三波伸介

(アート)
みなみしんすけ

コメディアン・喜劇役者

初代

本名:沢登三郎(さわと さぶろう)
誕生日:1930年(昭和5年)6月28日
出身地:東京都
長男は俳優の三波伸一

経歴

  • 1961年、伊東四朗・戸塚睦夫と「ぐうたらトリオ」結成、1964年、「てんぷくトリオ」にコンビ名変更。「びっくりしたなぁ、もう」が流行語になる。
  • 1964年、長男誕生。
  • 1970年、黒澤明監督作品「どですかでん」にブラシ職人役で出演。
  • 1970年12月、「笑点」の3代目司会者として人気を博す。座布団配りの松崎真に「玄界灘の鬼ヒトデ」とキャッチフレーズをつけるなど、各出演者の素材を上手く引き出すことを得意とした。
  • 1973年、メンバーの戸塚が死去し、「てんぷく集団」に名称変更。
  • お笑いオンステージ」「スターどっきりマル秘報告」「三波伸介の凸凹大学校」でも人気出演者・司会者となる。
  • 1982年12月8日、自宅で急逝。享年52歳。

笑伝・三波伸介―びっくりしたなあ、もう

笑伝・三波伸介―びっくりしたなあ、もう

2代目

2009年12月8日に初代の息子である三波伸一が襲名予定。

リスト::お笑い関連

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ