夏のひこうき雲 このページをアンテナに追加 RSSフィード

0000 | 00 | 02 |
2004 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 11 |
2010 | 03 | 08 | 10 |
2011 | 01 | 12 |
2012 | 07 |
2014 | 02 | 08 | 10 | 11 |
2016 | 02 |
2017 | 12 |
 はじめに

2009/03/18(水)

「育休切り」だって?

asahi.com(朝日新聞社):「育休切り」相談、過去最多に 前年度の1.3倍 - 就職・転職

 育休の申し出や取得を理由に、解雇や雇い止め、退職勧奨、減給など不利益な扱いを受けたとして、全国の労働局に寄せられた相談を集計した。今年度は2月までですでに1107件と前年度(882件)を大きく上回り、比較可能な01年度以降で最高を更新した。

 相談内容も「育休後に復職予定だったが、会社から業績悪化で無理になったと言われた」など、経済情勢の影響を受けたものも多いという。

 これは問題ですね。

 妊娠や出産を理由とした不利益な取り扱いも、既に2月までの件数だけで前年度を上回っているとのこと。

2009/03/17(火)

そういうことはよくありますね


ある広告人の告白(あるいは愚痴かもね): まあ、それは書くなということなんだろう

 私の場合は保存ミスということではないんですが、書いたものを迷ってアップしないということはよくあります。

 はてなブックマークのコメント欄でも書ける程度の短い反応ですが、記事として書いておきたいと思ってここに書きました。

 この(私の)記事でも、何をどこまで書こうかと思い、書いては消していました。

 書かないということにも、いろんな意味が込もっているんですよね。

2009/03/15(日)

「正義」と呼ばれる誤った考え方


 こどもと言葉と世界のルール - Ohnoblog 2の、

こどもは物心ついてしばらくすると、大変に「正義漢」になる時期があるように思う。

こどもと言葉と世界のルール - Ohnoblog 2

 という部分を読んでどきっとした。というのは自分に当てはまると思ったからでなく(私についてそう思っているらしき人もいたが)、(あの「正義漢」ぶりはまだ幼いからだったのだろうな)と思い当たる人がいたから。「正義漢」といっても女性。ネット外の話。今はどうしてるか知らない。

一番難しいのは、その「正しさ」で自分を裁くことだ。

こどもと言葉と世界のルール - Ohnoblog 2

 そうだろうと思う。そして、その「正しさ」の前に自分が立てないと気づいたとき、その「正しさ」が自分にとってあまりに過酷だと気づいたときに、願わくはその「正しさ」をかたくなに維持してその人が「悪く」なったり「だめに」なってしまうのではなく、その「正しさ」がじつは誤っているということに気づきますように。

 善悪の基準をなあなあなものに妥協するのではなく、行為の善悪とは別に人の弱さを理解しつつ、自分がおかれた立場でどう行動することが、どう影響していくのかを俯瞰する視野をもって、長期的に、プラグマティックに、ユーモアをもって行動できますように。

GoogleとGoogle Adsense契約者とのバトルが面白かった


 AdSenseアカウントが理由もなく無効になった場合、Googleを訴えれば受け取っていないお金は取... - ヲハニュースから、GIGAZINEAdSenseアカウントが理由もなく無効になった場合、Googleを訴えれば受け取っていないお金は取り戻せる - GIGAZINEという記事を読んだ。面白かったし、十分あり得るんだろうなと思った。アメリカの司法制度には詳しくないので、小額裁判所では弁護士を雇うことが許されないのかどうかは知らない。

 記事後半の以下の部分は誤りというか、その事件には一応関係なさそう。

つまり、「無効になったアカウントに関するよくある質問 - AdSense ヘルプ」の中にある以下の記述は絶対ではない、ということです。

利用規約に基づき、無効なクリック行為が原因でアカウントが無効となったサイト運営者様にお支払いは行われません。 アカウントの収益は、影響を受けた広告主に返金されます。

AdSenseアカウントが理由もなく無効になった場合、Googleを訴えれば受け取っていないお金は取り戻せる - GIGAZINE

 記事を読むかぎり、〈Aaron GreenspanさんのWebサイトについてアカウントが無効となった原因は、「無効な」クリックであると裁判所によって認定された〉ということは前提になっていない。Google側もそのような主張は明確にはしていないようだし。

 そうではなく、

つまり、どのような理由によってもアカウントを停止することはできるが、理由にならない理由によってアカウントを停止することはできない、とGoogleが自分で言っている

AdSenseアカウントが理由もなく無効になった場合、Googleを訴えれば受け取っていないお金は取り戻せる - GIGAZINE

 ということによってGoogleが負けたように読めるので。

 無効なクリック行為が原因でアカウントが無効となったことが認められる場合には、また別の判断になるんじゃないかな。つまり、アカウント停止に問題はないという判断に。