ウィリアム・テル

(一般)
ういりあむてる

スイスの独立に貢献したと言われる伝説の英雄で、弓の名手。ヴィルヘルム・テルとも。
息子の頭に乗せたリンゴを射落としたことで有名。

フルードリッヒ・シラーが戯曲『ヴィルヘルム・テル』(1804年)を書き、ロッシーニがオペラ『ウィリアム・テル』(1829年、パリで初演)を作曲している。

amazon:ウィリアム・テル

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ