ストライクガンダム

ストライクガンダム

(アニメ)
すとらいくがんだむ

アニメ「機動戦士ガンダムSEED」に登場するMS(モビルスーツ)の名称。
主人公キラ・ヤマトが物語前半に搭乗するMS。型式番号GAT-X105。
地球連合が開発したプロトタイプのMSで、スタンダードな中距離宇宙戦仕様(エールストライク)、長距離砲を装備した砲撃戦仕様(ランチャーストライク)、大型対艦刀を装備した接近仕様(ソードストライク)の3タイプに兵器を換装できるオールマイティな機体。 この時点ではザフトも開発していなかったフェイズシフト装甲PS装甲)を装備する。
キラがフリーダムガンダムに乗り換えた後はムウ・ラ・フラガの乗機となった。

MSVとしてのストライカーパック

  • IWSP
    • PMP社がプランとして提案した、エール・ソード・ランチャーのいいとこ取りを狙ったストライカーパックだったが、エネルギー消費問題を解決できず廃案。のちにモルゲンレーテ社がこの問題を解決した改良型をストライクルージュに装備させたが、今度はカガリが使いこなせず、遂に本編に登場せずじまい。DESTINYのOPにはIWSPを装備したストライクルージュがこっそり出ている。のちのストライクノワールはこれをベースとしたノワールストライカーを装備(本体もストライクE型に更新されている)。
  • 有線式ガンバレルパック
    • ムウ・ラ・フラガの以前の愛機であるメビウス・ゼロと似た形状(ドッキング前)。一説には彼が考案したとも。しかし、彼の連合軍離脱にともない、モーガン・シュバリエらの105ダガー部隊の一部が運用。
  • ライトニングパック
    • 長距離精密射撃・エネルギー補給用。コンテストの優秀作品。
  • マルチプルアサルトストライカーパック
    • 似た形態のものがBB戦士で登場していたが、厳密な初出はHDリマスター版。IWSPの「いいとこ取り」に対しこちらは「全部乗せ」を狙った形態で、エールパックのバッテリーを増設する形(それ以外にも小変更が加えられている)でランチャーパックの長距離砲とソードパックの大型対艦刀の使用を半ば強引ながら可能にしたストライカーパック。装着することで「パーフェクトストライク」となる。ただし、キラはこの「全部乗せ」による機体バランスの大幅な変化を懸念していた模様。

関連

ネットの話題: ストライクガンダム

人気

新着

新着ブログ: ストライクガンダム