小林一茶風日記

2004 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |

2005-07-19

『脱税 元国税調査官は見た』

大村大次郎 著

祥伝社新書

ISBN4-396-11016-2

脱税に関していくつかのことが書かれた概説書風の本。

全体的に、特別ではないが悪くもないという標準クラスの本で、脱税に関して一通りのことが知りたいというような人なら、読んでみても、という本か。

ただし、サブタイトルは、元国税調査官は見た、となっているが、内情暴露系ではないものを主旨に執筆した、ということで、その方面には余り期待しない方が良い。読み物としては、そういう内情暴露系の方が断然面白いだろうと思うし、この著者も他にそういう本を書いているみたいなので、内情暴露系が欲しいという人は、他を探した方が良いかもしれない(私はこの著者の他の本は読んでいないので、責任は持てないが)。

あくまで概説書風のもので良ければ、読んでみても、というところだろう。

以下、メモ

・重加算税は仮装隠蔽がなされている場合にかけられるので、脱税のニュースでも重加算税が課せられていない場合は、国税当局と見解の相違だった可能性が高い。

財産相続させたり生前贈与すれば税金がかかるが、離婚慰謝料にはかからないので、相続税を脱税するために偽装離婚を行う人もいる。

・それまでは規制によって寡占状態が守られてきたビール業界に、規制緩和で地ビールが登場したことで、ビールより税金の安い発泡酒が出てきたのだろう。

発泡酒の税率上げ

に対しては、ビール業界の努力を無にするものだ、という反対意見が必ず出るが、別にそんなに努力してないじゃん、ということか。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/sarasate/20050719