フライフィッシング

(スポーツ)
ふらいふぃっしんぐ

魚釣りの一形態。15世紀末にイギリスで発祥。
通常の釣りと異なり、生き餌を使わずにフライと呼ばれる毛バリを用いて魚を釣る。また、遠くへ仕掛けを飛ばすための重りを使わずに、フライラインと呼ばれるミチイト自身の重さを利用して仕掛けを飛ばす。
当初は、水になじむか、沈むフライが一般的だったが、アメリカでドライフライと呼ばれる水面に浮かぶフライが発展して、独特の様式が定着した。
現在、魚の食餌に合わせてありとあらゆるパターンのフライが考案されている。数年前までのオリジナルが、スタンダード化する例も少なくない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ