ケロシン

ケロシン

(サイエンス)
けろしん

[英] kerosene
ケロシンは、石油の分留成分の1つである。
およそ沸点150 - 280℃、炭素数10 - 15、密度0.79 - 0.83のものである。ナフサ(ガソリンの原料)より重く、軽油より軽い。
ケロシンを主成分として、灯油、ジェット燃料、ケロシン系ロケット燃料などの石油製品が作られる。
灯油は成分的にはほぼケロシンだが、日本では灯油をケロシンと呼ぶことはまれで、ケロシンと言えばジェット燃料やロケット燃料のことが多い。
ケロシンの名称はギリシア語のκηρο’ς(keros=蝋)に由来する。

新着ブログ: ケロシン