ハートブルー

ハートブルー

(映画)
はーとぶるー

Point Break

  • 1991年|アメリカ|カラー|121分|画面比:2.35:1|MPAA: R*1

解説

カリフォルニアのヴェニス・ビーチで強盗事件が連続して発生した。新米FBI捜査官ユタは、犯人一味がサーファーでないかと睨み、囮捜査を実行する。その彼の目の前に現れたのは、危険を顧みずにむしろ嬉々として大波やスカイダイビングに挑戦するサーファーのリーダー、ボディだった。
銃撃戦は追撃シーン、サーフィン、スカイダイビングと、陸海空を股にかけるアクション大作。キャスリン・ビグローらしい美しい映像とシャープなヴァイオレンス描写、迫力あるアクションシーンやサーフィンシーンなど、見所は満載。大画面で観るべき納涼映画である。だがシステムの一部である主人公がアウトローに魅了されるというプロットにも関わらず、その主人公の内面が描き込み不足で、傑作になりそうな題材も味わい薄い作品になってしまった。
キアヌの先輩でヴェテラン捜査官役のゲイリー・ビューシイは好演。
原題は「(波が)くだけるところ」という意味。

予告編

関連作品

*1:Rated R for violence, language and brief nudity.

新着ブログ: ハートブルー