Hatena::ブログ(Diary)

rybičkaのプラハ・チェコ日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-01-18

ここで本を読んでみたいの!

[]やっぱりほしいタコ図書館!Chci to na Letný! ヤン・カプリツキーさん突然の死によせて

ついこないだ、ナーロドニー通りを歩いていたカプリツキーさんと偶然すれ違ったばかり。。。

散歩の途中のようなかんじで、おだやかに、でもしっかりとした足どりでKaroliny světlé通りへ曲がっていった後ろ姿が今も思い出されます。

f:id:rybicka:20090118095040j:image

1月14日水曜日20時55分、デイヴィツカーDejvická近くのこの場所、Československé armády20番地で倒れ、帰らぬ人となった建築家のヤン・カプリツキー(Jan Kaplický)さん。同じ日の14時に生まれた娘さんJohanka(ヨハンカ)ちゃんと対面し、7時間後のことでした。

f:id:rybicka:20080217193146j:image

お祝いのために集まることになっていたレストランへ向かう途中でした。倒れた後、犬の散歩の通りすがりの人に気持ちが悪いと訴えるも、“酔っ払ったおじいさん”が倒れていると通報される(→テレビに何度も出てたでしょうがっ!)→病院へ運ばれるまで放置されること15分。。。死因は家族の同意がないので明らかにされていませんが、救急車が来たときには既に呼吸が止まっていたとのこと。ミューラー邸で結婚式をあげた41歳年下の若い奥さんエリシュカ(Eliška)さんは同じ日に一番嬉しい瞬間と悲しい瞬間をその人生に刻むことになってしまいました。

翌日朝からラジオで速報され、15日の新聞でも1面に、16日の新聞では全4面にわたって関連記事が掲載されました。というのもこのブログでもしつこく書いてきましたが(2007年10月13日付記事または2008年2月18日記事参照)、カプリツキー氏は、手狭になったチェコ国立図書館(現在はカレル橋向かいのクレメンティヌム内にある)の移転先、フラチャンスカー(Hradčanská)近くのシュペイハルという場所に建設予定だった新図書館のコンペで優勝した建築家で、その斬新なデザインがチェコ国内中で議論を呼んでいたからです。

f:id:rybicka:20080218001927j:image

その形から、この新図書館のデザインはホボトニツェ(Chobotnice=たこ)の愛称で呼ばれるようになったのですが、プラハ城にも近いということで景観に合わないなどの理由で議論を巻き起こし、反対派の頂点に立っていたのがクラウス(Václav Klaus)大統領。「自分の体をもってしてもこの建設を阻止する」として、子分(?)のプラハ市長、パヴェル・ベーム(Pavel Bém)氏も仲間に引きずり込み、コンペで賛成してたはずのプラハ市は建設予定地を国立図書館へ売らない、というおかしな事態に。かくして正式な国際コンペで決定したデザインが実現されないまま、建設開始予定を過ぎて現在にいたっています。

去年の2月にはカプリツキーさんの友人らが中心になって、プラハのルツェルナで応援コンサートもありました。

f:id:rybicka:20080217190557j:image

カプリツキーさんを「一番の友達だった」と語る建築家兼歌手のパヴェル・ボベック(Pavel Bobek)さん。写真の左下に映っているのが若かりし頃のカプリツキーさん。

f:id:rybicka:20080217211956j:image

同じく友人のミュージシャン、チェコでは60年代から続いているベテラングループ、Olympicのヴォーカル、ペトル・ヤンダ(Petr Janda)さん。

f:id:rybicka:20080217192927j:image

そして長身でとてもかっこよかったカプリツキーさん!

カプリツキー氏は1937年プラハに生まれ、カプリツキーさんのお父さんは有名な画家&彫刻家&建築家。お父さんのヨゼフ・カプリツキーさんの作品は、プラハ10区にあるゴチャール(Gočár)作の教会内のステンドグラスに見ることができます。カプリツキー氏自身の作品はチェコ国内にひとつもない、というのは間違いで、若い頃手がけた民家がプラハ4区に今も残っています。

f:id:rybicka:20080828135932j:image

でも彼が納得して自信をもって故郷の街プラハに残したいと思った唯一の作品があのホボトニツェだったのだと思います。この反対騒ぎでかなり胸を痛めていたようでした。チェコ国内では2010年工事開始予定の、チェスキー・ブディェヨヴィツェČeské Budějoviceの文化センターRejnokがカプリツキー氏の代表作となることに。

ロンドンで(1968年亡命建築デザイン会社Future systemsを仲間と創立、一風変わった素材、何か生物を思わせるような丸みを帯びたデザイン、自然のエネルギーを取り入れたコンセプトなどで世界的に有名な建築家のひとりに名を連ねたカプリツキーさん。

f:id:rybicka:20090118095000j:image

プラハっ子にはすっかりおなじみの形となったホボトニツェをかたどった色紙に寄せ書きされた“Je to ostuda...”(It's a shame...)の文字。

f:id:rybicka:20090118095053j:image

まだ一縷の望みを私は持っています。。。

ホリーホリー 2009/01/21 20:36 興味深い記述です。建築の巨匠カプリツキーさんが突然逝かれたのは大変残念に思います。レトナーの新国立図書館建設を応援しています。来る2月5日にデモが予定されています。 http://www.demokraciestavi.cz/
 http://www.okonadprahou.cz/

JuliJuli 2009/01/22 05:33 とっても分かり易い文章でした!ありがとうございます!
彼に話を聞くと、すっごく長くなるので、この建築家さんのことは聞かないでいたのですが、そういう流れだったのですね。
有名人とすれ違ったなんて、スゴイです!感動ですね☆

rybickarybicka 2009/01/23 10:17 ホリーさん
書き込みありがとうございます。突然でしたが、カプリツキーさんは(娘さん誕生の)幸せのうちに旅立ったという周囲の言葉もありました。でもホボトニツェが実現しなかったらプラハの不幸ではないかとさえ思います。お教えくださったデモの情報のURLの中にもありましたように、反対派から聞こえてくる感情的強さに比べて何故反対なのかの説得力が非常に乏しいからです。プラハは今のままでも十分美しいけれども、建築博物館の街として、さらに発展できるこれ以上ない案件だと強く信じています。

Juliさん
大変おおざっぱではありますが、大体こんな感じの流れだったと記憶してるところを書きました。政治家や建築家の専門家も、一般のチェコ人もデザインが斬新なだけに意見は様々に分かれています。でもこの話は決して好みの問題などの曖昧な尺度ではかられるべきではなく(デパートの建物とかじゃあるまいし、民主主義国になって20年を経たちゃんとした国の、知の象徴ともいえる「国立」図書館としてだから)、長いスパンで見てプラスかどうかという観点で総合的に考えられるべきことだと思っています。

イタクラ ジミーイタクラ ジミー 2009/01/27 21:43 R.I.P.
http://www.youtube.com/watch?hl=en&v=HhFPSgtZnTc&gl=US
(政治屋はhttp://www.youtube.com/watch?v=ie8nS9q-wJI

イタクライタクラ 2009/02/05 16:48 http://prague.tv/events/info/national-library-demo-feb-2009
今日のデモのお知らせ

イタクライタクラ 2009/02/15 16:58 http://www.czechcentres.cz/tokyo/novinky.asp?ID=9767ぜひぜひ

rybickarybicka 2009/02/22 19:42 ジミーさん
長らく返信滞りましてすみません!
最初のリンク、ホント、ベームさんにはがっかりです。せっかくのハンサムなのに、言ってることが嘘くさいんですもん。いったい意見の翻しには何があったのか、気になるのみ。ちなみに5日のデモには体調が悪すぎて行けなかったんです。2番目のリンクにある映像で見ましたが、ライヴなどだいぶ規制があったみたいで、それも納得いかないです。前市長さんはじめ、錚々たる顔ぶれでしたね。カプリツキーさんとの最後のお別れ会は行きました。ハヴェル元大統領のヨハンカちゃんへの手紙が強く印象に残りました。文章の力を感じた瞬間でした。一般人の参列もすごくて、会場の教会内はまるで満員電車のようで、それでも入りきれないひとたちが後から後からお花を持って来ていました。
最後にリンクくださった東京のチェコセンター、いつも行けないのが残念なぐらい、面白そうなイベントをやっていますよね。

イタクライタクラ 2009/04/07 13:01 http://www.youtube.com/watch?v=_DBl5gAs6WI
プラハ又はチェコと間系はないけど。。。いい曲

PrahaNavi管理人PrahaNavi管理人 2009/10/01 23:53 はじめまして。
いつもブログを楽しく拝見させて頂いています。

私が運営するPrahaNavi(プラハナビ)というサイト内の「プラハ関連ブログ集」というページで、貴殿のブログを、勝手ながらご紹介させて頂きましたのでご連絡致しました。

アドレスはURL欄をご確認ください。

万一リンクが不都合な場合は、すぐに削除させて頂きますので、 お手数ですがprahanavi@gmail.com までご連絡ください。

ちなみに当サイトは、私自身がプラハで生活する中で不便を感じることが多々あり、同じようにチェコで生活する外国人が少しでも便利に生活できれば、と思い立ち上げました。

coco@uoicoco@uoi 2010/02/16 00:55 元気?
ブログの更新を待ってるよ!
遅ればせながら、あけましてオメデト!!

2009-01-17

パリの移動もバスが楽しい!

[][][]花の都で待ち合わせ♪ セルジュ・ゲンズブール展in Paris Vol.1

日本からプラハでなくともヨーロッパにやってきて、プラハに立ち寄ってくれたり、あるいは私が出向いたりして、懐かしい人たちと再会することが時々あります。1月初めにシャンソン仲間がパリに来るとあって、夏に帰国したときに会えなかったこともあるし、当地のラ・ヴィレットでゲンズブール展をやってるというのでプラハから行くことに。でも急だったので飛行機が取れない!

…というワケで、お初のプラハ→パリ、陸路の旅なるものを敢行!片道15時間(笑)で日本からパリの飛行機のほうが早いという話ですが、これはこれで味がありました。なんてったって安いし(往復で1万円ちょっと)、隣がいなければ靴を脱いで足をあげることができて、エコノミー症候群からは解放されます。プラハのフロレンツ・バスターミナルからビールの街プルゼニュに寄り、ドイツをひたすら走り、早朝ストラスブールへ。窓が大きくて美しいトラムを発見。前の方の席に座ったので、運転手さんたちの会話を聞きながら、チェコ語ドイツ語フランス語と街の表示が変わるのを眺めながら、プラハとパリは陸続きなのを実感。

f:id:rybicka:20090103115051j:image

途中2回ほどバスを降りて休憩を挟むのですが、フランス国内にはいってのドライヴ・インのカフェテリアは運転手さんたちのお気に入りらしく、往路も復路も同じところに立ち寄りました。クスクスのサラダやコーヒーも美味しい!ミニ・カヌレがあったので思わず注文。

毎年1月1日の13時から、大統領の新年の挨拶をTVで放映するのですが、今年のクラウス大統領の話は、なんだか歯切れが悪くイマイチでした。去年はチェコの歴史上重大な出来事がなぜか起こる年、末尾が8年の話でまとめてわりと明るい印象でしたが、今年は経済危機の影もあり、EU懐疑派の彼が夏までのEU議長国としての抱負を語るのは歯切れが悪くなって当然かも。2009年はチェコのNATO加盟から10年、ビロード革命から20年の年ですが、この“新年の挨拶”が載っていた新聞記事を私の前の席で寝っころがって読んでいた休憩中の運転手さん(長距離なので運転手さんが二人いる)、相棒に向かって「今年は革命から20年だってさ。フン、マフィアが肥え太っただけなんじゃないのかね」とひとこと。

そうこうしてるうちにパリの一番東、Gallieniバス・ターミナルへ到着。メトロとバスを乗り継いで友達が泊まってるホテルへ。途中見かけたTGVたち。

f:id:rybicka:20090103150822j:image

20年ぶりの海外旅行だという友達は不安なので自由行動付きのツアーで来仏、この日のディナーはツアーについてるとのことで、私はホテルのすぐそばの中華屋さんで海産物補給夕食。ほたてと海老をたっぷりいただきました。

f:id:rybicka:20090103192241j:image

さて、翌日無事友達と再会し、まず訪れたのがベルシー地区にあるココ。

f:id:rybicka:20090104094523j:image

映画博物館です。この遊び心たっぷりの建築フランク・O・ゲーリーさんの作品。そう、プラハのダンシング・ビルと同じ建築家です。建物目当てで行ったのですが、中も見ごたえたっぷり。映画発祥の地、フランスならではの映画の歴史をわくわくするようなカメラたち、衣装、豊富な資料で時系列に追えるようになっています。日曜の午前中はタダで入れる常設展のほか、今はデニス・ホッパー展もやってました。

そしてここから一路パリのかたつむりを北へ、バスで、今回の最大の目的地まで。

f:id:rybicka:20090104124622j:image

ラ・ヴィレットにある音楽博物館。ここでセルジュ・ゲンズブール生誕80年を記念して去年から引き続き(2009年3月1日まで)やっている展示会へ。

途中、日曜だったからかマルシェが出ていました。

f:id:rybicka:20090104122627j:image

f:id:rybicka:20090104122618j:image

プラハにない野菜も見かけました。

f:id:rybicka:20090104122811j:image

ハチミツのパッケージがかわゆい!

f:id:rybicka:20090104122709j:image

ブルーのエプロンがよく似合っていたお二人。

f:id:rybicka:20090104123530j:image

ここでちょこっと買い食いし(笑)、いざ展示会へ。

f:id:rybicka:20090104124546j:image

あまり大きくない、という前情報を聞いていた私達、はるばる海外から来て、すぐ見終わっちゃうものだったらどうしよう、などと言っていたのですが、いやいやどうして、素晴らしい内容でした。直筆の楽譜(意外にもキレイ)、たくさんの写真、映像、彼の黒い部屋にあるヘンテコなアートたち…

f:id:rybicka:20090106191720j:image

そして何よりもJ・バーキン&ゲンズブールおたくの友達のおかげで完璧なまでの解説付きで展示会を満喫しました。本当にありがとうっ!

f:id:rybicka:20090104150628j:image

休日とはいえ始まってから数ヶ月たつのにチケット売場は行列ができてたほど。フランス人の若い人たちも多く訪れていたのが印象的でした。

f:id:rybicka:20090104150548j:image

館内は階段フェチにも嬉しいステキなインテリア

f:id:rybicka:20090104150657j:image

展示会の内容ももちろんですが、ココの売店で動けなくなる私たち。Vol.2に続きます。

oeuf_duroeuf_dur 2009/01/18 11:30 完璧な解説つきの展示会!
ゲーンズブール博士だもんね。
楽しそう〜
私も参加したくなったよ〜!
続きも楽しみにしています。

ひつひつ 2009/01/18 22:04 椅子とか階段もなんだか可愛いですね。
市場も楽しそうでうらやましいです。
プラハでお勧めの場所はありますか?

coco@ouicoco@oui 2009/01/19 00:05 いいなぁ〜陸続きは・・・羨ましい。
たとえ15時間でも、そんなに安いなら我慢できるわ〜!
しかし、そこに行くことは聞いていたけれど会って解説付きで楽しめたのは良かったネ!!
会場も凄くオシャレで私も行きたいなo(^_^)o
陸続きでないのが残念(>_<)
毎回楽しく読んでるよ(^o^)/~

rybickarybicka 2009/01/19 06:36 oeuf_durさん
ホントにさすがHさん、ひとつひとつの展示物に対して仏語の説明を読むよりも早く、そばで日本語でそこに書いてないことまで詳しく解説してくれて…。会場ではゲンズブールのメロディが流れ、壁一杯に飾られたレコードジャケットが! 3月1日までやってるのでお休みが取れたら是非ともおすすめします。シャンソン仲間との楽しい日々を思い出して買ってきたレコードなぞ聞いております。

ひつさん
そうなんです、椅子も素敵でしょう? 市場はどこの国へ行ってものぞくのが楽しくて。。。寒〜い日でしたが活気がありました。プラハの素敵階段(笑)の一押しは何と言ってもキュビズム博物館内の階段です。市場はホレショヴィツェにあるPražská tržniceが比較的観光地から行きやすい市場で生鮮食品以外にも家具や細々したものが売られていて面白いかも。あまりよい品ではないのですが、掘り出し物もあります。そこで食べられるベトナム人のお店のフォーは安くて美味ですよ。

coco@oui さん
陸続きといってもかなりの時間でしたけどね。飛行機なら2時間なところを。。。でも日本の国内旅行みたいな金額でしょ? 会場のあるラ・ヴィレット地区は夜がとってもキレイなところでした。パリを訪れたら必ず寄りたくなるような博物館だったし。みんなでパリで会いたいねぇ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rybicka/20090117

2009-01-16

遅ればせながら…PF2009

[][]ゆく年くる年in Prague

みなさま、ご無沙汰しておりました。2009年も始まってはや半月ですが、いかがお過ごしでしょうか。

f:id:rybicka:20090101000555j:image

プラハ、めっちゃ寒いです。私がこの街に住み始めて経験した最高に寒かった気温が確かマイナス18度。

今年の冬は久々にマイナス10度を越える日を数えました。外に出たくなくなります。。。

でもま、1月1日の夜は恒例のレトナーから打ち上げる花火なのでシュテファニク橋で凍えそうになりながら鑑賞。

f:id:rybicka:20090101180704j:image

f:id:rybicka:20090101180532j:image

f:id:rybicka:20090101180404j:image

もうカメラを持つ手が寒すぎてブレまくり→途中で放棄(笑)。2009年にちなんで、全行程が999秒だったそうな。

じっとしてるのがツライほど寒くても、連続して開く大輪の夜の花にチェコの子供達は大歓声。ヴルタヴァ川の河畔でたっくさん人が見ているの、わかるでしょうか。

今年のクリスマスはずっと改築していた元アパートへの引越しやらでゆっくりできなかったのですが、年越しはよく行く音楽カフェ、バルビンカで過ごしました。ここでもやっぱり花火(し、室内なんですけど…)。

f:id:rybicka:20081231225310j:image

f:id:rybicka:20081231204838j:image

チェコ語ブルースを聴きながら、シルヴェストルの夜は更けていき…そしてお腹がすいた人は、カフェの奥の部屋に行くと、どっからもってきたのコレ?っていうような大鍋に用意されていたグヤーシュが振舞われるというしくみ。

f:id:rybicka:20081231210053j:image

f:id:rybicka:20081231210207j:image

パンをこんな風に入れて食べるのが労働者風。

f:id:rybicka:20081231201812j:image

f:id:rybicka:20081231203758j:image

f:id:rybicka:20081231201812j:image

f:id:rybicka:20081231203522j:image

入口にはいつも黒い帽子をかぶったイジーさんがいて、訪れた客がどこに座るべきかを案内しています。

彼はあのカプリツキー氏の例の図書館騒ぎを皮肉って、建設予定地だったシュペイハルに「クラウス大統領の本棚」というかなり笑える冗談本棚を置いて注目を集めた人。かつてこのカフェの名前を持つ政党を作ったこともある興味深いおじさまです。「あの本棚はどこに?」と尋ねてみたら大笑いされ、そばにいたお友達と思われる人がひとこと、「盗まれちゃったんだよ。」

うーむ。誰かがあれを使っているのか…気になるところ。

それはともかく、その建築家のヤン・カプリツキーさんの突然の訃報を聞いたのは昨日の早朝のこと。71歳だったカプリツキーさんですが、ちょうど娘さんが生まれた日の夜、亡くなってしまいました。Vítežné náměstíのそばで倒れ、通りすがりの人が救急車を呼んだとのことですが、もう手遅れだったそう。。。心から残念です。せめて彼のあのデザインの図書館がプラハに出来たらよかったのに(しつこいようですが…)。ご冥福をお祈りします。

f:id:rybicka:20090116203410j:image

遅ればせながら、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

U &#352;umavyU Šumavy 2009/01/17 09:34 新年あけましておめでとうございます。本年もプラハ&チェコ事情の方、宜しくお願いします。
本当にチェコは寒いようですね。5℃を切って「寒い、寒い!」と思っている私は、幸せ者なのですね!
「英国王給仕人に乾杯!」観てきましたが、試写会の時に観たものと内容が違う(試写会の時にはカットされていた部分があった!)でした。そんなことあるんだ!(自腹で見ない奴には、天罰が下る?)と思い知らされました。
やはり、年配の方が多く鑑賞されていたようでした。rybickaさんのコメント入りのパンフレットも買いました。
またチェコの最新映画情報もよろしく!
グヤーシュ美味しそう!!

rybickarybicka 2009/01/18 06:16 U Šumavy さん
あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。旦那ママが言うには、マイナス1度〜4度ぐらいがマイナス10度とかよりよろしくないのだとか。確かにそのほうがなぜだか寒く感じます。シャンテにも行ってくださったんですね(パンフレットもありがとうございます)! でも試写と違う内容…? そっか、何かチェックが間に合わない部分などがあったのでしょうか。でも同じじゃなくて良かったかも(?)。この映画、ヨーロッパの歴史を詳しく知らなくても、一人の人生としてみた時に年配の方なら共感する部分がたくさんあるのでしょうね。

swaochanswaochan 2009/01/19 19:05 はじめまして。私も去年からプラハに住んでいますが、勉強になる事が多いrybickaさんのブログをいつも楽しく拝見してます。
ブログで紹介されるニュース裏話やディープなチェコ文化を知るたびに、やっぱり私もちゃんとチェコ語勉強しようかなぁ…と思うのですが、初歩の初歩で既に挫折しかけてるのでまず無理(涙)。どうしてあんなに難しいんでしょう、変幻自在のチェコ文法。ということで今後もやっぱりrybickaさんのブログ楽しみにしてます♪

JuliJuli 2009/01/20 06:24 はじめまして。結構前から、楽しく拝見しておりました。
建築家の方の話、私も聞きました。
チェコ人の彼の建築は、チェコに一つもないって。せっかくチェコにも彼の建築が・・・って時に、でしたね。

rybickarybicka 2009/01/20 10:06 swaochanさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
チェコ語、本当に難しいですよね。中学生英語ぐらいの簡単な表現を使いこなすまでに覚えなければいけない文法事項がたくさんで、最初習い始めた頃はあまりの面倒くささによく気が遠くなっていました(笑)。覚悟を決めて、あせらず少しずつやっつけるしかないように思います。でも少しでも書いてることが読めたり、実際の生活の場面で使えたりすると、全く知らなかった頃より楽しいことが増えたりしませんか? とはいえ私も3つ覚えて2つ忘れる…というような状況ですが。。。「チェコ語」カテゴリーも作ったまま放置してますが(笑)、そのうち書きたいと思っています。どうぞまたお立ち寄りください。

Juliさん
はじめまして。書き込みありがとうございます。
カプリツキーさんのプラハの建築は若い頃のなんてことのない作品がひとつ残っているのと、共同で手がけた橋がどうやらあるらしいのですが、いわゆる代表作というのではなかったんでしょうね。長くイギリスに住んでいても、やっぱりチェコ人という思いが強かったのでしょうか。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rybicka/20090116

2008-12-17

旧市街広場のクリスマスツリー

[][][]イジー・メンツェル監督『英国王 給仕人に乾杯!』ついに日本上陸!Vol.3

今年も後わずかを残すまでとなりました。プラハクリスマスモード全開です。

f:id:rybicka:20081211212550j:image

旧市街広場には今月初めから恒例のチェコの山地クルコノシェから運ばれてきた22mのツリーが飾られ、連日観光客&チェコ人で賑わっています。

f:id:rybicka:20071203175415j:image

パリ通りも美しく変身。

f:id:rybicka:20081211214436j:image

そしていよいよ今週土曜日(12月20日〜)から、日比谷シャンテにてメンツェル監督のチェコ映画『英国王 給仕人に乾杯!』(「Obsluhoval jsem anglického krále」)が公開されます。もっか同劇場でメンツェル映画祭を開催中、オスカーを受賞した『厳重に監視された列車』に引き続き、お正月映画として登場予定。チェコ好きはもちろん、ヨーロッパ映画好きには必見!の映画です。

11月にはほぼ20年ぶりの来日も果たしたメンツェル監督(右端)。

f:id:rybicka:20081008125506j:image

チェスケー・ブディェヨヴィツェの劇場にて、シェイクスピア『から騒ぎ』のリハーサル風景。

監督の40歳年下の奥さん、オルガさんがつい先日の12月11日(木)に女の子を無事出産。Anna Karolínaちゃんと名づけられたのですが、今年夏からずっとオルガさんと別の監督との関係がBleskなどのゴシップ誌で取りざたされていて、赤ちゃんの父親は明らかでないという状態。映画とは直接関係ないので、この件はまた後日にまとめようかと思いますが、今チェコでメンツェル監督の話をしようものなら避けて通れない話題になってしまっています。メンツェル監督が持ち前の聡明さとユーモアとでこの試練を乗り切ってほしいと心から願います。

さて、映画に出てくる場所について以前にも書きましたが、今回のVol.3は、まず直接ロケ地じゃないけどここ。

f:id:rybicka:20081009165411j:image

旧市街にあるウ・ズラテーホ・ティグラ(U Zlatého tygra, Husova 17)こと、黄金の虎。ビールの美味しい有名なホスポダですが、この映画の原作者であるボフミル・フラバル(Bohumil Hrabal)が愛したお店でもあるからです。

f:id:rybicka:20081009173101j:image

入口はいって正面には彼の名前と頭部の像が。

f:id:rybicka:20081009165322j:image

滑らかな泡を持つ極上の黄金色の液体を求めて、観光客のみならず地元チェコ人たちも通います。

f:id:rybicka:20081009172232j:image

通り沿いの壁には、フラバルが描かれた絵。

f:id:rybicka:20081009171019j:image

たいていのホスポダで注文できますが、監督のインタヴューのために来日した佐藤友紀さんの一番のお気に入りチェコ飯は、ここのウトペネツ(Utopenec、溺れた人、土左衛門の意)でした。

f:id:rybicka:20081009171139j:image

スーパーでも瓶やタッパーにおさまり売られています。

f:id:rybicka:20081211224612j:image

こうしてみると、いかにもずんぐりむっくりの溺れたヒトのイメージ。仮にも食べ物なのにこのネーミング、日本の常識からしたらありえませんが。。。でも味は酢が効いてサッパリしてて日本人好みかも。どこにでもあって高くないのでチェコにいらしたら是非一度お試しあれ。

で、映画に出てくる食べ物の話(少しだけネタバレも含みます)。主人公のヤンに多大な影響を与える重要な役どころのお金持ちユダヤ商人、ヴァルデン氏がルームサーヴィスで頼むサラミについて。

f:id:rybicka:20081024165638j:image

ヘルスキー・サラーム、略してウヘラーク(uherák)と呼ばれるこのハンガリーのサラミ、ウチの旦那もそうだけどチェコ人のファン多し。高いんだけど、サラミのなかで一番♪なのだそう。あまり食べ慣れてない私からすると、違いがイマイチわからないのですが。。。

そのヴァルデンさん、ホスポダでメニューを見ながら、ココからココまでじゃんじゃん持ってきて!と成金的オーダーをするのですが、その時「これをのぞいて」と省かれたのがこれ。ウトペネツの隣のスープ。

f:id:rybicka:20081207134250j:image

ドゥルシュチコヴァー(dršt'ková)と呼ばれるモツ煮込みスープ。ニンニク味が強いけど、寒い日にはしっかり温まってチェコのパン、フレバとよく合います。もちろんビールとも抜群の相性。具は豚の胃袋が普通だけど、キノコを代用しても美味。庶民的なホスポダのスープ(Polevky)の欄に見つかることが多いこちら、写真は英語メニューを頑として置かないウ・ルドルフィナ【U Rudolfina, Křižovnická10, Praha1,トラム17or18番Staroměstská停留所前、11-23:00年中無休】でいただいたもの。

ってなんだか…お腹がすいてきちゃった。まだネタはつきないのですが、また次回。

今回お話をいただき、ここにはまだ登場してない映画にまつわる話のあれこれを劇場販売用パンフレットに書かせていただきました。映画のパンフレットって、ポスターはあるんだけどチェコでは見かけません。日本だけの習慣みたいですが、映画を見終わったあと、余韻に浸りながらパンフレットを読む時間が好きでした。この場を借りて大変お世話になった東宝ステラの山本さんに深くお礼申し上げます。

…というワケで美味しいものが次から次へと登場する『英国王 給仕人に乾杯!』、是非とも映画館へお出掛けください。心からオススメできる映画です。

ことりことり 2008/12/19 12:27 はじめまして、いつも楽しく拝見しております♪
プラハ、きれいですねー!!!
実は先週旅行でプラハへ行きました!はじめてだったんですが、
街の美しさに感動しました。また行きたいです!^^

sakisaki 2008/12/21 08:52 毎日職場と家の往復のみなんで、クリスマスっていう感覚は全く無く…。きれいな写真に癒されました。私はあまりビールが得意じゃないんですが、プラハではがぶがぶ飲んでいた思い出が。いつかビール好きの彼氏と一緒にプラハ行きたいです。目下勧誘中(笑)

oeuf_duroeuf_dur 2008/12/21 23:42 ををッ! しばらく見ないうちに、ブログが新装開店……キレイだねぇ。
そうそう、映画を観てから、新婚旅行(まだ行ってない)先を、パリではなくプラハでもいいかな、映画の舞台になったホテルに泊まりたいな、って思うようになりました。
まぁいつそんな休みを取れるかわかりませんケド……

oeuf_duroeuf_dur 2008/12/21 23:44 追伸です。長江はイジー・メンツェルを知っていましたよ。私は知らなかったのですが……

rybickarybicka 2009/01/04 03:07 ことりさん
はじめまして。返信が大変遅くなり申し訳ございません。
長くネットがつながらない状態にありまして、年が明けてしまいました。初めてのプラハ、ちょうどクリスマス時期の街が美しい時期でしたね。ホント、住んでいてもこの街の美しさは飽きません。夏に屋外でビール、もいいのでまた是非いらしてください。

sakiさん
あけましておめでとうございます(明けてしまって、というか…)。私も今年はクリスマス時期にちょうど引越しが重なって、ゆっくり楽しむには程遠い感じでした。写真だけは通りがかりに撮りましたが。。。プラハはビール好きには天国ですよね。信じられないぐらい安いし。勧誘が成功することを祈っております。今年もよろしくお願いします。

oeuf_dur さん
mixiのほうが先になってしまいましたが、あけましておめでとうございます。出張じゃない海外となると、まとまったお休み取るのは(しかも長江さんも忙しいし…)至難の技でしょうね。プラハは同じ欧州とはいえパリと違うところがたくさんありますが、こじんまりしてて、街は骨董品みたいだし、oeuf_durさんの好きそうなアール・デコの建築なんかもたくさんあってオススメですよ。どうせ直行便がないから、パリ経由でついでにプラハも、ってのがベストかも。今年もよろしくお願いします。
メンツェル監督、チェコではもちろん知らない人はいませんが、日本ではチェコ語習ってる人とかじゃない限り、まだまだ知名度は低いと思いきや…さすが!『英国王…』以外の作品もいい映画いっぱい撮ってる素敵な監督さんです。

バジルバジル 2009/01/10 12:53 お久しぶりでございます。
もう、目の毒で見てられませんでしたよ.まったく〜
私もハンガリーのビックサラミが大好きで
世界の美味しいものベスト1だと思う位好きで、
でも、これって日本じゃ食べられないんじゃないかな?
いやー、ひたすらうらやましい。
地元のデパートではかろうじてイタリアのサラミは売っているので、
それで我慢していますが、たった200gで1500円です。トホホ。

せめてお勧めの映画みてきますかー。

そうそう、去年は一年間プラハのカレンダーで過ごしました.
めくる楽しみがあるので、けっして翌々月はめくらず、毎月少しずつ楽しみました。
12月はプラハの広場のクリスマスマーケットの写真.
高い所から取っている写真だったのですが、なんだかとってもステキで
3度目のプラハは冬にしようかなと思ったりしていました。
では、今年も楽しみにしておりますです。

rybickarybicka 2009/01/11 06:27 バジルさん
こちらこそご無沙汰しております。
ハンガリーサラミがお好きだったんですね。やはり他のサラミとどこかが違うのでしょうね。まだよく違いがよくわからないんですよ。美味しいとは思いますけど、旦那のように密輸したくなるほどの(一度成田で取り上げられた…笑)ものかしら?と。ちなみにこの写真の値段によると、このウヘラーク、1kg今のレートで約2500円、200gだったら500円というところでしょうか。でもこちらではやはり高いサラミの部類だと思います。
プラハの冬は特にクリスマス時期はイルミネーションも美しいですが、今年の寒さは厳しいです。外に出たくなくなります。。。雪景色+古色蒼然の建物の組み合わせも捨てがたいものがありますが、覚悟の上で(笑)完全防備でいらしてください。今年もどうぞよろしくお願いします。

カオリンカオリン 2009/01/11 17:41 こんにちは〜初めて書き込みいたします。プラハ行が決まってからちょこちょこ拝見させていただいていました。現在フランスに住んでいますが仕事でプラハにきました。写真満載でとっても素敵ですね! 来週また来る予定なので、更新楽しみにしています。プラハのご飯はおいしいですね〜お酒もおいしくてついつい飲みすぎてしまった…。

rybickarybicka 2009/01/15 04:28 カオリンさん
こんばんは。初めまして。書き込みありがとうございます。
年始はちょこっとだけパリにいました。あの街も日々変化していて飽きないです。フランスご飯とはまた違うけど、プラハもこれでお店を選べば美味しいものにありつけます。お酒、特にビールは安くて美味しいですしね。のんびり更新のブログですが、どうぞ今年もごひいきに。

2008-11-27

Message from one of the Fanks

[]小室さん、お誕生日おめでとうございます!

プラハともチェコとも関係ないんだけど、rybicka@Fanksということで自分の覚書として書かせていただきます、どうしても。

11月4日の早朝、まず旦那から例のニュースを聞かされ、日本の家族や友人からも連絡をもらいました。

Youtubeの動画ニュースやネット上にある新聞記事、その後日本から送ってもらった雑誌記事などに目を通しましたが、ヒトの不幸を喜ぶかのような煽りがいっぱい。。。まぁネタはたくさん知られていたから、それは仕方ないんだろうけど、トンチンカンな音楽批評とかが多すぎて辟易。「彼の楽曲の特徴は、唐突な転調につぐ転調で…」とかね。批評するなら清水ミチコさんぐらいのレベルにしてほしい。それに問題の核心部分が全然わからないので、やっぱり表に書けない事情だからなのね、ということだけはわかりました。

90年代の売れに売れたTKブームの頃だけじゃなくて、ずっと前から小室さんの音楽や言動を長く見聞きしている人たちにとっては、疑問に思うことがありすぎるから。

いくら哲ちゃんファンだからって、詐欺の被害者のほうが詐欺師みたいとはもちろん言わないし、法的にも小室さんが悪いってことにちゃんとなってるんでしょう。きちんと法にのっとって償いをしてほしいと思います。

女癖が悪いのなんて今に始まったことでもないでしょうし、世間にバレてるかバレてないかであって、今回の容疑とは直接関係ないのに騒ぎすぎだし、100億円預金があって印税もこの先ずっと入るとあらば、ファーストクラス借り切ろうが高級外車いっぱい買おうが、借金なんて増えるはずなかった。莫大な借金を作った香港での失敗とやらを納得できるように説明している記事はこちらにしか見つけられませんでした。

小室さんが大阪で、洗いざらい全部話してくれたことを願います。

TM NETWORKファンが作った素晴らしいまとめサイトhttp://tamanet.at.webry.info/200811/article_1.html

☆一緒にステージに立っていた音楽仲間【F.O.D.の西村麻聡(Vo,Bass)さん】の勇気あるコメント→http://blog.livedoor.jp/digiglam58/archives/51290970.html

全部日本からCDをまだ運びきれていないので、Youtubeとかラジオの小室さん関係の楽曲自粛もつらかった。。。

ナイナイの岡村さんもコメントしていましたが、この曲はホントにすごい、と初めて聴いたとき(このTVじゃなかった気がするけど、ラジオだったかな)に作曲者の名前をメモり、貸しレコード屋(懐かしい…笑)に走ったのを覚えています。

D

それが小室さんを知った最初で、もちろんすぐTM NETWORKのファンになりました。だから私の小室哲哉のイメージは、プロデューサーTKではなくて、シンセの櫓に囲まれてるキーボーディストの小室さんです。あとスコアの一段一段を目で追っても楽しめる、稀有なアレンジャーとして。

全部追いきれないほど、たくさんのアイドルたちに楽曲を提供している小室さんですが、聖子ちゃんの『キモノビート』や明菜の『愛撫』、キョン×2の『Good MorningーCall』もいいけど、これが一番好きかな。

D

数ある音楽番組の中でもとても面白かったT.K. Music Clampのエンディングでこの曲を歌ってるのは浜崎あゆみさんですが、元々はミポリン中山美穂さん)に作ったBe Bop High Schoolのテーマ曲『Jingi愛してもらいます』。このアレンジのレコードがほしいな〜。先生はギター弾いてます。

TM NETWORKの中で好きな曲はそれこそたくさんあるけど、特別な1曲はこの『Self Control

Perfume中田ヤスタカさんに先駆けて、いやDaft Punkにも先駆けてボコーダーを取り入れていた疾走感のある名曲。20年以上前のTM NETWORKのアルバムを今聴いても、なんら色褪せなし。古今東西数多のグループの中でも確固たるTMサウンドともいうべきオリジナリティがあって、ライヴの面々はB'zの松本孝弘(G) さんはじめ葛城哲哉(G)さんやべーあんこと阿部薫さん、FENCE OF DEFENSEのメンバーetcという豪華ミュージシャン。シーケンサー部分以上に生音が素敵な、いいバンドだなと改めて思います。

D

↑このとき武道館にいたし、クリスマスのときイヤがる彼氏をつき合わせて横アリ(小室さんのソロコンサート)にも行ったなぁ。。。

f:id:rybicka:20081114163933j:image

モーツァルトにシンクラヴィアはタイムマシンがないと難しいけど、心配事なくピアノに向かえる時間が早く小室さんに訪れることを祈ります。私にとっては、モーツァルトもドビュッシーも小室さんも、尊敬する作曲家です。

S君、貴重なDVDをありがとうっ。本日受け取りました。M先輩、誕生日が先生と同じなので忘れたことはありません(笑)、お誕生日おめでとう! そしてSさん、相変わらずあまりに達筆なお手紙に感動、ありがとう!(でもね、“I Want TV”、Youtube探してもやっぱりないの…)

プラハのこと読みに訪れてくださった方、ワケわからないポストでごめんなさい。今日は小室オタのつぶやきのみです。

イタクライタクラ 2008/12/11 11:37 小室とプラハとの関係は?彼はプラハの春音楽祭へ行くの?http://www.festival.cz/program/categories?locale=enの中ではまだだよ。

rybickarybicka 2008/12/11 20:20 イタクラさん
ご指摘の通り、全く関係ございません。ただファンがプラハにも住んでるってだけの話です(笑)。小室さんは今保釈中の身なので、海外に出ることはできないでしょうけど、もしプラハに来ることになったりしたら(妄想ですが)こんなに嬉しいことはありません。今までも宇多田ヒカルさん(ジャケット撮影)とか、ザ・ブリリアント・グリーン(プロモ撮影)とかがプラハを来訪してるし、「プラハの春」音楽祭の主要会場であるスメタナ・ホールへは日本からの音楽家たちも時々演奏しています。クラシックがメインでしょうけれど。小室さんとプラハをかけて解くとしたら“モーツァルト”でしょうか。どちらもモーツァルトをことのほか好き、ということで。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rybicka/20081127

2008-11-25

バーガーキング、プラハに参上!

[][]バーガーキングあるいはプラハ的ファースト・フード První Burger King v ČR aneb Pražské rychlé občerstvení

本日チェコ第一号店となるハンバーガーチェーン、バーガーキングがプラハのズリチーン(Zličín、プラハ西部、地下鉄B線の終点駅)にオープンしました。

f:id:rybicka:20081126132258j:image

スタバに比べるとそうでもないけど、新聞やTVでも大きく取り上げられ、センターから離れた地下鉄最終駅のショッピングセンター(地下鉄B線の終点Zlicin駅前、Metropoleショッピングセンター2F)という地味〜な立地にもかかわらず、この通り長蛇の列。

f:id:rybicka:20081126132409j:image

あまりに長い列にくじけて2軒隣の、バーガーキング最大のライバルであるところのココでつい妥協しちゃった人たち多数。。。

f:id:rybicka:20081126132843j:image

でもミーハー☆リビチカは、チェコお初の、そして自身食べるのもお初のバーガーキング目指してやってきたので、列の後ろに並び、じっと我慢。そして…

f:id:rybicka:20081126142014j:image

およそ30分後、ついにゲット!(ファーストフードだってのにありえない…)

感想は…ただただデカイ。ごく普通のホッパー・メニュー(Whopper menu、フライドポテトコーラが付いて109コルナ=約600円也)なるものを注文したのですが、お腹すいてたからよかったものの、かなりのボリュームでした。同時に頼んだサラダは凍ったまま出てきてギョッ。ハンバーガーは、トッピングして自分仕様にできるということで、チーズ&ベーコン入りを+20コルナでオーダー。バーガーのお肉は、今までのファーストフードにない焼き具合で美味しかったです。

ハンバーガー相手に写真撮ってるのは私ぐらいかと思いきや、けっこうあちこちでカメラを手に取る人たちを目撃。“První Burger King v Praze!”(=プラハで初めてのバーガーキング!)とハシャいで撮り合いっこしてるティーンエイジャーらしき女の子や、5,6人で来てハンバーガーと一緒に記念写真に興じる仲良しグループの少年たち、などなど。

日本では1993年に上陸し、マクドナルドの安売り攻撃などに負け、2001年にいったん撤退。去年再上陸し、現在は10店舗になるそう(Wikipediaより)。もうこっちに来て3年なので、全然知らなかった〜。しかし再上陸後の、ごく最近できたという神奈川初の店舗が本厚木ミロード店て。。。どんだけ地味やねんて感じなんだけど(あ、決して本厚木に悪気はないです)、プラハもZličínのショッピングセンターMetropoleという、地味さ加減では負けていない立地から、これがバーガーキングの戦略なのでしょうね。

Zličínの後は、Chodov(プラハ4区)のショッピングセンター内、Pankrác(同4区)、共和国広場のショッピングセンターPalladiumなどに随時出店予定。

チェコでバーガーキングを運営するのは、既にKFCスタバピザハットなどを中東欧市場で展開しているAmRest Holdingsという会社。オランダに登録するポーランドの会社で、やはり一度は撤退したポーランド市場でもバーガーキングを復活させ、現在ワルシャワやワロツラフなど5都市に8店舗ほどをかかえています。

チェコ市場では、マクドナルドに16年、KFCに14年の遅れをとって初進出となったわけですが、関係者によれば「機が熟した最適のタイミングで」参入を考えていたとのこと。というのも、マクドナルドよりハンバーガーがかなり大きいこともあって、同じような基本的セットメニューがマクドナルドのそれに比べると10コルナ(約50円)ほど割高になってしまうので、価値の違いが受け入れられるようにファースト・フード市場が熟すのを待つ必要があった、とのこと。

鳴り物入りで上陸したスターバックスも、あれ以来次々と支店を増やし、プラハで私が知るだけでも、最初のマラー・ストラナ広場店をはじめ、プラハのルズィニェ空港、Palladium内、Zličín店(下記写真)、旧市街広場の天文時計の前、Na Pořící通りのJosef Gočárの旧レギオン銀行(現在はČSOB)の並び、そしてもうすぐオープンするであろうヴァーツラフ広場店と増殖中。

f:id:rybicka:20081126151920j:image

ヴァーツラフ広場といえば、チェコの昔っからのファーストフードが健在。

f:id:rybicka:20081118121459j:image

私が来た頃は、まだソーセージ30コルナぐらいだった記憶があるけど、今やほぼ倍の50〜60コルナします。

f:id:rybicka:20081118121532j:image

好きな種類のソーセージを指差して、パン(チェコの、ちょっと酸味のある黒パンchleba)とマスタード、それにオプションピクルス(okurka=オクルカ)も付ければ尚可。そばにあるテーブルで立ち食いが基本、夜中もやってます。

立ち食いといえばプラハのあちこちにあるお肉屋さんの中にあるイート・イン・コーナーは、朝からスープなどを食べる地元の人たちや、ランチ時は特に、つなぎの作業着姿の労働者のおじさんたちで混み合うディープかつ伝統的ファースト・フード。

f:id:rybicka:20080317141804j:image

パンにハムだけでもいいし、グヤーシュなどのスープ、煮込み系、チキンやカルバナーテク(にんにく味のパンチの効いた硬めのハンバーグみたいなの)、ジーゼック(豚カツ=下記写真、ポテトサラダと一緒にいただく)など、お店によってはその辺のレストランより美味しかったりします。

f:id:rybicka:20080317141753j:image

この手のお店は段々と減っていますが、絶対になくならないでほしいもののひとつ。チェコ語で注文が基本なのが外国人には敷居が高い?ところですが、慣れるとチェコ人気分をたっぷり味わえて楽しい。

f:id:rybicka:20070912132656j:image

f:id:rybicka:20070912132639j:image

クネドリーキも1枚から頼めるから、食べられる分だけ注文できて無駄知らず。一皿50コルナしないで食べられるところも。

さて、旦那の野暮用につきあってコトヴァ百貨店の裏を歩いていたら、季節柄、申し訳程度の小さなクリスマス屋台がいくつか出ていました。

f:id:rybicka:20081126165131j:image

ここのJehněčí klobása(イェフニェチー・クロバーサ、仔羊肉のソーセージ、55コルナ)がめっちゃ美味!

f:id:rybicka:20081126170122j:image

パンはフレバじゃなくてフランスパンをカッリカリにトーストしてあって、マスタードもちゃんとしたDijon味がするリビチカ一押しソーセージ。お近くを通ったら是非♪

f:id:rybicka:20081126165828j:image

隣のベルギーワッフルもおいしそうだったな。。。

f:id:rybicka:20081126165906j:image

寒くて長い冬が始まってしまったプラハですが、あったかい美味しいもの食べて乗り切りましょう♪

mico315mico315 2008/11/27 12:59 はじめまして。以前よりこっそり拝見しておりました。
先日初めてのプラハ旅行から戻ってきたばかりで心はまだプラハに居る感じです。
というかこちらを拝見しているとトンボ帰りしたくてたまらなくなります。
さて、私の生まれ故郷にはバーガーキングの日本一号店が出店(後に撤退)されましたが、何故あんな場所に一号店を??というくらい地味な土地です。rybickaさんの考察が面白かったので思わずコメント。お邪魔しました〜

イタクラジミーイタクラジミー 2008/11/27 17:06 http://www.burgerking.com/bkglobal/
McDを創立したRayKrocはチェコ人だった?それは本当???

rybickarybicka 2008/11/28 05:35 mico315さん
初めまして。書き込みありがとうございます。
帰国してすぐにまた行きたくなるなんて、プラハのご旅行すごく良かったんですね。正直しばらく住んでいると最初いちいち感動してたことに慣れてくるし、そのうち日本じゃ遭わないようなイヤなコトに遭遇することもあり、遠くてめったに帰れない日本が段々美化されていきます。でも日本に長くいるとプラハが恋しくなることも。。。いずれにせよ二つの国のいいところを忘れずにいたいと思いつつ書いています。どうぞまたお立ち寄りください。

さてバーガーキング、都会っ子でもないのに地味地味言ってすみませんでしたが、きっと第一号店というのは、かなりのマーケティングの後に決められているんでしょうね。企業秘密なのでしょうが、どんな理由なのかがわかったら面白そう。

イタクラジミーさん
先ほど困ったときのWiki(→時々間違ってるから全部鵜呑みにはできないけど)を見に行ったら、ホントにチェコ系という記述がありました。へぇ〜ですね。感心したのは、McDのシステムがビジネスになると見抜いて、本当にその通りになったことですね。

LOVEピ・ヨンジュンLOVEピ・ヨンジュン 2008/11/29 01:29 こんばんは〜今のところは、1月1日にリンツから往復で
チェスキークルムロフへ行く予定です!
寒そうですね〜とっても・・・

U &#352;umavyU Šumavy 2008/11/29 10:59 久々のALL食べ物ネタで感激です。
バーガーキング、その昔西ベルリン(超!古い)で喰った思い出があります。マックのようにビールなんか売ってたりするんですか?
チェコ語しか通用しない立ち食いショプ、いいな!もしかしたら今でも社会主義時代の名残があったりして!
ミニハンバーグみたいなカルバナーテク、食べた記憶があるな。
付け合わせのパンは、巨大なゆで卵切り機(ピアノ線で輪切りにする道具)で切ってあるやつを、1枚いくら、で支払ったように思います。
寒い冬の夜には煮込み系(内臓)スープ! 体が温まりそうですね。

rybickarybicka 2008/12/01 09:45 LOVEピ・ヨンジュンさん
お、新年をクルムロフで過ごすんですね。雪景色のクルムロフにいたこともあるんですが、それはそれで美しかったですよ〜♪ 楽しみですね。どうぞよい年越し&お正月を。防寒対策はしっかりと。

U Šumavy さん
バーガーキングにビールが売ってるかどうかの件、しまった!未確認でした。でもスグ近くはマックだし、ショッピングセンター内のフードコートのようになってるので、万一バーガーキングになくともビールは飲めます。
立ち食いショップは、英語がもしかしたら通じるとこもあったりするかもしれませんが、今までけっこう行ってるのにいまだ聞いたことはないので、カタコトでもチェコ語のほうがスムーズかと。パンもクネドリーキも自分の食べられる分だけ頼めるし、テイクアウトももちろん可。マックやKFCが決して安くないファーストフードなのに比べて、こちらは激安(笑)。でもランチ時はどこも混んでいます。カルバナーテクはマッシュポテトを付け合せにしても美味しいです。ホント、チェコのスープは冬には最適ですね。食欲がイマイチのときはスープだけでも十分ですしね。

LOVEピ・ヨンジュンLOVEピ・ヨンジュン 2008/12/01 11:35 早速のお返事ありがとうございます〜
やっぱりかなり寒そうですね〜

rybickarybicka 2008/12/03 09:02 LOVEピ・ヨンジュン さん
そうですね。北海道の方、とかじゃないかぎり、チェコの冬は日本人にとっては慣れない寒さだと思います。スキー場に行くぐらいのつもりで、服装計画を立てるといいかもしれません。

czechiczechi 2008/12/12 23:37 はじめまして。
ワインバーを調べていたらrybickaさんのブログに辿りつき、更にこちらの日記を拝見しました。
2年半程前からプラハで暮らしています。
スタバ1号店が出来てから次々と支店を増やしていますね。チェコの中では高級コーヒーに入りますよね(値段的に)。バーガーキングも進出ですか〜。プラハもどんどん変わってきますね^^物価も上がっているし。
先日偶然コトヴァ百貨店の傍のクリスマスマーケットを見かけました。こんな所にもあったんだなぁなんて思いながらも寒かったので通り過ぎてしまいましたが(笑)、立ち寄ってみれば良かったです。週末にでも行ってみようかしら。
bokovka(以前の日記で紹介されていたワインバー)、ステキなお店そうですね。今度行ってみますね^^

rybickarybicka 2008/12/18 04:09 czechiさん
初めまして。書き込みありがとうございます。
街を歩いていると、プラハにもワインバーが増えてきましたよね。Bokovkaは比較的新しいですが、フジェベイク監督の2007年の映画「Medvídek」の中にも出てきました(オーナーの一人だから当然といえば当然ですが)。いわゆる「有名人がやってるお店」のひとつなのですが、その人たちの本業のセンスも好きなので信用してます(笑)。さて私もczechiさんの「ちぇこたいむ」を拝見。美味しそうなレシピやプラハの生活情報満載で印刷したくなるブログですね!お酢リンスとか試してみたいです。あとゴム手袋の可愛らしいこと…(いや、これだけじゃないですが)。あんな可愛いのじゃないですが、ゴム手袋自体はイケアで見かけた記憶があります。ともかくまたそちらへもお邪魔しますね。

LOVEピ・ヨンジュンLOVEピ・ヨンジュン 2009/01/24 17:58 こんにちは・・・
12.31にチェスキークルムロフへ行きました
よかったです。また旅行記にのせたいと思ってます。

最新記事が、こんな、さびしい建築家さんの訃報記事のときで、前の方にコメしました・・・

rybickarybicka 2009/01/24 19:10 LOVEピ・ヨンジュンさん
長旅お疲れ様でした。チェスキークルムロフ、冬はあまり観光客がいなくて、静かでよかったのではないでしょうか。旅行記楽しみにしてまたお邪魔したいと思います。コメントはいつでも、どの日でも構いません。こちらの記事もごちゃまぜですから。。。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rybicka/20081125

2008-11-23

チェコのセレブが通った伝説の喫茶店ミ

[][][]伝説のお菓子屋さん、Myšák再オープン

プラハはこの週末、雪が降りました。手袋と帽子がないとつらい厳しい寒さ。

f:id:rybicka:20081122094027j:image

休みだし寒いしで、家でぬくぬくしていたい時に限って吹雪の朝のなかプラハ城へ行く約束アリ。。。

f:id:rybicka:20081122095005j:image

T.G.Masaryk像の前で待ち合わせ、レンズ越しにまるで古い絵のようなプラハ城正門前の様子。

とあるグループに混ぜてもらって詳しいガイドさんと観光客気分でお城を見学。といっても今回は旧王宮内のヴラジスラフ・ホール(現在一部工事中)と黄金の小路のみ。

f:id:rybicka:20081122110529j:image

流れるように、でも機能的に丸い天井を錯綜する梁がいつ見ても見飽きない後期ゴシック建築会心の作。窓は一部ルネサンス様式になっています。

1493年から1503年にかけてベネディクト・リートによって作られたこのホール、縦62m、横16m、高さ13mの中央ヨーロッパでは教会以外最も広いホール。当時の人々は、この広さなのに柱がないことに驚愕したそう。馬上試合や宴会などに使われ、1934年からは大統領選挙の布告が行われています(ここ最近は例外でプラハ城内のスペインホールにて布告)。

f:id:rybicka:20081122113333j:image

f:id:rybicka:20081122112656j:image

ほんのり屋根に積もった雪が、黄金の小路(Zlatá ulička)の可愛らしい家々をお菓子の家のように魅せます。

f:id:rybicka:20081122112409j:image

絵本のなかのような色あいは、イジー・トゥルンカ(Jiří Trnka、チェコパペットアニメーションの有名な監督さん)監修のもの。

みんなが写真を撮ってるNo.22の青い家は、フランツカフカ(Franz Kafka)が一番仲良くしていたという一番下の妹、オットラが借りていた家で、騒音アレルギーだったカフカが「一番静かに落ち着いて執筆できる場所」として何年か通ったところ。

聖ヴィート教会以外のプラハ城内で、いくら時間がなくてもここだけは外さんといて、という場所が以上2箇所。

さて本題。時はゴシックからトリップして20世紀前半、キュビズムの時代へ。

f:id:rybicka:20081122160332j:image

ヴァーツラフ広場から程近い、ヴォディチコヴァ(Vodičkova)通りに満を持して復活を遂げた伝説のツクラールナ(cukrárna)こと、チェコスロヴァキア第一共和国時代の人気甘味処“ミシャーク(Myšák)”が再オープンとあって、連日長い列ができました。一般オープンの土曜日のお店前は混んでるトラムの中状態。

ヴォディチコヴァ通りのキュビズム?でピンと来た方は、かなりの建築オタクかリビチカ日記オタク!(いらっしゃればですけど…)

以前の日記のココで書いていますが、途中、崩壊の危機を乗り越えて改築を終え、新聞やテレビでも鳴り物入りで再オープンの日を迎えました。

通りに面した1Fにはアイスクリームとコーヒーのみ注文できる小さなカフェ・スペースがあります。

f:id:rybicka:20081123155855j:image

そして階上の広いカフェスペースへ上がる階段のところ、当時のスタッコ画を忠実に再現した天井をお見逃しなく。

f:id:rybicka:20081123170807j:image

そして店内にはキュビズム・デザインの鏡がついてるドアがあちこちに(嬉)!

f:id:rybicka:20081123161302j:image

2年前の記事のなかで、このミシャークの入っている建物のファサードを「ロンドキュビズム」と書いていますが、私が通っている建築講座の先生、建築歴史家のZdeněk Lukešさんによると間違いだそう。キュビズムというよりはアール・デコのくくりに入るとのこと。このファサードをデザインした建築家ははっきりとした記述がないのですが、関係者の日記などから、あのヨゼフ・ゴチャール(Josef Gočár)ではないかと推測されています。同時期の彼の有名な作品、Na Poříčí通りにあるレギオン銀行も、よってアール・デコ様式にカテゴライズされます。

ちなみにこのLukešさんもカフェ好きで、20世紀の建築の専門家なので一般公開に先駆けた関係者オープンの日に訪れたそう。そこでインテリアについて記者から「あなたなら他にどのようなデザインのものがここに合うと思われますか?」と尋ねられ、「キュビズムデザインのお菓子」と真面目に答えたそうな(本人談)。既にキュビズム博物館内のカフェ、Grand Cafe Orientにキュビズム・ドーナツというのがあるんですが、私的にはダメ出しさせてもらいたい、ぬるいデザイン(笑)。Myšákには是非ともちゃんとしたキュビズム・スイートを考案してもらいたいところです。

f:id:rybicka:20081123161847j:image

店内の家具はイタリアから取り寄せたものだそうですが、いまいち色が白すぎて明るすぎる感じ。オリジナルの写真から受けるような、暗い感じにしてほしかったな〜。でも入口やドア、1Fの床のモザイク、大理石の階段など地上階のインテリアのほとんどは当時のオリジナルを生かしているのだそう。スタッフが博物館へ当時の写真を検証に通って細部まで再現しようとしたため、改築に3年もの時間が費やされたのだとか。古いものをできる限り後世に残そうという姿勢は、尊敬できるところ。

f:id:rybicka:20081123164435j:image

階上のカフェ・スペースでいただけるスイーツはたくさんあります。価格帯は40〜130コルナぐらい。当時から評判というココのキャラメルがたっぷりかかったTiny Myšák(“小さなネズミちゃん”)という名前の、創業者František Myšákのレシピをもとに再現した一品(70コルナ)を試してみました。オーソドックスな味だけどキャラメルは確かに美味しい。

f:id:rybicka:20081123164914j:image

初来店だから定番を、ということで“Coffee à la Myšák”75コルナを注文。コーヒーは香りよくなかなかの味でした。

生クリームの上にも自慢のキャラメルがかかっています。

1904年に創立されたこのツクラールナ、1911年に現在のVodičkova通り31番地に移ります。通った有名人は多数。チェコスロヴァキア初代大統領のT.G.Masaryk(ここのケーキで80歳を祝ったのだとか)をはじめ、Beneš大統領、1949年以降国営化されたあとも、Gottwald大統領らが通っています。政治家のほか、Oldřich Nový(俳優)、Ema Destinová(オペラ歌手)、テニスプレーヤーのKoželuhなどなど。

f:id:rybicka:20081123170701j:image

店内にはリアルタイムで通っていたと思われるお年を召した方々が目立ちました。

f:id:rybicka:20081123160902j:image

まだオープンしたばかりで入店するのに並ぶかもしれませんが、カフェ・スペースは140席のキャパシティなので順番はわりとすぐ来ます。第一共和国時代のチェコスロヴァキアの雰囲気を感じに、またすいた頃を見計らって訪れてみたいと思います。

f:id:rybicka:20081123160843j:image

◇Cukrárna Myšák◇

・Vodičkova通り31番地(トラムのヴァーツラフ広場駅からヴォディチコヴァ駅の間にある)

・営業時間:年中無休、午前8時〜22時(ただし閉店時間は調整中のよう)

イタクライタクラ 2008/11/25 15:44 アール・デコの喫茶店なら、エルハルトカフェもなかなかいい。時々油を売りに行くよ。http://www.erhartcafe.cz/en/index.html

rybickarybicka 2008/11/27 06:31 イタクラさん
エルハルトカフェ、改築前と改築後に1度ずつ訪れました。あそこも地元民が多いですよね。改築前は、地元お婆さんたちの社交場といった雰囲気で一歩店内に入ると確実にタイムトリップできました(笑)。ミシャーク同様、新しくなってからは店内がまぶしいぐらいに明るくなって。。。やっぱりちょっと暗がりカフェがプラハっぽい気がするのです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/rybicka/20081123