ベンジャミン・リベット

ベンジャミン・リベット

(一般)
べんじゃみんりべっと

(Benjamin Libet, 1916年4月12日 - 2007年7月23日)
カリフォルニア大学サンフランシスコ校の生理学者、医師。人間の意識、とりわけ自由意志の問題とかかわりを持つ、自発的な筋運動の際に観測される準備電位(readiness potential)についての研究の先駆者として知られる。2003年には、クラーゲンフルト大学の「仮想ノーベル心理学賞」を受賞。

著書

  • 『マインド・タイム 脳と意識の時間』 下條信輔訳、岩波書店、2005年。ISBN 978-4000021630。

新着ブログ: ベンジャミン・リベット