vidaposのはてな日記

2016-11-03(木)

Chromebookを使いだして

ブログの更新が止まってから1年も経ってしまいました。

もう1年も前の事なので役に立たないかもしれませんが、今さらですがちょっとずつでも続きを書こうかとw


前回の日記で書いたように11.6型のacer「CB3-111-H12M」が届き、後から13.3型のASUS「C300MA-RO010」が届きました。

f:id:vidapos:20151103235837p:image


最初に思ったのは「結構作りがいいな」でした。両方とも十分な外観だと思います。

人によって感じ方は違うと思いますが僕はそれほど安っぽさは感じませんでした。

価格が格段に違う製品と比べるのは意味が無いので、僕はどちらも充分魅力的な製品だと思います。


Chromebookの特長としてよくあげられるのは

・起動が速い

・バッテリーの持ちが良い


どのレビューを見ても必ずその事を書いています。

ですが、購入する前にまず自分が一番気になったのは「デスクトップ画面にファイルは置けるのか?」でした。

f:id:vidapos:20151104000923p:image:w360


acerのChromebookのデスクトップ画面には広大な海が見えますが、まずあの広大な海にアイコンを置けるのか?フォルダを作れるのか?という疑問でした。

しかし色々レビューを見てもその答えはありません。これは自分で買って確かめるしかないなと思いました。

結論から言えば答えはNOでした。デスクトップ画面には何も置くことはできません。ただの壁紙です。アプリのショートカットをタスクバーに並べることはできますがデスクトップ上には何も置くことができません。

デスクトップにファイルやフォルダを置きたい人は注意が必要です。


acer「CB3-111-H12M」はとても小さくて軽く起動するとすぐに使えるので自分の使い方に合っています。

持って歩くのも苦にならない適度な大きさと軽さがとても良いです。タッチパッドも滑らかなので触っていてとても気持ちがいいです。


ASUS「C300MA-RO010」はさすが大画面で見やすさが大きく上がりました。デスクに置きっぱなしで使う人にはこちらが良いかもしれません。

f:id:vidapos:20151104000922p:image:w360


重量はCB3-111-H12Mよりあるのですがちょいと持ち上げる時とかは重量バランスのせいかそれほど重く感じず、逆に大きさの割に軽いと思ってしまいます。

但し重量はそれなりにあるのでバッグに入れての移動などでは重さを感じます。

背面のブラックの仕上げはとてもかっこいいなと思います。


この二機種を最初に使いだしましたが、Chromeリモートデスクトップを使ってからと、もう一つ別の理由があって違う機種をまた買うことになりました。

それは次回にw

2015-11-03(火)

Chromebook買いました。

Chromebook買いました。3台(笑)

今回は購入動機、機種選択について書こうと思います。(端末レビューは次の機会に)


■どうしてChromebookを買おうと思うようになったか?

以前からChromebookのことは知っていました。が、価格の割に性能が合わないという印象でした。

展示会で説明を受けても「価格と性能がこなれてきたら考えます」と答えていたぐらい買う気はありませんでした。


それがどうして購入することになったかというと大きな要因はふたつ。

ひとつはASUSのアウトレットで安く(18,800円)販売されているのを見たこと。

もうひとつはChromeリモートデスクトップが簡単にできることを知ったからです。


Chromeリモートデスクトップで家のPC操作できることを知り、スマホでも操作できることを確認。スマホで可能なのであれば持ち歩きのパソコンは高機能じゃなくてもいいんではないか、ましてやChromeに特化したPCならうってつけなのではないかと思ったからです。


Chromebookの機能はだいたいわかっていましたが、そもそも現在何が買えるのかがわからないためまずはお勉強しました。

Google ChromebooksGoogle

Google(Google)

Google(Google)


日本で買えそうなメーカーは

acer

ASUS

DELL

海外で発売されているモデルなら

HP

・Samsung

・東芝

もある様子。


その中でも現在購入できそうなacerとASUSで考えました。DELLやHP、東芝は売っていなかったり金額も高そうだったので検討しませんでした。

acer、ASUSもいつ発売された機種かもわからない状況だったのでお勉強。


■Acer

Acer Chromebook | ノートブック - 究極の Chromebook | Acer


Acer Chromebook 13 CB5-311-H14N

 13.3型 1,366×768ドット,NVIDIA Tegra K1 CD570M-A1 クワッドコア 2.10GHz

 4GB RAM,32GB フラッシュメモリー,約1.5kg

f:id:vidapos:20151104000924p:image:w360


Acer Chromebook 11 CB3-111-H14M

 11.6型 1,366×768ドット,Intel Celeron N2840 デュアルコア 2.16GHz

 4GB RAM,16GB フラッシュメモリー,約1.1kg

f:id:vidapos:20151104000923p:image:w360


その他にC720もある様子。

Acer Chromebook C720

 11.6型 1,366×768ドット,Intel Celeron 2955U デュアルコア 1.40GHz

 4GB RAM,16GB SSD,約1.25kg

f:id:vidapos:20151104000556p:image:w360

こちらの方が先に出た機種のよう(プレスリリース


■ASUS

ASUS 日本


C100PA

 Rockchip Quad-Core RK3288C プロセッサー 1.8GHz

 10.1型タッチスクリーンIPS液晶 1,280×800ドット(WXGA)グレア

 2GB RAM,16GB eMMC,約0.89kg

f:id:vidapos:20151103235212p:image:w360


C300MA

 インテル® Celeron® N2830 プロセッサー 2.16GHz

 13.3型ワイドTFTカラー液晶 1,366×768ドット (WXGA) ノングレア

 4GB RAM,16GB eMMC,約1.4kg

f:id:vidapos:20151104000922p:image:w360


C200MA

 インテル® Celeron® N2830 プロセッサー 2.16GHz

 11.6型ワイドTFTカラー液晶 1,366×768ドット (WXGA) グレア

 2GB RAM,16GB eMMC,約1.1kg

f:id:vidapos:20151104001549p:image:w360


youtubeでもお勉強。Acerの製品についてはこのページが参考になりました。

Acer Chromebook CB3-111 & CB5-311 ファンレスになって4K映像見れるぞ! - YouTube


acerの前機種C720はファン内蔵で現行機種はファンレスということなのでC720の購入はやめました。

ASUSのC100PAはタッチパネルIPS液晶ということで、金額が3万円以上するものは自分の中で対象外だったので候補には入りませんでした。

そうなると選択肢としては

・パネルサイズが 13.3インチか11.6インチ

・RAMが 4GBか2GB

の二択になります。

解像度はどれを選んでも1,366×768ドットになる様子。国内モデルなのでキーボードは日本語キーボードです。


この中で自分に合うものを検討します。

自分としては大きな物はあまり持ち歩かず最近は10型のタブレットよりも8型がちょうどいいと思っていたので、11.6型の方が合っているなと思いました。

そうして調べていたところ、acerの11.6型には4GBメモリの「CB3-111-H14M」の他に2GBメモリの「CB3-111-H12M」があるということがわかりました。

またASUSのC300MAについてもアウトレットで販売されているのは2GBモデルの「C300MA-RO010」ということもわかりました。

ただでさえ馴染みの薄いChromebookなのにこんな隠しキャラみたいなのがあるとわかりにくいなーと思いました。


最終的に自分は11.6型のサイズと価格からacerの「CB3-111-H12M」を購入。

ただ、その後もASUSのアウトレットで安かった13.3型「C300MA-RO010」が捨てきれず購入してしまいました。

f:id:vidapos:20151103235837p:image


ということで短期間に2台購入。

実は冒頭で書いたように後でもう1台追加することになるのですがその機種についてはまた後日。

とりあえず購入に至るまでのレポートでした。


   

2015-07-16(木)

WiMAX2+ 3日間3GB制限について思うこと

3日間3GB制限のことが賑わっていたことは知っていましたがどうやら色々動きがあったようですね。

すまほんさんのところを見ると経過がわかります。


WiMAX2+大炎上、3日3GB制限導入により – すまほん!!

UQ WiMAXに対する集団訴訟が準備中。原告募集中 – すまほん!!

UQ WiMAX、「3日3GB制限」の緩和と広告表記改善を発表。 – すまほん!!

UQ WiMAXの「3日3GB制限」、規制時の速度は6〜8Mbpsに緩和か – すまほん!!


僕も3日間3GB制限については色々不満がありました。


当初僕は規制がかかった場合翌日一日規制されたら翌々日からは復帰すると勝手に考えていました。

しかし実際その状態になると翌々日になってもスピードが戻らない。あれ?もしかしてまだ規制かかってる?と改めて考えなおすと直近3日間なので翌日規制されても翌々日もまた規制に引っかかるのです。

その内容については今回の発表によってようやく明確に表示されました。

UQコミュニケーションズからみなさまへのお知らせ|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+


f:id:vidapos:20150715065429p:image


f:id:vidapos:20150715065428p:image


この表も1日で「50GB」なんてあまり使用しなさそうな容量を記載してくるところにUQのいやらしさを感じますが・・・


今回の事で世間では「ヘビーユーザーが」とか「3日間3GBなんて異常な使用方法」とか「無制限と謳ってるのに制限をかけるのがおかしい」とか自分の立場立場で好き勝手に言いたいことを言ってるのを見かけます。


アホだなーと思ったコメントでは

3日間で3GBの制限は事実上無制限に等しい。文句言ってる人は暇な学生なのかな?それなら動画見たりしてすぐに3GB超えそうだけど、朝から夕方まで働いている人なら制限を超えるほどつながない。

なんてのもありました。


僕は仕事してるし家に帰ってくるのも夜10時とかでWiMAXも家でしか使ってないけどこんな制限はすぐに超えます。先月のWiMAXノーリミットモードの端末表示では月末で50GBとかなってましたし。

自分の使用方法で使わなければそれが標準だと思うその精神がそもそもおかしいと思いますけどね。


僕は総量規制・3日間3GB制限についても知っていましたし、制限を回避する為にギガ放題にプラン変更したり、中古のHWD15をわざわざ1万出して購入したり自分なりに回避する手段を取ってきました。

それでも今回のWiMAX2+の制限についてはげんなりしていました。

量販店の店頭でWiMAXを見ていて「どうですか?」と話しかけられた時「使ってますけど全然使えないので解約したいです」と関係ない店員に言ってしまうぐらいにはげんなりしていました。


速度制限の理由はもともと「電波の有効活用」や「混雑解消」、「極端な使用方法をしている人とあまり使わない人の間の不公平感をなくす」ことなどだと思うのですが、今回僕がこの制限について何が不満かというと、これが公平の為ではなく「懲罰的に速度制限をかけている」ということです。


上図のように50GBの通信を許しながらその後3日間は速度規制で1Mbpsも出さない。

本来なら混雑解消の為に50GB通信している時点で制限をかけるべきなのに「あなたは極端な使い方をしているから反省するまで使わせない」「何度も繰り返しているから懲りるまで何度でも制限する」という態度でユーザーの活動を縮こまらせ、恐る恐る使用しないといけない状態に持っていくことによって全体の消費量を控えさせようとしていることにすごく不満を感じるのです。


制限中はWiMAXモードのスピードすら出さない。

確かにリアルタイムに制限をかけることは技術的にも困難な部分があるのかもしれないし、いきなり規制をかけられた側も困るかもしれません。

しかし、少なくともWiMAXからWiMAX2+への乗り換えを促進し料金も変わらない金額が発生しているのであればWiMAXモードの上限以下で制限しないと話のつじつまが合わないと思うのです。

ユーザーだってギガ放題に変更し、必要のない中古の端末まで購入して努力をしているというのに規制をかける側は素知らぬ顔で平気で1Mbps以下で運用するなんていうのはユーザーを馬鹿にしていると思われても仕方ありません。

そもそもWiMAXモードの無い220Mbps端末への乗り換えを促進しておきながら1Mbps以下しか出さず、「WiMAXモードであれば制限はありません」「ギガ放題は月間に使えるデータ量に上限を設けておりません」なんて事を平気で言える根性はある意味たいしたものです。


ということでUQの制限にもユーザーの勝手な言い分にも両方にうんざりしているところですが、今回の件をもとにより良いサービスに発展していってくれれば良いなと思っています。

ただ正直僕は同じ料金を払うのであれば光を引いた方がよっぽど幸せになれるなと考えていますのでこの先もWiMAXユーザーでいる自信は無くなりました。