YAMDAS現更新履歴

このページは YAMDAS Project の更新履歴ページです。

Twitter Livedoor Readerに追加 はてなアンテナに追加 Feedlyに登録 RSS1.0

 | 

2010-03-29

[] マイレージ、マイライフ  マイレージ、マイライフを含むブックマーク

マイレージ、マイライフ [DVD]

マイレージ、マイライフ [DVD]

ワタシが住む街では一つの映画館でしかやってない。ハリウッド大作とインディー系の中間をいく作品ではあることは分かるが残念。

一年のうち322日は出張で飛び回り、空港を「我が家」と呼ぶ根無し草な主人公は、独身貴族という古めかしい言葉が似合うジョージ・クルーニーのはまり役だし、あと鼻っ柱の強い新人を演じるアナ・ケンドリックがすごくよかったな。

演出がとても気が利いていてよくできた映画である。上映中何度か客席から笑いが漏れていた。が、ワタシは途中まで正直あまり入り込めなかった。

それはリストラ通告人の仕事を描いた本作の内容が、このご時世個人的に洒落にならないというのがあるだろうし、ワタシ自身本作の主人公とは違った理由ではあるが未だ結婚ひとつできない人間で、その負い目を感じたからかもしれない。

感情の水位がぐぐっと上がったのは主人公が後半思い切り打ちひしがれるところからで、最後再び旅に出るラスト、空港の掲示板を前にした主人公はキャリーバッグから手を離し、その顔が大写しになる。もちろんジョージ・クルーニーは今も男前だけど、その顔には老いが浮かび、所作に以前の軽快さはない。そして自分が何者か悟ったことを告げるモノローグにワタシは震えた。

本作には空港でクルーニーを中心に据えた良い画がいくつもあったが、このラストシーンは特にぐっときた。しかしそれに感じるのは高揚感ではなく、確か柳下毅一郎さんが『アバウト・シュミット』を指して言っていた黒沢清のような虚ろさに近いものがある。

本作の監督は『サンキュー・スモーキング』や『JUNO/ジュノ』を撮った人なのか。両方とも評判を聞いて観ようと思いながら未見だったので、時間を見つけないと。

[] もうすぐWikipediaのユーザエクスペリエンスが大幅に変わるらしい  もうすぐWikipediaのユーザエクスペリエンスが大幅に変わるらしいを含むブックマーク

来月 Wikipedia のユーザエクスペリエンスが大幅に変わるらしい。簡単に説明すると大きな変更点は以下の三つ。

  1. デフォルトの見た目が変わり、必要な機能が見つけやすくなる
  2. 編集ツールバーが導入され、ページ編集が容易になる
  3. サイトレイアウトが顕著に変わり、サイトナビゲーションの簡素化などが図られる

50万人をこえるベータユーザでの使用を経た変更のようで、ReadWriteWeb のリポートも参考まで。

Wikimedia Foundation の User Experience チームは自信をのぞかせているが、このエントリを書いている Naoko Komura さんは日本人なのかな。

[] 3月31日は「ドキュメントの自由の日」  3月31日は「ドキュメントの自由の日」を含むブックマーク

opensource.com で知ったのだが、3月31日は Document Freedom Day らしい。

screenshot

Document Freedom Day とはすべての電子文書におけるオープンな標準の重要性を祝う日とのこと。Google やオラクルなどがスポンサーとして、Google の Vint Cerf や Chris DiBona、Samba の Jeremy Allison といった人がサポーターとして名前を連ねている。

日本での認知はゼロに近いと思うので取り上げてみた。

[] ロンドンの海賊ラジオシーンのドキュメンタリー動画  ロンドンの海賊ラジオシーンのドキュメンタリー動画を含むブックマーク

こないだ無法者が所有権法を向上させてきた歴史を解き明かす本を紹介したが、The Pirate's Dilemma の Matt Mason が、ロンドンの海賊ラジオシーンを取材したドキュメンタリー動画を公開している。

このドキュメンタリーにも出てくるが、60年代イギリスでは海賊ラジオ局が隆盛を誇っており、『パイレーツ・ロック』という映画もあったが、今も海賊ラジオが続いていたとは。ネットとの連携の話が欠かせないところが21世紀ですな。

ネタ元は Boing Boing

The Pirate's Dilemma: How Youth Culture Is Reinventing Capitalism

The Pirate's Dilemma: How Youth Culture Is Reinventing Capitalism

[] あなたが『ショーシャンクの空に』について知らない11のこと  あなたが『ショーシャンクの空に』について知らない11のことを含むブックマーク

『ショーシャンクの空に』というと、公開当時よりも評価を高め、愛される名作の代表例であり、一方であまりに定番視されるため観もしないでバカにする人もいるが、前にも書いたようにワタシはこの映画が両手いっぱい広げて大好きだ。

さて、その『ショーシャンク』について知られていない11の事項とは何か。

  1. アメリカ動物虐待防止協会(ASPCA)のチェックのため、ブルックスがペットの鳥に蛆虫を餌として与える場面は、「既に死んだ」蛆虫が使われた
  2. モーガン・フリーマンの息子が囚人役で出演している
  3. この映画がアメリカのケーブルテレビで頻繁に放映されるのは、テッド・ターナーが権利を配下のネットワークに安く売ったため
  4. スタンド・バイ・ミー』、『ミザリー』とスティーヴン・キング作品を映画化したロブ・ライナーも本作の映画化に興味をもっていたが、彼の配役ではアンディー役がトム・クルーズで、レッド役がハリソン・フォードだった
  5. アンディーが下水管を這う場面の汚物はチョコレートシロップ
  6. 所長がアンディーの聖書を開ける場面、そのページにはユダヤ人のエジプトからの脱出が描かれる『出エジプト記』が書かれている
  7. ショーシャンク刑務所の内部は、マンスフィールド少年院の設備を用い一からセットで作られた
  8. トミー役は当初ブラット・ピットが演じる予定だった
  9. フランク・ダラボンはキングの原作に忠実でありたかったので、ラストシーンの浜辺の場面は入れるつもりはなく、撮った後もカットしたがった
  10. フランク・ダラボンは、1ドルの使用料で学生がキングの作品を映画にする Dollar Baby の一貫で『312号室の女』を撮ったときにキングと文通友達になった
  11. キングの原作ではレッドはアイルランド人でそれが名前の由来。だからアンディーに名前の由来を聞かれて、モーガン・フリーマンが「俺がアイルランド系だからだろう」と答えているのがジョークになっている

半分くらい Wikipedia にも書かれている話だが、ASPCA の話はアホらしいな。連中の理屈に従えば、蛆虫をそのまま鳥に食わせるのは蛆虫の「虐待」らしい(生類憐みの令かよ!)。亀の甲羅を剥いで解体するシーンを動物愛護団体に抗議され、「ああ、たしかに殺したよ。でも、その後にちゃんと食べた」と言い放った『食人族』のルッジェロ・デオダートは遠くになりにけり。

この映画がケーブルテレビでしょっちゅうかかっているという話は、テレビでの放映が一般的な評価につながった『素晴らしき哉、人生!』を思わせる。

あとトム・クルーズハリソン・フォード主演だったほうが公開時の注目は現実より10倍は高かったろうが、あの名作にはならなかったろうね。

ネタ元は Digg

ショーシャンクの空に [DVD]

ショーシャンクの空に [DVD]

dotnetadotneta 2010/03/30 03:15 Naoko Komura さんは日本人ですね。http://wikimediafoundation.org/wiki/User:Shuhari

yukichi99yukichi99 2010/04/02 23:58 ちょっと前の記事にコメントですが、彼女は、昨年のカンファレンスに協力してくれていました。もちろん、日本人です。

yomoyomoyomoyomo 2010/04/03 00:25 dotnetaさん、yukichiさん、コメントありがとうございます。やはり日本の方でしたか。Wikipediaの重要な部分を担っているというのはもっと知られてよいことだと思います。

2010-03-25

[] 第8回Wikiばなの感想  第8回Wikiばなの感想を含むブックマーク

第八回Wikiばなだが、今回は作業の合間に ustream でみさせてもらった。

個人的には岡田良太郎さん(id:okdt)の「わたしの、みんなの・・・とタイムライン(+ α)」が最も刺激になった。

塚本牧生さん、江渡浩一郎さん(博士号並びに情報理工学系研究科研究科長賞受賞おめでとうございます)のプレゼンをみるのが初めてでないというのもあるが(もちろん今回の内容は初めてだけど)、どうしても我々は「Wikiばな」という準拠枠に従う形で Wiki のことを話そうとするのに対して、岡田さんはそうしたこだわりなく主題に切り込んでいて、しかも Wiki についても当然ちゃんとした知識や経験を持っているというところが大きかった。

以前「第1回ウェブ学会シンポジウムの後に考えた集合知の行方」に岡田さんにいただいたコメントを、今回の発表をみてようやく咀嚼できたように思う。

あと関係ないが、今日3月25日はWikiの誕生日だったりする。

[] オンライン論文誌First Mondayの最新号にWikipedia論文が  オンライン論文誌First Mondayの最新号にWikipedia論文がを含むブックマーク

Slashdot 経由で知ったのだが、オンライン論文誌 First Monday最新号に Wikipedia を題材にした論文が二つ掲載されている。

一つ目は How today’s college students use Wikipedia for course-related research で、大学生がどのように Wikipedia を利用してるのかを調査している。予想通り Wikipedia は講義を調べものに利用されてるけど、必ずしもべったり依存してるわけではないみたい。

もう一つは Peer governance and Wikipedia: Identifying and understanding the problems of Wikipedia’s governance で、Wikipedia の編集を巡る衝突から Wikipedia の管理のあり方を分析している。peer governance というのは意外に聞いたことないフレーズである。

両方の論文とも CC ライセンスが指定されているので、どなたが興味ある方は翻訳を公開してみてはどうだろう。

[] 今年のFree Software Awardsはジョン・ギルモアとInternet Archiveが受賞  今年のFree Software Awardsはジョン・ギルモアとInternet Archiveが受賞を含むブックマーク

Creative Commons WeblogLWN.net などで報じられているが、今年の FSF Free Software Awards の受賞者として John GilmoreInternet Archive が発表された。

どちらとも文句なしだが、最近の若い人だとジョン・ギルモアのことを知らない人も多いのかな。彼のフリーソフトウェアに関する貢献は、後に Red Hat に買収される Cygnus Solutions の創業、LinuxIPsec プロトコル実装 FreeS/WAN プロジェクト(参考:(Linuxの)IPsecの困難)立ち上げなど特に暗号方面への貢献、そして電子フロンティア財団の創立が主なところか。

今年電子フロンティア財団が設立20周年というのも影響してるのかも。

無法者が所有権法を向上させてきた歴史を解き明かす『Property Outlaws』 無法者が所有権法を向上させてきた歴史を解き明かす『Property Outlaws』を含むブックマーク

Cory Doctorow や電子フロンティア財団の弁護士 Fred von Lohmann が取り上げている『Property Outlaws』という本が面白そうだ。

手錠が描かれた表紙が象徴的だが、無断居住者や海賊業者といった、いってみれば無法者が所有権に関する法律を鍛え、向上させてきた歴史を解き明かす本のようで、著作権周りの話に留まらない内容のようだ。

無法者が現実を動かすというのは極端な主張じゃなくて、『デジタル音楽の行方』にもケーブルテレビが元々は盗みのような形で始まったことが書かれている。

海賊行為についての本というと、以前WIRED VISION 原稿で取り上げた The Pirate's Dilemma は八田真行が翻訳することを Twitter で見かけたように思うし、Fred von Lohmann が紹介している『Piracy: The Intellectual Property Wars from Gutenberg to Gates』(asin:0226401189)も今年出ていて、海賊行為研究が進んでいるようだ。

[][] 【職場では】異能AV監督ゴールドマンの驚異の実験的ビデオ【閲覧注意】  【職場では】異能AV監督ゴールドマンの驚異の実験的ビデオ【閲覧注意】を含むブックマーク

帰宅して、安田理央さんと柳下毅一郎さんが No1 in HEAVEN を語る dammune@dammune)を視聴したところ、いきなりとんでもない映像が流れていて文字通りのけぞってしまった。

ワタシが見たのは異能 AV 監督ゴールドマンが制作したビデオらしい。これが作られたのがおよそ20年前というのに驚く。安田理央さんの1992年ゴールドマン原稿を紹介したばかりだが、確かにこの人はすごい。クリス・カニンガムを軽く先んじていた。

ymnxx さんの tweet でこのビデオが YouTube にアップロードされているのを知ったのでご紹介。これを見ればワタシの衝撃は分かってもらえると思うのでとにかくみてくださいな(ただし職場での閲覧には向いていません)。

D

[][] ONCE ダブリンの街角で  ONCE ダブリンの街角でを含むブックマーク

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

正直映画としてはぬるい。ストーリーに葛藤がないし、あと女が男の元カノの話を執拗に聞きたがるのもヘンな感じがした。

本作はドキュメンタリータッチの映画だが、本来ならもっと大変なはずの銀行で融資を求める場面や、同じく路上で演奏する人たちにバックを依頼する場面(俺たちはリジーしかやらねぇ)がちょっとしたアクセントになっていた。

そして、音楽映画としてはこれは文句なしに素晴らしい。特に楽器店で二人がはじめて一緒に演奏する場面が良かった。

グレン・ハンサードの歌もすごく良いのだけど、個人的にはこの映画の魅力は、マルケタ・イルグロヴァ、特にその目に大半を負っている気がする。

MUSIC FROM THE MOTION PIC

MUSIC FROM THE MOTION PIC

2010-03-23

[][] 『No1 in HEAVEN』Vol.3発売記念! 安田理央氏の1992年ゴールドマン原稿発掘  『No1 in HEAVEN』Vol.3発売記念! 安田理央氏の1992年ゴールドマン原稿発掘を含むブックマーク

安田理央id:rioysd)責任編集による SUPER INDEPENDENT ADULT DVD MAGAZINE No1 in HEAVEN Vol.3 が発売とのこと。

その安田さんの土曜朝の tweet を見てふと思い出したことがあり、やりとりした。

おれは日本で唯一のゴールドマン研究家ですよ! RT @kiichiro: No.1 in Heaven vol.3 安田さんゴールドマンが好きすぎる(笑) 今号は傑作だと思います。二村さんの「女装美少年」がなんかむらむらする!

http://twitter.com/rioysd/status/10746610149

安田さんが昔ロキノンのカルチャー欄に書かれたゴールドマン原稿覚えてますよ! RT @rioysd: おれは日本で唯一のゴールドマン研究家ですよ! RT @kiichiro: No.1 in Heaven vol.3 安田さんゴールドマンが好きすぎる(笑)

http://twitter.com/yomoyomo/status/10748491200

書いた書いた。すごい昔。まだコピーライターやってた頃だ。RT @yomoyomo: 安田さんが昔ロキノンのカルチャー欄に書かれたゴールドマン原稿覚えてますよ! RT @rioysd: おれは日本で唯一のゴールドマン研究家ですよ!

http://twitter.com/rioysd/status/10748585651

はい、そういうわけで1989〜2004年まで読者だった rockin' on の思い出の文章を紹介する「ロック問はず語り」をひさびさにお届けする。

今回調べたところ、ワタシが覚えていた安田理央さんの原稿は、1992年8月号(p.125)に掲載された「ゴールドマンをほめよ 日本映像界を挑発する謎の尖鋭的AV監督」だった。1992年って20年近く前だ!

ワタシがこの文章を覚えていたのは、正面から AV を論じた文章がロック雑誌に載るのは当時珍しく、新鮮だったからだろう。「ゴールドマンをほめよ」というタイトル通りのゴールドマン賛歌で安田さんは書いている。

「現在の日本においてポップなのは、ロックよりもマンガだ」なんていったのは誰だったか。全く正論だと思った。そしてロックよりもアナーキーなのがアダルトビデオだ。そして今、様々な理由によりアダルトビデオは死のうとしている。それは「ロックが死ぬ」以上に現実的な話だ。

それから時は流れ、安田さんは『エロの敵』を書き、No1 in HEAVEN というメディアを立ち上げた。そして、かつてロキノンの一読者だったワタシは安田さんとやりとりをしている。これは予想しなかった未来だ。

エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること (NT2X)

エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること (NT2X)

[] ジョエル・スポルスキー最後のメッセージとMercurialの話続き  ジョエル・スポルスキー最後のメッセージとMercurialの話続きを含むブックマーク

こないだ Joel Spolsky によるMercurialチュートリアルの話を書いたが、その Joel 先生のブログ最後のエントリ(技術エッセイとしては)もやはり Mercurial の話題だった。青木靖さんがあっという間に「分散バージョン管理で間違いないって、ベイビー」と翻訳を公開している。青木靖さんの仕事はいつもそうであるが、素晴らしい。

さて、前回のエントリには、日本で唯一の Mercurial 解説本の著者である藤原克則さん(id:flying-foozy)自身に、Bryan O'Sullivan の『Mercurial: The Definitive Guide』の日本語訳を公開していることを教えていただいた。

ワタシ自身は未だ CVSSubversion しか仕事で使ったことがないのだが、周りでも一部 Mercurial 採用の動きがあったりするので、いい加減分散バージョン管理について理解してないといけないな。

[][] CCライセンス音楽配信サービスMagnatuneが定額制に移行  CCライセンス音楽配信サービスMagnatuneが定額制に移行を含むブックマーク

Creative Commons BlogBoing Boing で取り上げられているが、CCライセンスの音楽配信サービスである Magnatune が、ビジネスモデルの変更を発表している。

具体的には CD の販売を止め、月15ドルで無制限にダウンロード、ストリーミングが可能な会員制に一本化するということだが、実はワタシが以前 Magnatune を取り上げた「オープンミュージックビジネスの挑戦」の時点でその方向性は語られてたんだよね。

当然 DRM フリー、CC ライセンスの採用といった基本線に変更はない。定額制サービスの試金石となるか。Jamendo もそうだけどこういうサービスには頑張ってサバイブしてほしいところ。

『彼と結婚しなさい──ミスター無難と身を固める理由』はアメリカ版婚活本? 『彼と結婚しなさい──ミスター無難と身を固める理由』はアメリカ版婚活本?を含むブックマーク

この記事で紹介されている『彼と結婚しなさい──ミスター無難と身を固める理由』ってすごいタイトルだが、これは飽くまで原書の直訳であり、このような邦題の本が刊行されたわけではない。

Marry Him: The Case for Settling for Mr. Good Enough

Marry Him: The Case for Settling for Mr. Good Enough

この著者の Lori Gottlieb は、笑いと皮肉たっぷりにドットコム企業崩壊の理由を明かす暴露本の著者でもある人だが、新刊は日本における「婚活本」と割と近いテイストなのかどうか。彼女は、多くの女性が愛を見つけられない理由は、表面的なあら探しばかりしているからだと主張する。そして彼女はフェミニズムの悪影響を語る。

 ゴットリーブは誰を非難しているのか。「こう言うと嫌われることは分かっている」と、彼女は書く。「でもフェミニズムは完全に私の異性関係を駄目にした」

フェミニズムに批判を向けるローリ・ゴットリーブを、この記事の著者ジュリア・ベアードは激しく批判している。しかし、元からフェミニストではないワタシから見れば、どっちもどっちというかフェミニズムがどうであれ結婚できてない現実は同じだろ? と醒めた目で見てしまうのだが。

まぁ、ワタシも同じく結婚できてないアラフォー(笑)という点では同じだけどな!

[] エリック・アイドルが『Monty Python's Spamalot』の映画化に着手  エリック・アイドルが『Monty Python's Spamalot』の映画化に着手を含むブックマーク

こないだ『Not the Messiah』の劇場上映を取り上げたとき、Monty Python's Spamalot ともども DVD 化されないものかと書いたのだが、エリック・アイドルは映画化の準備を進めているらしい。

しかし、『Spamalot』は元々『ホーリー・グレイル』のミュージカル化なわけで、それが映画化なんてそんな例あったかねと思ったが、考えてみれば今公開中の『NINE』がそうで、あれはフェデリコ・フェリーニの『8 1/2』にインスパイアされたミュージカルの映画化だよね。

jigokumimijigokumimi 2010/03/23 00:47 「ヘアスプレー」も「プロデューサーズ」もそうですね。「ヤング・フランケンシュタイン」や「クライ・ベイビー」もミュージカルになってるので、そのうち映画化されるんじゃないですか?映画→ミュージカルまでは成功しても、そのまた映画化が成功した例って少ないんで(ヘアスプレーは結構好きですが)、Spamalotがどうなるのか、ドキドキです。

nogajunnogajun 2010/03/23 00:57 Jamendo Proで店内BGM用のストリーミングサービスをしていますが、サクサク聞けてサクサクダウンロードもできる個人向けプレミアムサービスがあれば入りたいです。

yomoyomoyomoyomo 2010/03/23 02:08 >jigokumimiさん
言われてみればその通りで、前例がありましたね。個人的にはミュージカル化された『死霊のはらわた』と『ザ・フライ』がミュージカル映画としてリメイクされてほしいところです。

>nogajunさん
Jamendoもライセンスビジネスの道は残ってますね。でも、こういうのは値付けとサービスの度合いが難しくもありますね…

ultimateanswerultimateanswer 2011/06/20 01:49 まさかスパマロット日本公演が実現する日が来るとは・・
http://spamalot.jp/
TBSかぁ・・という一抹の不安もありますが。

yomoyomoyomoyomo 2011/06/20 07:43 来年1月ですか! 正直日本じゃ無理やろねと思っていたので嬉しいです。これは観に行かないとねー

2010-03-18

[] YAMDAS更新(岸本佐知子『ねにもつタイプ』)  YAMDAS更新(岸本佐知子『ねにもつタイプ』)を含むブックマーク

yomoyomoの読書記録岸本佐知子『ねにもつタイプ』を追加。

ねにもつタイプ (ちくま文庫)

ねにもつタイプ (ちくま文庫)

いやぁ、本当にコワい本でした。ずっと前に読んでいたのに読書記録をなかなか書けなかった。昨年のうちに読んでいた伊藤計劃虐殺器官』は読書記録を諦めたので、これで「在庫」はなくなった形である。

[] ブログ引退のジョエル・スポルスキーによるMercurialチュートリアル他  ブログ引退のジョエル・スポルスキーによるMercurialチュートリアル他を含むブックマーク

先ごろブログから引退を表明した Joel Spolsky だが(この件については後で取り上げるかも)、Hg Init という分散型バージョン管理システム Mercurial のチュートリアルを公開している。

screenshot

これは彼の会社 Fog Creek で提供する Kiln(バージョン管理だけでなくコードレビュー機能もある)の販促が主な目的なようだ。

ところで Joel Spolsky と Mercurial というと、以前紹介した Mercurial の入門書があったと調べたら、著者名が William von Hagen のみになっており、発売日が半年伸びていた。

Beginning Mercurial

Beginning Mercurial

しかし、表紙画像をみるかぎり Joel の名前しか書いてないんだけどね。うーん、よく分からん。

それはそうと Mercurial の本というと日本では未だ一冊しか出てなくて、この点に関しては Git に水をあけられている形である。

入門Mercurial Linux/Windows対応

入門Mercurial Linux/Windows対応

バンクーバー五輪の最大の勝者は日本生まれのホットドッグ? バンクーバー五輪の最大の勝者は日本生まれのホットドッグ?を含むブックマーク

Rebecca Blood さんのところで知ったのだが、バンクーバー五輪の間、日本生まれのホットドッグの屋台 Japa Dog が人気を多いに高めたそうな。

screenshot

Japa Dog なんて聞いたことなかったが、バンクーバーで唯一の日本人経営のホットドッグ屋台とのことで、そうと分かれば応援したくなる。

[][] エリック・アイドルの『Not the Messiah (He's a Very Naughty Boy)』が一夜限りの映画館上映  エリック・アイドルの『Not the Messiah (He's a Very Naughty Boy)』が一夜限りの映画館上映を含むブックマーク

id:ultimateanswer さんに教えていただいたのだが、今年のはじめに紹介したエリック・アイドルのコメディーオラトリオ『Not the Messiah (He's a Very Naughty Boy)』がヨーロッパを中心に3月25日に一夜限り映画館で上映されるとのこと。

screenshot

うらやましいなぁ。これがモンティ・パイソン結成40周年の最後のハイライトとなったわけだ。

D

なかなかゴージャスじゃないの。この予告編には出てこないが、サイトのほうをみるとキャロル・クリーブランドも出演してるね。

Spamalot』ともども DVD 化されないものかな。

[][] イギー・ポップ×デヴィッド・ボウイな名盤2枚  イギー・ポップ×デヴィッド・ボウイな名盤2枚を含むブックマーク

Idiot

Idiot

LUST FOR LIFE

LUST FOR LIFE

先日ストゥージズとしてロックの殿堂入りをしたイギー・ポップを祝して。

イギー・ポップというと、やはりストゥージズ当時からの上半身裸で暴れまわる姿が一般的なイメージなのかもしれないが、ワタシとしてはストゥージズ解散後にデヴィッド・ボウイがプロデュースしたこの2枚のアルバムが、彼のバリトンボイスを堪能できて一番好きである。

これはボウイの「ベルリン時代」に作られたアルバムだが、音はもっとオーソドックスなロック寄りで、イギーの資質を曲げるプロデュースにはなってない。『The Idiot』はモノクローム、『Lust For Life』はもっと漂白されたイメージがあるが、これはジャケットの色彩に影響されているのかもしれない。2枚のうちでは "The Passenger" が入ってる『Lust For Life』のほうが好きかな。

楽曲からしてほとんどがボウイとの共作で、"China Girl" をはじめとして、80年代ボウイがリメイクした曲がいくつもあり、実験台にされたように思うのかイギー自身はこれらのアルバムをあまりよく言わないらしいが、やはり名作だと思うよ。

『Lust For Life』のタイトルトラックは、映画『トレインスポッティング』のオープニングで使われてリバイバルしたが、相応しい鮮烈さを保つ曲である。ワタシは以前から広末涼子のデビュー曲「MajiでKoiする5秒前」のリズムパターンは "Lust For Life" からの拝借だと主張しているのだが、あまり賛同してもらえない。そういえば「MajiでKoiする5秒前」も映画の主題歌に使われるらしいね。

flying-foozyflying-foozy 2010/03/18 12:30 かなり初期から "Mercurial: The Definitive GUide"
(通称 hgbook/bosbook)が公開されていたためか、
海外版の出版点数が少ない印象は確かにありますね。

http://hgbook.red-bean.com/

旧版ベースではありますが、日本語訳も公開中です。

http://foozy.bitbucket.org/hgbook-ja/index.ja.html

最新版へのキャッチアップは鋭意作業中ですので暫しお待ちを orz

yomoyomoyomoyomo 2010/03/18 23:28 藤原さん、ご教示いただきありがとうございます。
昨年コメントをいただいたときに言及されていた日本語訳が公開されていたのですね。追ってこちらでも紹介したいと思います。

2010-03-15

[][] YAMDAS更新(オープンソースビジネスを構築する)  YAMDAS更新(オープンソースビジネスを構築する)を含むブックマーク

Technical Knockoutオープンソースビジネスを構築するを追加。Tarus Balog の文章の日本語訳です。

LWN.net で知った文章だが、はっきりいって大した文章ではない。それでも訳したのは、OpenNMS への興味があったのと、著者がそれの責任者となるエピソードが面白かったこと(要は彼は自分のクビと引き換えにオープンソースプロジェクトの運営を引き受けたわけだ)。最近日本における起業の難しさについての文章が話題になっているが、スーパーハカーでなくてもオープンソースでビジネスを立ち上げることができる事例を知ることは有益だと思う。続編も訳すかは決めてないけど。

一気に訳したので、訳文におかしなところを見つけたら指摘してください。

[] DiggがデータベースをMySQLからNoSQLに移行  DiggがデータベースをMySQLからNoSQLに移行を含むブックマーク

DiggMySQL から NoSQL にデータベースを移行したとのこと。

恥ずかしながら NoSQL のことを知らなかったのだが、NoSQL 自体一つのソフトウェアというのではなく、リレーショナルデータベースを用いないデータベース全般を指す言葉のようだ。時折名前を目にする CouchDBTokyoTyrant も NoSQL に含まれるとな。

今回 Digg が採用したのは、Facebook が2008年にオープンソース化した Cassandra をベースにしている。

Web 2.0 サービスは LAMP なくしてなかったが、そのうちの M については、「これからのWebを支えるデータベースは“NoSQL”」と見る向きもある。実際その代表格である Digg は移行したわけだ。

ネタ元は Slashdot

[] これから50を超えるLinuxベースのiPadクローンが出る?  これから50を超えるLinuxベースのiPadクローンが出る?を含むブックマーク

先ごろ iPad の予約受付が始まったが、iPad を追う形で Linux ベースの iPad クローンが続々出てくるよ、ARM によるとその数は50を超えるらしいよという話。

本当にそんな出るのかいという感じだが、ここまでくると電子書籍の市場をいささか過大評価してるんじゃないの? と思ってしまう。

もちろん iPad クローンが狙うのはそこだけじゃないだろうが、電子書籍、電子出版に関していえば既存の出版市場をどこまで呼び込めるかというところがあるわけで(参考:メディア・パブ: ソニーの電子書籍端末,17紙の電子新聞と5誌の電子雑誌が購入可能に)。Linux ベースの iPad クローンがオープンフォーマットの普及に力を貸すなら良いのだけど。

ネタ元はこちらも Slashdot

[] 期待の新刊『バンド臨終図巻』  期待の新刊『バンド臨終図巻』を含むブックマーク

バンド臨終図巻

バンド臨終図巻

Amazon にページが出来ていたのでご紹介。著者陣のプロフィールについては河出書房新社のページに詳しいが、速水健朗id:gotanda6)、円堂都司昭id:ending)、栗原裕一郎id:ykurihara)、大山くまお(id:kumaokumao)、成松哲(id:narima74)、と実は全員はてなダイアリーユーザなんですな(以上、敬称略)。

ワタシはその全員とお目にかかったことがあるのだが、そうした社交云々は別としてワタシ好みな題材を扱ったものなので、刊行は来月だが今から楽しみな本である。

[][] Lou Reed, Coney Island Baby  Lou Reed, Coney Island Babyを含むブックマーク

CONEY ISLAND BABY

CONEY ISLAND BABY

ルー・リードというとソリッドなロックンロールの人というイメージがあり、実際彼が最も力を発揮するのもフォーピースバンドでロックをやるときなのだが、一方で彼はジャズや R&B をこよなく愛していることでも知られる。

本作は、こないだデジタルリマスター(笑)されていた『Metal Machine Music』の後に発表されたもので、レコード会社との軋轢などストレスがあったにも関わらず、彼のメロウな音楽性が引き出された好盤である。ジャケットも強面な彼しか知らないと意外に思われるかもしれないが素敵よね。

アルバムのハイライトなのはドゥーアップの名曲を下敷きにしたタイトル曲で、個人的にはルー・リードの全キャリアの中で五指に入る。まぁ、それには大学に入り一人暮らしを始めた頃、この曲の歌詞を朗読したり、訳詞を読んでたまに涙していたというかなり恥ずかしい思い出があるからなのだけど。別に泣ける歌詞というのでは全然ないのだが、曲としてヒーリングの力があるのだと思う。

しかし、彼の詩集にこの曲は含まれてない。理由はワタシにも想像できる。当時彼が同棲していた女装の麗人レイチェル君の名前が最後に出てくるからだ。ただルー・リードの詞の中で「神」が敬虔な信仰の対象として出てくるのは、ヴェルヴェッツ時代の "Jesus" とこの曲だけだと思う。

kinnekokinneko 2010/03/15 12:13 Androidタブレットも入るなら、50は軽く越えると思うよ。
computexがコワい。

yomoyomoyomoyomo 2010/03/15 22:57 おそらくはAndroidタブレットもコミなのだと思いますが、軽くこえますか! そこまでとは思ってませんでした。

2010-03-11

[][] WIRED VISIONブログ第72回公開  WIRED VISIONブログ第72回公開を含むブックマーク

WIRED VISION ブログに「ナップスタージャパン終了とデジタル音楽の行方」を公開。

デジタル音楽の行方

デジタル音楽の行方

元々は Open Government 周りの話題にしようかとぼんやりと考えていたのだが、Napster Japan のサービス終了のニュースがショックだったので取り上げた。かなり弱気な文章になってしまった。

本当は Napster 経由でダウンロードした Brian Eno & John Cale の『Wrong Way Up』が契約切れのためかある日から聴けなくなったという、Amazon Kindle の『1984年』事件を先取りした(?)体験の話なども盛り込みたかった。

あとしつこいと言われそうだが、どうしても『デジタル音楽の行方』に執着してしまうというのがある。

これは今では笑い話だが、ワタシは『デジタル音楽の行方』が本気で売れると思っていて、刊行直前に収録した対談で堂々とサイト閉鎖を宣言しているのも、これが花道になると考えていたからだ。

実際にはまったくそんなことにはならず(津田大介にその話をしたら吹かれてしまった)、少し前にも担当編集者と『デジタル音楽の行方』になり、あの本は早すぎたと慰めてもらったのだが、翔泳社から送られてきたあの本の売り上げ情報を見て震え上がり、担当編集者に土下座したくなったのが昨日のことのようだ。

ちょうど10年前、ドットコムバブルは頂点を迎えていた… ちょうど10年前、ドットコムバブルは頂点を迎えていた…を含むブックマーク

Slashdot で知ったのだが、ちょうど10年前、NASDAQ の株価指数は頂点だったそうな。つまり、ドットコムバブルの最盛期(とその破裂)から10年経つんですね。Wired Magazine も(ビジュアルのごてごてした目障りな感じが当時を再現して)10年前を振り返っている。

さて、ワタシ自身は10年前何してたかというと……やはりウェブに文章書いてました(もちろん当時はまだはてなダイアリーはないので本サイトのみに)。でも、当時からの読者なんてもうほとんどいないんだろうな。ワタシ自身は当時ドットコムバブルとやらの恩恵は何もなかった。

当時何をしてたかと思い出すと……そうそう、ちょうどお見合いをしていた。あのとき本腰を入れて話をまとめていたら、その時点で yomoyomo としての活動も終わってたはずで、その後自身の才能をかけて文章を書いたり翻訳したりすることはなかったろう。

言うまでもなくそうすべきだったのだけど、今となってはどうしようもないことである。

[] CD5枚組が2000〜3000円台という太っ腹ボックスセット企画  CD5枚組が2000〜3000円台という太っ腹ボックスセット企画を含むブックマーク

Amazon からのメールで知ったのだが、ワーナー歴代のアーティスト40組のアルバム5枚組ボックスセットが発売になっている。

どれも2000〜3000円台というなかなかお買い得になっている。これを機にまとめ買いしてもいいのではないか。ワタシ的には以下のあたりが選ばれてるアルバムの濃度が濃くてお勧めである。

5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET/ARETHA FRANKLIN

5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET/ARETHA FRANKLIN

The Cars  5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET

The Cars 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET

JESUS & MARY CHAIN  5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET

JESUS & MARY CHAIN 5CD ORIGINAL ALBUM SERIES BOX SET

[] 『(500)日のサマー』のズーイー・デシャネルが青春ミュージカルを歌い踊る新曲ビデオ  『(500)日のサマー』のズーイー・デシャネルが青春ミュージカルを歌い踊る新曲ビデオを含むブックマーク

Coverville真実一郎さんの tweet で知ったのだが、『(500)日のサマー』で多くの男子のハートを鷲掴みにして揺さぶったズーイー・デシャネルのデュオ She & Him の新曲ビデオが青春ミュージカルで素敵なのでまぁみてくださいな。

D

こないだのアカデミー賞で追悼コーナーがあったせいか、ジョン・ヒューズをちょっと思い出してしまった。

She & Him の新譜はまもなく発売になる。

Volume Two (Dig)

Volume Two (Dig)

カフカの遺稿出版をめぐるカフカ的状況 カフカの遺稿出版をめぐるカフカ的状況を含むブックマーク

取り上げるのを忘れていた。

現在は世界的作家であるカフカだが、生前は無名に近い存在で、死ぬときにも親友に原稿の焼却を遺言し、本来なら作家としての彼は忘れ去られるはずだった。しかし、その親友であるマックス・ブロートがカフカの意志に反して遺稿の出版に尽力奔走し……という話は有名である。

ただマックス・ブロートの手による編集が入ったため、我々が読むカフカは元テキストとは結構違いがあるらしい、といったところまではワタシも知識として知っていたが、現実にはそこからいろんな曲折を経ながらカフカの元テキストに迫ろうとする試みが続いていたのは知らなかった。このエントリを読むだけでその大枠がつかめるように思う。

この本の著者の明星聖子さんは、ここで以前紹介した『グーテンベルクからグーグルへ』の訳者でもあったのか。なるほど、編集文献学とな。

しかしこれを読むと、旧訳を読んで分かった気になっていたカフカの小説はいったいなんだったんだという気持ちになるし、それは「カフカ的」という言葉の再定義という感じすらする。

新しいカフカ―「編集」が変えるテクスト

新しいカフカ―「編集」が変えるテクスト

2010-03-08

[][] YAMDAS更新(エンタープライズとクラウドにおけるオープンソース YAMDAS更新(エンタープライズとクラウドにおけるオープンソース)を含むブックマーク

Technical Knockoutエンタープライズとクラウドにおけるオープンソースを追加。Dries Buytaert の文章の日本語訳です。

今回この文章を訳したのは、以前からオープンソース CMSDrupal とその主要開発者である Dries Buytaert への興味があり、その彼が以前書いたオープンソースとクラウドコンピューティングの問題に応える文章を書いていることを ReadWriteEnterprise で知り、訳してみようと思った次第である。

二年前にBusiness Weekが選ぶ20代の起業家11組を紹介したことがあるが、そのリストから David Ulevitch に続いて文章を訳したことになる。Dries Buytaert の場合、ブログのライセンスが CC by-nc-sa ライセンスだったので助かった。

そういえば同じく二年前、海外で Drupal 本が出版ラッシュなことを取り上げたが、未だ日本では Drupal 本がほとんど出ていない。Drupal は少し前にホワイトハウスの公式サイトに Drupal が採用されたことがニュースになったが、日本での認知はどうなんだろう。

Drupal 実践プログラミング徹底入門

Drupal 実践プログラミング徹底入門

[] ハックされたルンバがあなたに家を監視する?  ハックされたルンバがあなたに家を監視する?を含むブックマーク

スウェーデンのハッカーが、iRobot のロボット掃除機ルンバにウェブサーバとカメラをのっけてウェブから検索できるようした動画が公開されている。

D

Wikipedia によると、ルンバには動作を修正、制御したり、センサを遠隔から監視できるインタフェースが備わっているそうで、そういえば以前 jwz が所有するルンバの動作がおかしくなったので問い合わせたら、ファームウェアを更新する USB ドングルが送られてきて、ソフトウェアとハードウェアの関係に驚いた話を書いていたっけ。

あと面白いのは、コリィ・ドクトロウが google を動詞として使っていて、普通は「ググる=ウェブ検索する」という意味なのだけど、こういう記事では「監視する」という訳のほうが合いそうなところ。Google がこれからもプライバシーを軽視し、「情報の名寄せ」を押し進めるなら、将来動詞としての google の意味は「監視する」、「個人情報を暴いて晒す」といった意味に変わるかもしれないね。

さて、ルンバといえば「春の新生活キャンペーン」実施中で、消耗品セットなどが当たるとのこと。

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 527 スティールブルー

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 527 スティールブルー

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 537 白色

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 537 白色

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 577 シルバー

iRobot Roomba 自動掃除機 ルンバ 577 シルバー

[] DRMの悲劇! クリーブランド公共図書館でオーディオブックを借りるまでの22の手順  DRMの悲劇! クリーブランド公共図書館でオーディオブックを借りるまでの22の手順を含むブックマーク

「DRMがうまく機能しない理由、もしくはクリーブランド公共図書館からオーディオブックをダウンロードする方法」と題されたエントリだが、これは絵を見てもらえば一目瞭然なので見てくださいな。

もっとも公共図書館からオーディオブックを電子ファイルとして借りられるだけでも日本の現状と差があるように思うが、これだけ手間をかけさせられるのはカンベンな話で、BooKServer がこのあたりの問題を解決するオープンプラットフォームになってほしいところ。

ネタ元は O'Reilly Radar

ドクター中松は世界で最も多産な発明家、だって? ドクター中松は世界で最も多産な発明家、だって?を含むブックマーク

Slashdot で知ったのだが、ドクター中松こと中松義郎が、自ら英語で業績を語る動画が公開されている。

彼によると音楽が発明には重要な要素で、フロッピーディスクを発明したときはベートーベンの5番を聞いてたということで、モーツアルトやバッハは発明には向かない、ジャズは論外とのこと。

エジソンと自分を比較してその優位性を語りだす頃にはちょっといい加減にしろよと言いたくなるが、関係ないが彼の英語表記は "NakaMats" なのね。これが "NakaMatz" だったらちょっと波紋を呼ぶかも。

実はワタシは、大学時代大学祭の企画実行をやるサークルに属しており、講演会できた彼、しかもジャンピングシューズで飛び跳ねる姿を見たことがあったりする。あとこれも以前の話だが、特許調査をやったとき、試しに彼の名前でデータベースを検索してみたら、セックス器具(?)関連の特許ばかりが出て面食らった記憶がある。

[] ルー・リードが『Metal Machine Music』をリマスターしてオンライン販売って……おい!  ルー・リードが『Metal Machine Music』をリマスターしてオンライン販売って……おい!を含むブックマーク

ルー・リード親父が、1975年の問題作、というより究極のゴミアルバムとして知られる『Metal Machine Music』をデジタルリマスターしてオンライン販売しているという話を知ったときは冗談だろうと思ったが、本当だった。おまけに DVD やブルーレイ版もっていったい……

screenshot

少し前にiPhoneアプリに斜め上な方向から参入したときも思ったが、この人の感性はちょっと分からん。まぁ、ちょうど今 Metal Machine Trio としてツアーやっている関係なんだろうけど。

彼のサイトには "The perfect holiday gift for your loved one" なんてとんでもない宣伝文句が書いてあるが知らない人が騙されたらいけないので書いておくが、『Metal Machine Music』は一時間以上ギターノイズ「のみ」が続くので、まともな感性の人が買ってはいけません。

そういえばルー親父と現在の妻であるローリー・アンダーソンは、今年のVivid フェスティバルのキュレーターを、昨年のブライアン・イーノから引き継ぐそうな。

2010-03-04

[][] Rober Palmer, Heavy Nova  Rober Palmer, Heavy Novaを含むブックマーク

Heavy Nova

Heavy Nova

ワタシのロバート・パーマーとの出会いは、たまたま FM ラジオで聴いた彼のライブがすごく気持ちよかったので当時出たばかりの新譜だった本作を買ったことで始まる。正直言って、あのときのライブのグルーヴは再現されてなかったが、本作も彼の代表作なのは間違いない。

長年アイランド・レコードに在籍し、80年代中盤に本格的にブレイクしてレコード会社を移籍した、また黒人音楽を愛する優れた白人ソウルシンガーという点で共通するスティーヴ・ウィンウッドの同時期に出た『Roll With It』とよく比較されたが、地味渋な路線、つまり本来の芸風に回帰していったウィンウッドと異なり、ロバート・パーマーは売れて以降ますますカラフルな音を志向するようになる。

本作などハードロックからバラードからダンス系から挙句の果てにはヨーデル(!)まで歌いだすバラエティ豊かさで、「オシャレにバシっとスーツできめてるけどお茶目なオヤジ」が最も輝いていた時期である。もっともアルバムで一番良いのは渋いラブバラード "She Makes My Day" なんだけど。

彼は2003年に心臓発作でこの世を去ってしまうのだが、決定版となるライブ盤を残さなかったのが最大の損失だと思う。

[] OK Goの傑作新作ビデオで知った「ピタゴラ装置」の英語名  OK Goの傑作新作ビデオで知った「ピタゴラ装置」の英語名を含むブックマーク

まさかまだ観てない人はいないとは思うが、OK Go の "This Too Shall Pass" のビデオのニューバージョンが話題騒然である。

D

いやはや、これはすごい。最高だ。

すごく大掛かりなのに驚くが、ただ規模が大きいだけでなく、一発撮りという彼らを一躍有名にしたスタイルを踏襲しながら、かのトレッドミルダンスのビデオを映すテレビを一撃で破壊する思い切りの良さがあり、カメラワークもスリリングで、ビデオの中でバンドメンバーもちゃんと重要な役割を果たすユーモア感覚は健在で、何より最後になってメンバーがペンキだらけでゴーグルをつけている理由が分かる仕掛けが最高である。

Boing Boing によると Syyn Labs がこのビデオを手がけたらしい。その Syyn Labs はこのビデオを Rube Goldberg Machine と呼んでいて何かと思ったら、日本で言うところのピタゴラ装置ピタゴラスイッチ)をアメリカでは Rube Goldberg machine というのね。なお、イギリスではまた違った呼び名があるとのこと。知らなかったな。

映像に登場する倉庫の中の巨大な機械はアメリカで“Rube Goldberg machine”、イギリスで”Heath Robinson contraption”、フランスでは“usine a gaz(ガス工場)”と呼ばれるもの。

Hotwire Japan » OK Goが再び必見PVをリリース!

ところで OK Go というと YouTube における動画埋め込みの件で EMI に抗議し、New York Times に論説記事を寄稿していたが、上のビデオがちゃんと見れるということは権利を勝ち取ったということだろう。

Of the Blue Colour of the Sky

Of the Blue Colour of the Sky

[] たまにはGoogle Knolのことも思い出してあげてください  たまにはGoogle Knolのことも思い出してあげてくださいを含むブックマーク

実はこの Google Blogoscoped の記事をみるまで Knol のことをすっかり忘れていた。2007年末にサービス開始したときは、「Google版Wikipedia」とか「Wikipediaキラー」とまで呼ばれたのに。

この記事ではこれまで Knol になされてきた機能強化と現状をまとめている。

spam や Wikipedia からの丸コピーなどあんまり意味のないコンテンツが多いみたいで、過去20ヶ月で10万を超えるページビューを集めた Knol は10しかなく、そのいくつかは Google 社員によるものとのこと。

医科学分野では良いリソースになってるものもあるようで、eHow ユーザの流入もあるようだが、こりゃ成功とは言えないよね。

ワタシとしては Knol 立ち上げ時、「そう簡単に Knol が Wikipedia を追いやることになるとは思えない」と書いておいてよかったと思うくらいだが、Google Wave や Google Buzz なんかも一二年経ってどうなってるんだろうね。

[] 「声」を取り戻したロジャー・エバートオプラ・ウィンフリーの番組に出演  「声」を取り戻したロジャー・エバートがオプラ・ウィンフリーの番組に出演を含むブックマーク

シカゴ・サンタイムズでの映画評で知られる、というよりピューリッツァー賞も受賞したアメリカを代表する高名な映画評論家と言ってよいロジャー・エバートが癌のため喋れなくなり、最近ではもっぱら怒涛の勢いで更新される Twitter をみて無事を確認していたが、その彼が新しい「声」を得て、オプラ・ウィンフリーの番組に出演を果たした。

番組の動画は上の Boing Boing のエントリから見れるが、話の流れが分かりやすい CBS のニュース動画を以下にはっておく。

D

懐かしい彼の声をかなり再現している。技術の進歩は素晴らしい。

ピーター・バラカンが「CBSドキュメント」のスポンサーを募っている ピーター・バラカンが「CBSドキュメント」のスポンサーを募っているを含むブックマーク

まさにタイトルの通りで、ピーター・バラカンが20年以上司会を務めてきた TBS の「CBSドキュメント」が終わってしまうらしい。

最近はこの手の景気の悪い話ばかりで気持ちが萎える。実はワタシが今住むところでは確かこの番組は視聴できないのだが、この番組の価値は理解しているのでスポンサーの引き受け手が現れないものかと思う。

200CDピーター・バラカン選ブラックミュージック

200CDピーター・バラカン選ブラックミュージック

kzyskzys 2010/03/12 09:48 OK Go は、結局 EMI をぬけて自分たちでレーベルをつくることにしたみたいです。

http://www.fastcompany.com/1578965/ok-go-ditches-record-label-after-very-public-tussles-over-youtube-embedding-rights
> The very first change? The band's explosively popular (and completely mesmerizing) Rube Goldberg-gone-berserk "This Too Shall Pass" is now embeddable.

yomoyomoyomoyomo 2010/03/12 10:23 個人的には彼らには飽くまでメジャーに留まりながら陽性の魅力を発揮してほしかったですけどかのピタゴラビデオがembeddableだったのは、離脱の話が進んでたからなんでしょうね。ただこの決定はどうなんだろうなぁ…

2010-03-01

[][] The Roots, Do You Want More?!!!??!  The Roots, Do You Want More?!!!??!を含むブックマーク

Do You Want More?!!!??!

Do You Want More?!!!??!

今日も Amazon で980円以下で売ってる輸入盤 CD を紹介する「Amazon980円劇場」をば。

ワタシがヒップホップに本格的に聴くようになったのは、兄がターンテーブルを自室に運び込んだ80年代後半だが、元々素直なポップミュージックファンだったワタシにとって、ヒップホップというのは理解しがたい、とにかく気持ちの悪い音楽だった。

後になって自分が好きなソウルミュージックとヒップホップとのつながりが見えてきて、ワタシも徐々に抵抗をなくしていくのだが、そうしたワタシにとって受け入れやすいオーガニックでヒップホップを教えてくれたのが Arrested Development のファーストであり、The Roots の本作だった。

The Roots はジャズ寄りだけど、このバンドが持つグルーヴは一貫して好きである。

[][] The Wonder Stuff, Never Loved Elvis  The Wonder Stuff, Never Loved Elvisを含むブックマーク

Never Loved Elvis

Never Loved Elvis

少し前に Twitter で kingink さんが本作を薦めていて久しぶりに聴いてみたらすごく良くて驚いた。このサードアルバムは、ベーシスト脱退があったりして低迷期の作品というイメージがあったのだが、うーん、本作こそ彼らの最高傑作だよな。

一曲目の "Mission Drive" から、ジャムの "That's Entertainment" のカバーを含むボーナストラック4曲までアルバム全体前のめりというかすごく勢いがあり、本作から加わったフィドルの音もかっこよい。まさにグルーヴ・マシン。

以前「児島由紀子恐いものなし伝説〜ワンダー・スタッフとの丁々発止」として紹介したことがあるが、このバンドのマイルス・ハントというフロントマンはイギリス人好みな弁の立つ頭の良い男で、作曲能力も高かったのに思い切りブレイクできなかったのは残念だった。

[] オープンソースはコンピュータ教育にとって危険な存在なのか?  オープンソースはコンピュータ教育にとって危険な存在なのか?を含むブックマーク

Swiki の原作者であり『Squeak入門』(asin:4434029479)の邦訳もあるジョージア工科大学教授 Mark Guzdial がコンピュータ教育にとってオープンソースの影響について懸念を述べている。

Mark Guzdial が語る論点はいくつかあるが、まずオープンソース開発が商用ソフトウェア開発よりも閉鎖的で多様性が少ない点がある。前者は開発に参加する参入障壁の問題で、後者はオープンソース開発者が圧倒的に白人かアジア人の男性に占められていることを言っている。

そして多くの子ども並びにその親が、ソフトウェア開発がどんどこオフショア化されることで、コンピュータについて学ぶことの価値に疑問を持ってしまうこととオープンソースの隆盛が重なることで、ソフトウェア開発はただ働きをすることであるという間違ったメッセージを受け取らないかと危惧している。

そうした Mark Guzdial のエントリについて opensource.com で Greg DeKoenigsberg が長めの反論を寄せている。確かにこの手の議論はこれまでも繰り返されたものである。ただ Mark Guzdial はそのキャリアを見ても分かる通りオープンソースを使ったソフトウェア開発の経験も豊富だし、何より Broadening Participation in Computing のようなコンピュータ教育への参加を増やすプロジェクトにも携わっている人なので、彼の懸念についてちゃんと答えられないといけない。

ネタ元は LWN.net

[][] デヴィッド・バーンのコンサート映画『Ride, Rise, Roar』  デヴィッド・バーンのコンサート映画『Ride, Rise, Roar』を含むブックマーク

デヴィッド・バーンブライアン・イーノと久しぶりにコラボレーションした『Everything That Happens Will Happen Today』を発表した後行った Songs of David Byrne and Brian Eno Tour の模様を収録した『Ride, Rise, Roar』SXSW でプレミア上映されるとのこと。

screenshot

このときのツアーは、渋谷陽一も2009年のベストライブに挙げていたが、ダンサーが多数登場するなどかなり気合いの入ったものになっていたらしく、見逃したことを悔やんだものである。『Stop Making Sense』の夢もう一度、というのは期待しすぎだろうが、この映画が日本でも公開されると嬉しいな。

Everything That Happens Will Happen Today (TODO002)

Everything That Happens Will Happen Today (TODO002)

図らずも微妙な書名になっちゃった『トヨタ流「打たれ強い社員」の育て方』 図らずも微妙な書名になっちゃった『トヨタ流「打たれ強い社員」の育て方』を含むブックマーク

週刊ビジスタニュースで本書の刊行を知り、なんか微妙な気持ちになってしまった。

もちろん著者が悪いわけでも版元が悪いわけでもないのだが、テレビでアメリカの工場で涙ぐむトヨタ社長の姿をみると、なんだかなーという気持ちになる。こういうタイミングで本書を出すことを気の毒に思う。

ところで本書の第8章は「ガツンと一撃して「改善発想」を育てる」とな。ガツン。

「豆腐レスリング」だって!? 「豆腐レスリング」だって!?を含むブックマーク

Boing Boing で知ったのだが、まぁ、上のリンク先をみてくださいな。「泥レスリング」ならぬ、文字通り「豆腐レスリング」である。

いったい誰がこんなこと思いついたんだろう。世の中物好きがいるものである。

 | 
2003 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

[YAMDAS Projectトップページ]


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
YAMDAS現更新履歴のテキストは、クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 継承 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Copyright (c) 2003-2015 yomoyomo (E-mail: ymgrtq at yamdas dot org)

Connection: close