岡村日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-05-22

{身辺雑記] 05/15-05/21 {身辺雑記] 05/15-05/21を含むブックマーク {身辺雑記] 05/15-05/21のブックマークコメント

05/15(月)


同窓会の後の打ち上げから帰ってきて、昨晩寝たのは午前2時。

有給を取ったので昼まで寝てるつもりが、

みみたがボールを口に加えて起こしに来て遊ぼ遊ぼという。

結局起きたのは7時半ぐらいか。寝床で猫と遊んで布団を出たのは9時過ぎだったか。

昨日の写真を取り込んで 30days のアルバムを作ったり、

ビデオを取り込んだりと昨日のフォローをいくつか。


12時を過ぎてバスに乗って石神井公園駅へ。

公園まで歩いていく。曇り。気温は寒くもなく暑くもなく。風が出ている。

平日なので子供たちの姿はなく、リタイアした釣り人たちがのんびりと釣り糸を垂れている。

公園の西側まで歩いていって、豊島屋の茶屋に入る。

孤独のグルメ』にも登場したことのある店。

ゴローさんはカレー丼おでんを食べていたみたいなので僕らもそうする。

あと、煮込みとソーセージで瓶ビール

他は常連さんがちらほらといるだけ。小鳥のさえずりを聞きながらビール

カレー丼グリーンピースが乗っていて、鶏肉蕎麦屋カレー。おいしかった。


そのままバスに乗って吉祥寺に行くことも考えたけど、

なんだか疲れていて成増行きに乗っていく。

15時か。帰ってきて布団を出して昼寝。

16時過ぎにインターホンの呼び出しで起こされる。

近くのセブンイレブンが改装オープンしますとあれこれ特典のついたチラシを。

その後もダラダラ過ごす。

ガルシア・マルケス『幸福な無名時代』を昨日から読み始めてその続きを。


夜、『YOUは何しに日本へ』は世界各地の思い出の地で2人だけで結婚式を挙げるカップル

写真を撮って、アクロバティックなポーズでキスをする。

後半はマジックを学んだ恩師に会いに行くというもの。

21時から酒場放浪記、22時からしゃべくり。

23:55まで待って一人ナイツ


---

05/16(火)


あれこれ八方塞感を感じつつ、仕事をどうにか少しずつ進める。

今週のメインタスク設計書のレビューなんだけど、それをやってる場合ではないようにも思う。

昼、弁当。妻が作ってくれた鶏の味噌麹焼きなど。

結局忙しく、朝7時半から20時まで仕事。昼休みもご飯を食べただけ。

帰ってきて、納豆ご飯とサラダ味噌汁

ドキュメンタリーカーペンターズのことをやっていて後半から見た。

カーペンターズは時々無性に聞きたくなる。

日曜の同窓会の後、写真などのやり取りが続いている。

23時半過ぎに布団に入る。


---

05/17(水)


朝、しゃがみこんだらズボンのお尻が敗れた。

冬のボーナスで新しいのを買うつもりだったが…、もう少しもってくれれば。


家でヨーグルトを食べ、会社に着いてからバナナを食べた。

レビューの続き。

昼、弁当。豚ロース焼肉のたれで焼いたものをご飯に乗せてきた。


夕方の打ち合わせは例によってうまくいかず。

現行システムのことも新システムのことも詳しくない僕が

オーナーなのに一番話わからず、そこにいるだけ。

最初の方がんばって話していたが、顧客キーマンの一人が機嫌悪そうに口を挟む。

後半、半ばギブアップ気味でメモを取るのみ。

惨めな気持ちになった。


終わって疲れきって19時にオフィスを出る。

帰ってきて妻が風呂を沸かしてくれている。湯上りに缶ビールを飲む。

妻はじゃがいもグラタンミネストローネをつくってくれていた。

笑点特大号、おんな酒場放浪記。

23時から東京とんかつ会議というのを見てみる。

山本益博とんかつマイスター的な3人がとんかつ屋の殿堂入りを決める。

過去のを検索したら小川町のポンチ軒や神楽坂のあげつきが入っていた。

この日は高田馬場の成蔵。

23時半に眠る。


眞子様婚約号外が出る。


---

05/18(木)


昼、前のPJの後輩たちと食事

近くにできた中華に入る。

九段下の人気店「芊品香」の支店

オープン記念価格でよだれ鶏の定食が500円。学生ばかりだった。

でもこれ、おいしい。明日は九段下の本店に行ってみよう、となる。

こちらの店にはないが、本店には麻辣刀削麺があるという。


午後、顧客キーマンに状況報告。和やかな雰囲気になってよかった。

夜は PJ歓送迎会だったけど、妻誕生日のため帰ってくる。

駅に着いてショートケーキを買う。

ケーキを買った帰り道は心も軽くなる。


妻から LINE でみみたの写真が。床で身悶えている。

病気か!? と思うが、初マタタビで興奮してたとのこと。

夜は妻が沖縄の友人から送ってもらったゴーヤゴーヤチャンプルー

みずみずしく張りのあるゴーヤだった。

妻がフレッツに買いに行った刺身もうまかった。

七賢で買ったスパークリングの酒を飲んだ。


夜、日本を上空から眺めるやつは瀬戸内海。岩国まで。

SONGS竹原ピストルを見て23時半に眠る。


---

05/19(金)


給料日。お、結構入ってるなと思いきや定期代だった。危ない危ない。

午前中、あれこれ調整ごと。

昼、昨日の店の九段下の本店へ。僕らの入った後から行列

麻辣刀削麺も気になるが、同じく一押しの麻婆豆腐にしてみた。

熱した土鍋が運ばれてきて、絹ごし豆腐が丸ごと入っているのを

店員スプーンでかき混ぜてぐしゃっと。

こんなつくり方があったのか。

さらっとしていて、しっかりスパイシーな辛さ。

汗というより鼻水が止まらなくなった。合格。来週また来よう。


午後2ぐらいでだいたい仕事が終わって、雑用をこなして過ごす。

定時で会社を出る。

この日もまた夏のように暑い。夜になると少し涼しくなっていた。


帰ってきて妻の運転クリーニング屋へ。

冬物を引き取る。

戻ってきて妻の作る冷しゃぶサラダゴーヤ豚肉の炒めもので缶ビール

ダウンタウンはしご酒は早見優と松本伊代。

疲れていて、やはりワカ子酒は寝落ち

孤独のグルメ渋谷皿うどんチャンポン

サイタマノラッパーを見て、寝た。

ウダウダと午前2時。


---

05/20(土)


9時起き。この日は先日の妻の誕生日を受けて、

新婚時代を過ごした二子玉川で過ごすことになっている。

掃除洗濯バルコニーに干していると真夏のように暑かった。

「ぶらり途中下車の旅」を見る。都営新宿線。

神保町は最近できたという高級な牛丼の店。知らなかった。

番組の最後の方、江戸時代寿司再現するという店。

炊いた米を赤酢と粗塩で。

保存の仕組みが発達していなかったのでマグロは湯引き、コハダも酢でしめる。


大江戸線に乗って青山一丁目へ。半蔵門線に乗り換えて用賀で下りる。

歩いて瀬田の交差点まで。住んでた頃に何度か食べた「春慶」に入る。

冷やしジャージャー麺、五目焼きそば春巻きで瓶ビール

ここよりうまい中華料理の店はいくらでもある。

でも、市井の、路地裏の名もなき店としてここはなかなか悪くないと思う。

近くの小学生たちが実習で書いた店のチラシを壁に貼っているのがほっこりする。


線路脇の道路を歩いて階段を下りていく。

高島屋のガーデンアイランドに入る。

ペットショップでみみたにお土産を、とボールを買う。

キャットタワーも手ごろなのがあって注文する。


歩いて蔦屋家電脇の 109 CINEMAS へ。

メッセージ』も『マンチェスター・バイ・ザ・シー』も満席で

『ワイルド・スピード ICE BREAK』にする。

40分ほど時間が空いて、ライズの中に入る。

妻が気に入ったのを見つけてサンダルを誕生日プレゼントにする。

その後 BIRKENSTOCK に入ったら

数年ぶりにオリーヴ色のサンダルを見つけて自分用に。


映画を見終えて、高島屋寿司屋『珠姫』に入る。

金沢の店。一度来たことがあった

白海老の唐揚げに白海老の握り。青森の白魚に平目。

これは塩がついているので、レモン汁を塗っているのでそのままでと

それぞれに合った食べ方で頂く。どれもおいしかった。

大将が骨の唐揚げに沢庵にちょこちょこサービスしてくれた。

酒は加賀鳶を。


すっかり空が暗くなっている。

もう一軒、ということでライズ裏の「ハックベリー」に入る。

サングリアを飲んでその後、白ワイン

稚鮎のフリットとトリッパのトマト煮込み。

今日常連で賑わっていた。


気がついたら22時過ぎ。帰りの電車でウトウト。

『笑う洋楽展』を見て、その後『Covers

斉藤和義が「東京砂漠」などをカバー松本隆ゲストに。

寝たのは午前2時。


---

05/21(日)


今日は10時までのんびり寝ている。

妻の切ったスイカを食べる。

先週の同窓会総会で撮影したビデオを1時間分見る。

あと10時間ぐらいあるだろうか。先は長い。


昼、車に乗ってリンガーハットへ。

野菜たっぷり皿うどん餃子。炒飯を妻とシェアする。

そのまま帰らず、ドライヴ。多摩湖まで。

帰ってきてライフで買い物。

笑点、世界遺産はエアーズロック、サザエさん


妻が日が暮れるまで庭仕事していたので夜は僕がつくる。

冷ややっこ。冷凍シーフードミックスとブロッコリーの塩炒めなどなど。

食べ終えて弁当も作った。この塩炒めとソーセージと玉子の炒めもの。

サンデースポーツを見て、「Song To Soul」は 5th Dimension だった。

あれこれやることはあったけど、ダラダラ過ごしてしまったな…

午前0時過ぎに寝る。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20170522

2017-05-21

[] 多摩湖へ  多摩湖へを含むブックマーク  多摩湖へのブックマークコメント

日曜の昼、外に食べに行こうかとなる。

車でリンガーハットに行って皿うどん餃子のセットにする。

食べ終えて、もう少し走ろうということになって駐車場で地図を見ていると

西武園の多摩湖はどうだろうとなる。

20kmぐらいで40分ぐらい。

和光市、朝霞市、新座市、清瀬市、東村山市、東大和市と西へ西へ。


どこかで駐車場に停めようかとなるが、見つからない。

駐車場の掲示があって、西のも東のもどれも閉鎖となっている。

どういうことだろう?

まあいいかと進んでいくと確かに駐車場がない。

木々の間に道路が続く。

年配の方たちが杖を突きながらウォーキング。

学生たちがレンタサイクルに乗っている。

なのにどこに停めているのかがわからない。

しかもナビを見る限り湖の周りを走っているはずなのに湖が見えない。

そのまま湖の東側を半周してしまう。不思議ドライヴが続く。

湖を横切る橋を渡ってようやく、それらしい景色となった。


西側に入って、反対側に住宅が見えてくる。

それが結構新しい。この辺りは永遠の新興住宅地なのか。

しかしここから都心に通うには大変だろう。

リタイアした人たちが住むのか。大きな家が並ぶ。

コンビニスーパーや皆無。どころか店らしき場所もシャッターが下りている。

車に乗って買い物に出かけるのか。


湖の周りに戻ってようやく駐車場を見つける。

車はいっぱいだったけど、ほとんどが多摩、所沢ナンバー。

近くの人ばかりが来るのだろう。

湖に下りていって堤防を渡る。

30℃近い暑い日に遮るものは何もなく、陽射しが強い。

しかしまだ5月で湿度はなく、そこまで暑くはない。

改めて湖を眺める。こんなに大きかったのか。

遠く向こうに西武ドームが見えた。


小平の学生時代、寮の仲間たちと飲んでたのかなんなのか、

夜中に自転車西武園まで行ったことがある。

酔狂以外の何物でもない。1時間か2時間ぐらいかかっただろうか。

何人かで騒ぎながら行ったので案外近かった。


渡り切ったところに茶屋があって、かき氷を食べた。

ラジオ西武ソフトバンクの中継が流れていた。

堤防の下が芝生の公園となっていて、帰りはそちらを歩いて行く。

近くに住んでいる親子が何組か、自転車で来て小さなテントを広げてのんびり過ごしていた。


日が暮れ始めて、帰り道はあっというま。

行きに InterFM の「Lazy Sunday」を聞いて、

そこで流れてた Eric Clapton が心地よくて

帰りは『安息の地を求めて』を。

乾いてペラペラレゲエリズムが心地よかった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20170521

2017-05-20

[] 「ワイルド・スピード ICE BREAK」  「ワイルド・スピード ICE BREAK」を含むブックマーク  「ワイルド・スピード ICE BREAK」のブックマークコメント

妻が誕生日ということで今日は新婚を過ごした地、二子玉川へ。

用賀で下りて瀬田まで歩いて、「春慶」で五目焼きそば、揚げたての春巻きで瓶ビール

今年最初の冷やし中華は冷やしジャージャー麵。

夜は金沢寿司「珠姫」。白海老の握り、白海老の唐揚げ

青森の平目や白魚もあった。加賀鳶を飲んだ。

大将が骨を揚げたものや沢庵をサービスしてくれた。

最後はライズ裏の「ハックベリー」でトリッパの煮込みとサングリア

何度も通った懐かしの店で食べた。


昼を食べた後、109 CINEMAS へ。

観たかった『メッセージ』も『マンチェスター・バイ・ザ・シー』も満席。

ワイルド・スピード ICE BREAK』にする。遂に8作目。

前作もここで見たけど、ブライアン役のポール・ウォーカー撮影中に亡くなって遺作となる。

え? 新作をつくっちゃっていいの? となんだか割り切れない気持ちが。

3作目から7作目までを手掛けたジャネット・リン監督も前作で一区切り。

大丈夫かな…

しかし、期待しないで見たらかなり面白かった。


ニューヨークで何十台とカーチェイスやってそれ全部爆破させて空から車が降ってきたり、

最後は原子力潜水艦カーチェイスしたり、ムチャクチャ。

というか全編無茶しかない。

ここまで豪快に金の力でねじ伏せられるともはやアッパレとしか言いようがない。

劇場の大画面で見るべき。ある意味今年 No.1 映画だと思う。

しかし、はぐれ者たちが改造車スピードテクニックを競う「だけ」の

低予算映画だった一作目が好きだった僕からすると、思えば遠くに来たもんだ。

これが「資本が入る」ということか。


シャーリーズ・セロンヘレン・ミレン女優陣も豪華になった。

前作の敵:デッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサムがよかったですね。

昨日の敵は今日の友ということでファミリー入り。

少年ジャンプ的な展開だけど、それがいい。


今作が3部作の第1作で、次の2作でシリーズは終わりとのこと。

結局また見ちゃうんだろうなー。何のかんの言いつつ好きなんですよね。

しかし、空も海もやりつくしてあとはどこを走るんだろ?

宇宙ぐらいしか残ってないんじゃないか。

ワイルド・スピード SPACE MISSION』

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20170520

2017-05-19

[][] ガストの思い出  ガストの思い出を含むブックマーク  ガストの思い出のブックマークコメント

先日、今はなき名店の一環として

小平の玉川上水い沿いのガスト一号店について触れたんだけど、

もう少し書いておきたいと思う。


1993年の4月に上京して大学の寮へ。

4人部屋、2段ベッドで共同生活

夜はバイトしてるか、麻雀を打ってるか、コンパと称して寮のブロックの先輩や同期と飲んでるか。

その合間合間にご飯を食べる。安いので寮の食堂が開いてるときはできる限り利用した。

土日や春休み夏休みの期間は自然外食になる。

(本当にお金のないときはレトルトカレーだったけど)

小平キャンパス周辺の、龍園、もとき、大勝軒、藤乃木など。夜は一松の白菜鍋。

駅前の立ち食いそば、戸隠も徹夜の麻雀明けによく行った。


もう1つ忘れられないのがガスト

ハンバーグライス、スープで380円。目玉焼きも乗っていた。

ドリンクバーファミレスでは初めての試みだったか。

上京したばかりの僕は、東京ファミレスには必ずあるもんだと思っていた)

そのドリンクバーが200円だったか。

当時はそれだけで朝までいることができた。

相談事、恋愛話、4人部屋の寮では話せないことをそこで語る。時には夜更けまで。

僕らにとってはファミレス以上の特別な場所になっていった。

先輩は店員のひとりがかわいいと「アタック」して「玉砕」してたなあ。


ここが実験的に始めた一号店だった。一応成功だったのだろう。

調べると翌年1994年すかいらーくグループはガストを全国展開している。

国立キャンパスの近くにも新しくできた。

一年かけて東京に慣れた頃にはあちこちにガストがあったという状態で、

だから僕は上京した頃からそれが普通なのだと錯覚していた。


大学3年の頃には既に行かなくなっていたと思う。

ハンバーグも480円かそれ以上に値上げして、お得感がなくなった。

ドリンクバーも他のファミレス一般的になった。

90年代の半ばはファミレス全盛期だった。

成長産業として世の中総ファミレスファーストフード化していった。


しかしなぜ小平のあの場所だったのか?

理由のひとつとしてすかいらーくの1号店が国立にあったみたいなんですね。

というか谷保の向こう側。微妙に行動範囲になかったので行ったことないですけど。

それも今はガストに変わってしまっているようだ。


そのガスト1号店もなくなっている。

数年前に小平界隈を歩いたとき、ああ、もうなくなってるんだと。

大学の先輩や同期たちとたまに会って飲んでいるとあの頃の話になって、

ガストによく行ったなあと。

僕らの思い出の中に、はっきりと一号店は残っている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20170519

2017-05-18

[] 今はなき名店たち その6(その他のエリア)  今はなき名店たち その6(その他のエリア)を含むブックマーク  今はなき名店たち その6(その他のエリア)のブックマークコメント

その他のエリア。

「花菱」は今回「今はなき名店たち」としてまとめるきっかけになった店ですね。

久しぶりに検索してみたら閉店となっていて…

「真助」も仙台で、今回は本当は東京周辺だけにするつもりだったのですが、

どうにも忘れられない店だったので。


「花菱」(月島/もんじゃ)

 映画サークルの友人でその後番組製作会社に入ったヤツの最初の仕事

 月島のもんじゃで、全店食べ歩いた中でここがダントツだと。確かにそうだった。

 月島の仲の悪いふたつのもんじゃ組合・振興会に属さず、独自の道を行く。

 その辺のちゃらちゃらした店とは違って、味がちゃんとしてましたよ。

 僕らの同人誌も置いてもらったなあ。ここ数年行かない間に、調べたら閉店してた。無念。


「吉華」(上野毛/中華

 かつて住んでいた瀬田の家の近くにあった古きよき、格式ある中華料理屋。

 麻婆豆腐が大地を感じさせるコクのある味だった。

 きさくなおばあちゃんがフロアに立っていて、

 引退したおやじさんが朝、箒で外を掃いていた。

 自由が丘と八重洲の支店はまだあるようだ。


「アイバンラーメン PLUS」(経堂/ラーメン

 芦花公園の本店は行ったことなく、支店のみ。

 アメリカ人のつくるラーメンということで話題になっていたけど

 僕が行ったときは普通に日本人店員だったな。まあそういうもんか。

 今は店を畳んで、ニューヨークに店を出したとのこと。

 がんばってほしいと思う。


「真助」(仙台/牛タン) 

 詳しい方に教えてもらい、 ジャンジャン横丁の「べこ政宗」へ。暗くて狭い昭和のままの通り。

 行列ができていてここかと思ったら別の店で、「真助」だった。

 1時間ぐらい並んだかな。出て来た牛タン焼きは肉厚で、そもそもツヤが違った。

 口に運ぶともっちりとジューシーで絶品。柔らかいのに噛みごたえがあって、なのに筋張ってない。

 喉越しがよかった。ここ以上の牛タンには出会ったことがない。


「富田食堂」(青森/定食

 最後、こちらも青森から。高校卒業まで住んだ青森市油川のごく普通の食堂。

 ラーメンカレーカツ丼というような。親戚が来るとここから出前を頼んだ。

 僕が中学高校の時に閉店して、以後ずっとそのまま。建物も取り壊されず。

 全国にこういう食堂があちこちにあるのだと思う。

 取り立てて名店というのではない。だけど忘れてはいない。皆、心の中に富田食堂を抱えている。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/okmrtyhk/20170518