ウツボのはてな日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード





ウツボのはてな日記 プロファイル

2006年度 映画美学校音楽美学講座関連エントリー

2007年度 映画美学校音楽美学講座関連エントリー

TOHUBOHU(トフボフ)01

En-Soph

新宿文藝シンジケート公式ブログ

スナナレ合唱団公式ブログ(活動休止に伴い更新終了)

フロスティッドグラス(むかしやっていたウェブサイト)

ウツボ・アンテナ


さえきかずひこ@nicocas

さえきかずひこ@Tumblr

さえきかずひこ@twitter

さえきかずひこ@Instagram

さえきかずひこ@note

さえきかずひこ@読書メーター(直近の読書感想文を読みたい方はこちらへ)

さえきかずひこ@THE INTERVIEWS

ウツボのお気に入り(ごめんなさいクローズドです)

はてなダイアリー利用者に100の質問(回答)




0015 | 01 | 02 | 03 | 04 |
0019 | 01 |
0020 | 01 |
1980 | 09 |
1998 | 08 | 09 | 10 |
1999 | 09 | 12 |
2000 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 10 | 12 |
2001 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2002 | 05 | 06 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 |
2013 | 07 | 08 |
2014 | 04 | 05 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2017 | 01 | 02 | 04 | 08 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 07 | 08 |
2999 | 01 |

あわせて読みたいブログパーツ

2999-01-01 TOHUBOHU(トフボフ)01 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

TOHUBOHU(トフボフ)01


f:id:utubo:20101214211352j:image



  • コンテンツ
    • 対談     
      • 岸野雄一*1x柳川真法(Amephone)*2 p.04-
    • 座談会  
      • 音楽で癒される? p.56-
    • 寄稿     
      • 虹釜太郎*3 / ソノヴァック p.100-
    • インタビュー 
      • 原雅明 p.150-


    • 中条 護*4       
      • (民族音楽に言及しない神話学者の)都市と星―スプートニクの愛人 p.34-
    • 佐藤 暢樹*5      
      • 日々の泡 p.48-
    • 服部 レコンキス太*6 
      • ヒルデガルド・フォン・ビンゲン ある女性と音楽 p.75-
    • 西山 栄美*7     
      • 食べ合わせ p.135-
    • 佐伯 一彦*8      
      • 本当のことはとうとうわからなかった p.146-
    • 佐伯 一彦     
      • Sentimental Journeyの歌詞分析 〜あるsong における時間の層について〜 p.166-


    • 編集後記 p.173-


  • 奥付
    • 発行日
      • 2010年12月5日
    • 編集
      • 大塚美保子、佐伯一彦、佐藤暢樹、中条護、西山栄美、服部レコンキス太
    • 発行所
      • TOHUBOHU編集部*9
    • 本文デザイン
      • 森山聡平
    • 本文組版
      • 土公那津子
    • 本文イラスト/写真
      • 西山栄美
    • 表紙デザイン
      • Inoue Taishin*10
    • 協力
    • Special Thanks To
      • 映画美学校音楽美学講座 岸野雄一 長尾悠市






2018-08-11

[]庵野秀明総監督 / 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に 庵野秀明総監督 / 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君にを含むブックマーク 庵野秀明総監督 / 新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君にのブックマークコメント


けさ、4時過ぎから思い立って久しぶりに観返した。とても良かった。言うまでもなく庵野監督の内面を世界に投影している点ではテレビシリーズの弐拾伍/弐拾六話と変わらないのだが、娯楽作としてまた劇場版として完成度が遥かに増している。戦自のネルフ侵攻〜エヴァ同士の戦闘〜主要登場人物の受難〜サードインパクトへ至る過程〜サードインパクト後の描写という一連の流れにムダが無く、構成も練られていて、作画のクォリティも高い。

25話のミサトとシンジの別離のシーンの、ミサトの長台詞には改めて心を打たれた。ニーチェではないが庵野監督が自らの血で書いているセリフという感じがしみじみ伝わってきた。26話では復活したアスカを鳥葬にするシーン、世界がLCLに還元されていくシーン、最後の「気持ち悪い」がとても良かった。庵野監督の私小説を延々見せられている気分になるのだが、作劇と演出の質の高さでスムースに楽しめる。この作品を映画館で観たときは17歳の夏だったが、37歳の夏にまた観ても面白いということは、自分の節目ふしめに観返す作品になるのかもしれないと感じた。それにしても......アスカ良かったです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20180811

2018-07-29

[RADIO]クラシックの迷宮 ▽名歌手・平山美智子が残したもの 〜NHKアーカイブスから@NHK-FM [RADIO]クラシックの迷宮 ▽名歌手・平山美智子が残したもの 〜NHKアーカイブスから@NHK-FMを含むブックマーク [RADIO]クラシックの迷宮 ▽名歌手・平山美智子が残したもの 〜NHKアーカイブスから@NHK-FMのブックマークコメント

楽曲

「“プラーナム1”から」

G.シェルシ:作曲

(ソプラノ)平山美智子、(演奏)アド・ホック・アンサンブル、(指揮)ヴィエリ・トサッティ

(0分38秒)

<Edition RZ ED RZ 1014>

「ミュージカル“オクラホマ” (※当時の放送では「歌劇」と表記)」

O.ハマースタイン2世:作詞

R.ロジャース:作曲

紙恭輔:編曲

カーリー…渡辺高之助、ラウレイ…平山美智子、エレイア叔母…南美江、ウィル…石山卓、ジャド…栗本正、行商人アリ・ハキム…千葉信男、アド・アンニイ…関弘子、カーネス…平岩康男、スリム…内村軍一、(合唱)東京放送合唱団、(管弦楽)東京フィルハーモニー交響楽団、(指揮)紙恭輔

(52分46秒)

<〜NHKのアーカイブスから〜 ※1952年1月10日 NHKオペラハウスにて放送>

※「ミュージカル“オクラホマ”(※当時の放送では「歌劇」と表記)」は(訳・脚色)山口純一郎、(訳詞)風見美樹

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20180729

2018-06-30

[催]伊藤誠・吉川陽一郎二人展「太陽の東 月の西」@東小金井・双ギャラリー [催]伊藤誠・吉川陽一郎二人展「太陽の東 月の西」@東小金井・双ギャラリーを含むブックマーク [催]伊藤誠・吉川陽一郎二人展「太陽の東 月の西」@東小金井・双ギャラリーのブックマークコメント


[催]小林このみトリオ アップライトピアノのためのコンサート 第二回@水道橋・ftarri [催]小林このみトリオ アップライトピアノのためのコンサート 第二回@水道橋・ftarriを含むブックマーク [催]小林このみトリオ アップライトピアノのためのコンサート 第二回@水道橋・ftarriのブックマークコメント


Program

L.v.ベートーヴェン:ソナタ 第30番 op.109 第1楽章

Ludwig van Beethoven:Sonata No.30 op.109 1st movement (1820)


ヘンリー・カウエル:エオリアン・ハープ

Henry Cowell:Aeolian Harp(1923)


ジョルジ・リゲティ:エチュード第2巻より 第8番「金属」

Gyorgy Ligeti:Etudes pour piano deuxieme livere(1988-94) No.8"Fem"


ジョージ・クラム:A Little Suite for Christmas, A.D.1979 より

1.The visitation

2.Berceuse for the Infant Jesu

3.The Shepherds' Noel

4.Adoration of the Magi

George Crumb/A Little Suite for Christmas, A.D.1979(1980)


クロード・ドビュッシー:喜びの島

Claude Achille Debussy/L'Isle joyeuse(1904)


ジョージ・クラム:マクロコスモス第1番より 第11番 Dream images(Love―Death Music)Gemini

George Crumb:Makrokosmos Volume1 No.11(1973)


J.S.バッハ(ブゾーニ編曲):シャコンヌ BWV1004

Johann Sebastian Bach/Feruccio Busoni:Chaconne BWV1004(1720作曲・1916-1920頃編曲)


―Encore―

ジョン・レノン、ポール・マッカートニー(武満徹編曲):ゴールデン・スランバー

John Lennon, Paul McCartney/Toru Takemitsu:Golden Slumbers(1969作曲)



小林このみトリオ:2017年8月結成。

小林このみ(ピアノ):群馬県前橋市生まれ。2010年より一年間英国トリニティ音楽院にて故サイモン・ヤングに師事。荻窪にて、子供と大人のためのピアノ教室主催。好きな映画は『バッファロー'66』監督:ヴィンセント・ギャロ(1998/アメリカ)

住本尚子(映像):広島県廿日市生まれ。indietokyoにて映画の記事を書いたり、個人では映像を作ったり、イラストを描いています。現在、映画製作中。年末に完成予定。好きな映画は『死んだってへっちゃらさ』監督:クレール・ドゥニ(1990/フランス)Instagram:smmt705 HP:https://smmt705.wordpress.com

諸根陽介(朗読):神奈川県横浜市生まれ。批評誌『アラザル』同人。音楽を作ったり、音楽について書いたりすることを細々と続けている。好きな映画は『酔っぱらった馬の時間』監督:バフマン・ゴバディ(2000/イラン)@

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20180630

2018-04-04

[雑文]国立国会図書館へ行ってきた [雑文]国立国会図書館へ行ってきたを含むブックマーク [雑文]国立国会図書館へ行ってきたのブックマークコメント


きょう、初めて千代田区にある国立国会図書館へ行ってきました!!!午後一番の時間帯、整然とした、静かな、広い空間で無数の人々が検索端末に向かい黙々と調べものをしている…。なんだか、うっとりしてしまいました。


というのはウソで、初めてなもので検索のイロハもよくわからず常駐しているスタッフの方々のお力を何度も借りて、フーゴ・バル(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AB)についての調査を必死に遂行!!汗をかきかき、新館と本館を行ったり来たり。方向音痴なので内部で迷ったりもしましたが、お目当ての論文を5件複写してもらい、帰りの電車の中で熟読。。。


「うーむ、新書より論文がオモシロイ」といった、荒木優太さんの名言は本当だったのだなあ、としみじみ感じつつ、読みきれないので、ドトールで一服しつつ、午後7時までかかってとりあえず通読。研究者の書くものって…ま、論文なんでめっちゃ濃いですね。ちょっぴり疲れましたが、知的刺激にあふれる時間に浸りすぎたせいで夜はよく眠れませんでした...わはは。


論文の内容紹介については、逐次エン-ソフ(http://www.en-soph.org/)で行ってゆこうと考えています。乞うご期待!!

しぶやしぶや 2018/07/01 06:33 こんにちは。父の論文を3つ詠んでくださったということで、母(亡くなっております)あてにお葉書をお送りいただきました。私は長女にあたります。母であれば父の詩人についてのお話ができたかもしれませんが、私は父が詩人について興味を持っていたことも、ましてや論文を書いていたことも知らずにおりました。お役に立てず申し訳ありません。

しぶやしぶや 2018/07/01 06:33 こんにちは。父の論文を3つ詠んでくださったということで、母(亡くなっております)あてにお葉書をお送りいただきました。私は長女にあたります。母であれば父の詩人についてのお話ができたかもしれませんが、私は父が詩人について興味を持っていたことも、ましてや論文を書いていたことも知らずにおりました。お役に立てず申し訳ありません。

utuboutubo 2018/08/14 01:02 しぶや様。コメントたった今拝読しました。わざわざお知らせ頂きありがとうございます!心から感謝申し上げます!!

utuboutubo 2018/08/14 01:05 お母様がお亡くなりになっていたとのこと、とても残念です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20180404

2018-03-29

[雑文]ヴァイオリン作品の探求 その1 [雑文]ヴァイオリン作品の探求 その1を含むブックマーク [雑文]ヴァイオリン作品の探求 その1のブックマークコメント


YouTubeで第15回ヴィエニャフスキ・国際ヴァイオリン・コンペティションのヴェロニカ・ジャーデク(ポーランド人)の演奏を聴いた。

D

ヴァイオリンという楽器に疎いので「まず、ヴィエニャフスキ、誰?」という感じ。不勉強のそしりを免れないw

ヴェロニカさんの演奏は、4曲目に弾いたウジェーヌ・イザイの「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」作品27(1924)の第3番がとくに素晴らしかった。この第3番は、ルーマニア人のジョルジェ・エネスクという作曲家に捧げられているそうです。

イザイも、エネスクも初めて知りました。

自らが知らないことを知る。またきょうもソクラテスの教えに従ってしまったぜ......w 日々、無知の知を実践するわたくしなのです。


[催]栗コーダー&フレンズ@吉祥寺スターパインズカフェ [催]栗コーダー&フレンズ@吉祥寺スターパインズカフェを含むブックマーク [催]栗コーダー&フレンズ@吉祥寺スターパインズカフェのブックマークコメント

スターパインズカフェを訪ねるのは10年ぶり。圧倒的な音楽力に打ちのめされました。美メロ。そして川口さんもMCで言及されてましたが、コンポステラを彷彿とさせる豊穣な響き。前半は、ビューティフルハミングバード小池光子さんの歌声が美しすぎて、何度も泣いてしまった。後半はベトナムの一弦琴とミャンマーの竪琴が加勢して、音楽がより豊かに。素晴らしかった!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20180329

2018-03-28

[雑文]キェルケゴールにとっての永遠 [雑文]キェルケゴールにとっての永遠を含むブックマーク [雑文]キェルケゴールにとっての永遠のブックマークコメント


グレゴーア・マランチュク『キェルケゴールの弁証法と実存』(大谷長訳、東方出版、1984年)を読んでいます。神話の考察を通して、キェルケゴールが永遠という概念の本質について考えている(そしてそれをマランチュクが整理している)のだけれど、とても興味深い。

「それ故、神話において、無限界なものである永遠が限界づけの範疇、つまり時間と空間によって、把握されるのである。従って、永遠なものが人類の神話的時期に「抑圧されていること」において存するのである、なぜなら、永遠なものの本質は、限界づけの世界に属するような諸形式によっては表現され得ないからである」(p.31)

永遠は、時間や空間によっては把握し得ないのですね。ま、そりゃそうだろうと思わないでもないのですが。だって、永遠なんだから。あ、でも2018年現在において空間は有限性の規定として見なしうるのかという問題はあるよな。ほら、宇宙ってどんどん広がり続けているという説があるでしょう。だから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20180328

2018-03-26

[雑文]SNS時代の音楽批評 [雑文]SNS時代の音楽批評を含むブックマーク [雑文]SNS時代の音楽批評のブックマークコメント


SNSの普及もあり、人びとが共感し合うことを元にコミュニケーションを図る傾向は強まり、それはとどまることを知らない。そんな時代に音楽を批評することは益々困難になっていくだろう。しかし、ぼくはあまりその困難さを恐れていない。なぜなら、すぐれた真の批評にはつねに対象への深度と確度をあわせもつ態度が求められると思うからだ。対象への深度と確度、というのは、言い換えれば、背すじがピッと伸びている共感のことである。だから、その批評は時に批評対象を厳しくえぐり取ることもあるだろう。しかしその痛みなしには批評はなし得ないし、けっきょく、批評家その人がどんな風に生きてしまっているのか、あるいは生きざるを得ないのかがモロ出しになるのが、これからの音楽批評だと思う。

きれいごとを言っていてもそれが限りなく確からしくなければ、誰も読んではくれないだろう。そんな中、意味と意義のある批評をつむいでゆきたい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20180326

2018-03-22

[雑文]音楽と書物の探求 [雑文]音楽と書物の探求を含むブックマーク [雑文]音楽と書物の探求のブックマークコメント


音楽と書物を愛好して四半世紀くらい経つのですが、これらを摂取するにはとにかく時間がかかります。なので、それ以外に必要な時間を最小化せねばならない。音楽と書物によってもたらされる豊穣な体験を知ってしまうと、もうもとのからだには戻れませんw それらはどんな莫大な富にも替えられないものなのですよ…ウフフ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20180322

2018-03-19

[雑文]On a Schumann's Quartet [雑文]On a Schumann's Quartet を含むブックマーク [雑文]On a Schumann's Quartet のブックマークコメント


Schumann's Quartet for Piano, Violin, Viola & Cello, Op.47 is very beautiful work. And its 3rd movement is especially so sweet, painful and makes me commit suicide. Its strings section sings sad deeply and melancholically. The piano accompanies quietly with romanticism. Ahhhh, play this loud at my funeral definitely!!!!!

D

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/utubo/20180319
    フォロー