コンバージョン

(コンピュータ)
こんばーじょん

コンピュータにおける変換。
ネット広告の分野では、サイト閲覧者が実際にサイトから商品を購入したり、サイトの会員登録をしたりすることを指す。単なる閲覧者から顧客への変化のこと。

コンバージョン

(スポーツ)
こんばーじょん

[英] conversion
コンバージョンとはラグビーにおいてトライの後に行うコンバージョンキック(ゴール)のこと。H型のポールの間(水平ポールの上であれば、垂直ポールより高い場所でもよい)に入れば2点となる。
プレースキックによってゴールを狙うことがほとんどだが、ドロップゴールで狙うこともできる。
ボールを蹴る位置はトライ時にボールをタッチダウンした位置の真後ろであればどこでもいい。また、相手チームは、ゴールライン上からキッカーがボールを蹴る動作に入ったら、チャージを行うことが許されている。
ゴールは入っても入らなくてもボールはデッドになる。
そもそもラグビーにおいては、当初はトライ自体には得点がなく、ゴールを狙うキックに挑戦(トライ)する権利のみが与えられていた。その権利を得点に変換(コンバージョン)するキックであることからこう呼ばれる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ