ストロング小林

ストロング小林

(スポーツ)
すとろんぐこばやし

元プロレスラー。本名小林省三。
1944年1月15日生まれ。東京都青梅市出身。
高校時代は野球部の主将として活躍。卒業後、ボディービルダーを目指すも、67年1月に国際プロレスの吉原代表にスカウトされる。
71年にビル・ミラーを破り、IWA世界王座を獲得。
74年に離脱してアントニオ猪木と世紀の対決。新日本プロレス入団後は北米タッグ王者として活躍。
84年に現役を引退。その後はストロング金剛と言う芸名でタレント活動。


リスト::プロレスラー