろしをかけて食べる。

片付けを少々。明日のイベントの準備。

午前0時前に眠る。


---

06/24(金)


今日は都庁前で乗り換えてみる。着くと目の前に留まっていてガラガラ。

なんだこれでいいじゃん、と今度からこのルートで行くことにする。

午後仕事の合間に定期を作りに行くが、

東京メトロの窓口だったので受け付けてくれず、あ、そういうことかと。

イベントの前に神保町駅の窓口で通勤定期を購入する。


昼、雑居ビルの3階のイタリアン

ランチにビッグチキンステーキなるものがあって。

なかなかおいしく食べ応えあったけど、出てくるま時間がかかる。惜しい。


定時前にこっそり出てイベントの準備。

もしかしたらお借りするプロジェクターが Surface Pro3 とつながらないかもと

ケーブルを事前にヨドバシサイトでオーダーして

総武線に乗って秋葉原の店舗に取りに行く。

引き返し、小雨の中水道橋から神保町まで歩く。

イベントが恙なく終わり、手応えあり。

主催の塚田さんも喜んでくれた。

来てくれた会社の後輩たちと神保町の「川国志」で打ち上げ

疲れて途中から寝てしまった。

終電ひとつ前で帰ってきた。


---

06/25(土)


7時半起き。荻窪のいつもの床屋へ。東中野で乗り換える。

1人待って9時半ごろから切り始める。終わって10時半。

新宿に移動。昼を食べようかと思うが、スタ丼屋がなくなっている。

特に食べたいものはなく、なんとはなしに歌舞伎町界隈を歩く。

コマ劇場跡に大きな TOHO CINEMAS ができている。

アジアからの観光客アダルトショップの看板を撮影する。

そういえば「かむくら」の唐揚げを食べてみたかったなと入ってみる。

チャーシューメンにネギ、味玉を追加。


DiskUnion でCDDVDを覆うためのセロパックを補充する。

スリムケース、1.5枚、EPなどたくさんのサイズで。

上の階で The Blac Crowes のボックスセットを見つけて買う。

初期4枚がリマスタリングされ、ボーナストラックが2曲ずつ入っている。

しかもボーナスEPとしてライブミニアルバム付き。

これは買いだ。5,000円ちょいだった。

帰ってきて光が丘のタワレコで昨年出た Mogwai の3枚組ベストアルバムを買う。

いつ行っても客がほとんどいなくて、

ちょこちょこ買ってあげないといつか閉店してしまうんじゃないかと不安。


駅に行く途中のクリーニング屋を利用してみる。

先週の礼服を持っていく。

その後ずっと午後は花伝所の錬成。

たまっていたのを一気に片付ける。

夜、少しだけCD部屋の整理。

ベーコンニンニク長ネギブロッコリーペペロンチーノ

ビールを飲みながら新聞を読む。

イギリスがEU離脱か。なんて危険なことを。

思いとどまれないものだろうか。

この労働階級の勢いが他のユーロ圏に伝わらないことを願う。

つかれきって、午前0時過ぎに眠る。

妻は今、ブッダ商量。


---

06/26(日)


8時半起き。コーヒーメーカーコーヒーを沸かして飲む。

作業部屋の机の周りの片付け。

引っ越し前後の諸経費をEXCELに整理する。

新居、旧居の契約書周りや設置したエアコンや照明の取説など。

洗濯物を干す。

11時前に蕎麦を茹でて食べる。

11時、インターホンの呼び出し側の設置位置変更の工事

ケーブルがむき出しになるがしょうがないか。

覆うとしたらさらに2〜3万かかるとのこと。


引っ越しの時に出てきたハードディスク処分しようと

中身をPCに移して消去する。たいしたものは入っていない。

廃棄業者に出すといいのだろうかと探してみるが、

無料回収のところはPCだけが対象だったり

有料回収だとバカ高かったり。

ハードディスクそのものの物理的な廃棄を本格的に行うからだろう。

調べるとそんな大きななものではないため、

ハードディスクそのものは燃えないゴミに出せるとのこと。


昼過ぎさくらんぼを水で洗って食べる。

駅前に出て買い物。

この週末、難易度の高い課題に取り組んでいる妻は

精をつけたいと肉が食べたいという。

サイコロステーキ用に安くなった肉と豚ばら肉のねぎ塩漬けを買う。

無印良品でクリアファイルを。

妻から以前もらったけど使い道がなかった

音楽プレイヤーは区役所分室の小型家電リサイクルのところにもっていく。


缶チューハイを飲みつつ「笑点」を見た後、「世界遺産」から「サザエさん」へ。

「世界遺産」はギニアにある世界一高いところにある滝。

先日買ったシュレッダーで試しにいくつか書類を裁断

引越し以来それっきりになっていたDVDプレイヤーミニコンポを配線。

洗濯物を畳む。肉を焼いてバドワイザーを飲む。


ハードディスクから出てきた10年前に

Adobe PremierePro1.5 でつくった映画再生できるか試してみたら

ライセンスが切れていると。立ち上げても使えない。

Adobe PremierePro1.5ではなく、2.0提供されていたので

ダウンロードしてインストールしてみるのだが、

今度はそちらが動かない。反応が返ってこない。

四苦八苦しているうちに遅くなる。

明日、始発の新幹線に乗る妻を起こそうと23時半に布団に入る。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20160627