岡村日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2018-04-25

[] 普通の人々  普通の人々を含むブックマーク  普通の人々のブックマークコメント

「普通の人」ってなんだろうな、ということをふと思う。

平均的な人ということだろうか。なんか違う。

当たり障りのない人ということだろうか。

この間にあるちょう真ん中の人、なのかもしれない。


それはもちろん相対的なものであって

僕もある集団では相当な変人と思われ、

ある集団ではいたってまともな人と思われる。


ロバート・レッドフォード監督

アカデミー賞作品賞監督賞を獲得した

普通の人々』という映画がある。

アメリカの平凡な一家に起こったとある出来事がきっかけとなって

進んでいくストーリーなんだけど、

時間ドラマとして描かれるという時点で普通じゃない。


静岡県はマーケティングの分野では

日本を代表する平均的な県ということになっている。

このとき静岡県は普通なのか、どこか変なのか。


普通とは自分基準に考えるものではない。

自分はどこまで行っても自分でしかない。

周りとの関係性の中で、何が普通なのかを都度決めていくものである。


このとき、普通とは性質よりも行為のように思われる。

何をして何をしないか。

その取捨選択に「普通」が現れるのではないか。

もっと言うとそれは背景となる状況によって決まる。

(何を地としたときに何を図とするかで決まる)


普通の人でありたかったらそういう状況に身を置けばいいし、

普通の人が嫌だったらそういう状況に身を置けばいい。

自分一人ではどうにもならない。


この世界にたった一人きりとなったとき、

あなたはもはや普通の人ではない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20180425

2018-04-24

[] 移動サーカス  移動サーカスを含むブックマーク  移動サーカスのブックマークコメント

日曜の夕方、妻と散歩がてら公園の広場へ。

新酒祭りテントが並んでいる。

この前の冬とその前の冬と。

この時期もやってたなんて知らなかった。


日本酒屋台を中心としてその周りに客席。

テントの配置はいつも決まっていて、周辺には器や古い家具も。

八丈島に関係があるようでくさやも焼いて売っている。


澤乃井など東京都の酒蔵の新酒が並ぶ。

紙コップで一杯500円から700円。

いつも同じ広島焼きたこ焼き、もつ煮の店が出ていて、

どの店もうまい。結局3つとも買ってしまう。


隅の方に空いている客席を見つけて座った。

もつ煮を買って戻ってきたら、隣の席に二組の家族が移ってきていた。

そのうちの一人、同い年か少し下ぐらいの父親

結構酔っぱらっていて大声で話し、腕には刺青があった。


テキヤ関連の仕事なのか、

周りの屋台の人たちが通るたびに親しげに話しかけていた。

息子が鉄砲をやりたいというので、じゃあ見本を見せてやると立ち上がって出ていく。

僕がじゃまかもと隣の椅子をテーブルの下にひっこめると

「ありがとうございます」と礼儀正しくお礼を言った。ちゃんとしている。


もしかしたら僕よりも年収あるのかもなあ。

ハワイ旅行を家族で行くけど、オーシャンビューじゃないから思ったよりも安かった、

みたいなことをもう一組の家族と話していた。

少なくとも僕よりは楽しく生きていて、僕よりは地域社会に貢献しているように思えた。


新酒祭りは2週間開催されていて、この日が最終日だった。

平日の午後通りがかった妻が見たところでは老夫婦が一組いるだけだったという。

そういう寂れ具合も、風景としてはいいものだ。


おそらく今週はまた別の地域で同じように、

器と家具くさやで新酒祭りをやっているのだろう。

一年中そんな風にして移動し続けて暮らしている人もいる。

こちらは半年に一度見かけるだけだから、

そういう人生もいいか、なんて無責任なことも思ってしまう。


紙コップ一杯の日本酒でいろんなことを考える。

飲み終えてまた家路に着く。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20180424

2018-04-23

[] 04/16-04/22  04/16-04/22を含むブックマーク  04/16-04/22のブックマークコメント

04/16(月)


昨晩飲んで帰ってきたこともあり弁当なし。

昼、丸亀製麺かけうどんのつもりが、すき焼き風の牛肉をのせた釜玉

金曜の寮の飲み会の店を予約する。

「かこいや」にしようとしたら個室はあるけど金曜はコースのみと。

「博雅」に電話したらとれた。

テストてんやわんやのまま。

進んではいるがはかばかしくはない。


終わって出たのが20時半過ぎ。

阿蘇から来ている妻の友人との飲み会で浜松町へ。

ハマサイトの「わらやき屋」が思っていたよりも格上の雰囲気だった。

かつおのたたきなどどれを食べてもおいしい。

帰ってきて0時半。


---

04/17(火)


昼、丸亀製麺かけうどんのみ。

何もかもがうまくいかない。

疲れきって19時過ぎにオフィスを出る。

雨が降っていることもあって妻に車で迎えに来てもらう。

身体を休めるために野菜をたっぷり入れた雑炊

22時半には布団に入る。


---

04/18(水)


朝4時に目が覚めて、眠れず。

大きな課題がふたつ。どう片付ければよいか。

早起きした妻が弁当を作ってくれる。

豚肉みそ漬け焼き。甘くておいしい。

課題のうちの一つを向かいのチームに拾ってもらう。

気が楽になった。自分一人で抱えていてはいけない。

夕会も有意義議論になったかな。


おんな酒場放浪記に間に合って帰ってくる。

月曜に阿蘇土産でもらったソーセージ高菜ードをのせて食べる。

あと、そら豆、アボカド、豆ごはん

23時半に眠る。


健康指導の一環で先週末から体重毎日計り始める。

思っていたよりも体重があってショック。

今日計ったら4kg減っていた。なんかの間違いだったのだろう。


---

04/19(木)


給料日前日。

結局今日丸亀製麺かけうどん親子丼のセット。

もうひとつの大きな課題時間をとってえいやと作業して先方に投げ返す。

テストはこのままだと来週末までに全然終わらない、という話を。

明日は午前休ということもあって残業を多めに。

終わって21時過ぎ。

帰ってきて妻の作るカレー

アメトークを半分見る。


---

04/20(金)


月一の経過観察で6時半起き。

8時に到着、採血エコー・診断とパパっと終わった。

今月から担当が新しい先生となる。

検査結果は問題なし。


10時前には終わって飯田橋へ。

昼を先に食べようと思うがどこも開いてなくて松屋

給料日ということもあって、豪華に。

プレミアム牛めしカレールー、トン汁変更、ポテトサラダ

計1,080円。こんなに使う人はいないか。


10時半にオフィス

早く着いて余裕ありのはずがさっそくつかまる。

夕方、テスト夕会に関係者皆を集めて

このままだと来週末で終わりそうになく、

どれを最優先にしてどれを落とすかを決める。

小さいミーティングスペースが溢れるぐらい集まって、

どうにかこうにか打ち合わせが終わってぐったり。

残業して、19時半。


寮の飲み会が八重洲の「博雅」

飯田橋から歩いて行く。

二軒目を探すが、この時期の八重洲は飲み会ばかり。

終電近くまで飲んで酔っぱらって帰ってくる。

午前1時過ぎに眠る。


---

04/21(土)


8時起き。妻の病院に付き添い。

以前の PJ の後輩とばったり会う。

石神井公園まで送ってもらい、バスで荻窪へ。

11時半を過ぎていたので床屋の先にビンギリへ。

11:45頃に着いて結構な行列

最初の一組に入れず、席に着けたのは 12:30か。

勝浦担々麺チャーシューと味玉を追加。

このチャーシューと味玉がそんじゃそこらのラーメン屋には太刀打ちできないぐらいうまい。

外で並んでいるとあまりにも暑く、Tシャツ1枚になった。今年最初の。


床屋でもしばらく待つ。眠くてずっとうたた寝

終わって新宿へ。

DiskUnion で Traffic の紙ジャケをまとめ買いするつもりでいたら

残っていたのは3枚のうち1枚。

代わりに、ずっと探していた Todd Rundgren『トッドのモダンポップ黄金狂時代』の

リマスター国内盤が。4・5年は探していたと思う。

他、Cheap Trick の武道館など。なんかふと聞きたくなった。

タワレコ取り置きCD を買って帰る。


やまやに入る。

ハイネケンを買ったらグラスをくれた。

サントリーハイボールの6缶パックが安かったので買う。


クリーニング屋に会社のコートやダウンジャケットを持っていく。すっきりする。

戻ってきて18時。『小さな村の物語 イタリア』の再放送を見ながら缶ビール

ブラタモリは今日銀閣寺。新しいアシスタント東京藝大の音楽科卒。

今後大物になりそうな気がする。存在感がある。頭もよさそう。

その後ずっと CD解説を読みながら酒を。

寝る前にブラスト公論

午前1時に眠る。


---

04/22(日)


9時起き。走るには暑すぎる。ついつい怠けてしまった。

昨日タワレコの下の OSHMANS で五本指ソックスを買ったというのに。

真夏の暑さ。湿気がなくて少し風があるのがいい。みみたをケージから出して

みみたを動物病院に連れて行く。問題なし。

帰ってきてみみたをケージから出して車で近くのスーパーに買い物。

昼は蕎麦を茹でてかき揚げを乗せて食べる。

何か一品我慢しようと玉子は入れないようにする。

『Lazy Sunday』を聴きながらまったりして過ごす。


夕方、公園広場の新酒祭りへ。

いつもの広島焼きたこ焼き、もつ煮。缶ビール

澤乃井のフルーティーなのを飲む。

まだそんなに日が暮れていなかったので散歩の続きを。

田柄の入り口に新しくできたパン屋に入ってみる。

練馬春日町と豊島園の間にあるパン屋姉妹店のようだ。

コロッケパンクロワッサンなど買って夜食べる。


世界遺産を見たのちに風呂に入る。

その後特にテレビは見ない。

23時過ぎに寝落ちして布団に入る。


そういえば昨日クリーニング屋に会社のコートやダウンジャケットを抱えて持っていったら

来週からポイント30倍でお得ですよと。

しかし大変な思いをして持ってきたものを持って帰る気にもならず…、

そのまま出すことにした。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20180423

2018-04-22

[] 夏のような日曜、みみたを動物病院に連れて行く  夏のような日曜、みみたを動物病院に連れて行くを含むブックマーク  夏のような日曜、みみたを動物病院に連れて行くのブックマークコメント

昨日から真夏。Tシャツ1枚で外を歩く。

今日もものすごく暑い。名古屋は30℃を超えるのだとか。


9時に起きてみみたを動物病院に連れて行く。

こんな暑い中、ケージに入れるのはかわいそうだけど、

今ちょっと我慢して健康だとわかれば当面狭い思いをしなくていい。

車に乗って行く。


駐車場も待合室も空いていてすぐ見てもらえる。

先週の血液検査の結果を聞く。

機能ALP と中性脂肪が若干高めでそれ以外は気になるところはないという。

よかった。


それにしても中性脂肪が高いというのは飼い主に似たのか。太り気味。

毎朝足をガブガブかじって体質が伝染ってくるのか。


問題なしということでワクチンを打ってもらう。

5種かと思いきや、今回は4種だという。

猫白血病は入っていて、クラミジアが入っていない。

待合室の貼り紙を見ていたら猫エイズもあるんですね。

猫エイズが猫20匹に対して1匹、猫白血病は猫10匹に対して1匹という確率のだという。

どちらも感染症。

ということは捨て猫だったとか外との行き来が自由となると確率が高まる

みみたはどうなのか。

元々は野良猫だったけど、何年もしてから発症することはあるのか。


ワクチンを打っている間もみみたはおとなしく。

終わってケージにのそのそと戻っていく。

待合室に珍しく猫のケージが。僕よりも一回り若い青年と少し話す。

外に出るのが不安でおとなしくなっていると言って、ケージの中の猫をなでる。


連れて帰ってきてご褒美のカリカリを。

ここ2・3日はワクチンでぐったりしているかもしれないから、

様子を見るようにと。

そのみみたは風通しのいいリビングソファーで昼寝をしている。

僕も今からその横で『Lazy Sunday』を聴きながらうたた寝をしようと思う。

ぬけちくぬけちく 2018/04/24 09:47 なんともなくて良かったね

okmrtyhkokmrtyhk 2018/04/25 23:33 おかげさまで、よかったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20180422

2018-04-21

[] 爪というもの  爪というものを含むブックマーク  爪というもののブックマークコメント

ある晩、妻が言う。

昔の人って爪、どうやって切っていたんだろう? 原始人とか。

…確かに。

今なら爪切りの類でいろんなのがあるが、それがない頃はどうしていたのか?


昔、子どもの頃に「世界ビックリ人間大集合」のような番組

世界一爪の長いインドの人、みたいなコーナーが必ずあったけど。

左手の爪を伸ばし放題にして、

それぞれがシュルシュルとカメレオンのように丸まっている。

今思うと生活しにくいだろうなあ。片手が使えないわけで。


猫と暮らしてみて、朝昼晩と事あるごとに

バリバリバリと爪を研いでいるのを見ると、

昔の人は同じように大木の幹に向かい合ってやってたのではないか。

それでいくと、猿はどうなのか。

爪の長い猿は見たことがない。どうしているのか。


逆に言うと、人類の爪は鋏などで切ることを覚えてから、

もっと伸びるようになったのではないか。

ある種のアフォーダンスのようなもの。


土を掘ったりしていると自然に磨り減っていった、ということになるのかな。


それでいくと昔の人は親知らずをどうやって抜いていたのか。

自然に抜け落ちるのを待っていたのか。まさか、そんな。

でも、食生活が変わって人類の歯は虫歯になりやすく。抜けにくくなったのかもしれない。

歯の痛みをどうすることもできずに死んで行った人も大勢いるのだろうと思う。

というか歯に限らず、昔は治せない病気や怪我であっさりと死を迎えた人が多いのだ。

菌というものの威力は絶大だった。

現代の、無菌室に近づけるのを目標とするような社会はある意味異常なのだ。


小さな娘が病気で亡くなったあと、

形見の市松人形をある日見てみると髪が伸びていたという話がある。

あれも人形に爪をつけていたならば、伸びたのか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20180421