Hatena::ブログ(Diary)

うすい日記帳。

計算機 (とりわけMac), 女性アイドル,かっこかわゆい装い等々をこよなく愛す白林檎 美和が,日々のできごと,気になったこと,生きている証などを書き綴っています。

白林檎 美和,ならびにうす味連合は,創作物の規制/単純所持規制に反対します。ぇろコンテンツをちょこっと嗜むのもままならない世の中なんて,生きていて楽しいでしょうか? イベント会場等で見かけたら,随時署名しましょい☆

案内所

まだまだ執筆ちう…

 

2009.01.01 (Thu) あけおめめ〜☆

[] うるう秒09:55

8時59分60秒の時報 (9時00分00秒と続けて, 2回“ぽーん”と鳴るさう) をPCへ録ろうとした…が! 117はつながらなかった。ですょねぇ…

2008.08.07 (Thu)

[] 27歳の妹。 00:38

私の妹が, 27歳のたんぜう日を迎えた。数年前にも書いた気がするが,いいらさんと1日違いだ。おめでたう☆

2008.01.26 (Sat)

[] 脊髄反射。 17:16

昨日の記事に対して,早くもリンク元の日記からツッコミがきた。各種情報の出所が補足されたかと,一瞬期待したが…そんなものはどこにもなく,ただ私を叩くのに必死なだけのやうだ。“これだからアンチってやつは…” と云いたくなるやうな文面である。

当該記事の著者は,私が異議を唱えていると思い込んでいるやうだが,それは大きな誤解である。私は個人情報漏洩うんぬんの主張そのものがおかしいと云っているのではなく,それらの主張が正しいとする裏付けがないことがおかしいと云ったはずだ。冒頭の住基カードの普及率にしても,その値の出所が明示されていなければ,嘘か真か判断のしようがない。どんな文書にせよ,このての情報はソースを示すのが当然である。何かとノイズの多いweb上では,とくに重要なことだ。

さらに思い込みで, “ヲタ男” だの “その関係のIT業界” だのほざいているが,どこまでファビョれば気が済むのだろう? たしかに私は,平たく云えば “IT" 業界に勤めている。が! 私は組み込み系ソフトウェアの開発をメインに行っており,官公庁等の情報システムの開発・保守には携わったことがない。もし私の勤め先が関わるとしたら, ICカードリーダの回路,ファームウェアや,そいつをぶら下げるホスト側のドライバ,アプリくらいだろう。それも,どこかの電機メーカからの2-3次請けくらいで w。住基ネットが今後伸びようが伸び悩もうが,会社には影響なさげだが,私個人としてはお手軽な公的身分証がなくなるのは少々痛いところである。

“ヲタ男” とか云ってくるあたり,著者はさしずめ,無自覚なスイーツ脳だろうか。こういう人種とは,おふで積極的に交流したいと思わないので,向こうからまいみくを外してくれて清々した。念のため,こちらからもアクブロしてやった。虫の居所が悪いときに,こういう香具師に遭遇したら,渾身の頭突きを食らわせかねない。

2008.01.25 (Fri)

[] Anti-anti-住基ネット。 00:44

みく経由で,住基ネット不要論なる記事を見かけた。要点を並べると,こんな感じだ。

  1. 横浜市で,住基カードを作りに行ったのは,人口の1.3%と少ない。他の市区町村でも,普及率は悪い。
  2. 横浜市は住基ネットの運用に否定的で,積極的なPRをしてこなかった。
  3. 住基ネットにはセキュリティ面の不安,個人情報漏洩の恐れがある。
  4. 運転免許証やパスポートをもつ人にとって,住基カードは無用の長物である。

いろいろ意見するのは自由だが,一通り読んでも上っ面の話だけで,説得力に欠ける。住基ネットに関して,私は中立のつもりだが,こう云う “ただ騒いでいる” 系のアンチはさすがに気持ち悪い。

ソースの提示がない
最初の段落でネットで検索していたら、去年の記事でこんなものが見つかったと云っているが, 肝心の “こんなもの” の所在が示されていない。ネットで見つけたものなら,まずリンクを貼るべきだろう。記事を読んだ人に,わざわざ元ネタを検索しろとでも云うのだろうか? 意地悪な人なら “脳内ソース乙” と云いかねない。
各主張の根拠がない
1の理由が2-4だと云いたいやうだが,それを裏付けるデータが全く提示されていない。住基カードの普及が進まない理由の1つをPR不足のせいだとするなら,住基カード未取得者を対象としたアンケートの結果でも載せればいい。そこで “それって美味しいの?” と云った回答が上位に入れば,主な理由に挙げられるだろう。ひょっとしたら元記事には,詳細なデータが載っていたりするのかもしれない。が,元記事が示されていないのでは,この話をどこまで信用していいのか全く判らない。“どっかのスレから,てきとーに拾ってきたんぢゃね?” と勘ぐる人も,少なくないだろう。
セキュリティ面の不安
なにやら住基ネットだけが,特別にでかい脆弱性を抱えているかのやうな云い回しだが,これも根拠が示されていない。個人情報漏洩の危惧があるのは,個人情報を保存しているシステムならどんなものでも同じである (コンピュータ化以前の非電源系台帳だって,盗難や中の人々の悪事と云った危険にさらされているのだから!)。“住基ネットを導入したら,いままでなかった脆弱性がこんだけ増えましたよ〜” と具体例を挙げ,それが他のシステムとどう違ってどれだけ危ういのか示せばいい。
運転免許証,パスポート
“これらを持たない人なんて滅多にいない” と云いたげだが,実際はどうだろう? 運転免許証を取得するには,所定の講習を受け,筆記・実技両面の試験に合格する必要がある。それには¥100k単位の銭と,まとまった時間が必要だ。パスポートの取得は,運転免許証の取得よりハードルこそ低いものの,全部で¥30kほどかかる。自動車を運転せず,海外へ行くこともない人に,これらを取得しろと云うのだろうか? 身分証のためにペーパードライバになっていた人々にとって,わずか¥500で取得できる顔写真つき身分証は,救世主だったのではなかろうか (かくいう私も,その1人である)。“自分には運転免許証があるから,住基カードなんてイラネ” と云うのは勝手だが,周りも皆同じであるかのやうに決めつけてはいけない。

そして極めつけは,最後の段落。まるでどっかのスレに粘着し,でたらめをさんざん書いた挙げ句,周りからのツッコミに反論できなくなってケツをまくるやうな表現だ。“言及しない” のではなく “言及できない” のでは wwwww?

2007.11.24 (Sat) D300 習熟運転。

[] たまには,おにゃのこ以外も… 02:45

昨日お迎えしたNikon D300に身体を慣らすべく,昼過ぎからクイーンズスクエア横浜へ行ってきた。

ロボットウィーク
クイーンズサークルでは,ロボットのイベントが行われていた。家族連れが多めで,大きいお友達は見られなかった。
深海巡航探査機「うらしま」
↑で展示されていた, 1/5の模型。無人で海底を動き回り,資源を探したり,地図を作ったりするのに使われていると云う。
展示会スタッフの1人が,私のD300を見て驚いた。“これ,昨日発売だったんですょ” と返すと, “そして今日撮っていただけるとは光栄です” と,妙に感謝されてまった。
ヲタ大道
クイーンズスクエアとランドマークプラザの間にある広場で,最大7つのお手玉と,やたら丈の長い一輪車を披露していた。
これには写っていないが, この広場での大道芸は,グランモール公園円形広場管理運営委員会に登録した方に限ります。 という立て看板があった。秋葉原電気街にも,ストリートな方々向けに登録制の広場を設けたら,中央通りはもっと平和になるんぢゃなかろうか?
大観覧車
前の会社にいた頃は,かへりにこいつのイルミネーションを横目で見ていたが…乗ったことは1度もなかったり。
シンギングツリー
クイーンモール2Fでこの時期,毎年恒例となっている。館内をうろつきながら, 17:30のショータイムまで粘って撮ろうかとも思ったが…昼食を食べ損ねてしんどかったので,早めに退散してまった。
云うまでもないが,家族連れとカプールが多い。私はこの先いつまで,独りで出かけて撮ったりするのだろう…

2007.03.30 (Fri)

[] ずーん…

急に暑くなったり寒くなったりする今日この頃,おとといあたりから風邪っぽく,今日は朝から頭痛に襲われた。そんなわけで, 1回休み。

2007.03.24 (Sat) へろりんこ。

[] 在宅。

昨日のうさ学卒業式で観た地下ドルさんたちは,今日も各方面でイベントに出演しているさう。しかぁし私は激しく疲れたので,今日-明日はマターリ在宅で過ごそうかと。

[] 続・もう1つの卒業。

昨日の日記の最後に書いた “もう1つの卒業” だが…白林檎 美和はこの度,一般人を卒業し,オタクになることを決意した。次の理由から,オタクへの移行を以前から検討していたが,なかなか踏ん切りつかずにいた。昨日の卒業式が,私の背中をそっと押してくれた。

“オタク” に対するイメージの向上
昨今は “オタク” の大衆化が進み,オタクに対する世の中的なイメージは,私が1999年8月に娘。へはめられたころに比べて劇的に向上した。もはや,誰もが自らを “オタク” と名乗ってもおかしくない風潮となりつつある。ちょいオタがかっこいい? とまで云われている時代,頑なに一般人で居続けるより, “ちょい” ではない本気のオタクとして一歩先を行くほうが,周りから友好的に見られやすいだけでなく自身にとっても楽しいだろうと判断した。
“一般人” であることのメリットの減少
地下 / プレアイドルさんたちの集まる現場は “一般人などいない” と云われるほど,オタクの “精鋭” が結集している。そのやうな環境で “一般人” と名乗っても,ネタとしてスルーされたり,否定されたりすることが多かった。推しの娘たちからも “おたくに見えるょぉ” と云われるなか,それを否定し一般人であることを説明して回ったところで,広く理解されることはなかった。オタクで通っていても,いまのところ問題は発生しておらず, “一般人” を主張するメリットが感じられなくなった。

4/1から正式に, “オタク” な新生白林檎を始動できるやう,これまで以上に精進していきたい…と云っても,大筋は変わらないと思ふので,皆様これまでと変わらぬおつきあいをおながいします w。

 

本文とCSSの大部分は白林檎 美和,コメントはそれを書いた人が著作権を有します。のこりものは, © hatena, 2003-2007 です。
文中に記載の団体名・商品名などは,その権利をもつところの登録商標・商標だったりします。
393983