スマートフォン用の表示で見る

児童虐待

一般

児童虐待

じどうぎゃくたい

保護者による、児童(子供)への虐待行為。

身体的虐待(暴力等)・心理的虐待(言葉の暴力等)・ネグレクト(保護責任遺棄)・性的虐待の4種類に分類される。

被害者からの訴えが期待できないため、周囲や行政の素早い察知や対応が必要とされる。2000年に成立した児童虐待防止法によって、発見者には通報の義務が課せられている。


child abuseの訳語だが、「虐待」と訳される abuse は、元来「権力の濫用」を意味する。

統計

児童虐待の存在が社会的に認知されるようになったため、児童相談所への虐待に関する相談件数は、ここ数年急速に増えている。しかしそれでもなお氷山の一角と思われる。

存在そのものが水面下にあるため、実際の件数は推測するしかない。

ただし逆に、早期発見される例が増えたためか、殺人等に至る重大な虐待の事例は減っている。

慶應義塾大学法学部加藤久雄教授のページ http://www.law.keio.ac.jp/~hkatoh/gyakutai/2_1_B.htm


少年犯罪データベース http://kangaeru.s59.xrea.com/index.htm

幼女レイプ被害者統計 http://kangaeru.s59.xrea.com/G-youjyoRape.htm

嬰児殺(赤ちゃん殺し)と幼児殺人被害者統計 http://kangaeru.s59.xrea.com/G-baby.htm