ニョロニョロ

ニョロニョロ

(読書)
にょろにょろ

トーベ・ヤンソンの小説、ムーミンシリーズに登場する正体不明のおばけ。原語スウェーデン語で Hattifnatt,フィンランド語で Hattivatti(複数形はHattivatit),英語では Hattifatterner 。
白く細長いからだに、丸い二つの大きな目をもち、両脇にひげとも指ともつかない触手のようなものを生やしていて、いつも群れで行動しています。
夏至祭の前日に蒔かれた「ニョロニョロの種」から生まれる。電気をエネルギー源とし、さわると感電します。夕立の雷などで充電をする。ボートに奇数ずつ乗り、夕立を求めて島から島へとさまようが、夏至の日には世界中のニョロニョロがニョロニョロの島に集まる。危害さえあたえなければ攻撃するようなことはありません。
http://www.tokyo-chara.com/chara/moomin/07.php

ネットの話題: ニョロニョロ

人気

新着

新着ブログ: ニョロニョロ