Hatena Blog Tags

中野区

(地理)
なかのく

東京都中野区は、東京都特別区の一つ。東京特別区の中で西部に位置している。
面積は15.59km² 、人口は313,370人*1

沿革

1932年10月1日、中野町と野方町が合併して中野区が発足。名称は「中野」の中と「野方」の野を1文字ずつ取ったという説と、「中野町」からそのまま取ったという説の両方がある。
1947年5月3日、地方自治法の施行により中野区は特別区となる。

*1:2013年5月1日現在

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ

必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇調布の青木病院の老人ホームの老人の頭を刈りも七年間続けて来ました。 六十年のキ

ためらわずに行動できて 苦しい状況をやり過ごせる人間になる 「決めてしまうのカラクリ」 / ニコ生番組 https://live.nicovideo.jp/watch/lv339502429 必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇…

必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇調布の青木病院の老人ホームの老人の頭を刈りも七年間続けて来ました。 六十年のキ

ためらわずに行動できて 苦しい状況をやり過ごせる人間になる 「決めてしまうのカラクリ」 / ニコ生番組 https://live.nicovideo.jp/watch/lv339493364 必死の床屋のおばさんです。毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 床屋の仕事を体がやれる限りやり続けたいけど 売り上げより出費の方が多くて月を追うごとに乗り越えるのがきつくなっていく。 毎月 余裕をもって仕事を続けたい。 命尽きるまで仕事を続けたい。 はじめに・ご挨拶 私し 市ノ瀬まさ子は 〇社会福祉法人 東京恵明学園の親のない子、捨て子の子供達を 十五年間に渡り無償で五千四百人分頭刈りを続けてきました。 〇…