Hatena::ブログ(Diary)

ふぇるまーた

2018-04-11

[][][] Happy Birthday♪

少し前から、こことはてなブログのどちらに書くかとても迷っていましたが、方針を決めました。

今後の日記はふぇるまーた2の方へ移行して行きます。

実はすでに週末にふぇるまーた2の方に過去ログのエクスポートの作業をしました。

まだ機械的に移しただけで、編集しないとあちこちおかしいところもたくさんありますが。

だんだんに修正作業をしていって。

完了したら、はてなブログに一本化する予定です。

はてなダイアリーにとても愛着がありました。

わたしの文章はブログというよりは絶対に日記なので、動かしたくなかったのですが…

だんだんにダイアリーでできる機能が減ってきて、ブログの方が充実してきたので。

多分時代の流れということなのでしょう。

というわけで、中身はもちろんまったく変わりませんが、今後はふぇるまーた2の方にブックマークしていただけたらと思います。

そして昨晩遅く、あちらの方に「この日記」をアップしました。

よかったら、あちらに飛んでいただけたらと思います。

しばらくは、新しい日記を書くたびに、移行期間として、あちらへ誘導させていただきます。

すでに読んでくださった方々は、ブックマークをあちらだけにしていただいて大丈夫です。

細々とではありますが、今後ともふぇるまーたを続けていくつもりなので。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

2018-02-28

[][] ド厚かましいにもほどがある(わたしが!笑)

気がつけば11月から生徒が5人増えて、とても忙しくなりました。

いつもならいっぺんに新しい生徒を受け入れるのは、多くて2人までと決めているので。

ちょっと普通だと考えられない事態です。

というのも、兄弟姉妹でいっぺんにスタートした子たちが二組と、すでにいる生徒の妹を受け入れたからなのですが。

ここしばらくのわたしにしては、ありえないくらい忙しい毎日の到来。

今まではわりとゆるかったし、そもそも休みはなくて平気なタイプなので、土日も振替とかバンバン入れていたのが。

平日が完全に埋まってしまったので、少なくとも日曜くらいは何も入れない日にしようと思い始めました(笑)


わたしの教室では、全員が同じ本でスタートではないし。

初心者の頃はたくさんの本を試しながら、すごくたくさんの数の宿題を出していきます。

幹となる教本の方針が決まるとそれに沿ってやればいいから楽なのですが。

そこに行きつくまではとにかく総当たり戦のように、さまざまやってみます。


本を全部買ってもらうわけにはいかないから、買ってもらうのは最小限にして。

おねえちゃんのおさがりの本とか。

誰かが寄付してくれた教本とか。

うちにキープしてある「教室用」と書いてある本をぐるぐると回して使うのですが・・・


さすがに姉妹、兄弟がふた組もほぼ同時に始めたケースは初めてで。

同じ本を姉妹で共有していて、どっちが持ってっただのともめごとが勃発したり。

仕方ないので、誰かが使わなくなったものを頼んで貸してもらったり。

次の子にも回させてもらったり。



少し頭を使わなくてはならないことが多々あって、夜になるとぐったり。

ごはんの支度や片付けに追われているうちに、気がつけば11時くらいになって。

ここからがんばればいいのですが、そうなるともう何もできずで。

毎晩、何もしないでボーーーーーっとしてしまいます。

日々、充実はしてるのですけれども。


もちろん音楽は相変わらずものすご〜い勢いで聴いてます。

ジャンル問わずで、クラシックから生徒たちが弾きたがっている勉強用のKPOPやJPOPまで。


夏には聴けなくなっていた、つよしさんのソロものやKinKi Kidsのものも・・・

今はあまり深く考えすぎずに、存分に味わってます。

やっぱりわたしにとっては音楽は要なので。


とはいえやっぱりレッスン中心にせざるを得ないわけですが。

実を言うと、あちこちから必要とされてる感はビンビンしてて。

目を輝かせてやる気満々の子たちに対峙していると、とてもしあわせな気持ちになります。


もちろんうまくいくことばかりじゃないけど。

むしろもうムーリーと思うことも多いのですが(笑)

どの子も、もう後戻りできないくらい懐に入れてしまったし。

元々いるコたちも相変わらずおもしろへんてこエピソードに事欠かず。


日々、笑ったり汗をかいたりして、バタバタと走り回っているうちに、あっという間に日が落ちます。


ここのところは、たまたまオリンピックもあって。

今期は結構楽しく見ているドラマもたくさんあって。

何も考えなくてもそこそこ楽しく過ごせていたので、思いきってボーーーっに身を任せていたのですが(笑)

そろそろまた、ちょいちょいでも日記を書きたくなったので、のんびり復活させることにしました。

また更新が止まるかもですが、とりあえず復活の狼煙を上げます。


さて。

ご存じの方もいらっしゃることと思いますが、一番忙しかった最中にもう一つサイトを作りました。

まだ作っただけ。


記事も一つ書いただけです。

はてなダイアリーがどうも使いづらくなってきて。

それと共にはてなブログが「こっちへおいでよ〜」と結構しつこくお誘いしてきて(笑)


もしやはてなダイアリーからはてなブログへの移行を促してる?という感じ。

すぐにはなくならないかもだけど、いつかはダイアリーから完全撤退とかもあり?なんて予感もあって。

以前それで移行が間に合わなくて、3年分くらいの日記を消してしまったことがあったので。

少し早めにお試しサイトを作ってみました。


もしかして、使いやすければあっちに完全移行するかもしれないし。

場合によってはやっぱりこっちに戻るかもしれません。


一応ふぇるまーた2として機能させようと思ってますので。

Twitterをやっていて、あちらをフォローしてくださっている方にはお知らせがいくはずですが

やってらっしゃらない方もいらっしゃることと思われますので。


ご覧になりたい方がいらしたら、あっちもブックマークしていただけたらと思います。

こちらからどうぞ。

あちらはTwitterからの引用がとても楽なので、KinKi Kidsやつよしさん、コウイチさんカテゴリーはあっちで書く・・・かも?



さて。

月曜日は1年生の、りーちゃんの出張レッスンに行ってきました。

彼女がお引越しして、出張レッスンを始めて、はやいもので半年が経ちました。

この出張レッスンがとても新鮮で、最近楽しくてならないわたしです。



りーちゃんがいつも家の前で待ち構えてくれるのは相変わらず。

いつもうら若きりーちゃんママが鉄瓶で淹れてくださるお茶がとてもおいしくて至福だし。

(あまりにおいしく感じるので、鉄瓶を買いたくなってます!笑)


昔は出張もよくやっていましたが、ここ最近はうちのピアノ部屋でのレッスンばかりだったので

そもそも電車に乗って教えに行くという状況が、まるで外に働きに出ているみたいでうれしいです(笑)


イマイチわたしのピアノのレッスンは趣味の延長のようなところがあって。

家族は暇に明かしてやってると思っているし、わたし自身でさえも遊んでいるようにしか思えないところがあるから(笑)

未だにお金をいただいているのがちょっと後ろめたくて、恥ずかしいです。


たまにはちゃんと汗をかいて働いている大人の大変さもわからなければ!と思うわけです(笑)


そもそも外へ出て働いている方々に比べたら、絶対にストレスも少ないだろうし。

申し訳ないの意味も込めつつ。


でも一方で、思っていることがもう一つあって。


かつて日記にも書いた、夏木マリさんの「Player」という曲。

また以前とちょっと違うバージョンで貼っちゃうとこれです!

D

「I'm looking for Beautiful〜♪」

このプレイヤーという意味は夏木マリさん的には「わたしは女優よ!」とか「わたしは歌手よ!」とかそういう意味じゃなくて。

このインタビューに飛んでいただくとわかるのですが。

すご〜く素敵だと思うところを引用させていただくと…

”プレイヤー”って呼ばれるのが一番好き。

プレイする気持ち=遊び心をなくしたら何もできないから、私はどの仕事でも本気で遊ぶように取り組みます。

そして、唄うときも演じるときもクリエイションも“私にしかできないもの”に仕上げるのがテーマ。

だから常に全力だし、その瞬間の自分は二度と出てこない“消えもの”。

消えちゃうものに全身全霊で賭けるってところに、表現者としての歓びがあるの


そんな気持ちを斉藤和義さんに歌にしてもらったのがこの曲だとインタビューで語ってらっしゃいました。

I'm looking for Beautiful

雨のやまない世界の中で

私だけの宝物 転んで手に入れたもの

I'm looking for Beautiful マイスピードで

傷口なんて 舐めれば直る それより行きましょ

です。

わたしもいい意味で「遊ぶように」生徒たちとレッスンしたいです。


りーちゃんとのレッスンは3年目で、気がつけばもうすっかりとおねえさんになっていて。

レッスンは吹き抜けのロフトで、ご家族の声も聞こえるところで

なぜかふたりとも自然と小声になって・・・ひそひそくすくす会話をしながら楽しくレッスンをしています。


彼女はただいま「移調」に夢中で、片っ端からやっている曲を移調して喜んでみたり。

バスティン教本のへんてこなリズムや和音が大好き。

そしてバイエルも意外と合っていて、後半あたりを爆走中。


合間に自分でもとっくにやり終わって、完璧に弾けるくせに

「バスティンのおぼろ月夜、せんせー弾いて。」

「せんせーがひくところをじーんって聴くから…」とおねだりをして。


5回も弾かされて、そのたび目をつぶって聴き入るりーちゃん(笑)


「あ〜好き好き♡」「和音がきれいなんだよね〜」とふたりでうっとり。

そうそう。これ、先日つよしさんがラジオで好きと言っていたadd9(アドナインスコード)が出て来るのです。

D


バイエルもこういう和音使えばもっとよかったんじゃ?と言うので。

時代が違うんだよ〜と言っても6歳児には途方もない話かなぁと思ったり。

そもそもまだ6年しか生きてないコと、友達のように一緒に「じーん」を共有している50代(笑)


入ったばかりの子たちとも、こんな風に緊張が解けて楽にレッスンができるようになる日が早く来るといいんだけど…なんて思いかけて。

いやいやいやと気づいたりして。


りーちゃんとのレッスンも、最初はそれはそれは大変だったのでした。

わたしが一緒に弾こうとすると「せんせーはひーかーなーいーでーっ!!」と超大声で怒鳴ったり(笑)

直前にママと喧嘩して、泣いたままでやってきて、抱っこで受け取ったりしたのも彼女でした(笑)

かたくなに自己流の指使いにこだわって、できないと地団駄を踏んだり。

帰りたくないとひっくり返っって抵抗して、やっぱりお母さまに抱っこで渡したりしたのも彼女だったのでありました(笑)


まあ常に、ギャーギャー言う声で耳がキンキンしたのも今は昔。

こんなにこしょこしょ小声でささやき合いながらレッスンできる日が来るなんて!!


今では好きな曲の傾向がほぼ一緒で。

これは先生が好きなはず。

これはりーちゃんが好きなはず。を出し合ってこんなにくすくすキャッキャしながらレッスンができるようになっていて。


わたしが通る前にドアを開けてくれたり、先に部屋に通してくれたり、とても気がつく女の子になっちゃって。

まるで夢のようだなぁ。


さて。やっとタイトルの話です。

そのりーちゃんが、ドアを開けた瞬間に「せんせーかわいい♡」と言いました。

たまたま着ていたワンピースが、1年生的にはすご〜くかわいく見えたらしいです(笑)

いくつになっても褒められるのはうれしいので、ありがたく噛みしめて受け取らせていただいたのですが(笑)

帰る頃になって、急に神妙な顔になって、いつもよりさらに小声で相談があると言いました。

「あのね、りーちゃん、目が悪くなってメガネになるかもしれないの。」

「メガネだと、変な顔にかわいくなくなっちゃうかもしれなくて、心配なの」

超かわいらしい悩みなのでありました(笑)


ここは茶化すところじゃないなぁと思ったので。

とっさに、でも大真面目にわたしが言ったのがこれ。

「大丈夫!先生もメガネじゃないのよ。」

「だけどりーちゃん、さっき来たとき『せんせーかわいい』って言ったじゃない!?」

「メガネだってかわいい時はかわいいんだよ!!関係ないね!!」

(いやいやいや。それはわたしのワンピースのことで、顔じゃないんだけどね、笑)

(なんとド厚かましい…笑)

内心冷や汗たらたらでしたけど(笑)


ご本人は「あっそっか!!」って目を輝かせたので、今日のところはよしとしました(笑)

もっと気の利くことが言えたらよかったのですが、何も浮かばない時もあるのだ!!(笑)

というわけで、一年生。

本当に素直で楽だわぁと思った話なのでありました(笑)


かと言ってこのまんまずっと楽なわけでもなくて。

またまた反抗期がやってきたり、めんどくさいとクールに言い出す時期もあるんだろうなぁ。

これだけたくさんの子たちと付き合っていると、だいたい行く先も想像がつくようになっているからおもしろいです。

うちの子たちと今出逢っていたら、もうちょっといいママになれたかも?という反省もありつつの。


こうやって時間をかけて一人の子どもとじっくり付き合えるのがわたしのお仕事の素敵なところで。


これからもいろいろあるでしょうけれど。

入ったばかりの5人も、いつかあの頃は大変だったけど、今では・・・なんて言う日がきっと来るのだろうと思います。


先日ふと思いだしたのですが、そういえば、2年前くらいに、生徒が減って。

天河弁財天でお参りしたときに。

わたしは生まれ変わりをなんとなく信じているので。

「もしもまだ今世で出会いあぐねている子たちがいるのなら・・・今のうちにちゃんと出逢えますように!!」とお願いしたのでした。


もしかして、神さまがその願いをかなえてくださったのかも?というくらい。

ほんとにいっぺんにこれでもかといっぱい出逢っちゃったので(笑)

しばらくはバタバタしてますが。

「I'm a Player〜♪」という気持ちで、楽しみながらやっていこうと思います。

2018-01-21

[] 久々のハイキング

昨日、オットと一緒に鎌倉、江ノ島方面へハイキングに行ってきました。

最初、鶴岡八幡宮にお参りに行き。

ご飯を食べて、ちょっとだけ小町通りをぷらぷらして、江ノ電に乗って江ノ島へ。

江島神社に参拝。


奉安殿にも初めて入り、八臂弁財天さまと、妙音弁財天さまを見てきました。

とても美しかったです。

 

天河弁財天社。

上野の弁財天さま。

わたしはやっぱりお水の神さまで、芸術の神さまでもある弁財天さまにとても心惹かれるところがあって。

なんだかとても満足しました。


ここの神社の社紋が三角を三つ組み合わせたような形をしていて。

どういうことなんだろうと思っていたのが…

これは大蛇になって海に消えた弁財天が残していった、三枚の鱗を模していて。

北条時政がこれを家紋にしたのだということを知りました。

そこから、江ノ島を約半周、遊覧船のべんてん丸乗り場の辺りまで往復したのですが

なかなかにアップダウンが多い、歩き甲斐のある道で。

オットと共に意外とへとへとになりました(笑)


歩いている間、かなり低空飛行していたとんびがあまりに大きくてびっくりしたのと。


f:id:rainfall:20180120151041j:image

これこれ。

河津桜が少しですが開いていてびっくり。

ピンクの花びら、美しく身に纏って〜♪でした。



f:id:rainfall:20180120150902j:image

そして海。

f:id:rainfall:20180120150846j:image

刻々と変化していく海の様子をあちこちから眺められるしあわせ。

f:id:rainfall:20180120153320j:image

久々に海を見ました。

とてもとても美しくて。

生命の源という感じ。

なんだか心が洗われたような気がしました。


鎌倉や江ノ島は、歩いていると、いっぱいKinKi Kidsやつよしさんの写真に出会います。

ブンブブーンのロケ地にもなったし、正直しんどいでも長瀬くんと一緒に来たのですよね。


写真に気がつくと黙っていられないので、小声でそのたびオットをつっついては

「見て!KinKi Kids!」

とか

「見て!つよし!」とか言い(笑)


そのたびに…


「はいはい!」

「それで?」

「いやいや、それだけ。」


という会話が…(笑)


多分このやり取りを5回くらいしました(笑)(笑)(笑)

特に丸焼きたこせんべいのお店がものすご〜く行列になっていて。

タコ好きとしては食べてみたかったのですが、あきらめました。


我が家からだと往復の電車が片道2時間くらい。

とんでもなく長いのですが。

ありがたいことに持って行っていた本が大当たりで。

あまりにもおもしろくて恐ろしく集中してしまい。

もうちょっとで電車を乗り過ごすところでした。

こういう時、家族と一緒だと、とても便利です。


そして、往復で読了。

この本はとてもとてもおもしろかったので…

その話は次のエントリーにします。

2018-01-19

[] 2017 12月16日&17日 KinKi Kids CONCERT 20.2.21〜Everything happens for a reason〜 東京ドーム その8

やっと最後まで来ました。

新曲発売までになんとか間に合ってよかったです。


ずいぶん世間の流れからは遅れてしまいましたが(笑)

コンサートを反芻する作業はとても楽しかったです。


実際には2公演しか入っていないけれども。


終わってからこれだけ長くあの2回を反芻して楽しめたら

十分だなぁという気もしていて。


やっとわたしにとっても今回のコンサートは終わり…という気持ちになりました。


遅っ!!


今回これを書くにあたり、とても後悔したことがあって。

それはタイトルが長すぎたということで。


Twitterでも、ふぇるまーたのサイドバーでも

どれが「そのいくつ」なんだか、わかりにくいことこの上なく。

「いいね」をいただいたのがその1なんだかその2なんだか。

RTいただいた記事がどれなんだか。

自分でもわからなくなってしまいました。


バカーーーっ!!


こればかりは、完全に失敗だったな!と思ってます(笑)


読みづらい思いをさせてしまったみなさま、ごめんなさい(笑)


そして昨夜遅く、コウイチさんの新作舞台情報も出て。

一気ににぎやかになりつつあるKinKi界隈です。


あらたな始まりの予感。


「Topaz Love」の発売を心待ちにしつつも。

コウイチさんファン、つよしさんファン。

それぞれがそれぞれに、新しい予感に華やいでいるのもまた、いいものだなぁと思います。


わたしも、まずは新曲期間を存分に楽しみつつ。

そろそろ未来へも思いを馳せたいです。

今年はどんな年になるかなぁ。


ということで、最後まで読んでくださった方。

たくさん反響をくださったみなさま方。

支えてくださって、本当にありがとうございました。

続きを読む

2018-01-18

[] 2017 12月16日&17日 KinKi Kids CONCERT 20.2.21〜Everything happens for a reason〜 東京ドーム その7

やっと7まで来ました。

あきれるほど長い文章になってしまったのに

たくさんの方に読んでいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

そうこうしているうちに新曲がもう来週ではありませんか!!

というわけで、そろそろ本気でなんとかしなければ。

さて。

ここからしばらく、このエントリーでは特に。

正直楽曲について、あまり書けることがありません。

極端にメモの量が少ないところです。


というのも、ステージの上のふたりがすごく苦戦しているのが伺われて。

見ているわたしのメンタルが、メモを取る状態じゃなかったからで。


ものすご〜く正直に言うと、この辺りが「今回のコンサートの一番の難所」と感じました。


KinKi Kidsにとっては定番曲が多いこの辺りで。

お二人も、テレビでコンサートで、数えきれないくらい歌ってきた曲たちですが


この辺は本当に大変そうだったなぁと。

思い出しながらもまた、胃がキリキリ。


正直見ている方も相当に苦しかったですけれども。


直前に「水を得た魚」のような生き生きとステージを泳ぐつよしさんを見ちゃったし。

耳が完全じゃない中で、相当に作り込んできたあの曲。

あの音そのものを具現化したようなダンス。

客席の視線を全部集めて、一瞬たりとも放さない…

あれを見せられてしまったら…

あれを体感させられたら。

彼から「水」を取り上げるなんて、よもやできないではありませんか!!


そんなこんなで、今回このステージに立たないという選択もあった…とは微塵も思えず。

二人が二人とも、板の上でこそぴかぴかと輝く人たちだし。

今回は、これからも二人でやっていくという決意表明でもあるのだろうし。


ステージの人たちがあんなにがんばってるというのに

こちらが弱音を吐いてどうする!というような気持ちになって。


ひたすらにじっと目の前の方々をなるべく平常心で見つめつつ。

心の中でエールを送りつつ、見てましたよ。


というわけで、このエントリーはいつにも増して、ただの感想です。

どう感じたかはわたし自身の主観だし、音について、本当にそうだったのかは今となっては確かめようもないけれど。


書いておきたいと思ったことを、あえて隠さず書いてあります。


そんなこんな、あんまり信用おけないかもよ?

それでもまあ読んでみるか…という方は、どうぞそこをご理解したうえで、お入りいただけたら。

続きを読む

Connection: close